アナザー スカイ 横浜 流星。 横浜流星、「アナザースカイII」で香港 ブルース・リーゆかりの地めぐりへ!ロケSHOTを初公開

アナザースカイ田村優の動画見逃し無料視聴はこちら【12月13日】

アナザー スカイ 横浜 流星

横浜流星さんのプロフィール 横浜流星さんってどんな人?という人は少ないかもしれませんが、香港旅のロケ地チェックの前にプロフィールを見てみましょう。 本名:横浜 流星 生年月日:1996年9月16日 血液型:O型 出身地:神奈川県横浜市 身長:174㎝ 趣味:音楽鑑賞 特技:極真空手 事務所:スターダストプロモーション 最終学歴:日出高校 芸能コース 小学6年生の時、原宿で今の事務所にスカウトされ、芸能界に入った流星さん。 中学時代は空手に没頭し、世界大会で優勝した経験を持ちます。 全国のママ達から人気を集めました。 主演を務めた映画 「いなくなれ、群青」で共演した 飯豊まりえさんとは高校の同級生だったそうです。 2019年1月期ドラマ 「初めて恋をした日に読む話」ではピンク髪の高校生由利匡平を演じ、大ブレイクを果たしています。 その人気は爆発的で、横浜流星さんが表紙を飾った2019年6月5日発売の雑誌「anan」は、発売前に全国ネット書店で完売してしまったそうです。 今一番注目の若手俳優ということは、間違いないですね! 横浜流星のアナザースカイは「ホンキョン」 アナザースカイ冒頭にMC今田さんから「アナザースカイはどちらでしょう?」のフリに、横浜流星さん「ホンキョン」 MC広瀬アリスさんも思わず「かわいい~~!」と絶賛していました。 そんな流星さんがまず訪れたのは、昨年写真集で訪れた九龍エリアの油麻地。 ファンの方なら、写真集のロケ地を巡ってみるのもいいですね。 横浜流星さんが心の師として仰ぐブルース・リーの銅像前で、同じポーズで決めていました。 決まっていてかっこいいショットですね! ここでは、スタジオの2人へのお土産もゲットしています。 広瀬アリスさんへはブルース・リーのフィギュア、今田耕司さんにはブルース・リーが「ドラゴン危機一髪」で着用したものと同じブランドのシャツ! 正直おじさんの下着?にも見えてしまうシャツでしたが、ブルース・リーファンの今田さんは大満足の様子でした。 ブルース・リーが愛した名店・1964年創業の「太平館餐廳」も訪れ、名物スイスチキンウィングHKドル125(約1700円)を食べていました。 — 2019年 4月月22日午前12時18分PDT ブルース・リーが住んでいたアパート跡(現在はデパート)も訪れています。 ブルース・リーの父は舞台役者で、巡業中のサンフランシスコで1940年にサンフランシスコで誕生後、香港へ移住したそうです。 そんなブルース・リーが武道を学んだのが 「詠春拳」の道場。 個人レッスンを受けるために、1番乗りで道場へ来て他の生徒に「今日は稽古は休みだ」と言って追い返してレッスンを受けていたそう。 詠春拳は明王朝復興のために真の時代に始まった拳法で、1900年頃まで一部の人しかできない秘技でしたが、宗師イップマンが香港で解禁して広め始めたそうです。 ブルース・リーやジャッキー・チェンなど、数々のスターがここで武道を学び旅立っていきました。 横浜流星さん、ここでイップマンから教えを受けた先生から拳法を習うことに。 基礎ができているので、とっても様になっていましたよ! 映画並みのクオリティで、カッコいいですね! ブルース・リーは駆け出しの頃、映画会社の社長にこんなことを言ったそうです。 「You just wait. 」 待ってろ。 世界一有名なチャイニーズスターになってやる。 本当に実現してしまったところがスゴイ!横浜流星さんも、ぜひ本格アクション映画に挑戦してもらいたいですね。 横浜流星ファンにも、ブルース・リーのファンにもおすすめのコース 今回のアナザースカイは横浜流星さんファンも、ブルース・リー ファンも、大満足のスポット満載でしたね。 今田耕司さんも、次回同じコースを巡りたいと言っていました。 ドラマや映画に引っ張りだこのの横浜流星さん、今後の活躍も楽しみですね!.

