竈門炭治郎のうた オーケストラ。 サンプル表示

【楽天市場】[楽譜] PP1608ピアノピース 竈門炭治郎のうた/椎名豪 featuring 中川奈美【10,000円以上送料無料】(PP1608ピアノピースカマドタンジロウノウタシイナゴウフィーチャリングナカガワナミ):ロケットミュージック 楽譜EXPRESS

竈門炭治郎のうた オーケストラ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

【楽天市場】[楽譜] PP1608ピアノピース 竈門炭治郎のうた/椎名豪 featuring 中川奈美【10,000円以上送料無料】(PP1608ピアノピースカマドタンジロウノウタシイナゴウフィーチャリングナカガワナミ):ロケットミュージック 楽譜EXPRESS

竈門炭治郎のうた オーケストラ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

【楽天市場】[楽譜] PP1608ピアノピース 竈門炭治郎のうた/椎名豪 featuring 中川奈美【10,000円以上送料無料】(PP1608ピアノピースカマドタンジロウノウタシイナゴウフィーチャリングナカガワナミ):ロケットミュージック 楽譜EXPRESS

竈門炭治郎のうた オーケストラ

826aska最新動画紹介「FINAL FANTASY V ビッグブリッヂの死闘」 2020年5本目のエレクトーン演奏動画は、なんと家庭用ゲーム機スーパーファミコンのロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジーV」より、〈ビッグブリッヂの死闘〉。 そもそも人間の指先・足では演奏困難なハズの大迫力のこの曲の演奏は、是非動画をご覧いただくとして、当方が感じた点をいくつか記載したいと思います。 やや足元を意識したカメラアングル、画面切り替えが少ない、赤い靴下、2分7秒の演奏、「ふみふみ」、、、と、明らかに伝説のエレクトーンプレイヤーmaruさんの演奏動画を意識している様子がわかります。 そして動画最後のガッツポーズ。 イントロ部分の指さばきや826askaさんのコメントなどからも、相当難しい演奏だったことが感じられました。 一番印象的だったのは、演奏後に深々としたお辞儀です。 これはmaruさんに対するお礼や感謝(もしくは報告)だったのかもしれません。 これにエレクトーン活動一本で行くと決めた826askaさんがこのタイミングで自分自身の可能性に挑戦することで、感謝を伝えたように感じました。 さて、この演奏動画に関しては、maruさん/826askaさん双方を知る人にとってはその想いは十人十色(私は「歴史的瞬間」。 ネット上では「aska大橋開通」という表現をする方もいらっしゃいました)。 それでもYouTubeのコメント欄では概ね好評を得ており、一週間で約50万再生を超えました。 さらにはこの演奏動画のインパクトが大きすぎたのか、YouTube上の他の方の演奏動画の再生回数もジワジワと増えております。 いろいろな意味が込められた演奏だったとは思いますが、ファン待望の素晴らしい・迫力のある演奏、どうもありがとうございました!是非ライブ等で演奏していただけると嬉しいです。 34 826aska」「STAGEA アーチスト・シリーズ(グレード9〜8級)Vol. 6 826aska」、および雑誌「月刊エレクトーン2019年4月号」のインタビュー記事をご覧ください。 私はこの曲を聴くのは初めてなのですが、どうやら2月24日に開催された「826aska Special Live 〜Graduation〜」においてこのメドレーの中の〈竈門炭治郎(かまどたんじろう)のうた〉が演奏されていたようです。 前半は切ない雰囲気の曲を丁寧かつ気持ちを込めて演奏している感じを受けました。 826askaさんが目を瞑って演奏している場面もありましたね。 