撮り鉄 罵声。 【電車とか好き?】撮り鉄の前を通過した車に「死ねよゴミ」の罵声、動画あり

鉄道罵声大会シリーズとは (テツドウバセイタイカイシリーズとは) [単語記事]

撮り鉄 罵声

概要 、特にの興味の対象となりやすいのが、団体列車・・・廃車回送・工臨などの所謂「臨時列車」や、廃止・引退間際の「ラストラン」である。 非常に珍しい、又は二度と拝めないその雄姿を写真に収めようと、や撮影ポイントには撮り鉄が集合する。 そこでただ写真を撮って帰るだけなら平和に終わるのだが、現実はそうもいかない。 撮り鉄たちは一度きりのチャンスを最高の形で撮るために、ピリピリしていることが多い。 そんな人たちが集合し、互いの緊張感やストレスが爆発した結果、大声で暴言を吐く輩が現れる。 すると他者もつられて暴言の応酬が始まる。 これが 罵声大会である。 発端となるのは、他の撮り鉄・一般客・駅員などがファインダーに映り込んで邪魔になる、他者がフラッシュを焚く、単純に狭苦しさから来るイライラなど。 要するに、彼らにとっては死活問題だが 一般客から見ればどうでもいいような些細なことである。 補足すると、列車に向かってフラッシュを焚くのは運転士の視界をくらまして信号や標識確認に支障をきたす恐れがあるため御法度である。 しかし、彼らが怒る理由はフラッシュがバルブ(長時間露光させる夜間撮影の手法)の障害になるからであり、運転士への配慮ではない。 一度罵声大会が始まると自浄作用はまず働かず、対象の列車が通過するまで収める術はない。 駅員が注意しようが効果はなく、逆に駅員が罵声の対象になることも多い。 その様子はにも喩えられ、傍から見れば素人カメラマンの群れが大声で騒いでいるだけの滑稽な光景である。 昼間だろうが真夜中だろうが、都市部だろうが住宅地だろうが彼らにはお構いなしなので、が問題なのはもちろん、鉄道会社の解釈次第ではにあたる可能性がある。 更に、過激な輩は対象を排除しようとやを働くこともあり、実際に傷害事件も起きている。 近年はネットの発達により、やに罵声大会の様子がアップされて有名になることが多く、更にはテレビで取り上げられることも珍しくない。 このことは撮り鉄だけでなく、鉄道ファン全体のイメージ悪化にも拍車をかけており、 「鉄道ファン=が低い人の趣味」という偏見の一因となっている。 尚、罵声大会は全国どこでも起こり得るが、地方、特にでの発生が多い傾向にある。 鉄道会社の対応 各鉄道会社もこの実情に頭を抱えており、では罵声大会防止のため撮り鉄ごと排除する試みが行われた。 それはに運行開始した「」の一番列車である。 起点であるの乗車ホームは乗客とメディア以外の立ち入りを禁止、更に反対ホームには長編成の回送列車を置き、 四季島の姿が見えないようにした。 では撮り鉄から不満が噴出したが、世論は概ねこの対応に賛同しており、撮り鉄に対する視線の冷たさが垣間見える例となった。 、東京総合車両センターの一般公開イベントでは事前の告知なしに 61号機がサプライズ展示された。 同機はお召し列車を長年牽引した人気の高い機体であり、展示も10年ぶりということで、来場者は大いに沸いた。 しかし、ここでもやはり罵声大会に発展。 ファン同士の揉み合いだけでなく、安全誘導のために配置されたJR職員にまで食って掛かる暴徒もいた。 その結果、JR東日本は 翌年の同イベントでの車両展示自体を中止。 理由は「車両の都合がつかないため」と説明しているが、この決定に前年の騒動が影響している事は想像に難くない。 このように、罵声大会や鉄道ファンの暴走は結果的に自身の首を絞めることになると複数の実例で示されている。 これ以上同じ悲劇を繰り返さないためにも、鉄道ファン各位はマナーを自戒されたい。 関連項目 pixivに投稿された作品.

次の

撮り鉄がヒガハスで列車にかぶった通行車に「死ねよ!」と罵声、法的問題は?

