ポケモン 最大ダメージ。 【第7世代版】ポケモン最大ダメージ考察~億千の命(アイアント)散る~

驚異の“6億”ダメージ!?

ポケモン 最大ダメージ

「瀕死率」は命中率や急所ヒットに加え、連続攻撃技やたべのこし、オボンのみなどを考慮した上で、各ターンごとに瀕死になる確率を示したもので、戦術を組み立てる上で大変役立ちます。 動作しない場合はをお試しください。 グラスフィールドの半減の判定などのバグを修正• ない技は選択欄左のボタンで「技名入力」に切り替えて入力してください。 まもるとフレンドガードに対応。 一部、さんを参考にしました。 ダメージ計算機の仕様上、厳密な再現ではありません。 一部のポケモン名を修正しました。 新技をデータだけ追加 Z技と効果には未対応• 間違いがあるかと思います。 新しい技や特性などには対応していません。 新仕様への移行の手引き• 努力値が自動計算されます。 ステータス入力欄が空欄でない限りはその値が利用され、個体値・努力値は無視されます。 食い違う場合、結果表示欄に [実数値]と表示されます。 技名指定が推奨になりました。 「ダブルバトル補正」「かたいツメ」「ちからづく」「てつのこぶし」「すてみ」「がんじょうあご」「メガランチャー」が自動判定されます。 ダブルバトルにおける「リフレクター」「ひかりのかべ」の計算を行う場合は、ダメージ計算機上部の「ダブルバトル 複数攻撃 」をチェックして下さい。 技欄左の「技名入力」または「選択入力」はトグルスイッチになっており、押すと入力モードを変更できます。 ポケモン名、技名の入力はオートコンプリート機能により補完されます。 ローマ字入力も可能です。 Opera、iPhoneなどでは不可能?• オートコンプリート機能は、前方一致で見つからない場合部分一致検索を行うので、例えば「gurosu」と入力すればメタグロスが出てきます。 性格の指定はポケモン名入力の直下に移動しました。 使用法• 必要な情報を入力し、 右下の計算ボタンを押すか、フォーム上で Enterを押すことで計算できます 方法1。 結果表示欄の左側にあるラジオボタンのチェックの位置を変更することで、使用する結果表示欄を変更することができます。 また、3つの結果表示欄上部の 「ダメージ計算」をクリックすることでも計算できます 方法2。 右側の自動計算にチェックを入れると、 フォームの値を変更する度に自動的に計算が実行されます。 方法3• 方法1、方法2、方法3はそれぞれ独立に動作しており、計算が同時に発生することがあります。 例えば、自動計算をチェックした状態で「威力」を変更してフォーム上でEnterを押した場合、方法1と方法3が同時に行われる• 方法1はチェックしたラジオボックス 左 の位置に依存して計算します。 方法2はクリックした結果表示欄の位置に依存して計算します。 方法3はチェックしたチェックボックス 右 の位置に依存して計算します。 ポケモン名、技名の入力はオートコンプリート機能により補完されます。 ローマ字入力も可能です。 Opera、iPhoneなどでは不可能?• ポケモンの「タイプ」を片方のみを指定した場合、単タイプとして扱われます。 「攻撃 特攻 」「防御 特防 」「HP」のステータスを実数値で指定することができます。 その際、努力値が自動的に計算されます。 実在しないステータス値を指定すると、努力値に「---」が自動的に入力されます。 逆に性格、個体値及び努力値を変更すると、自動的にステータスが計算されます。 「ダメージ計算機 JS-4BW」にある努力値調整ボタンは廃止されました。 代わりにステータス調整ボタンを利用してください。 数値の入力は半角数字、ポケモン名の入力は全角カナをそれぞれ利用してください。 「攻守交代」ボタンを押すと攻撃側と防御側の情報が入れ替わります 攻撃側の「HP努力値」など、表示されない情報に関しても保存されているので、もう一度「攻守交代」ボタンを押すと復元されます。 