ベランダ 掃除 重曹。 自分で簡単!ベランダの掃除方法|重曹とクエン酸で床も排水溝もキレイに

ベランダの掃除方法!【マンションの方必見】水なしでもキレイになるよ

ベランダ 掃除 重曹

ベランダ掃除って必要なの…? 家の中でも、ベランダは外部から砂やホコリ、虫の死がいなど多くの汚れがたまってしまう場所です。 つい掃除を放置してしまうと、汚れはどんどん落ちにくくなってしまいます。 そのため、できる限り定期的に掃除をする必要があります。 ベランダの汚れは何が原因なの? ベランダの汚れの原因は、住んでいる地域にもよりますが、ほとんどの場合砂や土、ホコリや排気ガスです。 ベランダは外に面していますので、風に乗って砂やホコリが舞い込んできます。 また、ベランダでガーデニングなどを行っている方は、植木鉢の土が舞い散ることもあり、その土が放置されている間に雨が降ったりすると、土がこびりついてしまうこともあります。 そして、ベランダで洗濯物や布団などを干す場合は、干した物からホコリや繊維が落ち、それが汚れの原因になることがあるのです。 さらに、砂や土、ホコリは溜まると排水溝が詰まる原因にもなります。 また、交通量の多い道路に面していたり、近くであったりすると、排気ガスの油がベランダを汚すこともあり、油汚れですのでこびり付かせないためにも、できるだけ早く掃除をした方が良いでしょう。 他にも、鳥のフンがベランダを汚すこともあり、この場合も時間が経つとこびり付いてしまいますので、見つけたらすぐに掃除をしましょう。 ベランダ掃除に適した日は? ベランダは外にあるので、そのまま掃除しようとしても、砂や外気の汚れが風に乗ってきて、また汚れてしまう可能性があります。 ベランダ掃除に最適な日は、くもりか小雨、雨上がりのように湿度が高いときが良いでしょう。 特に雨が降っているときは、砂や土は湿り風に飛ばされることは少なくなるでしょう。 空気中に含まれるホコリなども、地面に落とされます。 しかし、雨が降っていて強風の日は、濡れてしまう可能性が高いため掃除をするのは控えましょう。 ベランダに雨水が落ちてこないくらい、穏やかな雨の日に掃除するのが理想的です。 マンションの場合は注意! ベランダ掃除をするとき、マンションの場合の注意点がいくつかあります。 マンションに住んでいる人は、排水溝が隣や下の階につながっている可能性があります。 配慮をしないで掃除をすると、汚れが隣人のベランダに入ってしまい、迷惑をかけてしまう可能性があるのです。 また、掃除機などを使うと、騒音が出てしまうこともあるでしょう。 マンションなどの集合住宅で掃除をするときは、周辺住民に迷惑がかからないように考えておく必要があると覚えておきましょう。 掃除方法 必要なもの• 新聞紙• ほうき• バケツ• 中性洗剤• 散らした新聞紙を、ほうきで掃きとることで、汚れを新聞紙が吸着してくれるのです。 もし細かい部分が気になる場合は、新聞紙を折り、濡らして雑巾のように使用しましょう。 ある程度汚れが取れれば、新聞紙はゴミにまとめて捨ててしまいます。 最後にほうきで掃いて、水で流せば排水溝を詰まらせることなく、ホコリなどの汚れを除去することができるでしょう。 もし、掃除機が使える環境ならば、ごみを掃除機で除去しても良いでしょう。 最後の水は、排水溝が詰まっていないことを確認しながら流しましょう。 排水溝を詰まらせると、隣の敷地に浸水するリスクが高くなるので注意します。 次に、ほうきで除去できなかった細かい汚れを取り除きます。 使うのは中性洗剤と水、ブラシです。 汚れがある箇所に中性洗剤をかけて、ブラシで泡立てながら汚れを落とします。 汚れが落ちれば、水を流して洗剤が残らないようにしましょう。 洗剤は腐食や菌を繁殖させる原因となるので注意が必要です。 もし洗剤で汚れが落としきれなかった場合、重曹を使用すると頑固な汚れも落とせるようになります。 重曹の使い方は、40度から45度のぬるま湯に重曹を溶かし重曹水を作り、汚れに吹きかけます。 重曹水は、水2Lにつき重曹が大さじ6杯から7杯加えてつくりましょう。 使い方は簡単で、作った重曹水を汚れに直接吹きかけます。 約3分程放置して汚れを浮かせ、ブラシでこすって落とします。 それでも頑固な場合は、重曹を直接まいて、こする方法もあります。 重曹をそのまま使うことで、摩擦で汚れを削り落としてくれるのです。 