古いベーキングパウダー 使い道。 ベーキングパウダー・膨張剤

賞味期限切れヨーグルト意外と知らない7つの活用法と種類別の目安期間

古いベーキングパウダー 使い道

冬は旬のりんごがおいしい季節ですね。 毎日食べても飽きないりんごですが、中には放置しておいたリンゴが古くなってしなびたりんごや新しいけどおいしくないときありますよね。 見るからに古くなってしまっていたときは仕方ないですが、おいしそうなりんごを選んだつもりでも、口に入れた瞬間、パサパサして食感が嫌だったなんて、実際に食べてみるまでわからないのが残念ですね。 そんなおいしくないりんごは捨てるわけにもいかず、でもどうにかしたい!そんな時にりんごの大量消費もできるお役だちの おいしくないりんごをおいしく食べるレシピをご紹介します。 りんごのスイーツが大好きで、よくお菓子にしたり煮込んだりするのですが、今回は おいしくないりんごも簡単においしくする食べ方、ジュースやジャム、サラダ、お菓子、またお酢づくりのレシピを厳選してみました。 スポンサーリンク 目次• おいしくないりんごをおいしく食べるレシピ10選! おいしくないりんごをどうにかしたい!という時におすすめのレシピを選んでみました。 もちろん、おいしいりんごで作ってみてもOKですよ。 1.りんごをジュースに使う! これはおそらく一番簡単な方法ですが、シンプルに ジュースに入れるのがおいしくておすすめです!ミキサーにかけるとパサパサした食感も気にならなず、逆にりんごのほのかな味を味わえます。 ここに、 きな粉を入れたり、牛乳を 豆乳に変えたりしてもおいしいですし、青汁、レモン汁などを入れてもまた一風変わっておすすめです。 りんごを加えると意外とジュースの味がさっぱりして飲みやすいので、りんごがあるときは私も必ず入れています。 ちょっと変わった味になりますが甘酒を少し加えるのもおすすめです。 酒粕は栄養たっぷりで便秘改善にも効果がありますよ。 このりんごジャムも簡単でおいしいおすすめレシピです。 すりおろしたりんごとカットしたりんごをはちみつかお砂糖と一緒にお鍋に入れて煮ます。 りんごの色が変わってりんごの形が崩れない程度に煮詰まったら完成です。 できあがったら使い道は、 ジャムとしてパンに塗ったり、パンケーキやアイスクリームに添えてもおいしいです。 ナッツ類を砕いて一緒に食べても香ばしい風味が加わっておすすめですよ。 シナモンを一振りしたら、ちょっと本格的な味になりますよ。 私もりんごがおいしくなかったり、余ったりしたらジャムを作っておくのですが、何かしら使うので重宝しています。 3.りんごサラダ 3つ目のレシピは簡単りんごサラダです。 りんごって意外とサラダにするとその食感がサクサクしておいしいですし、ほのかな甘みもアクセントになります。 きゅうりは細い輪切りにして塩で軽くもんだら、塩分を洗い流して固く絞っておきます。 きゅうりとりんご、ハムをボールに入れ、マヨネーズと塩コショウで和えて味付けをします。 最後に味を調えたら完成です。 りんごはサラダに入れるとアクセントとなり、ほのかな甘みが他の食材の塩分と絡んでよく合いますよね。 サラダの中身はマカロニや茹でたジャガイモをお好みで加えてボリュームをだしてもいいですね。 おいしくなかったりんごの味が気になりません。 りんごの甘味がひきたつサラダ、おすすめです。 4.簡単!りんご入りコールスロー こちらもサラダですが、いつものコールスローにりんごを加えます。 キャベツがあれば簡単にできるおすすめレシピです。 りんごも食べやすい大きさに切って、変色防止に塩水に漬けておきます。 キャベツのシャキシャキとりんごのサクサクがマッチして、また そんなに甘くないりんごでも味のないキャベツと食べることで甘さが引き立つので、おいしく食べられます。 コーンやかにかまなど入れるとちょっと贅沢になり、彩りもきれいになっておすすめですよ。 5.アップルソースマフィン 材料が多いとちょっと敬遠してしまいますよね。 ちょっぴり上級に思えますが、ただ、このマフィンも作り方は簡単です。 朝食にもおいしいりんごのマフィンです。 混ぜ合わせたバターのボールに粉と牛乳とりんごを順番に2~3回に分けて混ぜて、あとはオーブンで25分ほど焼いて完成です。 お菓子作りというと、とっても敷居が高いような先入観がありますが、 意外と混ぜて焼いて完成というものも多いので、ぜひこちらもチャレンジしてみてください。 