コクリコ 坂 から 声優。 コクリコ坂から 動画フル無料視聴!映画が無料の動画サイトまとめ

空中庭園と幻の飛行船: 『コクリコ坂から』の脚本担当が語る秘話&海と俊のその後

コクリコ 坂 から 声優

2011年05月13日 10時24分 ジブリ新作「コクリコ坂から」キャスト決定、メインキャストに長澤まさみと岡田准一を起用 2011年7月16日(土)から公開が予定されているスタジオジブリ新作映画「 コクリコ坂から」のキャストが発表されました。 主人公の「海」役は女優の長澤まさみ、その相手役となる「俊」役は岡田准一が演じるとのこと。 その他キャストの情報などは以下から。 スタジオジブリの最新作となる映画「コクリコ坂から」のキャストが発表され、主人公の「海」役には女優の長澤まさみが抜てきされました。 長編アニメ映画の声優は初挑戦という長澤まさみは以下のようにコメントしています。 「喜びと同時に、ジブリ作品が大好きなので私で大丈夫かなと少し不安もありますが、とにかく楽しむことを忘れないように自分らしく出来たらと思います。 (長編アニメ映画での)声優は初めてのことですが、海ちゃんのしっかりとした芯のあるところをキチンと出せるよう、丁寧に落ち着いて取り組みたいです。 (脚本を読んで)私たちに何が本当に必要なのか考える時間を持ってみることも大切なのではないかと思いました。 」 しかし彼女は2008年に されたこともあるため、まったく声優経験がないということではありません。 そして海の相手役となる「俊」役には、「」にも出演した岡田准一が選ばれました。 鈴木敏夫プロデューサーは、メインキャスト2名の起用理由について「長澤さんについては、三谷幸喜さん脚本のドラマ『わが家の歴史』での彼女のお芝居が良かったので、決めました。 そして、海ちゃんの相手役の俊くんには、『ゲド戦記』にも出てもらった岡田(准一)くんに。 一度一緒にやっているので、気心が知れているので、お願いすることにしました」と語っていたそうです。 宮崎吾朗監督はキャストの起用理由について「長澤さんを選んだのはカンです」としながらも「カンは大当たりでした。 アフレコはとても順調に進んでいます」と納得のいく進行状況であることを思わせる発言をしています。 他のキャストは、、、といった、これまでもスタジオジブリ作品に出演したことのある俳優陣に加え、初参加となる、、の出演が決定しています。 これまでのスタジオジブリ作品同様、俳優を声優として起用する形のキャスティングとなっていますが、公式サイトを見ると原作と役名が異なる部分が多いため、どんなストーリーが展開されるのか今から気になるところです。

次の

ジブリ新作「コクリコ坂から」キャスト決定、メインキャストに長澤まさみと岡田准一を起用

コクリコ 坂 から 声優

船乗りだった父とカメラマンの母を持つ松崎海は、海の見える丘の上に立つ下宿を営む家に生まれ、切り盛りしている快活な少女です。 父は朝鮮戦争で機雷に触れ死去しており、父を偲んで庭に旗を揚げていた。 そんな海をいつも船から見ていた風間俊。 彼女を題材にして匿名の学級新聞の記事を書いたりしている。 海はそれを読んで自分のことかと気が気でない。 海が通う高校の新聞部部長である彼は、生徒会長の水沼と共に沢山の騒動を巻き起こす。 そんな中に巻き込まれていく海だったが、やがて風間に惹かれ交際を始める。 そんな折、2人は残酷な真実を知る。 実は異母兄妹なのではないか?という疑問だった。 この話は実際にありそうな話しで、映画館で鑑賞した折はとてもドキドキしながら見ていたのを覚えています。 戦争後の話なので、実際にこういうことは沢山あったのではないでしょうか。 わたしがおすすめなシーンは、風間が二階から飛び降りてくるシーンです。 そして中盤で出来上がる男子文化部の部室が多数入っている汚らしい棟のカルチェラタンが美しく再生するシーンは見ものです。 監督はスタジオジブリで有名な宮崎駿さんの長男・吾朗さんです。 原作有りな作品は多数ありますが、また違ったテイストで面白いと思います。

次の

コクリコ坂からの声優一覧!舞台のモデルは横浜? | シネマノート

コクリコ 坂 から 声優

港の見える丘にあるコクリコ荘。 その下宿屋を切り盛りする16才の少女・海。 彼女は、毎朝、海に向かって、信号旗をあげる。 旗の意味は「安全な航行を祈る」。 タグボートで通学していた17才の少年・俊は、海の上からその旗をいつも見ていた。 翌年に東京オリンピックを控え、人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。 そんな時代に、横浜のとある高校で、小さな紛争が起きていた。 古いけれど、歴史と思い出のつまった文化部部室の建物、通称カルチェラタン。 それを取り壊すべきか、保存すべきか。 そんな事件の中で、海と俊は出会う。 俊はその建物を守ろうと学生たちに訴える。 海はその建物の良さを知ってもらおうと大掃除を提案する。 徐々に惹かれ合うふたりに、ある試練が襲いかかる。 「嫌いになったのなら、はっきりそう言って」「俺たちは兄妹ってことだ」「どうすればいいの?」自分たちは兄妹かもしれない。 それでも、ふたりは現実から逃げずにまっすぐに進む。 そして、戦争と戦後の混乱期の中で、親たちがどう出会い、愛し、生きたかを知っていく。 そんな中で、ふたりが見出した未来とは——。

次の