技の入力について:• キーボードによる技名テキスト入力、及び覚える技からの選択入力が利用できます。 この2つの入力方法は、「技名入力」ボタンもしくは「覚える技」ボタンを押すことで互いに切り替わります。 命中率は、技の命中だけではなくかげぶんしんなどによる変動を考慮した確率をパーセントで入力してください。 覚える技は、第四世代および第五世代で覚える技にのみ対応しています。 特殊な効果を持つ技については、 技名の右に条件が表示されることがありますので、条件を満たす場合はチェックしてください。 チェックした場合に限り、特殊な効果を考慮したダメージ計算を行います。 75 は適用されません。 []は選択した場合の効果です。 []内に条件が書かれている場合は、その条件を満たしたときのみ効果が発動します。 [技の補正なし]となっている場合は、技によるダメージ補正がないか、 当計算機が対応していません。 は利用者が判断する条件です。 内の条件を満たす場合のみ選択してください。 []は選択した場合の効果です。 []内の条件は自動的に判断されるため、条件を満たさない場合でも選択できます。 []の先頭にエクスクラメーションマーク! が付加されている場合、瀕死率計算に対応しています。 瀕死率のみ: 〜]と書かれた要素は瀕死率の計算にのみ利用され、 通常のダメージ計算には利用されません。 用意されていない条件は、考慮する必要がないか、 当計算機が対応していません。 技は特殊な効果を持つもののみ選択により入力可能です。 内の条件を満たさない技やその他の技は、威力、タイプ、分類の直接入力によってのみ利用できます。 ダブルバトルにおける「リフレクター」「ひかりのかべ」の計算を行う際は、 「攻撃するポケモンの情報」の「ダブルバトル」をチェックしてください。 「瀕死率表専用設定」は、瀕死率の計算以外には一切反映されません。 瀕死率については後述• ポケモン情報保存機能について• 攻撃、防御ポケモン情報の右上の「保存」「呼出」「消去」ボタンから、ポケモン情報保存機能が利用できます。 保存にはWeb StorageまたはCookieを利用しています。 Web Storageが利用できない場合は Cookieを有効にしてください。 参考 :• Web Storageは最新のブラウザでご利用できます。 容量が最大5MBなので、実質制限なく保存することができます。 Cookieを利用する場合は仕様上の制限により、約4KBまでの情報しか保存できません。 攻撃、防御でそれぞれ20匹弱ずつくらいが目安です。 保存名を短めにする、ポケモン名はキーボード入力ではなく選択入力で指定する、などが容量節約に有効です。 計算結果の表示について• 結果表示欄の左半分にダメージ計算結果、右半分にダメージ計算に使用したパラメータが表示されます。 「割合」は、通常ダメージ、もしくは急所ダメージが、防御側ポケモンのHPの何%にあたるかを計算したものです。 「乱数1発」〜「乱数3発」の場合、その確率が表示されます 攻撃が外れる場合、急所に命中した場合などは考慮していません。 「威力」「攻撃 特攻 」「防御 特防 」は、 各種補正を考慮した最終的な値が表示されます。 「補正」は、各種補正のうちでダメージに直接かかる補正を表示する項目です。 「威力」「攻撃 特攻 」「防御 防御 」「補正」の項目に表示される文字 [サンプル] にマウスを乗せると、ダメージ計算の際に適用された効果が分かります。 瀕死率について:• 「瀕死率」とは、そのターンまでに相手ポケモンを瀕死状態に出来る確率で、命中率や急所命中率を考慮しています。 瀕死率表示の右の「詳細」にマウスポインタを合わせると5ターンまでの「瀕死率」を表示します。 適用された効果については、その他の計算結果と同様すべて表示しますので、よくご確認ください。 瀕死率計算ボタンについて.