お菓子作りのりんごは酸味の強い「紅玉」という品種を使用することが多いですが、違う種類のりんごでももちろん使えますよ。 * スポンサーリンク 6.オーブントースターでりんごのクラムケーキ 私の一押し、 イギリスの大好きなお菓子、アップルクランブルに似たケーキですが、こちらもとても簡単にできます。 小麦粉と砂糖とバターをボールに入れて、バターを手でちぎるように細かくして砂糖と小麦粉を混ぜていき、さらに手でこするようにボロボロにしていきます。 バターをひいたグラタン皿にりんごを並べて、上からりんごにきれいにかぶせるように、混ぜたバターを散らしてホイルをかぶせて20分、ホイルをとってさらに5分オーブンで焼き色がついたら完成です。 アイスクリームを添えてもおいしいですし、 イギリスではこれにカスタードクリームをかけて温めて食べるのですが、絶品です。 紅茶とも会いますので、ぜひティータイムに試してみてください。 卵をほぐして、塩、グラニュー糖、サラダ油を混ぜておきます。 水をしっかり切ったリンゴに小麦粉などを混ぜ合わせた材料をさくっと混ぜます。 クッキングシートをひいた鉄板に材料を流して平らにならして、オーブンで40分焼いて完成です。 混ぜて焼くだけで、おいしいケーキが完成します。 ここにナッツ類、 くるみやアーモンドの刻んだものを混ぜてもまた風味が加わり、歯ごたえもよくなってより一層おいしくいただけます。 多めにりんごがあるときなどは、たくさん使えるのでおすすめです。 8.風邪ひきさんに煮りんご これもジャムと同じように、 コトコト煮るだけ、しかも栄養満点のりんごですので、食欲がない時や体調がすぐれないときにもおすすめです。 お鍋にりんごをぎっしり詰めて、お水はりんごがかぶるほどひたひたに入れて、レモン汁と砂糖を加えてコトコト煮ます。 お汁が半分くらい残るくらいで止めて完成です。 おいしくないりんごがおいしく変身するとっても簡単なレシピですが、 風邪をひいたときに食欲がなかったりするお子さんにもおすすめです。 9.サイダーで!?りんごのコンポート まさかのサイダーでりんごのコンポートです。 さきほどの煮りんごと作り方はほぼ一緒です。 フライパンにしっかり水を切ったりんごを敷き詰めて、サイダー、砂糖を入れて火にかけて、沸騰したらアルミホイルで落し蓋をして、水分がなくなるまで様子を見ながら煮詰めて完成です。 さきほどのりんご煮と似ていますが、サイダーを使うところがコツですね。 サイダーには十分甘味があるので、お砂糖をそれほど使わなくてもしっかり甘味がついて、おいしいですよ。 お好みでシナモンをかけてもおすすめです。 半分に切ったりんごなど余りものでもできますね。 10.簡単りんごのココナッツオイル おいしくなくてどうしよう!と思ったりんごがかわいいクッキーに大変身です!作り方もびっくりするくらい簡単です。 りんごはいちょう切りにしたら、他の材料が入ったボールに加えてざっくりと混ぜます。 オーブンにクッキングシートをひいて、タネを伸ばして20分焼いたら完成です! クッキーと聞いたら、こねたり形を作ったりとちょっと面倒かも、って思いがちですが、 混ぜて鉄板に伸ばすだけなのでとっても簡単ですね!最近使っていないココナッツオイルがあったら、香りづけにもなって一石二鳥です。 ぜひ、こちらも試してみてください。 以上が、おいしくないりんごをおいしく食べるレシピ10選です。 いかがでしたか?使い道に困っていたりんごの使い道もいろいろありそうですね! 最後に、ちょっと豪華なタルトタタンの作り方です。 たくさんりんごがある場合は、こちらもおすすめです! 【動画:タルトタタン】 また、食べ物ではないのですが、 りんごをお酢にするのもおすすめです。 りんご酢は、老化防止や血行改善にも効果があり、飲んでもお料理にも使えて便利ですよ!買うとちょっぴり高価なりんご酢ですが、ご家庭でもとっても簡単に作れるのでおすすめです。 りんご酢の作り方や、効果、飲み方については、こちらをご覧ください。 りんごの保存方法に関する記事はこちらをご覧ください。 りんごは非常に栄養価も高いので、古くなったりおいしくなかったりするりんごも、処分せずにちょっと一工夫して、ぜひおいしく変身させて食べてあげてください。 りんごの皮にも栄養がたっぷりなので、ぜひ一緒に食べてみてください。 りんごの皮に関する記事はこちらをご覧ください。