撮り鉄 罵声

鉄道ファンの中でも、特に列車の撮影を趣味とする通称「」。 そのマナーが問われる動画が4月4日、ネット上にアップされて話題となっている。 問題が起きたのは、鉄道ファンの間で有名な「ヒガハス」と呼ばれる撮影スポットで、JR東日本・東北本線(宇都宮線)の東大宮〜蓮田間にあり、田園風景を背景に長編成列車の全景をきれいにフレームに収めて撮影ができることから人気の場所となっている。 しかし、この日、お目当ての臨時列車がちょうど通過するタイミングで、ファンたちと線路の間にある道路に1台の自動車が通りかかった。 目の前を自動車に横切られてシャッターチャンスを失ったファンは激昂。 自動車の運転手に対して「死ねよ!ゴミ!」などと罵声を浴びせる様子が映った動画がTwitterに複数、アップされた(現在は削除されている)。 ネットでは、「撮り鉄」たちの態度に批判が集中しているが、公共の場におけるこうした行為は、法的にどのような問題があるのだろうか。 まず、問題となった動画では、列車が通過しようとした際にちょうど自動車が近づいてきたことに気づいたファンたちが「車止めちゃえ、止めちゃえ!」と話し、実際に「ストップ!ストップ!」と大声をあげている。 動画では、異変に気づいた自動車がスピードを緩めているようにも見える。 しかし、停車せずに走り続けたことから、「おい!」「早く行けー!」と口々に自動車に向かって叫んでいた。 結局、列車と自動車が重なってしまい、シャッターチャンスを失ったファンの一部が、「おおい!」「死ねよ!ゴミ!」と何回も自動車の運転手に対して罵声を浴びせていた。 こうした行為は、法的に問題はないのだろうか。 甲本晃啓弁護士に聞いた。 「停止を求めたことと罵声を浴びせたことについて分けて検討します。 まず、停止を求めることについては、原則を確認すると、道路は誰もが自由に往来することができ、文句を言われる筋合いはありません。 もっとも、『お願い』のレベルであれば、一時的に止まってもらうように協力を求めることは、特に問題ありません。 例えば、ガソリンスタンドや店舗の駐車場の車の出入りのため民間の誘導員が通行車両に停止をお願いするという場面は、みなさんも日常的に見る光景だと思います。 しかし、お願いのレベルをこえて通行させないようにすることは、犯罪にあたる可能性があります。 たとえば、バリケードなどを置いて道路を通行できなくすれば、刑法124条の往来妨害罪(2年以下の懲役又は20万円以下の罰金)が成立しますし、物理的に通行ができる状況であっても暴行・脅迫等によって無理矢理その場に停止させれば223条の強要罪(3年以下の懲役)が成立します。 道路の所有者または管理者であれば、あらかじめ通行禁止の措置をとることもできますが、たまたま列車の撮影で訪れている第三者には、そのよう措置をとることはできません。 次に、罵声を浴びせたことについては、侮辱罪や脅迫罪、または埼玉県迷惑行為防止条例違反(公共の場所で公衆にすごむ等の不安を覚えさせる言動に関する罪)にあたると思われます。 「あまりにマナー違反が酷く、繰り返されるようであると、鉄道会社や周辺の土地所有者は、撮影ができないように目隠しとなる柵を設けるなどの対策をせざるをえなくなることも予想されます。 なお、このようなマナー違反は、何も現在に始まったことではなく、1970年代の鉄道雑誌を開いても、駅や沿線での撮影マナーに関する投書が載っており、もう50年近くも続いている問題であると言え、解決の難しさを物語っています。 撮影マナーの問題は、シャッターチャンスという短い時間に情熱を注ぐ『撮り鉄』の人たちにとっては、心待ちにしたその瞬間に起こってしまった問題に冷静に対応することの難しさの現れと言えるでしょう。 とは言え、やはり一人一人がマナーを意識することからしか、この問題を解決に向かわせることはできないでしょう。 最近では、ネットで動画を公開するという『私刑』的な対応が見られることもありますが、これはその時の制裁的な気持ちを一時的に満足させるのかもしれませんが、問題解決につながらないことは言うまでもありません。 大切な一瞬に一人一人が冷静になることが難しいのであれば、たとえば撮影者同士でお金を出し合って交通整理のための誘導員を雇うとか、地元の警察と協議の場をもうけてもらい、事前に法的にとることのできる対応(道路占有使用の許可等)を検討するなどして、社会との調整をファン自ら模索していくこともひとつの解決方法となるかもしれません」 なお、今回自動車が通行していた道が管理用道路であり、一般車両は通行禁止だったという「反論」もあがっているようだが、それでも、公道と同じように罪に問われる可能性があるので、くれぐれも注意したい。 (弁護士ドットコムニュース) 【取材協力弁護士】 東京・日本橋兜町に事務所を構える理系弁護士。 鉄道に関する造詣が深く、鉄道模型メーカーの法律顧問を務める。 著作権・商標権が専門。 企業法務を中心としつつ、個人向けにネット名誉毀損事件の投稿者側の弁護を行っている。 jp 外部サイト.

次の

【朗報】撮り鉄の邪魔をしてみた結果wwwwwwwwwwww

撮り鉄 罵声

鉄道罵声大会シリーズとは がの・記念を きれいに 自分の思い通りに 撮をしたいがために・・・ 後から来たどけよ!! 前のしゃがめや!! 焚くんじゃねえよ!! てめぇいい加減にしろや!! などと、暴言を発し、 撮の邪魔となる同業者・一般客を とことん排除しようとする"な人物"が登場するである。 や撮地における寸前の緊迫感は、 まさに 「 」 そのもの。 共の場で"わめく"のはやめましょう。 撮はみんな仲良く譲り合い。 あまりにも度を越す態度のための初運行日であるには、 乗客や等関係者以外の入場を全シャット、 さらに、隣接する14番線にはを配置し、撮できないようにするという対策を取った。 フラッシュ撮影 彼らが 撮を毛嫌いするのは以下の理由からである。 ブ撮(開放シャッターによる長時間露)の邪魔だから。 運行の妨げになるから。 の理由は身勝手と言ってしまえばそれまでである。 しかし2. の理由は実際に上での撮時、問題になることがあり、構内放送で注意されることもある事柄である。 運転中( 停中を含む)のへの撮は、乗務員のをませることにつながり、前方注視ができなくなり 大変危険である。 挑発的でこのような行為に及ぶのは、他の客を 危険にすことにもつながるので、 絶対にしないこと。 もっとも、それを摘するのに罵を上げる必要はないわけで、結局のところ彼らはんだ感で騒いでいるにすぎないのだが。 まとめ編 JR編 私鉄編 地下鉄編 乗務員編 罵大会は何もだけではなく、 本職の乗務員(にの 組合員)もやっている。 (区事件) さすが下の組合、社員をるためにからまでつけまわすなんて、熱心な組合活動ですね 関連コミュニティ 関連項目• (、)• 威務妨•

次の