そして〈竈門炭治郎のうた〉の826askaさんが演奏する曲のイメージは、私自身がアニメや原曲を見ていない・あまり聞いていないこともあり独自の解釈かもしれませんが、3:59付近からの演奏は「春の訪れを感じる校庭で、卒業式が終わった卒業生たちが思い出話をしたり別れを惜しむ光景 〜 思い出一つ一つの振り返り 〜 そして誰もいなくなった校舎と校庭」という光景が浮かび上がりました。 何度か聞いてみると、少し似ているメロディーのある別の曲が思い出されました。 例えば、菊池桃子さんの歌う〈卒業-GRADUATION-〉や、CAPCOM Electone コレクションに収録された14曲目のモンスターハンターワールド:アイスボーンからの曲や、あともう一曲何か昔の歌(思い出せない)など。 これらが私が感じた曲のイメージに繋がっているのかもしれません。 さて、今回も曲にマッチした動画編集が凄いことになっています。 画面をブラックアウトして強調するシーン、ボリュームペダルを踏み込むアップのシーン。 そして6:08〜6:20で斜めにカメラアングルを動かしながらエレクトーン側面の826askaのステッカーを映し出すシーンでは、もう感動して涙が・・・。 (ライブツアーDepartureでの、鯖江IC通過シーンと同じ感覚の感動) 今回も、とても素晴らしく、ハイクオリティーな、感動の演奏動画の公開、どうもありがとうございました!どこかのライブで聴かせてくださいね! p. 前回のYouTubeライブ配信から気になっていましたが、壁に掲げているルイヴィトン(?)の額(?)はいったい??? 検索用キーワード:鬼滅の刃、竈門炭治郎、ルイ・ヴィトン、Louis Vuitton、ルイビトン、最新、最新動画、感涙率:特高 日付:2020年03月17日(火) 826aska演奏曲紹介「破壊と再生」 2019年8月にアップされた、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」から〈破壊と再生〉の826askaさんによるエレクトーン演奏。 私がこの曲を初めて聞いた時の感想は「前半はドクターX〜外科医・大門未知子〜似、中盤はドロドロ感、後半は解放感のようなイメージで、同じメロディーの繰り返しが多いのと、同じメロディーでも音色が変わるのが印象的。 」でした。 オーケストラ風に、そして覇気が感じられる演奏が魅力ですね。 ファンの人からは「826askaさんはオーケストラ系の演奏が似合う」というツイートもありましたね。 さて、素晴らしいエレクトーン演奏の他にもこの動画にはこだわりがあって、曲のタイミング・イメージに合わせてアングルを動かしたり二重写しのテクニックが使われているなど、非常に見応えのある編集となっています(編集はパパさん中心に行われている模様)。 動画はこだわる気になれば時間をかけてイロイロと編集できるのですが、撮影技術が中心になってしまうと曲と微妙に合わなかったりすることが多々あります。 しかしそこは音楽一家でもある826askaファミリー。 あくまでも曲のイメージを軸に演奏動画を作り上げているという印象です。 個人的にはこの動画が一つの完成系かな、と思ってます。 なお、一つ提案させていただくなら、初めの10秒ほどのタイトル画面は不要で、いきなり演奏に入った方がいいかな、と感じています(この際にタイトルを重ね合わせるなど)。 というのもここ半年くらいで、(演奏動画に限らずあらゆるジャンルの)ユーチューバーの動画からタイトル画面が無くなっている、もしくは非常に秒数を短くして本題に入る傾向があります。 これはTikTokの影響があるのかもしれませんが、動画再生開始から数秒以内でいかに視聴者の心を掴み、最後まで見て・聞いてもらえるかが勝負のような感じになってきた、というのが理由です。 ということで、素晴らしいエレクトーン演奏、どうもありがとうございました! p. 826askaさんの衣装を「割烹着」とか言っているYouTube上のコメントは面白かったです(笑)。 動画再生回数は514万回を超えています。 実は昨年の10月頃に〈コード・ブルー Code Blue〉の演奏を抜いて5位になりました。 それだけルパン三世の演奏動画は人気だということでしょう(やはり今の40代後半以降の世代にマッチ?)。 