次の

未使用のベーキングパウダー 1缶

古いベーキングパウダー 使い道

ベーキングパウダーは危険だと言う話を聞いたことはありませんか? ふくらし粉とも言われるベーキングパウダーはパンやケーキをはじめ、小麦粉を使った主食やお菓子にはかなりの確立で使われる食品添加物であり、誰もが口にしたことがあると言っても過言ではないほどのものですが、実は危険成分が含まれているという話があります。 しかし実際の所、色々な食品や調味料が危険と言われる理由の中には説明不足や過剰反応、時には全くの嘘が含まれていることもあり、ベーキングパウダーについてもただ危険と言う話だけ信じて全く食べないようにするというのは馬鹿らしいと思う人もいると思います。 しかもベーキングパウダーなんて市販の洋菓子を買うなら避けて通れないほどのものですし、せめて何が危険成分であり、どんな理由で、どれほど摂取するとどんな危険があるのかをはっきり知りたいと言う方も多いのではないかと思います。 そこで今回はそんなベーキングパウダーが危険という話についてご紹介させていただくために「ベーキングパウダーとは何?」から「ベーキングパウダーは本当に危険と言えるのか?」までをご紹介した 『ベーキングパウダーが危険と言われている理由とは?』と言う記事を書かせていただきました。 ベーキングパウダーとは本当に危険なものなのかどうかについて興味があったりはしませんでしょうか? Topics• ベーキングパウダーとは何か? まずはそもそもベーキングパウダーとは何かを簡単にご説明させていただきます。 ベーキングパウダーとは、「ふくらし粉」と呼ばれることもあることから想像できるように粉を練って作った生地を膨らます働きをする為の食品添加物です。 どうして膨らます働きがあるのかを簡単に説明しますと、主成分である「重曹(炭酸水素ナトリウム)」の加水または加熱することで炭酸ガス(二酸化炭素)を発生させる働きを利用し、内部にたくさん気泡を作り出すからです。 この重曹の働きを良くしたり、重曹を使うデメリットを調整したものがベーキングパウダーと言うものでして、 なくても問題ないけれども使うと非常に便利である調味料のようなものだと思っていただけたら間違いないです。 そして当然そんな便利なものですから、 大量生産するときには必ずと言っていいほど使われるものでして、市販の小麦粉が主成分の洋菓子やパンにはかなりの確立で使われています。 では一体そんな良く使われる便利な食品添加物であるバーキングパウダーの何が危険だと言うのかについて次は触れていきます。 ベーキングパウダーの成分で危険と言われるもの ベーキングパウダーは重曹を主成分として、色々な添加物を混ぜ合わせて作られている複合型の調味料でして、その中でも危険性があると言われるものは以下のもの• 炭酸水素ナトリウム• 第一リン酸カルシウム• 硫酸アルミニウム• コーンスターチ 主に以上の4つがベーキングパウダーが危険という話が出る時に名前が挙がる物質で、恐らくコーンスターチ以外はどれも耳馴染みがないものばかりかと思いますが 炭酸水素ナトリウム=重曹 硫酸アルミニウム=ミョウバン のことでして、 第一リン酸カルシウムは生き物の骨や歯を作り上げている主成分のカルシウムです。 なんだかこうして聞くととても害になりそうにないものばかりなのですが、それぞれの物質には以下の通りの危険性があるとされています。 炭酸水素ナトリウム(重曹)の危険性 制酸剤として速効性のある胃腸薬に使われていることもあります。 正しこの物質は胃の粘膜を刺激し胃液の分泌を強制的に促すものなので、胃炎や胃潰瘍などの時には胃壁に穴をあけることもあるので、服用には注意が必要だとされています。 また刺激物であることには変わりないため人間でも200~300g一気に摂取すれば推定致死量に達するとも言われている弱いですが毒性があると言えないこともない物質です。 第一リン酸カルシウムの危険性 生き物の骨の主成分であるとご紹介したので、「それに何の危険性があるのか?」と思う人も多いと思いますが、一応この成分も過剰摂取すれば毒になると言えないこともない物質です。 