汚れの除去が終われば、水でしっかりと流し重曹を残らないようにしましょう。 手すりも洗剤などを使って良いですが、重曹水で掃除をすると、効率よく汚れを除去できるでしょう。 しかし、重曹水を使うのにも注意が必要です。 重曹水は弱アルカリ性のため、金属に使用すると腐食してしまう可能性があります。 そのため、重曹水を使った場合は、重曹水が残らないように水で洗い流すようにしましょう。 室外機掃除も合わせて行う エアコンの室外機がベランダにある方は、室外機掃除も合わせて行うとより良いでしょう。 詳しい掃除方法はこちらを見てみてください。 ベランダの排水溝の掃除の仕方 排水溝はゴミが溜まりやすく汚れやすい箇所ですので、ベランダの掃除を行う時は、最後に排水溝の掃除をしておくと、2度手間にならなくて済みます。 いつもの掃除グッズに加えて、重曹と水500mlにクエン酸を小さじ1加えたクエン酸水を用意して、まずはほうきやデッキブラシなどでゴミを取り除きましょう。 それから溝に重曹を適量振りかけて、クエン酸水を流します。 すると、泡立ちと共に汚れが浮き上がってきますので、そこをブラシなどでこすって汚れを落とし、最後に水を流します。 それでも排水溝の汚れが落ちない場合は、メラミンスポンジを使って汚れをこすり落としましょう。 ベランダの窓の掃除も合わせて! ベランダがきれいになったら、窓もきれいにしたいですよね。 窓がきれいであれば、窓越しのベランダもなおきれいに見えます。 窓の掃除はまず、湿度が汚れを浮かせて落としやすくしてくれるので、湿気が多い日や曇りの日を選んで掃除をします。 逆にカラッとした晴れの日では、窓ガラスに光が反射するため汚れが見えにくくなってしまうので晴れの日は避けましょう。 用意するのは、2度拭きいらずの洗剤とT字型のワイパー機能を持つスクイージー、そして新聞紙と乾拭き用の布です。 まず窓を乾拭き用の布で表面の汚れを落とし、洗剤を窓にスプレーしてその後、スクイージーで洗剤を拭き取ります。 サッシの汚れが気になる方は、切れ目を入れたスポンジを使うとサッシもきれいにすることができます。 また、仕上げに新聞紙で乾拭きを行うと、新聞紙のインクが窓ガラスにツヤを与え、汚れも付きにくくしてくれます。 ベランダをきれいに保つ方法とは? 物の置き方の工夫などでも、きれいなベランダを保つことが可能になります。 まず、物が多ければ多いほど、ゴミやホコリは増えますので、できれば不要な物はベランダに置かないようにします。 ついつい、使わなくなった物を置いてしまう、なんてこともありますが、見た目にも良くないのでベランダを保管場所にする場合はベランダ用の収納ボックスなどを使うと良いでしょう。 大きさやデザインなど、種類も様々なものが販売されていますので、自宅ベランダにピッタリな収納ボックスで、ベランダを整理してみてはいかがでしょうか。 また、ガーデニング用のプランターなどには専用のプレートを使用すれば、水やりの際の水や泥水の流失を防ぐことができ、排水溝の汚れ防止にも役立ちます。 なお、マンションでは避難経路を確保する必要があるため、ベランダに置いてはいけない物もあり、場合によっては「消防法」という法律に触れることにもなりかねません。 常識の範囲内であれば問題はありませんので、物の配置は避難経路を塞がないように行うと良いでしょう。 定期的な掃除が必要! ベランダの掃除の基本として、定期的に掃除を行うことで、キレイな状態を保つことができます。 掃除をしないことで、汚れは頑固になり、落としにくくなるのです。 月に1回から2回程度、手すりの拭き掃除や落ち葉など大きなゴミの撤去、掃き掃除を行うだけでキレイなベランダを維持できます。 手すりの拭き掃除は、水拭きしてから乾拭きするだけで良いでしょう。 大きなゴミを気が付いたときに取り除くことで、排水溝の詰まりを抑制することができます。 また、落ち葉などが腐ると虫が発生する可能性もあるのです。 掃き掃除は、細かく切って濡らした新聞紙を使うことで、簡単にキレイにすることができるでしょう。 なかなかベランダの掃除は面倒くさく感じるかもしれませんが、頑固な汚れを抑制するためにも定期的な掃除をおすすめします。 自分で定期的な掃除を続けることで、キレイなベランダを維持することができるのです。 掃除方法を参考にして、清潔なベランダをキープしていきましょう。

