お盆 法事。 お布施はいくら包めば良い?お盆法要7つの一般常識

神道・神式のお盆について知りたい

お盆 法事

仏教の盂蘭盆とは、飢えに苦しむ先祖を供養する孝行説法の一つでした。 盂蘭盆はインド・中国をわたって日本に伝来したといわれています。 仏教ではきちんと親や先祖を供養し、尽くすことがよいとされてを用意したり、盛大に先祖供養します。 同じように神道では、祖先崇拝の考えをもっています。 お盆の時期にはに行ったり、の前で手を合わせて、先祖への感謝を伝えるでしょう。 また、祖先の霊が私たちに影響をあたえると信じ、また祖先の霊はいつか昇華して神になる、と信仰されています(徳川家康を神格化した日光東照宮など)。 先祖供養・祖先崇拝だけでなく、お盆は一年間不幸のなかった家や両親が健在な家で「めでたい盆」として両親の長寿と健康を祝う行事でもあります。 神道では先祖の御霊を祀るために、お盆の時期には祖霊舎を清めたり、季節の果物やお酒をお供えしたりします。 やをして、先祖の御霊を迎え入れます。 photo:お供えするの例 () 仏式における・を神式では「新盆祭・新御霊祭(あらみたままつり)」と呼びます。 十日祭や・と同じで、御霊の安定を祈るための大切な行事です。 新盆・新御霊祭は、御霊が家族や子孫を守護する祖霊となるように丁重に執り行われます。 儀式としては、さんを呼んで奏上を行ってもらい、集まった方々でをします。 そのあとに会食をすることが一般的です。 神道の法事・法要について詳しくは「」をご参照ください。 お盆は、宗旨宗派にとらわれず、先祖を大切に思う日本の文化がつまっているようですね。 [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... あわせて読みたい 2019. 27 2020. 2 2019. 3 2020. 17 2013. 11 2020. クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• 敬食ライター ライター・レポーター• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 株式会社HOWL ライター・ディレクター• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 解体サポート 解体に関する記事の監修者 あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

お葬式で使う提灯と法事で使う提灯は意味や種類が違うの!?