例えば関節へ沈着してしまうことで偽痛風の要因にもなるものですし、これもまた人間でも200~300g一気に摂取すれば推定致死量に達するとも言われている弱いですが毒性があると言えないこともない物質です。 硫酸アルミニウム(ミョウバン)の危険性 これこそが最もベーキングパウダーの危険成分として取り上げられることが多い物質でして、まず人間が数十グラム以上大量に摂取すると下痢、嘔吐、さらに消化管の炎症を起こします。 また一時期はアルミニウム類の摂取がアルツハイマーを引き起こすとも言われたり、精神・神経疾患への影響が懸念されるとされ、世界保健機関(WHO)からアルミニウムの摂取量は「週に2mg/kg体重」以下にするべきという基準値が発表されてもいるそうです。 最も現在はアルミニウムは口から体内に入ってもほとんど全て体外に排出されることが確認され、アルツハイマーになるという説も現在は否定されていますから、1度に大量摂取さえしなければ「精神・神経疾患を引き起こす要因である可能性があるかもしれない」と言う物質に過ぎないのですが。 コーンスターチの危険性 コーンスターチの危険性については別記事の 『』で詳しくご紹介しています。 【スポンサーリンク】 ベーキングパウダーの危険度はどれほど高いものなのか? 結論から言いますと ベーキングパウダーの成分の中には確かに人体に有害になる可能性のあるものは使われているのですが、特別危険だから注意するべきものだとは言いがたいです。 極端な話、塩であれ砂糖であれ大量摂取すれば体に害になるわけですし、化学調味料と呼ばれる添加物ならばほとんどどれもが抱える程度の危険性がある程度です。 何よりベーキングパウダーがそこまで危険なものではないと言う 最大の理由は「そもそもそんなにベーキングパウダーを大量に使うことはない」からです。 そもそもベーキングパウダーとは味をつけるものでもなく、旨味を加えるものでもなく、少量で生地を簡単に膨らませるためのものであり、どちらかと言うとあまり入れても意味がない類のもの。 更に 適切な割合が小麦粉100gに対して5g以下を使うものですので、この比率で人体に有害な量を体に取り込むとなれば恐らく先に他の糖分や脂肪分の過剰摂取で違う病気になる方が早いです。 またベーキングパウダーの危険成分として最も多く取り上げられる硫酸アルミニウム(ミョウバン)の危険性についてなのですが、アルミニウム類は他にも本当に様々な天然の飲食物にも含まれており、ベーキングパウダー以上の量を普段の食事から摂取していることも普通にありえます。 唯一注意して欲しいのはお子様が口にするものの場合。 謝って誤飲すれば大人でも危険なので、抵抗力や毒性のあるものへの許容量が圧倒的に小さいお子様が口にするものに関して大量のベーキングパウダーを使ったお菓子などを与えると若干危険性がある可能性はもちろんあります。 もちろんその場合も普通に作られたお菓子やパンに含まれる量のベーキングパウダー以上にマーガリン、ショートニングなどの油分、砂糖やグルコース(ブドウ糖)、フラクトース(果糖)と言った糖分などを過剰摂取することになるために、ベーキングパウダーの害が出る前に別の食品からの害を受ける可能性のほうが圧倒的に高いです。 その為 ベーキングパウダーが危険という話は嘘とまでは言いませんが、そこまで過剰に警戒するものでもないです。 ベーキングパウダーは代用出来ないのか? ベーキングパウダーの危険性はそこまで高くないと言われても、「高くない」だけであり、「ない」のではないのならばやはり避けたいと言う方もいるでしょうから、最後にそんな方のためにベーキングパウダーの代用品についてご紹介します。 まずベーキングパウダーは色々な会社が色々な内容で販売しておりますので、アルミニウムなどどうしても気になって避けたいものがある方は、まず他のベーキングパウダーに使われていないものがないかを調べてみると良いです。 それでどうしても避けられない物質が使われているようでしたら 次の候補は重曹です。 そもそも重曹の持つ膨らませる作用を使いやすくしたものがベーキングパウダーなので多少仕上がりに問題は出ますが、ベーキングパウダーの代わりに重曹を使うことは可能です。

次の

捨てる寸前!余ってるココナッツオイルの活用法!