次の

「重曹」「クエン酸」を使えば家中きれい!それぞれの特徴や汚れ別のお掃除実例

ベランダ 掃除 重曹

ベランダの掃除前に!汚れの原因を知ろう 1. 砂ぼこりや土ぼこり ベランダの掃除で一番面倒なのは風で飛んでくる砂ぼこりや土ぼこりです。 また、ベランダでガーデニングしていると植木鉢から土が舞い落ちます。 私は部屋の観葉植物をベランダで日光浴させて水をあげることがあるんですが、その時も土は流れ落ちています。 そういう土ぼこりを放置していると雨の水分などで土がガチガチに固まって取れなくなります。 細かいゴミやホコリ ベランダに洗濯ものや布団を干すと、干した衣類や布団についたホコリや糸くずや髪の毛などが落ちます。 ホコリは外からだけでなく家の中からもベランダに溜まっていくということです。 排気ガス 交通量が多い道路のそばだと車から出る排気ガスの汚れがベランダに飛んできますが、排気ガスの汚れは油分を含んでいますので放置すればするほど落とせなくなり、ベランダ掃除で大変な思いをすることになります。 鳥のフン いつのまについていた鳥のフンも固まると落とせない汚れのひとつです。 特にハトは同じ場所に繰り返しフンをするという修正がありますので気をつけましょう。 室外機 エアコンから出る水やほこりがベランダの汚れを固める原因の1つになっています。 基本的なベランダの掃除は洗剤が無くてもOK 基本的にベランダの掃除は、洗剤が無くてもブラシで擦って落とせる汚れがほとんどですが、頑固にこびりついた汚れや土の固まりがある場合は、重曹やクエン酸、または中性洗剤(住居用洗剤)があれば楽に落とすことができます。 ベランダが木材の場合は重曹NG ベランダが木材の掃除は、水で薄めた中性洗剤水(住居用洗剤)を使用してください。 重曹またはセスキ炭酸ソーダは変色する可能性がありますので注意してください。 ベランダ掃除前にすること ベランダに置いてある物を一箇所にまとめる ベランダの掃除を効率よくするために、ベランダに出してあるものや植木鉢を一箇所にまとめましょう。 ばらばらに置いてあると、その都度ものをどかしながら掃除することになり、手間がかかります。 一箇所にまとめておくと、ベランダの片側の掃除が終わったら、そちらに一度にものを移動して掃除を続けられますので手間が少なくなります。 スノコなどを敷いている場合は、スノコを壁に立てかけてベランダ掃除をしましょう。 ゴム手袋とマスクを装着する ゴム手袋をしないで洗剤に直接触れると肌荒れやアレルギーの原因になります。 また舞い上がるホコリを吸い込まないよう必ずマスクをしてください。 ベランダの掃除方法• 大きなゴミやホコリを掃き出す ベランダの砂や土、ゴミ、ホコリなどをほうきで掃きだします。 土や砂は水に濡れると固まりますので、できるだけ掃き出してください。 細かいホコリを新聞紙で取る ほうきの掃き掃除で残ったホコリを水で濡らした新聞紙を使って取り除きます。 新聞紙を水で濡らして細かくちぎり、床に撒いてほうきで掃きましょう。 濡れた新聞紙に細かいホコリや髪の毛などが吸着してくれます。 本当は掃除機でホコリを一気に吸い取った方が楽なんですが、外で掃除機を使うのはちょっと…と抵抗がある方は新聞紙での掃除で大丈夫です。 ベランダの手すりと壁を掃除 ベランダの手すりや壁に重曹水またはセスキ炭酸水をまんべんなくスプレーし、 5分ほど放置します。 汚れが浮いてきたらキッチンペーパー(乾いた布でもかまいません)で汚れを拭き取り、水に濡らして固く絞った雑巾で水拭きします。 雑巾が汚れたらバケツの水ですすいで汚れや重曹またはセスキ炭酸水が完全に落ちるまで拭きましょう。 