そう すけ ポニョ。 崖の上のポニョ・その後はどうなった?ポニョと宗介は結婚したのかについても

崖の上のポニョ・その後はどうなった?ポニョと宗介は結婚したのかについても

そう すけ ポニョ

さつき&メイ 「まっくろくろすけ出ておいで〜」 古屋にて メイ 「夢だけど夢じゃなかった!」 正夢が起きたとき カンタ 「んっ!んっ!」 傘を忘れた人に、自分の傘を貸すとき カンタ 「やーい、おまえんちオバケやしき!」 友達の家に行ったとき(友達を無くしても当方は一切の責任を負いません) バロン 「いざ、お供つかまつらん。 ラピスラズリの鉱脈を探す旅に。 」 バロン 「恐れることはない。 遠いものは大きく、近いものは小さく見えるだけのことだ」 天沢聖司 「コンクリートロードはやめた方がいいと思うぜ」 道の舗装工事に反対するとき 天沢聖司「雫、結婚しよう」 月島雫 「ヤなやつ!ヤなやつ!!ヤなやつ!!!」 ヤなやつと会ったとき心の中で ポルコ・ロッソ 「飛べねぇ豚はただの豚だ。 」 豚肉料理を見て。 「そういうのはな、人間同士でやんな。 」 フェラーリン 「飛んだところで豚は豚だぜ。 」 空輸されてる豚肉を見て。 キキ「前は何も考えなくても、飛べたの」 キキ「落ち込んだりもしたけれどわたしは元気です。 」 キキ「落ち込むこともあるけれど、わたしこの街が好きです」 ハウル 「ようやく守らなければならないものができたんだ。 君だ」 ポニョ「ポニョ、そーすけ! 好きー!」 千尋「ここで働かせてください!」 テルー「命を大切にしないやつなんて大っ嫌いだ!」 ポンポコ「ソイヤッサ!」 そうすけ「心配しなくていいよ。 僕が守ってあげるからね」 火垂るの墓「家におるもんは昼かて雑炊や お国のために働いとる人らの弁当とあんたら自宅警備員のご飯となんで同じやと思うんよ」 魔女の宅急便「このパイ嫌いなのよね」 湯婆婆「お客様とて許せぬ!ハーッ!! 」 ハク「お食べ、千尋の元気が出るようまじないをかけて作ったんだ、お食べ」 「一度会ったことは忘れないものさ、思い出せないだけで」 「千尋、いい名だね、自分の名前をだいじにね」 ポンポコ「葉っぱ頭にのせないんですか?」 「それは初心者のやることじゃ」 千尋「おばあちゃんだめ、ここにはお父さんもお母さんもいないもん」 「いない!?それがおまえの答えかい?」 「うん!」 「おおあたーりー」 ジコ坊「天地の間にあるすべてのものを欲するは人の業というものだ」.