古いベーキングパウダー 使い道

冬は旬のりんごがおいしい季節ですね。 毎日食べても飽きないりんごですが、中には放置しておいたリンゴが古くなってしなびたりんごや新しいけどおいしくないときありますよね。 見るからに古くなってしまっていたときは仕方ないですが、おいしそうなりんごを選んだつもりでも、口に入れた瞬間、パサパサして食感が嫌だったなんて、実際に食べてみるまでわからないのが残念ですね。 そんなおいしくないりんごは捨てるわけにもいかず、でもどうにかしたい!そんな時にりんごの大量消費もできるお役だちの おいしくないりんごをおいしく食べるレシピをご紹介します。 りんごのスイーツが大好きで、よくお菓子にしたり煮込んだりするのですが、今回は おいしくないりんごも簡単においしくする食べ方、ジュースやジャム、サラダ、お菓子、またお酢づくりのレシピを厳選してみました。 スポンサーリンク 目次• おいしくないりんごをおいしく食べるレシピ10選! おいしくないりんごをどうにかしたい!という時におすすめのレシピを選んでみました。 もちろん、おいしいりんごで作ってみてもOKですよ。 1.りんごをジュースに使う! これはおそらく一番簡単な方法ですが、シンプルに ジュースに入れるのがおいしくておすすめです!ミキサーにかけるとパサパサした食感も気にならなず、逆にりんごのほのかな味を味わえます。 ここに、 きな粉を入れたり、牛乳を 豆乳に変えたりしてもおいしいですし、青汁、レモン汁などを入れてもまた一風変わっておすすめです。 りんごを加えると意外とジュースの味がさっぱりして飲みやすいので、りんごがあるときは私も必ず入れています。 ちょっと変わった味になりますが甘酒を少し加えるのもおすすめです。 酒粕は栄養たっぷりで便秘改善にも効果がありますよ。 このりんごジャムも簡単でおいしいおすすめレシピです。 すりおろしたりんごとカットしたりんごをはちみつかお砂糖と一緒にお鍋に入れて煮ます。 りんごの色が変わってりんごの形が崩れない程度に煮詰まったら完成です。 できあがったら使い道は、 ジャムとしてパンに塗ったり、パンケーキやアイスクリームに添えてもおいしいです。 ナッツ類を砕いて一緒に食べても香ばしい風味が加わっておすすめですよ。 シナモンを一振りしたら、ちょっと本格的な味になりますよ。 私もりんごがおいしくなかったり、余ったりしたらジャムを作っておくのですが、何かしら使うので重宝しています。 3.りんごサラダ 3つ目のレシピは簡単りんごサラダです。 りんごって意外とサラダにするとその食感がサクサクしておいしいですし、ほのかな甘みもアクセントになります。 きゅうりは細い輪切りにして塩で軽くもんだら、塩分を洗い流して固く絞っておきます。 きゅうりとりんご、ハムをボールに入れ、マヨネーズと塩コショウで和えて味付けをします。 最後に味を調えたら完成です。 りんごはサラダに入れるとアクセントとなり、ほのかな甘みが他の食材の塩分と絡んでよく合いますよね。 サラダの中身はマカロニや茹でたジャガイモをお好みで加えてボリュームをだしてもいいですね。 おいしくなかったりんごの味が気になりません。 りんごの甘味がひきたつサラダ、おすすめです。 4.簡単!りんご入りコールスロー こちらもサラダですが、いつものコールスローにりんごを加えます。 キャベツがあれば簡単にできるおすすめレシピです。 りんごも食べやすい大きさに切って、変色防止に塩水に漬けておきます。 キャベツのシャキシャキとりんごのサクサクがマッチして、また そんなに甘くないりんごでも味のないキャベツと食べることで甘さが引き立つので、おいしく食べられます。 コーンやかにかまなど入れるとちょっと贅沢になり、彩りもきれいになっておすすめですよ。 5.アップルソースマフィン 材料が多いとちょっと敬遠してしまいますよね。 ちょっぴり上級に思えますが、ただ、このマフィンも作り方は簡単です。 朝食にもおいしいりんごのマフィンです。 混ぜ合わせたバターのボールに粉と牛乳とりんごを順番に2~3回に分けて混ぜて、あとはオーブンで25分ほど焼いて完成です。 お菓子作りというと、とっても敷居が高いような先入観がありますが、 意外と混ぜて焼いて完成というものも多いので、ぜひこちらもチャレンジしてみてください。 