もし水拭きで汚れが落ちない場合は、再度重曹水またはセスキ炭酸水をスプレーして拭き取り掃除を繰り返しましょう。 鳥のフンがある場合 鳥のフンには病原菌がついている可能性がありますので、 必ずマスクとゴム手袋を着用し、素手で触らないでください。 まず、キッチンペーパーで拭き取りましょう。 もし、拭き取れなかった場合は、住居用洗剤またはクエン酸水をフンにスプレーし、5分ほど放置した後キッチンペーパー(または布)でフンを拭き取ります。 拭き取ったキッチンペーパー(または布)はビニール袋に入れて口を固く縛ってから捨ててください。 重曹で床掃除 通常の掃除は重曹水をスプレーする 重曹水を床にまんべんなくタップリスプレーし5分ほど放置。 汚れが浮き上がってきたらデッキブラシや普通のブラシで汚れを擦り落とします。 細い隙間などの汚れは歯ブラシを使って擦り落としましょう。 酷い汚れは重曹を粉のままふりかける 重曹を粉のままベランダにまんべんなくふりかけ、上から水をぱらぱらまいたらデッキブラシや普通のブラシで汚れを擦り落とします。 床を水で洗い流す ベランダに水を流して重曹や汚れを洗い流します。 汚れが残っている場合は、汚れの部分に重曹をふりかけ、ブラシで擦り落とし、水で洗い流してください。 ただし、マンションやアパートの場合、排水溝に大量の水を流すと溢れたり隣のベランダに水が流れたりなどのトラブルになる可能性がありますので、少量の水をちょろちょろ流して雑巾で拭き取りましょう。 排水溝を掃除する 排水溝についているゴミやホコリをほうきや歯ブラシで掃きだして取り除きましょう。 排水溝に重曹を粉のままふりかけ、その上からクエン酸水をまんべんなくスプレーして5分ほど放置します。 汚れが浮き上がってきたら、ブラシや歯ブラシなどで汚れを擦り落とします。 排水溝に水を流す 排水溝の重曹または洗剤や汚れなどを水で洗い流してください。 これでベランダの掃除は完了です。 重曹とクエン酸が混ざると泡がぶくぶく出てびっくりするかもしれませんが無害ですので安心してください。 この泡が汚れを浮き上がらせますので大丈夫です。 また、この泡の汚れの分解力は強いので排水溝のつまりにも効果があります。 水洗いできないベランダの掃除方法• 大きなゴミやホコリを掃き出す ベランダの砂や土、ゴミ、ホコリなどをほうきで掃きだします。 土や砂は水に濡れると固まりますので、できるだけ掃き出してください。 細かいホコリを新聞紙で取る 新聞紙を水で濡らして細かくちぎり、床に撒いてほうきで掃きましょう。 濡れた新聞紙に細かいホコリや髪の毛などが吸着してくれます。 重曹水をスプレーする 重曹水を床にまんべんなくたっぷりスプレーし5分ほど放置します。 汚れを擦り落とす 汚れが浮き上がってきたらデッキブラシや普通のブラシで汚れを擦り落とします。 細い隙間などの汚れは歯ブラシを使って擦り落としましょう。 汚れが落ちない箇所は、直接重曹をふりかけて擦ってください。 拭き取る濡れた雑巾で重曹や汚れを拭き取ります。 汚れた雑巾をバケツの水ですすぎながら汚れや重曹が無くなるまで拭き掃除を繰り返しましょう。 少量の水を流せる場合たくさんの水を流すと水が溢れてトラブルになる可能性がありますが、ほんの少量の水でしたら大丈夫ですので、ジョウロなどで床の汚れにちょろちょろ水をかけて目立つ汚れをゆっくり洗い流します。 乾いた雑巾で拭き取る 最後に乾いた雑巾で、ベランダの水分を拭き取ってください。 その際、重曹の残りに気がついたら、再度水拭きして落としましょう。 排水溝のごみを取る 排水溝についている大きなゴミやホコリをほうきや歯ブラシで掃きだして取り除いてください。 