また826askaさんの演奏動画の中では、ルパン三世関係は5つもアップされているのですが、昨年末の2015バージョンを除いては全て100万回再生を超えています。 合計すると、1200万回を超えているのですね・・・。 またYouTubeのコメント欄には所々「私の心を奪われました」の名言が。。。 検索用キーワード:ルパン、ルパン三世、ルパン三世のテーマ 日付:2020年01月17日(金) 隠れた人気曲の紹介 826askaさんの演奏動画、どれも再生回数が軽く数十万回〜数百万回を超えているのですが、意外と目立つことなく?!人気の曲がありますので紹介します。 一つ目は〈東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ〉。 これは高評価の率が比較的高く、なおかつ動画再生回数が多いです。 これは評価に関係なく動画再生回数が多い演奏動画となります。 検索用キーワード:東京ディズニーランド、Tokyo Disneyland Electrical Parade Dreamlights、あまちゃん、NHK、連続テレビ小説、能年玲奈、エレクトリカルパレード、ディズニー、ディズニーメドレー 日付:2020年01月17日(金) 826aska最新動画紹介「Let It Go 映画『アナと雪の女王』劇中歌」 今年もあとわずかとなったところで、約2ヶ月ぶりにYouTubeへのエレクトーン演奏動画のアップがありました。 待望の〈Let It Go〉のエレクトーン演奏動画キターーー!!!。 私は昨年のクリスマスライブの時に初めて826askaさんの生演奏を聞いたのですが、サックスの音色がとても印象的で、ぜひ演奏動画も、と思っていたところでした。 もう言葉に言い表せないくらい素晴らしいの一言です。 印象的だった点は、1:59〜2:15あたりでバックに聞こえるコーラス(と言うのか?)の部分でしょうか。 臨場感とか空気感が伝わってきますよね! さて、この曲の他のエレクトーン演奏動画を以前からネットでよく視聴している人からすると、826askaさんの演奏は「おや?」と思う部分が何箇所かあったハズです。 音の波形を見たり(笑)、オーケストラ・ファンタジーの楽譜を購入して確認したり、ピアノの演奏動画を見るなどしたのですが、どうもエレクトーン向けの同曲の楽譜は、英語の歌詞?がベースとなっている感じがします。 それに対して826askaさんの演奏は日本語の歌詞での歌い方に、より雰囲気を近づけたのかな?という感じがしました。 なんとなくですが、〈Let It Go〉の演奏を通じて、いつも応援してくれる人に対して何かメッセージを伝えているのかな、、、と感じるのは私の妄想でしょうかね。 どれもこだわりの演奏ばかりですが、私にとって印象的なものを紹介したいと思います。 曲の詳細は、このYouTube掲載曲紹介欄や、CD・DVD・物販情報のところで記載していますので、どうぞご覧ください。 天使のくれた奇跡• Swordland• 彼方の光(CD)• パイレーツ・オブ・カリビアン メドレー• 未来のトビラ• Swordland• Departure(期間限定ライブツアーダイジェスト映像)• 2011年にNHKで放送された大河ドラマの同作品のオープニング曲です。 これを826askaさんがエレクトーンで鮮やかに演奏しています。 曲の出だしは田舎の風景とか懐かしさが思い出されるようなイメージ、その後は篤姫と同じく健気に立ち振る舞うような様子と女性の優しさ・力強さを表現した曲のように聞こえます。 (と思ったら、作曲は同じ人のようです) 検索用キーワード:江〜姫たちの戦国〜、NHK、大河ドラマ、吉俣良、Ryo、江 日付:2019年12月02日(月) 826aska最新動画紹介「Swordland」(2019年10月) 今年は精力的にYouTubeへの演奏動画アップを行なっている826askaさん。 10月にもエレクトーン演奏動画のアップロードがありました。 TVアニメ「ソードアート・オンライン」に挿入されている曲の一つである〈Swordland(ソードランド)〉。 