い だ てん 徳井 義実。 『いだてん』徳井の出演シーンを減らす編集が絶妙。ファンから「切らないで」の声も

徳井義実

い だ てん 徳井 義実

「」より チュートリアル・ 徳井義実の所得隠しおよび申告漏れの問題が波紋を広げている。 徳井は所属する吉本興業からのギャランティを個人会社「株式会社チューリップ」を通じて受け取っており、2015年3月期までの4年間に、私的な洋服代や旅行代、アクセサリー代など約2000万円を経費として計上していたという。 また、18年3月期までの3年間に、約1億1800万円の法人所得を申告していなかった。 それらを東京国税局に指摘され、すでに修正申告(追徴税額は約3400万円)を済ませたというが、人気タレントの巨額スキャンダルに非難が集中している。 また、チューリップは09年の設立以来、一度も定められた期限内に税務申告をしていなかったことも報じられており、東京国税局から複数回にわたり「無申告」の指摘を受けていたというから、悪質というほかない。 さらに、今回の件で徳井のおおよその年収もわかってしまったという。 「個人会社には3年間で1億1800万円の所得があったのならば、単純計算で年間4000万円弱ということになります。 経費控除などを考えると、実際には5000~6000万円の収入があったのではないでしょうか。 徳井は現在、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)、『人生最高レストラン』(TBS系)など10本以上のレギュラー番組を抱える超売れっ子ですから、これだけの高収入も納得といえば納得ですが……。 ただ、実際に徳井がいくら手にしていたかは、個人会社から支払われる給料の額によるため、判然とはしません」(週刊誌記者) すでに一部で出演CMが差し替えられるなど、仕事への影響も顕在化しているが、「『 いだてん』の呪い再び……」と指摘するのはテレビ局関係者だ。 徳井といえば、大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)に11月から出演することが決まっていた。 NHK側は現時点で「事実関係を確認中」「(今後については)確認した上で判断したい」という姿勢を示している。 「徳井が演じるのは、東京オリンピックで女子バレーボール日本代表監督を務めた大松博文氏。 『いだてん』といえば、スタート直後から視聴率の低さが話題となり、10月13日の放送では平均視聴率3. 7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大河史上最低記録を更新してしまいました。 一方で、出演者に不吉な出来事が相次いでいるのです。 3月にはピエール瀧がコカイン使用で逮捕され、その後、有罪判決を受けています。 一時は『滑舌が悪すぎて低視聴率の原因』とも言われたビートたけしは、別居していた妻と協議離婚したことが6月に発覚しました。 また、10月には、主演を務める阿部サダヲが都内でクルマを運転中に接触事故を起こしていたことも明らかになっています」(テレビ局関係者) つまり、徳井の騒動は『いだてん』出演者の4人目の不祥事となってしまったということだ。

次の

徳井義実

い だ てん 徳井 義実

申告漏れと所得隠しが発覚した、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(44)が活動自粛を発表。 これを受け、徳井が出演予定のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の対応について、同局が苦慮していることを、一部スポーツ紙が報じた。 徳井は1964年の東京五輪バレーボール女子日本代表を率いた大松博文監督役で、11月3日放送の第41話から出演予定。 27日に放送された予告編では、バレーボールの練習シーンで、「死んでも立て!」と選手らに檄を飛ばす徳井の声だけが流れ、姿は映らなかった。 スポーツ紙の報道によると、ドラマはすでにクランクアップ。 そのため、同じシーンの撮影は容易ではなく、共演者もすでにほかの仕事に入っていてスケジュール調整が困難。 そのため代役は立てず、徳井の出演シーンを極力カットする方向で対応することになりそうだというのだ。 「国民が受信料を支払っているNHKだけに、問題を起こした出演者を起用した場合、クレームの電話が入ることを最も危惧している。 そのため、3月に逮捕されたピエール瀧には代役を立てるなど速やかに対応できたが、盛大に打ち上げまでやった後だけに、わざわざ撮り直しする気にはならないだろう」(放送担当記者) それ以上に、『いだてん』が置かれた厳し過ぎる状況も対応に影響しているようだ。 「もし高視聴率で最終回に向かって盛り上がっているならば、金と手間暇をかけての撮り直しもあったでしょう。 ところが、『いだてん』に関しては視聴率が1ケタ続きで回を重ねるごとに大河史上最低視聴率を更新し続け、ラグビーW杯の日本戦の裏番組になった今月13日には3. 7%でワーストを記録。

次の

【徳井義実】「いだてん」熱演の徳井 今ごろ役者オファー殺到だった?|日刊ゲンダイDIGITAL

い だ てん 徳井 義実

沢尻は大河初出演。 今年3月の会見で感極まった表情でマイクを握ると「12歳で芸能界に入って、多くのことを経験させていただいて、たくさん失敗もして、挫折もして、ここまでやって来ることができました」と目が潤み「自分が持っているものすべてをこの作品に捧げたい。 沢尻エリカの集大成をここで見せたい」と意気込んでいた。 Yahooニュースより 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」は、すでに2019年6月3日には、撮影が始まっているようです。 1人目は、主人公の陸上選手・金栗四三 中村勘九郎さん が信頼を置く足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作役のピエール瀧さん。 代役は、俳優の三宅弘城さんです! 撮影は3か月先まで進んでいたそうですが、播磨屋店主・黒坂幸作はストーリー上でも重要な役どころ。 ピエール瀧の出演シーンをすべてカットして対応するのは難しいとされました。 そのため、制作陣は代役で撮り直すことを決断。 徳井義実さんは2019年11月3日放送分から『いだてん』に出演する予定でした。 ですが「いだてん」はすでにクランクアップ。 そのため、同じシーンの撮影は難しく、共演者もすでにほかの仕事に入っていてスケジュール調整が困難だったそう。 そのため代役は立てず、徳井義実さんの出演シーンを極力カットし、徳井義実さんはは約4分間登場した形になりました。 沢尻エリカ、せっかく良い女優さんなのに…。 なんでどいつもこいつも自分の可能性をドブに捨てるような真似するんだよ…。 pig0410 沢尻エリカって来年の大河の濃姫役だったんだ。 もう撮影入ってるだろうから大変だろうね。

次の