重曹をふりかける 汚れが酷い場合は、排水溝に重曹を粉のままふりかけ、その上からクエン酸水をまんべんなくスプレーして5分ほど放置します。 汚れが浮き上がってきたら、ブラシや歯ブラシなどで汚れを擦り落とします。 少量の水を流す 排水溝の場合は、ほんの少量の水でしたら流しても大丈夫ですので、ジョウロなどで残った重曹にちょろちょろ水をかけてゆっくり洗い流します。 マンションなどのベランダの掃除方法 マンションやアパートの場合、水洗いができない、またはトラブルになるケースがあります。 「水洗いできないベランダの掃除方法」を実践してください。 水洗いできないケース• 排水溝を隣と共有している• 大量の水を流すことができない排水溝になっている• 排水路が浅く狭い• ベランダの水掃除を禁止している など マンションのベランダ掃除の注意点 マンションのベランダはお隣や下の階と排水溝がつながっていますので、たくさん水を流すと汚れが下の階に詰まって溢れさせる危険があります。 特に、お隣と排水溝を共有していると、お隣のベランダに掃除した水が溜まって、最悪お隣の床に浸水したら大問題になります。 また、トラブルは水だけではありません。 ベランダ掃除でゴシゴシがたがたさせて「うるさい!」と騒音問題に発展する可能性もあります。 マンションやアパートのベランダは共同スペースです。 つまり自分だけの場所ではありませんので、トラブルを防ぐためにお隣や下の部屋の方にベランダの掃除をすることを事前に話しておくことをおすすめします。 掃除後のベランダをキレイに保つコツ モノをなるべく少なくする ベランダがモノの置きになっていませんか?部屋に置くと場所をとるモノ、普段使っていないモノ、捨て方が分からない・面倒なモノ、使わないけど捨てられないモノ、などをついベランダに出してしまいがちですが、モノが多ければ多いほどホコリやゴミが溜まります。 不要なものは捨ててベランダにはモノをおかないようにしてください。 ガーデニングには専用プレートを使う ガーデニングされている方は、ベランダ用の専用プレートを使用することで水やりの際、水と一緒に土が流れ出ることを防ぐことができますのでベランダや排水溝の汚れ防止になります。 こまめに手すりなどを拭く ベランダに洗濯物を干す前に、物干し竿や手すりをサッと拭いて、ちゃちゃっとほうきで掃く習慣をつけましょう。 洗濯物を干す作業の1つだと思ってやってみてください。 この「ついで掃除」がベランダを綺麗に保つコツです。 ベランダ用のおすすめ掃除用品 アズマ ブラシ 外壁・玄関ブラッシングスポンジ 日本ミラコン産業が販売しているエクステリアクリーナーは、外に置いてあるアルミ製品の汚れに対して効果を発揮してくれます。 ベランダの手すりを掃除する際などに活躍してくれるでしょう。 ベランダ以外にも、ガレージや倉庫の汚れにも使えます。 ただし、特定の素材(白木や桐などの天然素材、ピアノなどの漆黒加工など)に使うと染みができてしまいますので注意してください。 まとめ:ベランダ掃除はこまめにやるのが一番効果的 ベランダの掃除の頻度はどのくらいですか?ベランダの掃除の理想的な頻度は月に1回ほどですが、忙しいとデッキブラシを使った本格的な掃除は難しいですよね。 日にちを決めて掃除を覚悟するのも良いですが、洗濯物を干す時に「手すりを拭く」「床のゴミを拾う」この習慣だけでもベランダを気持ちよく使えることができます。 鳥のフンだけは気づいた時にすぐ取り除きましょう。 鳥のフンには恐ろしい病原菌がいる可能性がありますので、洗濯物につかないよう干す前にフンチェックをしてくださいね。