826askaさんの演奏動画はどれもこだわりがあるのですが、この動画については「音作り」に関してとても・とても強く・こだわった感があり、私的には昨年YouTubeにアップされた「天使のくれた奇跡」レベルの再来、という印象です。 聞いただけで「これぞ826askaワールド」という事が伝わってきます。 この完成度やクオリティーの高さは、曲表現の想像力と微妙な違いがわかる耳の良さ、そして完成まで一切の妥協を認めなかった努力の賜物だと思います。 曲のイメージは、TVアニメやオリジナルを視聴していないこともあり、正直なところ言葉で表現するのが難しいです。 う〜ん、強いて言うなら「826aska 2020」「826aska 2. 0」のオープニング曲とでも言うべきでしょうか???また、演奏風景の見どころとしては衣装や、楽譜無し(この記事を書いている途中で耳コピということが判明)で目を瞑って演奏しているところでしょうか。 今回は「篤姫」。 NHK大河ドラマの同作品のオープニング曲です。 いきなり「何事が起こったのか」と思わせるような出だしの後、直後に悲しい出来事を想起させるようなメロディー。 しかし、その後は健気に立ち振る舞うような様子と女性の優しさ・力強さを表現した曲に聞こえます。 ところで、この演奏動画のアップは2013年末。 まだ826askaさんは小学6年生の頃ですが、この頃にはすでにチーム826askaの総力を結集して、人の心に響くクオリティーの高い演奏をしていたことに驚きです。 今回は「パイレーツ・オブ・カリビアン メドレー」です。 実は「パイレーツ・オブ・カリビアン 彼こそが海賊」の演奏動画があまりにも有名なので、こちらはやや再生回数が少ないのですが、曲全体にストーリー性を感じる点からこちらの方が好き、という人も多い感じです。 私はライブツアー〜Zephyr〜に参加し始めた頃から、こちらの演奏動画を聞くことが多くなりました。 メドレーは「オープニング(正式名不明)〜黄金のメダル〜決闘〜彼こそが海賊」の構成となっています。 当方が勝手に曲名を付けるとすると「オープニング〜826aska誕生〜想定内(回答)〜826aska快進撃」という感じに聞こえます。 検索用キーワード:パイレーツ・オブ・カリビアン、黄金のメダル、決闘、彼こそが海賊、パイレーツ、感涙率:高 日付:2019年07月22日(月) 826aska動画紹介「MIRACLE SHOT」「Departure」 ヤマハ主催のミニライブの関係なのか、3月27日に発売された826aska DVDのミュージックビデオ2本が、ヤマハミュージックコミュニケーションズよりYouTubeにて公開されました。 曲は「MIRACLE SHOT(ミラクルショット)」と「Departure(デパーチャー)」。 これに関しては当ブログの「CD・DVD・物販情報」に感想を述べさせて頂いています。 YouTubeにアップして頂いたことにより手軽に視聴もでき、またDVDの販促につながるといいですね。 YouTubeのコメント欄やtwitterなどを見ると、まだDVDを購入していないと思われる方も散見されますので、オフショット動画が含まれたDVDを是非購入して見ていただければ、と思います。 検索用キーワード:CD、DVD、メジャーデビュー、動画、デパーチャー、ミラクルショット 日付:2019年07月01日(月) 826aska最新動画紹介「残酷な天使のテーゼ」(2019年6月) ライブツアー後半戦の再開が迫る中、YouTubeへのエレクトーン演奏動画のアップがありました。 曲は「ホール・ニュー・ワールド」と「残酷な天使のテーゼ」。 今回は後者を取り上げますが、これはテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲。 壮大感あふれるオープニング・ノリの良いイントロ・何かを訴えかけている感じのするメインメロディーの部分と、とても気に入っている曲の一つです。 見所は動画の1:22あたりからの足鍵盤への凄い足さばきでしょうか。 もはや人間業を超えているような感じがします(人類の極限に挑戦?)。 YouTubeのコメント欄では「aska足」などと呼ばれているらしい?です。 