お盆 法事

亡くなってから初めて迎えるお盆のことを初盆(ういぼん)または新盆(にいぼん)と呼びます。 お盆での香典袋は、初盆の場合も通常のお盆の場合も同じ書き方をします。 ここでは早速、香典袋の書き方について詳しくご説明いたします。 なお、香典袋に筆書きをするときは、 薄墨は使わずに普通の濃い墨で書くようにします。 この理由は、お通夜と告別式では急なご不幸のため薄墨を使うことに対し、お盆の日程はすでに決まっているため事前に用意ができることから来ています。 表書きの書き方 お盆の期間中に、ご親戚や知人のお宅を訪問してお線香をあげる場合は、香典袋を持っていきます。 香典袋の表書きは、 仏式と神式で異なります。 仏式 仏式のお盆の場合は「御仏前」「御佛前」「御供物料」といった表書きをします。 最も一般的に使われるのが「御仏前」です。 旧字体を使った「御佛前」と書くこともできます。 香典袋は無地、または蓮の絵が付いたものを使います。 神式 神式のお盆も、仏教の場合と同じようにお墓参りをして祖霊舎にてご供養をします。 祖霊舎とは神式でのお仏壇です。 神式で迎えるお盆の場合は 「御神前」「御玉串料」「御榊料」といった表書きをします。 香典袋は無地のものを使います。 名前の書き方 香典袋の 表の下部に名前をフルネームで書き入れます。 ご親戚で同じ名字のかたが複数そろう場合でも、フルネームならばすぐにどなたからなのかわかるためです。 もしご夫婦ともに亡くなったかたとお知り合いだった場合には、ご夫婦の連名で書くことができます。 たとえば仲人をしてくださったかたなどが当てはまります。 金額の書き方 香典袋には中包み(中に入れる小さめの袋)が付いています。 中包みの表側に金額を書き入れます。 金額は 旧字体の漢数字で書くのがしきたりです。 たとえば3千円ならば金参阡円、5千円ならば金伍阡円、1万円ならば金壱萬円というように書きます。 お盆の香典袋の選び方 お盆で持参する香典袋は、どのようなものを選べばよいのでしょうか? ここでは 水引に注目してご説明いたします。 水引の色 水引とは香典袋をはじめのし袋や贈答品の包み紙に付いている組みひものことです。 水引は、色、形ともにさまざまな種類があり、冠婚葬祭のそれぞれの場面で使い分けが必要です。 一般的にお盆の香典袋の水引には、 黒白・双銀・紫銀が使われます。 関西地方では黄白・黄銀が使われる地域も見られます。 水引の結い方 現在のような形で水引が使われるようになったのは、江戸時代と言われています。 水引には伝統があることがわかります。 水引には、花結びや結び切りなどさまざまな結び方があります。 お盆の香典袋の水引の形は、一度きりにしたいという気持ちを込めた 結び切りを選びます。 結び切りは一度結んだらほどけないことが特徴です。 お盆の香典袋のお金の入れ方 お盆で持参する香典袋は、お盆の期間が来る前に余裕をもって用意しておくと安心です。 ここでは 香典袋へのお金の入れ方についてご説明いたします。 使用を避けるべき数字 お盆でのご香典の金額は自由に決められるわけではありません。 ご香典には避けるべき金額があります。 ご香典にする金額は、 偶数にしてはならないというしきたりがあります。 これは偶数は割り切れる数字なので、縁が「切れる」ことを連想するためという理由からです。 ご香典の金額は必ず奇数とします。 さらに、「四」「九」のついた金額も避けるようにします。 新札は使用してもいいの? 急なご不幸として受け止めるお通夜や告別式と異なり、お盆の日にちは事前にわかっています。 したがって、準備する期間があることから、 お盆のお香典では新札を使っても問題ないとされています。 しかし、地域によっては、弔事はすべて旧札を使うという考え方もあります。 その場合は、新札をそのまま入れるのでなく、一度折り目を付けてから香典袋に入れるとよいでしょう。 折り目の付けかたですが、いったん二つ折りにしてから香典袋に入れる方法が多いようです。 また旧札を使う場合でも、あまりにも古くなったお札はご香典として向いていません。 しわや汚れが少ないものを選ぶようにしましょう。 お札を入れる向きを揃える 香典袋にお札をいれるときは、お札の向きを揃えて入れるようにします。 5千円札や1万円札が一枚の場合には、お札の向きを気にする必要はありません。 お札の表と裏ですが、よりマナーにこだわる場合は、お札の 顔が見えている面を下向きにして香典袋の中包みに入れるとよいでしょう。 お盆の香典袋の包み方 お盆でのご香典の金額はいくらくらいが相場でしょうか? 割り切れる数字、偶数の金額を避ける意味からも、お盆でのご香典の相場は、 3千円・5千円・1万円の3つの金額が一般的となっています。 亡くなったかたとの関係やご遺族との今後の関わりなどを考えに入れて、金額を決めるようにします。 もし、ご自分の家のお仏壇にお線香をあげていただいた場合、お盆での訪問で食事をふるまっていただいた場合などは、その分の金額を上乗せしてご香典の額を決めるとよいでしょう。 法事には様々な種類があり、包むご香典の金額に毎回迷ってしまいますよね?こちらの記事では法事の香典の金額について、相場・書き方・マナーを理由も含めて細かく解説しています。 是非ご覧ください。 お盆には、ご親戚や知り合いのかたのお宅を訪問して、お仏壇にお線香をあげてご香典をお渡しする。 お盆の香典袋の表書きは、仏式では「御仏前」「御佛前」「御供物料」と書く。 神式では「御神前」「御玉串料」「御榊料」と書く。 香典袋は無地のものを使う。 仏式では蓮の花の模様が入った香典袋もある。 名前はフルネームで書き、夫婦連名や〇〇会社一同の書き方もできる。 お盆の香典袋の選び方は、水引が黒白、双銀、紫銀。 関西では黄白、黄銀もある。 水引の結い方は結び切りを選ぶようにする。 お盆の香典袋にお金を入れるときは、偶数の金額を避けてお札の向きを揃えて入れる。 新札を使用してもよいが、新札の場合は一度二つ折りの折り目を付けてから香典袋に入れるとよい。 お盆の香典袋は袱紗に入れて持ち運び、お渡しするときに袱紗から取り出すようにする。 お仏壇にお供えする香典の金額相場は、3千円、5千円、1万円のいずれかである。 故人との関係などによって金額を決めるとよい。 ご親戚やお知り合いのお宅にお線香をあげに行くのは、古くから伝わるお盆の大切な風習です。 今回の記事をご参考にして、お盆でのご香典を用意していただければと思います。 「終活ねっと」では、今回の記事のほかにもお盆にまつわる記事を掲載しています。 それらもぜひご参考にしてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