次の

【崖の上のポニョ】ポニョとそうすけはその後結婚するのか考察してみた

そう すけ ポニョ

さつき&メイ 「まっくろくろすけ出ておいで〜」 古屋にて メイ 「夢だけど夢じゃなかった!」 正夢が起きたとき カンタ 「んっ!んっ!」 傘を忘れた人に、自分の傘を貸すとき カンタ 「やーい、おまえんちオバケやしき!」 友達の家に行ったとき(友達を無くしても当方は一切の責任を負いません) バロン 「いざ、お供つかまつらん。 ラピスラズリの鉱脈を探す旅に。 」 バロン 「恐れることはない。 遠いものは大きく、近いものは小さく見えるだけのことだ」 天沢聖司 「コンクリートロードはやめた方がいいと思うぜ」 道の舗装工事に反対するとき 天沢聖司「雫、結婚しよう」 月島雫 「ヤなやつ!ヤなやつ!!ヤなやつ!!!」 ヤなやつと会ったとき心の中で ポルコ・ロッソ 「飛べねぇ豚はただの豚だ。 」 豚肉料理を見て。 「そういうのはな、人間同士でやんな。 」 フェラーリン 「飛んだところで豚は豚だぜ。 」 空輸されてる豚肉を見て。 キキ「前は何も考えなくても、飛べたの」 キキ「落ち込んだりもしたけれどわたしは元気です。 」 キキ「落ち込むこともあるけれど、わたしこの街が好きです」 ハウル 「ようやく守らなければならないものができたんだ。 君だ」 ポニョ「ポニョ、そーすけ! 好きー!」 千尋「ここで働かせてください!」 テルー「命を大切にしないやつなんて大っ嫌いだ!」 ポンポコ「ソイヤッサ!」 そうすけ「心配しなくていいよ。 僕が守ってあげるからね」 火垂るの墓「家におるもんは昼かて雑炊や お国のために働いとる人らの弁当とあんたら自宅警備員のご飯となんで同じやと思うんよ」 魔女の宅急便「このパイ嫌いなのよね」 湯婆婆「お客様とて許せぬ!ハーッ!! 」 ハク「お食べ、千尋の元気が出るようまじないをかけて作ったんだ、お食べ」 「一度会ったことは忘れないものさ、思い出せないだけで」 「千尋、いい名だね、自分の名前をだいじにね」 ポンポコ「葉っぱ頭にのせないんですか?」 「それは初心者のやることじゃ」 千尋「おばあちゃんだめ、ここにはお父さんもお母さんもいないもん」 「いない!?それがおまえの答えかい?」 「うん!」 「おおあたーりー」 ジコ坊「天地の間にあるすべてのものを欲するは人の業というものだ」.

次の

「崖の上のポニョ」は 大好き が世界を救う物語!不思議と惹かれる魅力に迫る

そう すけ ポニョ

ではいつから死語の世界になっているのでしょうか? はじめが普通の世界でしたが、中盤くらいからおかしくなってきています。 目覚めたら ポニョの世界になってる 気だけする。 そうすけのお母さん リサの運転見習う。 — takara. kenkenpa116 そのきっかけとなるのが、 津波です。 リサとそうすけは津波の中、ポニョを見つけ家でご飯を食べました。 そして津波が収まったのをきっかけにリサはひまわりに様子を見に行くと行っています。 これがリサが最後の姿でした。 次にでてくるリサは海底にいます。 そしてそこではひまわりに居たはずのおばあちゃんたちもいますが、みんな 車イスが使っていません。 これは死後の世界では 肉体から精神が解き放たれたと考えることで解決します。 なのでこの海底は死後の世界という風に考えることができます。 ではそうすけはいつ死んだのでしょうか? 【崖の上のポニョ】トンネルはあの世への入り口? 物語の終盤、街中が大きい津波に襲われてしまった後ポニョと宗助は2人でリサの元へ向かいます。 そうすけはリサの車を見つけて、リサを何度も呼びます。 その時のそうすけは変な予感を感じていたのでしょう。 かなり必死にリサを探しています。 そして ポニョの手を引いてトンネルに入っていきます。 これが リサを追ってそうすけも死んだと言われている所以です。 そうすけの年齢は5歳です。 それを踏まえて考えると胸が痛いですね・・・ そしてトンネルの向こう側にリサたちがいたのです。 死んだたら結婚もできない この裏設定は非常に良くできたものだと考えられます。 現実の世界とあの世をつなぐのがトンネルだったと考えられます。 そしてそのトンネルにきづいてたから、ポニョは行きたくなかったのでしょう。 あの世にいけば魔法を使う意味もなくなります。 しかしその死後の世界と考えれる場所で、ポニョのお母さんはある提案をしました。 そうすけの了承を得るとグランマンマーレは続いてポニョにこう言いました。 「人間になるには、魔法を捨てなければなりません。 あなたにできる?」 この問に対してポニョは「うん」 と言っています。 つまり人間になるということは、人間の世界に戻るということにもなるので、 リサとそうすけは死んだのではなく あの世に一度行って戻ってきたと考えれます。 またポニョを人間にして人間世界で生きていけるようにするために保護者である、そうすけとリサを生き返らせるとも考えられます。 言い換えれば ポニョが二人の命を救ったとも言えます。 なのでそうすけとリサは死んだという裏設定よりも 死後の世界から生き返ってきたと考えるほうが有力です。 すると、そうすけは生きていることになるので結婚はできます。 まとめ ・そうすけとポニョは事実上結婚できる。 ・そうすけは身元引受人になって現世に戻ってきているのだから、結婚の可能性は高い。 合わせて読みたい.

次の