次の

ベランダの掃除に重曹を使って手すりや排水溝もきれいにする方法はコレ!

ベランダ 掃除 重曹

マンションのベランダ掃除に取り掛かる前に、まず掃除がしやすいようにベランダを片付けておきましょう。 ベランダにモノが散乱している状態では、スムーズにベランダ掃除が行えません。 スリッパや、一時的に置いてあるゴミや荷物などをどかしておき、掃除をしやすい環境に整えておきます。 そもそも散らかったマンションのベランダは、事故につながる危険を孕んでいます。 マンションのベランダが散らかっていると、ベランダに置かれたものを足場にすることで、小さな子供やペットでもベランダの柵を乗り越えることができてしまうためです。 普段からベランダを片付けておくことで、子供やペットの転落事故防止にもつながります。 また、モノがたくさん置いてあるベランダはホコリが溜まりやすくなってしまいます。 普段からホコリを溜めてしまわないよう、ベランダはできる限りすっきりと片付けておくのがおすすめです。 ベランダに鳥のフンがあると、見た目や臭いがとても不快ですよね。 鳥のフンの中でも、とりわけハトのフンは、見た目や臭いが不快なだけでなく、実は人体やベランダにとっても有害なものです。 ハトのフンには、「クリプトコックス」「サルモネラ菌」「ニューカッスル」「トキソプラズマ」といった、人体に害のある病原菌が含まれている可能性があります。 アレルギーや皮膚炎の原因となったり、最悪の場合死に至るような病原菌に感染する恐れがありますので、注意が必要です。 また、ハトのフンは放置しておくと、コンクリートや金属を腐食させる性質を持っています。 変色やシミの原因にもなりますので、見つけたら早めに除去しておくことをおすすめします。 掃き掃除はハトのフンに含まれている病原菌を撒き散らしてしまいますので、拭き掃除で除去していきます。 体力が低下しているときや、子供やお年寄りなど抵抗力の弱い人の近くでは、除去作業をしないように注意しましょう。 ハトのフンが柔らかくなったら、キッチンペーパーや新聞紙などを使ってこすり落としていき、使用したキッチンペーパーや新聞紙はその場ですぐに捨てましょう。 必要であれば酸性の洗剤を使って除去していきます。 除去作業が完了したら、エタノールなどで消毒しておくと安心です。

次の