お菓子作りのりんごは酸味の強い「紅玉」という品種を使用することが多いですが、違う種類のりんごでももちろん使えますよ。 * スポンサーリンク 6.オーブントースターでりんごのクラムケーキ 私の一押し、 イギリスの大好きなお菓子、アップルクランブルに似たケーキですが、こちらもとても簡単にできます。 小麦粉と砂糖とバターをボールに入れて、バターを手でちぎるように細かくして砂糖と小麦粉を混ぜていき、さらに手でこするようにボロボロにしていきます。 バターをひいたグラタン皿にりんごを並べて、上からりんごにきれいにかぶせるように、混ぜたバターを散らしてホイルをかぶせて20分、ホイルをとってさらに5分オーブンで焼き色がついたら完成です。 アイスクリームを添えてもおいしいですし、 イギリスではこれにカスタードクリームをかけて温めて食べるのですが、絶品です。 紅茶とも会いますので、ぜひティータイムに試してみてください。 卵をほぐして、塩、グラニュー糖、サラダ油を混ぜておきます。 水をしっかり切ったリンゴに小麦粉などを混ぜ合わせた材料をさくっと混ぜます。 クッキングシートをひいた鉄板に材料を流して平らにならして、オーブンで40分焼いて完成です。 混ぜて焼くだけで、おいしいケーキが完成します。 ここにナッツ類、 くるみやアーモンドの刻んだものを混ぜてもまた風味が加わり、歯ごたえもよくなってより一層おいしくいただけます。 多めにりんごがあるときなどは、たくさん使えるのでおすすめです。 8.風邪ひきさんに煮りんご これもジャムと同じように、 コトコト煮るだけ、しかも栄養満点のりんごですので、食欲がない時や体調がすぐれないときにもおすすめです。 お鍋にりんごをぎっしり詰めて、お水はりんごがかぶるほどひたひたに入れて、レモン汁と砂糖を加えてコトコト煮ます。 お汁が半分くらい残るくらいで止めて完成です。 おいしくないりんごがおいしく変身するとっても簡単なレシピですが、 風邪をひいたときに食欲がなかったりするお子さんにもおすすめです。 9.サイダーで!?りんごのコンポート まさかのサイダーでりんごのコンポートです。 さきほどの煮りんごと作り方はほぼ一緒です。 フライパンにしっかり水を切ったりんごを敷き詰めて、サイダー、砂糖を入れて火にかけて、沸騰したらアルミホイルで落し蓋をして、水分がなくなるまで様子を見ながら煮詰めて完成です。 さきほどのりんご煮と似ていますが、サイダーを使うところがコツですね。 サイダーには十分甘味があるので、お砂糖をそれほど使わなくてもしっかり甘味がついて、おいしいですよ。 お好みでシナモンをかけてもおすすめです。 半分に切ったりんごなど余りものでもできますね。 10.簡単りんごのココナッツオイル おいしくなくてどうしよう!と思ったりんごがかわいいクッキーに大変身です!作り方もびっくりするくらい簡単です。 りんごはいちょう切りにしたら、他の材料が入ったボールに加えてざっくりと混ぜます。 オーブンにクッキングシートをひいて、タネを伸ばして20分焼いたら完成です! クッキーと聞いたら、こねたり形を作ったりとちょっと面倒かも、って思いがちですが、 混ぜて鉄板に伸ばすだけなのでとっても簡単ですね!最近使っていないココナッツオイルがあったら、香りづけにもなって一石二鳥です。 ぜひ、こちらも試してみてください。 以上が、おいしくないりんごをおいしく食べるレシピ10選です。 いかがでしたか?使い道に困っていたりんごの使い道もいろいろありそうですね! 最後に、ちょっと豪華なタルトタタンの作り方です。 たくさんりんごがある場合は、こちらもおすすめです! 【動画:タルトタタン】 また、食べ物ではないのですが、 りんごをお酢にするのもおすすめです。 りんご酢は、老化防止や血行改善にも効果があり、飲んでもお料理にも使えて便利ですよ!買うとちょっぴり高価なりんご酢ですが、ご家庭でもとっても簡単に作れるのでおすすめです。 りんご酢の作り方や、効果、飲み方については、こちらをご覧ください。 りんごの保存方法に関する記事はこちらをご覧ください。 りんごは非常に栄養価も高いので、古くなったりおいしくなかったりするりんごも、処分せずにちょっと一工夫して、ぜひおいしく変身させて食べてあげてください。 りんごの皮にも栄養がたっぷりなので、ぜひ一緒に食べてみてください。 りんごの皮に関する記事はこちらをご覧ください。

次の