また「何かを訴えかけている感じのするメインメロディーの部分」ですが、「セカンドエクスプレッションペダル(足元左側のペダルのこと)で音高を変化させることにより、オリジナル曲の歌の抑揚を絶妙に再現」という内容のツイートを見てなるほど、と思いました。 さらにSTAFFの動画撮影・編集技術もパワーアップしているようで、今まではズームイン・アウトがメインだったのですが、カメラの立体的な動きが加わると共に、指先と足元を同時に映す重ね合わせの技術も追加されましたね。 ところで「新世紀エヴァンゲリオン」。 6月21日よりNetflixにて全世界190ヶ国への配信が始まったのですが、これに合わせてのアップなのでしょうか(後日補足:無関係だった模様)。 その関係があったのかはわかりませんが、一時YouTubeの急上昇ランク(日本地域)が19位まで上昇したのには驚きました。 曲は「I Was Born To Love You(ボーン・トゥ・ラヴ・ユー)」のQueen(クイーン)版。 昔飲み物のCMに使われていた曲なので聞き覚えがありました。 夏らしいスカッとした爽快感のあるイメージの曲を楽しそうに演奏する826askaさんの姿が素敵ですね。 YouTubeに動画アップ後、24時間経過しましたが、すでに再生回数が15万回近くなっております。 今回は「リベラ 彼方の光」。 826aska演奏曲の中ではこの曲が最も好きだという人も多い感じです。 演奏直後から、826askaの音色・826askaの音の空間が伝わってくる感じです。 透明感あふれる演奏とでも言うのでしょうか。 また聴き手の心に響くのか、何かを思い出してしまい、自然と涙がこみ上げてくる感じがします。 さらに曲後半の2:50〜、3:14〜の演奏で聴き手の心への響は頂点に達します。 なお、本曲は2019年3月27日(水)販売開始の、826aska CDアルバム「DEPARTURE」に収録される予定になっています。 しかしその中には名曲・名演奏が含まれていますので、ちょっと紹介したいと思います。 一回目は「未来のトビラ」。 作曲はプロのエレクトーンプレーヤー岩内佐織さん。 YouTubeのコメント欄に、岩内佐織さんの演奏との聴き比べが掲載されていましたが、私の印象は下記の通りです。 岩内さんの演奏は「地平線の見える草原をどこまでも突き進んで行く」、826askaさんの演奏は「光に満ち溢れた(丸い)空間を突き抜けてゆく」ような感じに聞こえました。 目をつぶって聞いていても、演奏開始0:28あたりからの音で、826askaさんの演奏だということがわかってしまう感じですね。 曲全体のイメージは曲名通り、未来への希望を描いている感じなのですが、未来へ進むにあたって少しだけ過去を振り返っているように聞き取れる箇所があります。 具体的には、1:20〜1:40、3:50〜4:10付近の演奏です。 この2箇所は同じメロディーですが音色が異なっており、前者は826askaさんの幼年時代の振り返り、後者はここ数年の圧倒的な努力・経験をしてきた日々を思い返す感じに聞こえます。 2:55〜3:00あたりの少し曲のイメージが変わる部分の演奏が好きです。 4:50以降がこの曲のクライマックスで、とてもかっこいいですね。 と、あまりうまく説明できていない紹介になってしましました。 ライブではどうだったかな?(この曲では当方だいたいウルウルモードなので。。。 ) 検索用キーワード:未来のトビラ、岩内佐織、感涙率:高、名曲 日付:2019年02月16日(土) 826aska最新動画紹介「天使のくれた奇跡」(2018年12月) もうクリスマスライブのセットリストが決まり、今頃は猛練習しているところかな、、、と勝手に想像していた中、約半年ぶりにYouTubeへのエレクトーン演奏動画のアップがありました。 曲は「天使のくれた奇跡」。 キターーー!!! 演奏から、826askaの音色・826askaの音の空間・826askaの曲への入魂が伝わってきますよね!これぞ、まさに「826askaワールド」。 ずっと826askaさんの演奏を聴き続けてきた人には、たぶんこの曲を(映像なしで)初めて聞いても「あっ、これは826askaの演奏!」