神道・神式のお盆について知りたい

お盆 法事

浄土真宗や神道の方はこのお盆という習慣はありません。 手間がかからないと言えば、楽ですが…… Q:四十九日の忌明けより前にお盆を迎える場合、新盆・初盆はいつですか? A:住まわれている地域の習慣もありますが、一般的に新盆・初盆は翌年になります。 Q:身内を亡くし、初めてのお盆です。 親戚・知人・友人を招くべきですか? A:基本的には普段迎えるお盆と大きく変わりません。 しかし、亡くなった人が初めて家に戻ってきますので、丁寧に行いたいものです。 新盆・初盆にかぎっては、親戚や知人・友人たちを招いて法要を行います。 Q:新盆・初盆の法要はどのように行いますか? A:仏壇、仏具を清めておきます。 そして、お盆の入りには精霊棚(しょうりょうだな)を作り、供物をお供えします。 僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい、その後、参会者で食事をします。 準備の仕方は、宗派によって違います。 菩提寺の僧侶の方に聞かれたほうがよいでしょう。 ただ、お盆の時期、僧侶の方は忙しいので、連絡は早めにしてくださいね。 Q:新盆・初盆には、白い無地の提灯を飾りますか? A:正式には白張りで家紋入りのものとされています。 しかし新盆・初盆の時だけしか使えないので、最近では絵柄のついた提灯を始めから用意する場合が多くなっています。 これだと毎年お盆にお飾りできます。 新盆・初盆のポイント:服装は招かれた側よりも地味な恰好で 提灯の明かりを目印に故人の霊が帰ってきます。 そしてその華やかな明るさで、慰めてあげる意味もあります Q:主催者の服装は? A:主催者として、招かれた側よりも軽い服装をしてはいけないルールがあります。 一般的に三回忌まで葬儀の時と同じようにブラックアンサンブル、ワンピースなどのきちんとした喪服を着ます。 ですが暑い時期ですので、年配の方などは体調を考え、ゆったりしたものや体温調整のしやすい地味目な服装でもよいでしょう。 招かれた場合も葬儀の時と同じ喪服を着たほうがよいですが、暑い時期ですので、濃いネイビー、グレー、ダークグレーなど落ち着いたスーツやワンピースなどの略式礼装でもかまいません。 Q:僧侶へのお布施はどれくらいするのですか? A:新盆・初盆の場合は、1万円から3万円です(普段のお盆の場合は3千円から1万円ぐらい)。 地方や宗派によってさまざまですので、詳しい方に聞いてくださいね。 表書きは[御布施」。 Q:お寺で供養してもらってもいいのですか? A:菩提寺と自宅が離れている場合は、お寺で供養してもらっても大丈夫です。 Q:白い提灯は新盆・初盆が終わったらどうすればいいのですか? A:送り火で燃やしたり、菩提寺に納めてください。 新盆・初盆のポイント:御仏前の金額と供物はどうすればいい? お参りする時期は、できればお盆の期間内がよいですが、それにこだわらず、先方の都合を聞いてからにしてください Q:親戚として何をしてあげればよいでしょう? A:亡くなった方の近い親族は、新盆・初盆には盆提灯を送るしきたりがあります。 しかし最近は住宅事情などから飾らないところも増えていますので、先方に聞いてから贈るとよいでしょう。 不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むこともあります。 Q:親戚ではなく、故人と親しかった友人として、何をしてあげればよいでしょう? A:法要に招かれた場合は、「御仏前」「御供物料」として、現金をお供えします。 また故人の好物だったお菓子や季節の果物、贈答用のお線香を「供物」としてもよいでしょう。 御仏前の金額の目安は、故人との関係によりますが、だいたい5千円から1万円です。 Q:施餓鬼会(せがきえ)の法要の案内をもらいましたが、どういうことですか? A:お寺のお盆行事のひとつで、飢えに苦しんでいる餓鬼や供養に恵まれない、いろいろな霊を供養するものです。 お寺に施餓鬼壇(せがきだん)をつくり、位牌を安置した前で、檀家の方がご飯、野菜、果物、お菓子などを持ち寄ってお供えします。 新盆・初盆を迎える家庭は、菩提寺から案内が来るのが一般的です。 いかがでしたでしょうか? 故人となって初めて里帰りする新盆・初盆は、家族全員が顔をそろえて、亡くなった方だけのためにより丁寧に供養してあげてください。 【関連記事】•

次の