次の

横浜流星、再訪した香港で極真空手アクションを披露!「アナザースカイII」

アナザー スカイ 横浜 流星

目次 油麻地 写真集で撮影した場所を巡っていました。 この辺りはどこもよく似ているのに横浜流星さんは路地やお店などすべて覚えていて驚きました。 在住者でも迷うエリアなのによっぽど香港が印象に残ったんでしょうね。 壁にたくさん貼り紙しているのが香港らしいですね。 場所はこのお店の左横ですね。 ここから見る香港島の景色は本当に素晴らしいのでおすすめの観光スポットです。 ブルース・リーの銅像の横にはスタバがあるのですが、そこの2階のテラス席は人も少なく穴場ですよ。 太平館餐廳 ブルース・リーが愛したお店ということで紹介されていた「太平館餐廳」。 創業1860年の老舗洋食レストランです。 ブルースリーがお忍びで通っていたのは1964年にオープンした佐敦の店舗です。 横浜流星さんはスイスチキンウィング(瑞士鶏翼)を食べていました、ブルースリーはこのチキンウィング以外にも蟹のクラムチャウダーもよく頼んでいたようです。 佐敦店以外にも、尖沙咀、銅鑼湾、中環にもお店があります。 詳しくはをみてください。 現在は「恒豊中心 Prudential Hotel 」というホテルに変わっています。 2階部分までは色々なお店が入ったショッピングモール風になっているのでファンの方は中に入ってもいいですね。 もし横浜流星さんのように習いたい方はもあるようです。 ブルース・リーの師匠葉問(イップマン)は映画にもなっています。 参考: 興味のある方は映画をご覧なって下さいね。 ここでうさぎ跳びをしていたようなのですが、横浜流星さんもチャレンジされていましたね。 横浜流星さんは軽く階段を上っていましたが、ここの階段は400段もあるので体力のある方はぜひどうぞ。 ここは香港三大古寺の1つとして有名なお寺です。 」が生まれたところですね。 その場面のパネルも展示されています。 歴史のあるお寺なので映画ファンならずとも一度は訪れておきたい場所です。 少し場所が辺鄙なので時間のあるご旅行の際は是非。 屯門からタクシーがお勧めです。 流星さんはアバディーン(香港仔)の対岸にある鴨脷洲を結ぶ渡し船に乗っていたと思われます。 漁船の合間を縫って進むので都会の香港とは違う一面を見ることができます。 運賃は2ドル 30円以下 で5分も乗らないので気軽に乗ってみましょう。 「利工民」は100年の歴史を持つ香港老舗の綿シャツ店です。 薄く軽く肌触りがよく香港の夏に着てもサラサラ。 そして丈夫だったことから肉体労働者が好んで着ていたようです。 Blu-ray500円でありました。 まとめ 横浜流星さんファンだけでなく、ブルースリーファンも納得のアナザースカイでした。 横浜流星さんは最後に映画さながらのアクションをしていましたが、極真空手の世界チャンピオンというだけあって素晴らしかったですね。 流星さんのファンでも何でもなかったですが応援したくなるような番組でした。

次の

【アナザースカイ bgm】横浜流星 香港 2019年8月9日

アナザー スカイ 横浜 流星

『アナザースカイ』(英称:another sky)は、日本テレビ系列(NNN加盟局)で毎週金曜日の23:00 — 23:30(JST)に放送されているバラエティ番組・紀行番組のシリーズである(字幕放送)。 2008年10月10日から放送開始。 ハイビジョン制作。 番組開始当初から地上アナログ放送ではレターボックス形式で放送。 第1シリーズである『アナザースカイ』(以下、「I」〈ワン〉とも記す。 )はシリーズ開始から2019年3月29日まで放送され、第2シリーズである『アナザースカイII』(アナザースカイ ツー。 以下、「II」とも記す。 )は同年4月5日から放送開始。 () 「アナザースカイ横浜流星」「アナザースカイ香港」「アナザースカイ楽しみ」という言葉が話題です。 僕のANOTHER SKY タイ・バンコク?? これが私の手取り23万 アナザースカイ風 社会保険料 というより 生きててごめんなさい料 — みさき rinda1047 来週のアナザースカイに流星くんが!!!楽しみ〜??? アナザースカイ 汐パラ —? リリピチャーン? ttNBMBM 箱があったら入ってみる。 笑 — ゆき YNWA??

次の