だとわかると思います。 検索用キーワード:最新、最新動画、天使のくれた奇跡、最新映像 日付:2018年12月15日(土) 826askaその他人気曲紹介 すでに紹介済みの曲以外にも、比較的人気の高い曲を紹介します。 掲載曲の半分以上になってしまいますが。 大河ドラマ【篤姫】エレクトーン演奏• 【威風堂々】第1番 エレクトーン演奏• 【英雄の証】エレクトーン演奏• 【東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ】エレクトーン演奏• 【カノンロック】エレクトーン演奏 CANON ROCK Electone performance• 【銀河鉄道999】エレクトーン演奏• 【リベラ 彼方の光】エレクトーン演奏• 【ターミネーターのテーマ】TERMINATOR エレクトーン演奏• 【天空の城ラピュタ】メドレー エレクトーン演奏• 組曲「となりのトトロ」より エレクトーン演奏• 【Jurassic park】エレクトーン演奏• 【JIN -仁- Main Title】エレクトーン演奏• 【未来のトビラ】エレクトーン演奏• 【天空の城ラピュタ】メドレー エレクトーン演奏• 【情熱大陸】エレクトーン演奏• 【Doctor-X】ドクターX メドレー エレクトーン演奏• バック・トゥ・ザ・フューチャー【Back to the Future】エレクトーン演奏• 【美女と野獣】エレクトーン演奏 BEAUTY AND THE BEAST Electone performance 検索用キーワード:篤姫、あまちゃん、威風堂々、英雄の証、エレクトリカルパレード、カノンロック、銀河鉄道999、ゴダイゴ、リベラ、彼方の光、曲、君の瞳に恋してる、ターミネーター、大河ドラマ、you tube、天空の城ラピュタ、仁、jin、ミッション、未来のトビラ、となりのトトロ、ルパン、canon rock、情熱大陸、大門未知子、ディズニー、バックトゥーザフューチャー、美女と野獣、ジュラシックパーク、トトロ、ラピュタ、バックトゥザフューチャー、パレード、terminator、ディズニーメドレー、999、a whole new world、back to the future、ドラマ、千と千尋、君の名は、星に願いを、ミッションインポッシブル、ホールニューワールド、モンスターハンター、ディズニーメドレー、アニメ、映画、大河 日付:2018年12月05日(水) 826aska動画紹介「826aska live at Cotton Club」 2017年に開催された企業様イベント内での演奏の様子が映し出された動画です。 公開されている動画の中では数少ないトークのシーンがあるので貴重です。 検索用キーワード:TRUTH、F1、おすすめ、f1 オープニング曲、tスクエア 日付:2018年11月17日(土) 826aska演奏曲紹介「宇宙戦艦ヤマト」 826askaさんの投稿動画の中では、2018年9月時点で再生回数が520万回の人気No. 2の曲が「宇宙戦艦ヤマト」です。 実はここ数カ月前まではスター・ウォーズに次ぐ3番目の人気の曲でしたが、再生回数を逆転してしまいました。 個人的にはこの動画に書かれたコメントに着目しています。 それは「maruさんの演奏に感動した私達は、」という部分です。 この「maruさん」というのは、恐らく当時動画投稿サイトを賑わせていたエレクトーン奏者のことだと思います。 ゲーム音楽(ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーなど)などの曲を得意としており、演奏の神技っぷりはネット上で大反響でした。 しかし、突然姿を消してしまったようです。 そんな状況の中、maruさんを引き継ぐような形(? )で動画投稿サイトYouTubeに現れたのが、826askaさんなんですね。 アップされている曲は一般大衆向けなものが多いのが特徴です。 個人的には、リアルの場への登場が嬉しかったですね。 これぞ新世代のユーチューバーエレクトーン奏者。 今後の活躍に期待です。

次の