近く の 日産。 ルノー日産三菱、プラットフォームだけでなくアッパーボディーも標準化

日産公式中古車検索サイト

近く の 日産

12月2日の新体制発足会見で内田誠社長(左)と握手する日産自動車の関潤・副COO(右)。 報道陣を前に経営改革への決意を語っていたが・・・(撮影:梅谷秀司) 12月1日に就任した日産自動車の内田誠社長が掲げた「ワンチーム」は、試合開始早々からスクラムの要を失うことになった。 日産のナンバー3である関潤・副最高執行責任者(副COO、58歳)が近く退任し、モーター大手の日本電産に次期社長含みで移籍することになったのだ。 構造改革の実行を担う経営再建のキーマンが離脱することで、日産の経営は再び混迷しそうだ。 生産現場にも精通し、人望が厚かった 日産経営陣の顔ぶれはこの1年、目まぐるしく変わった。 2018年11月にカルロス・ゴーン元会長が逮捕された後、事実上のトップに就いた西川廣人前社長も2019年9月、不当な報酬を受け取っていた疑惑が明るみに出て辞任に追い込まれた。 その後、指名委員会による選考を経て、内田社長兼最高経営責任者(CEO)、アシュワニ・グプタCOO、関副COOの3人による「トロイカ体制」が発足したばかりだった。 関氏は3人の中で唯一の日産生え抜きだ。 防衛大学校を卒業後に入社し、生産技術畑を中心にキャリアを重ねてきた。 中国合弁会社の東風汽車有限公司総裁を務めた経験もあり、マネジメントと生産現場の双方に精通した幹部として、社内でも人望が厚かった。

次の

日産「再建のキーマン」退任で深まる混迷

近く の 日産

その悔しい想いに、デントリペアの技術でお応えします! こんにちは! 岩手県矢巾町で元気に営業しております! デントリペアとフロントガラスリペア専門店 カーリペア笑結の知念です! 今回のご相談のオーナー様 いつの間にかヘコミが というご相談でお車は日産エクストレイルです! って ドアハンドルの近くに大きな存在感です。 この様なヘコミこそデントリペアが活きてきます! 消しちゃいましょう! ヘコミがあったのは過去の話です。 今回のお車は 日産の高機能塗装『スクラッチシールドクリア塗装』で 塗装するとなると材料が非常に高いです。 でも、塗装についた僅かな傷は磨いてほとんど目立たなくなっちゃいましたし ヘコミもすっかり消去しましたので デントリペアの良さが最大限活かすことができました! もちろんですが 『新車塗装はそのまま』 エクストレイルのオーナー様 この度はカーリペア笑結に愛車を任せていただき 誠にありがとうございます! ブログ掲載許可とあわせましてお礼申し上げます。

