こくしぼう 鬼滅。 【鬼滅の刃】175話ネタバレ!黒死牟(こくしぼう)死亡!?

黒死牟(こくしぼう)の「月の呼吸」と「始まりの呼吸」の関連性が判明!|無惨や無一郎、炭治郎と黒死牟の関係性を考察

こくしぼう 鬼滅

つまり、 鬼舞辻無惨を除く鬼の中では 最強の鬼なんです。 今までは鬼殺隊最強の柱でさえ、上弦の鬼との闘いには苦戦を強いられ再起不能に陥る剣士もいました。 上弦の中でも随一の実力を誇る黒死牟との闘いは、まさに死闘となります。 そしてなんと黒死牟には鬼の中でも 特別な驚くべき能力があります。 それは、鬼殺隊と 同じ呼吸法を使い剣技で闘うということ。 黒死牟はという呼吸法を使い禍々しい剣で闘います。 鬼殺隊の剣士しか使えないはずの 呼吸法を操る鬼。 どう考えても絶望的です。 最強かつ最恐の鬼を本当に倒せるんでしょうか!? そして誰が倒すのでしょう? 気になりますよね…。 Ah… and mind your step. 4人の鬼殺隊の連携した剣技の末、黒死牟の首は斬られます。 そこには4人それぞれの攻撃すべてが欠かせませんでした。 それは、 霞柱が黒死牟に刀を突きさした攻撃です! そこから、不死川玄弥が黒死牟を南蛮銃でうちます。 銃の球には黒死牟自身の血鬼術が含まれていました。 その血鬼術で、黒死牟、霞柱を一緒に固定します。 この固定は失敗してしまいますが、 2度目の固定で黒死牟が動けなくなってしまいました。 その間に決定打の 岩柱と風柱の連携攻撃 ! 岩柱が彼の武器である鉄球を黒死牟の後頭部に直撃させ、その威力を増させるように風柱の日輪刀が鉄球に振りかざされます。 鉄球の勢いと日輪刀の勢いが合わさり、そのパワーはついに黒死牟の首を断つのです。 そしてこの命を賭けたこの闘いにて、 霞柱と不死川玄弥が犠牲になります。 には感動しました。 鬼殺隊は大変大きな戦力を失いました…。 これでになります。 悲しいですね。 ですが、この戦いは貴重な柱どうしの連携を見せてくれました! 色々な意味ですごい戦いでしたね。

次の

【鬼滅の刃】ついに明かされた黒死牟(こくしぼう)と炭治郎の関係!日の呼吸が使える!?黒死牟の隠された能力とは?

こくしぼう 鬼滅

猗窩座は 炭治郎に首を斬られてしまいましたが、そこから 不屈の精神力で再生しようと試みます。 ここで本編では猗窩座の 「回想シーン」に入るのですが、この回想シーンがめっちゃやばくて泣けました。 その内容とは、• 病気で苦しんでいる父親に飲ませる薬を買うために致し方なく略奪を繰り返していたこと。 自分を育ててくれた師範・婚約者 小雪 が毒殺されてしまったこと。 鬼舞辻無惨に鬼にされてしまったこと。 といったもの。 こんな悲しすぎる過去が猗窩座にあっただなんて、私を含め、読者の大半が分からなかったのではないでしょうか。 敵ながら同情してしまいます。 猗窩座は無惨に鬼にされてしまいましたが、とは言えこれは黒死牟のように自ら選んだ事ではありません。 強制的に鬼にさせられてしまったのです。 個人的に 1 番悲しいと思ったエピソードは、小雪さんと自分を育ててくれた師範が殺されてしまった話ですね。 猗窩座はこの事件がなければ、おそらく真っ当な人間として幸せな人生を歩んでいたはずです。 婚約者であった小雪さんの腕の中で消えていく時の猗窩座の目がとても悲しそうで印象的でした。 激闘を繰り広げる無一郎と黒死牟の2人。 黒死牟は不死川玄弥の攻撃 血気術 により、身動きが取れなくなります。 この時、無一郎は意を決して黒死牟の懐に入り込みます。 このまま勝負あったか?!と思いましたがそうはいかず…。 黒死牟は最後の気力を振り絞り、全体攻撃を放ちます。 この全体攻撃が無一郎にクリーンヒット…。 実弥と悲鳴さんは何とか回避。 玄弥は無一郎同様、もろに食らってしまいます。 この瞬間、無一郎ファンの間で悲鳴が鳴り響いたのは間違いないでしょう。 無一郎の死亡がほぼ確定したわけで…。 そして玄弥も…。 私は無一郎の【無】が「無限の無」だと知った辺りからファンになっていたんですよね。 だから、この瞬間はめっちゃ悲しかったです。 あー終わったと…。 無一郎はその後も戦い続けるんですけど可哀想過ぎて正直見てられなかった…。 それと同時に 「これで無一郎の戦闘シーンを見れるのも最後か …。 」という悲しさも同時に込み上げてきました。 このシーンは本当に何回見ても泣いてしまいます。 煉獄さんはめっちゃダメージを受けているのに、涼しい顔しながら炭治郎達に自信の思いを託すんですよね。 あばら骨も折れてますし、右目は失明、内臓も切られています。 「今度は君たちが鬼殺隊を支える柱になるのだ」と。 そして、否定していた「禰豆子 ねずこ 」の事も認めてくれます。 そして煉獄さんが最後に残した言葉…。 「胸を張って生きろ」 ここで伊之助が泣いているのもまたヤバイ。 煉獄さんは「誰1人死亡させない」という「責務」を最後まで全うしました。 この煉獄さんの活躍が無ければ、炭治郎達は生き残れなかったでしょう。 鬼滅の刃の作者である吾峠呼世晴さんが1番伝えたいこと。 それは 「想いは永遠である」ということだと思います。 煉獄さんの想いは炭治郎達に見事に伝わっていましたよね。 関連記事: 関連記事: 鬼滅の刃の悲しい場面ベスト5|まとめ 本記事では 【鬼滅の刃悲しい場面ベスト 5 】をご紹介してきました。

次の

こくしぼう(黒死牟)の正体が判明!弟への嫉妬が半端ない?【鬼滅の刃】

こくしぼう 鬼滅

十二鬼月とは 『十二鬼月』とは、最大の敵である鬼舞辻無惨直属の鬼である。 他の鬼とは異次元の強さを持つ。 十二鬼月は『上弦』6体、『下弦』6体、計12体の鬼で形成されている。 上弦、下弦の鬼には『壱(いち)』〜『陸(ろく)』の番号が振り当てられ、番号が若くなるほどに強くなっていく。 上弦の鬼の強さは別格で、鬼殺隊最高の剣士である『柱』は、何人も上弦の鬼に敗北している。 上弦の陸である『妓夫太郎』と『堕姫』が倒されるまで、100年もの間上弦の鬼を打ち破った者はいなかった。 下弦の鬼は、柱と渡り合うほどの力が無い。 下弦の伍である『累』が敗北した時、無惨は下弦の鬼に失望した。 そして下弦の壱である『魘夢』を除いて殺害し、下弦の鬼を解体した。 血鬼術について 『血鬼術』とは、鬼が持つ特殊能力である。 鬼によって使用する血鬼術は様々で、複数の血鬼術を持つ者もいる。 人間だった頃の経験や記憶に影響を受けていることが多い。 上弦の壱。 六つの眼に顔の痣が特徴。 刀を持ち、剣士の姿をしている。 刀にも無数の眼がついている。 その正体は『始まりの剣士』の一人であり、鬼になる前は『継国厳勝(つぎくにみちかつ)』という名だった。 異空間・無限城にて霧柱の時透無一郎と遭遇し、時透の祖先であることを明かした。 他の上弦の鬼と比べても異次元の強さを誇っており、上弦の伍である玉壺を一人で倒した時透でも、対峙しただけで体の震えが止まらなかった。 善逸の兄弟子である獪岳は、黒死牟に出会って死を覚悟した。 その時、生き延びるために降伏し、無惨の血を受け入れて鬼となった。 上弦の参である猗窩座は、黒死牟を倒すことを目標としている。 『日の呼吸』から派生した『月の呼吸』を使用する。 凄まじい身体能力を持つ鬼が呼吸を使うことにより、異次元の強さを持っている。 また、炭治郎が猗窩座との戦いで見せた『透き通る世界』へ入る事ができる。 黒死牟が持つ刀は、黒死牟の肉で形成されている。 岩柱の悲鳴嶼行冥に刀を折られたが、すぐに再生させた。 自身の肉で刀を形成しているため、刀を伸ばしたり、刃を枝分かれさせる事ができる。 悲鳴嶼行冥・不死川実弥と戦った時には刀を伸ばし、3つの刃を枝分かれさせた。 『始まりの剣士』にあったとされる痣を持ち、鬼舞辻無惨をあと一歩まで追い詰めたとされる剣士と容姿が酷似しているが、これは厳勝ではなく弟である『継国縁壱(つぎくによりいち)』である。 縁壱は兄より遥かに優れた実力を持っており、厳勝はそんな弟に嫉妬の炎を燃やしていた。 痣を発現させた者は二十五歳を超えて生きることはないとされているが、縁壱はこのルールに当てはまっていない。 縁壱の強さに追いつくべく鍛練を積むが、『日の呼吸』を使うことができなかった。 痣を発現させた為に自身の死期を悟った厳勝は、縁壱に追いつくことが出来ない事に絶望した。 そんな時に無惨と出会い鬼となった。 400年前、黒死牟は八十歳を超えた縁壱と相見える。 縁壱は老いてもなお以前と変わらない強さを誇っており、黒死牟は死を覚悟した。 しかし、縁壱は戦いの途中で寿命が尽きて死亡している。 上弦の弐。 虹色の眼に、血を被ったような髪が特徴の鬼。 2枚の金の扇を武器に戦う。 二十歳の時に鬼となった。 それから百年以上を生きている。 上弦の陸である妓夫太郎の回想で初登場となった。 妓夫太郎、堕姫に無惨の血を与えて鬼にしたのは童磨である。 回想時は上弦の陸だった。 常ににこやかで、親しみやすい口調で話す。 これは敵である鬼殺隊士に対しても変わらない。 上弦の鬼が一堂に会した時には誰に対してもフレンドリーに話しかけている。 しかし、猗窩座は童磨のことを嫌っているようで、度々童磨を殴りつけている。 これについて「猗窩座より後に鬼となったのにも関わらず、猗窩座より出世したから」と説明していた。 上弦の参である猗窩座が死亡した際には涙を流して悲しんでいる。 しかし、実は童磨自身は何も感じていない。 感情が湧かないのは幼少期からのことであった。 