次の

まだ残る「技術の日産」生かすも殺すも経営次第:日経ビジネス電子版

近く の 日産

日本じゃ見られない日産の本格派ピックアップトラックがビッグチェンジ! トヨタ ハイラックス顔負けの迫力で、実は日産の稼ぎ頭でもある「フロンティア」とは? 日産はアメリカで販売されるミドルサイズのピックアップトラック「フロンティア」を2020年2月にビックマイナーチェンジし、2020年モデルとして発表。 2020年春に発売予定だ。 新型コロナウィルスの影響もあり発売時期が延期となる可能性もあるが、その2020年モデルは、新エンジンの搭載など大幅な改良が施されている。 文:永田恵一 写真:NISSAN、DAIMLER、RENAULT 日本未発売車のフロンティアとは? 全長は5. 2m、全幅は1. 85mに達するアメリカ仕込みのピックアップ「フロンティア」の2020年モデル 日本では販売されていないが、日産のピックアップトラックは大きく分けてミドルサイズの「フロンティア」(アメリカ)&「NP300ナバラ」(東南アジア圏、中国、南米、アセアニア圏など)とアメリカで販売されるフルサイズの「タイタン」の2つがある。 トヨタで例えるなら前者はタコマ&ハイラックス、後者はタンドラだ。 フロンティア&NP300ナバラは、日本でも2002年まで販売されていたダットサントラックの流れを汲むモデルとなるのだが、では同じクルマかというとそうではないので話は若干ややこしい。 というのも、特にインテリアを見るとよく分かるのだが、NP300ナバラは現代の日産車の雰囲気なのに対しフロンティアは20年近く前の日産車を思い出すもので、単純にちょっと古さを感じる。 それもそのはずでNP300ナバラは2014年登場なのに対し、フロンティアの現行型は2005年登場のモデルのままなのだ。 現行フロンティアのモデルの古さは、日産が日本で販売するモデルに登場が古いものが多いことと通じるところも感じる。 フロンティアは日産車で世界7位の稼ぎ頭! ピックアップトラックらしさがわかるリアスタイル。 写真は4WDモデルの「PRO-4X」 だが、フロンティア&NP300ナバラは、2019年の日産世界販売=約517万6000台のうち7位となる21万6000台を販売する大黒柱。 フロンティアに関してはアメリカでの平均価格が250万円を超えることもあり、日産にとって重要なモデルである。 これはトヨタのタコマ&ハイラックスと同様だ。 なお、NP300ナバラは日産で販売されるほか、アライアンスを結ぶルノーでは2016年登場の「アラスカン」、ベンツでは2017年登場の「Xクラス」 内外装はピックアップトラックながらベンツ的だ)という兄弟車のベースにもなっており、日産グループにとっても重要なモデルとなっている。 メルセデスベンツ Xクラス。 ビッグマイナーチェンジ前のパワートレーンは、エンジンが2. 5L直4と4L・V6、トランスミッションは5速ATと6速MT、駆動方式はFRとダイヤルで切り替えるタイプの副変速機付きの4WDという組み合わせで、全体的にはオーソドックスなピックアップトラックといったといったところだ。 最新モデルはどこが変わった? これまでのエンジンに変わって新搭載された3. 8L・V6エンジン。 ただ、出力は小排気量化にも関わらず向上、トルクも旧4L・V6エンジンと同等を確保 2020モデル最大の変更点は、2. 5L直4と4L・V6という今まで搭載されていたエンジンが、新開発の3. 8L・V6に統一された点だ。 このエンジンの成り立ちは発表されていないが、プレスリリースに「タイタンに搭載される5. 6L・V8と同じ工場で生産されます」という記述があり、このエンジンは5. 6L・V8の2気筒を切り落としてV6とし、排気量を3. 8Lとしたものではないかと筆者は推測している。 フロンティアに搭載される新しい3. 8L・V6エンジンは、燃料噴射の方法が通常のポート噴射から直噴となったほか、可変バルブタイミング機構なども採用。 排気量を200cc縮小しながらも今までの4L・V6に対し最高出力は49馬力アップの310馬力、最大トルクは4L・V6と同等の38. 0kgmを確保している。 写真は登場当初(2006モデル)のフロンティア。 最新モデルと比較するとフロントグリルなども控えめなデザインだ トランスミッションも、今までのMTと5速ATからタイタンに搭載されるものと関連があると思われる9速ATに一本化された。 ビッグマイナーチェンジされたフロンティアは、新しいエンジンとATの採用により、パワーアップとギア比のクロス化による加速力に代表される動力性能の向上。 また、上位ギアのハイギヤード化に伴い巡行中のエンジン回転が低く保てるようになったことによる静粛性と燃費の向上を同時に実現しているに違いない。 加えて、ビッグマイナーチェンジされたフロンティアではプッシュボタンエンジンスタートの標準化など、装備内容の向上も行われている。 これが現行最終モデル! 次期フロンティアはどうなる? フロンティアより後発で全体の設計も新しいナバラ。 次期フロンティアは同車に近いモデルとなる可能性もありそうだ プレスリリースを見ると「ビッグマイナーチェンジされた2020年モデルのフロンティアは現行型としては最後のモデルとなる」という記述がある。 この点に関しては「最後まで力が入っている」、「現行フロンティアに新しいエンジンとATを搭載したのは次期モデルへの布石か?」、「次期フロンティアはNP300ナバラをアメリカ向けにしたものなのか、それとも現在とは反対に先行してフルモデルチェンジしたものになるのか?」など、いろいろな捉え方ができるだろう。 なかなかに格好良いアジア諸国仕様のナバラ いずれにしてもフロンティアは、左ハンドルなので難しいとしても、東南アジア圏でも生産されるNP300ナバラなら右ハンドルがある。 未だに日本でもハイラックスが堅調な販売をキープしていることを考えると、日産にもハイラックスの独り勝ちを阻止する目的も兼ねてNP300ナバラの日本導入を期待したいところだ。

次の