頭が良かった童磨はそれが異端であることを知っており、感情があるように装っている。 童磨と戦った栗花落カナヲは「あなたの口から出る全部でまかせ」「感情があるふりをしているだけ」と指摘し、この時だけ童磨は笑っていなかった。 普段は人間に化けて『万世極楽教』という宗教の教祖を務めている。 この『万世極楽教』は両親が始めた宗教であり、童磨は生まれつき虹色の瞳を持っていたことを理由に教祖にされた。 その時すでに達観した考えを持っており、宗教を作った両親や、神にすがる信者たちを見て「可哀想に。 極楽なんて存在しないんだよ」と言って涙を流していた。 そして自身の使命は、そういった可哀想な者たちを救う事だと確信した。 鬼になってからは悩み苦しむ信者たちを殺害する事で救済できていると思っている。 上弦の参。 全身に刺青が入った鬼。 初めて登場した上弦の鬼である。 どこまでも強さを追い求める鬼。 それ故、脆弱な人間を嫌い、鬼であることを誇っている。 しかし、人間の中でも練り上げられた強さを持つ者には好意を抱く。 炎柱である煉獄と戦った時には、その強さを認め鬼に勧誘した。 武器は持たず、素手で戦闘を行う。 『拳鬼』という異名を持っている。 強さの極地である『思考の領域』を目指し、数多の人間を喰らい、数多の戦闘をくぐり抜けている。 その戦いの中で何人もの柱を打ち倒している。 攻撃力、回避能力、治癒能力、どれを取っても尋常ではない力を持つ。 主人公である竈門炭治郎、水柱である冨岡義勇、二人を相手取っても優勢に出るほどである。 上弦の弐である童磨を嫌っている。 無惨に命じられていない行動をとろうとしたり、自身に軽々しく触れてくる童磨を殴りつけた。 それについて上弦の壱である黒死牟に咎められている。 その際、「俺は必ずお前(黒死牟)を殺す」と宣言していた。 子供を産む力を持つ人間の女性を喰うことで鬼は大きな力を得ることができるが、猗窩座は女性を喰わないと童磨が話している。 上弦の肆。 二本の角、額に大きな瘤が特徴的な老人の鬼。 何事にも怯えて、事あるごとに「ヒィィィィ」と叫び声をあげる。 舌には「怯」の字が刻まれている。 無惨の命により刀鍛冶の里を上弦の伍である玉壺と共に急襲する。 そこで炭治郎、禰豆子、不死川玄弥、時透無一郎、甘露寺蜜璃と死闘を繰り広げる。 気配を隠すことに長けており、炭治郎と時透は誰かが来ている事は察していたが、視認するまで鬼だとはわからなかった。 危機に陥る毎に分裂して新たな鬼を生み出す血鬼術を持っており、追い詰めれば追い詰めるだけ強くなる。 分裂したそれぞれの鬼が強力で、炭治郎、禰豆子、玄弥、甘露寺の4人掛かりでの討伐となった(時透は途中で戦線離脱)。 分裂した鬼に戦闘を任せ、本体は早々に身を隠してしまう。 本体の頸を切らなければ、死ぬことのない分裂体と永遠に戦う事となる。 上弦の伍・玉壺(ぎょっこ) 壷の中から体を出し、無数の手を体から生やしている。 額と口の場所に目があり、目の場所には口がある。 他の上弦の鬼は人間の姿をとどめているが、玉壺だけは人間離れした容姿をしている。 芸術家を気取っており、高いプライドを持つ。 その美術センスは到底理解出来るものではなく、刀鍛冶の里では、鍛治職人に刀を突き刺して壷に活けていた。 自身の壷や作品を馬鹿にされると激昂する。 無惨に頸を落とされて感激する変態でもある。 鬼殺隊の隊士にも隠されていた『刀鍛冶の里』を見つけ出し、無惨に命じられて半天狗と急襲する。 時透無一郎と戦うことになるが、その前に多くの刀鍛冶を殺して回った。 手から壷を生み出すことができる。 玉壺は生み出した壷に瞬間移動することができる。 また壷から魚を模した化け物を生み出すことができる。 その化け物は頸を斬っても死なず、体を修復してしまう。 殺すためには壷を破壊しなければならない。 化け物の体液は毒液であり、返り血を浴びてはならない。 いつもは真の力を隠している。 追い詰められると脱皮して、身体中が鱗で覆われる。 鱗は金剛石より硬い。 また、その状態で殴られると、その箇所が魚へと変化する。 それ故、ガードすることが不可能で避けるしかない。

次の