次の

ダメージ計算機 for ソード/シールド (剣盾, Sw/Sh, 第八世代, 鎧の孤島)

ポケモン 最大ダメージ

1 今回ご紹介するのは、 が投稿した『 』という動画です。 様々なポケモンや技を駆使して戦う育成RPG『ポケットモンスター』。 本記事では、シリーズ最新作の『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』にて、「最も大きなダメージの技を出せるのはどのポケモンなのか」を考察した動画の内容を、画像を交えてご紹介します。 『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』 (画像は より) 最も多くダメージを与えられるのは「ピカチュウ」!? みなさんは、「一番大きなダメージを与えられるポケモン」と言われて、真っ先に思いつくポケモンは何でしょうか? 最強のポケモンで有名なミュウツー? 何でも技を覚えられるミュウ? 神と呼ばれるアルセウス? 残念ですが、それらはみんな違います。 ポケモンの技の威力には「ステータス」「レベル」「わざ」「補正」という4つの要素が深く関係しており、そのどれも欠かすことはできません。 さらに、戦うポケモンの条件は、攻撃する側が最大レベルの「100」で、攻撃を受ける側が最低レベルの「1」とします。 そんな条件の中、全ポケモンの中で最も大きなダメージを与えられるのは……。 ピカチュウです。 ポケモンといえばピカチュウであり、アニメなどから「可愛い相棒ポケモン」という印象の人も多いのではないでしょうか。 しかし、そんな可愛いピカチュウも、とんでもない力を秘めているのです。 使用する技は「つけあがる」 では、ピカチュウはどのようにして、全ポケモン最強のダメージの技を放つのでしょうか。 まず、ピカチュウが繰り出す技ですが……。 「つけあがる」という技です。 ピカチュウといえば「10まんボルト」や「かみなり」など、でんきタイプの技を繰り出すイメージが一般的ですが、最大ダメージを与えるために、この技を使用します。 「つけあがる」の技の効果は、「自分のいずれかの能力ランクが1つ上がる度に威力が20上がる(最大860)」という「あくタイプ」の技ですが、これ単体では大した威力にはなりません。 これに、威力を底上げする効果をどんどん付与していきます。 まず、「そうでん」という技で、「つけあがる」を繰り出すと「あく」から「でんき」タイプの技になる状態を作ります。 そして、「でんき」タイプとなる「つけあがる」を「じゅうでん」で強化します。 さらに、ピカチュウには「でんきだま」というアイテムを持たせ、威力をさらにアップさせます。 しかし、技の威力は上がるものの、この状態ではピカチュウのステータスが低すぎます。 そこで……。 ツボツボという「ぼうぎょ」のステータスが抜群に高いポケモン数匹に「パワーシェア」という技を使ってもらいます。 パワーシェアの効果は以上の通り。 このツボツボは「パワートリック」という、「使ったポケモンの『こうげき』と『ぼうぎょ』を入れ替える」技が使われた状態であり、複数隊のツボツボで交代しながらパワーシェアを繰り返すことで、ピカチュウの「こうげき」という能力がどんどん上昇していきます。 9回のパワーシェアを行うことで、ピカチュウの「こうげき」の数値は 613となり、技の威力がものすごく高くなります(レベル100ピカチュウの平均的な「こうげき」の数値は150前後) そして、「てだすけ」「エレキフィールド」という技や「フラワーギフト」という特性などで、さらに「つけあがる」の威力を底上げし、準備完了。

次の

驚異の“6億”ダメージ!?

ポケモン 最大ダメージ

もうどくの効果• ターン終了ごとに、ダメージを受ける。 小数点は切り捨て。 ただしダメージの最小は1。 から もうどくの発生 相手に発生 わざ• もうどくにするのみ• 2回使用後、相手がしたとき• 自分がもうどく状態かつ相手がでないとき• があるわざ• 以降 自分に発生 どうぐ• もうどくの回復 わざ 自分を回復• 相手がでないとき• のみ 味方を回復• 相手を回復• なげつける• のみ とくせい 自分を回復• 天気:• 味方を回復• どうぐ• その他• ひるねをはじめた 自分とが違うポケモン• のハート4個以上でターン終了時稀に回復 もうどくの予防 とくせい• タイプのみ• りゅうせいのすがた その他• タイプ• タイプ• 状態 備考• 表示は「どく」になっている• 第五世代以降では通常のどく状態と比べて色が濃くなった。 戦闘終了後は通常の状態になる。 もうどく状態のポケモンが使うは威力が2倍になる。 もうどく状態のポケモンに対して使う・は威力が2倍になる。 特性が、、のポケモンの技によって、特性がのポケモンがもうどく状態になった場合、直後に回復する。 めんえきでもうどくを治せるポケモンが同時にかを持っていた場合、まで特性が先に発動してきのみは消費しない。 からはきのみが先に発動して消費される。 とくせいを持つポケモンは、どくタイプ・はがねタイプももうどく状態にすることができる。 とくせいがのポケモンはが1. 5倍される。 とくせいがのポケモンはが1. 5倍される。 とくせいがのポケモンはが1. 5倍される。 とくせいがのポケモンはのが1. 5倍される。 とくせいがのポケモンの攻撃は、もうどく状態の相手に対して必ずに当たる。 とくせいがのポケモンは、もうどく状態になってもHPが減少しない。 のみの効果ではもうどく状態にならない。 以降ではどくびしの効果でもうどく状態に• ・によりもうどくダメージを受けないポケモンでも、もうどく状態でいるターンは記録されている。 ・・またはによりもうどく状態を回復する場合、そのターンのダメージを受ける前に回復できる。 が発動したターンにどくダメージは発動しない。 第一世代・第二世代まで• まで、すると通常の状態になる。 を使うと、使ったポケモンのもうどく状態が通常の状態になる 以外ののみ• 第一世代のみ、もうどく状態にしたポケモンにを使うと、のダメージもターンごとに増える。 どくどくによってもうどく状態になった場合は、もうどくのターン数は再び数え直しとなる。 状態になった場合も、もうどく状態中と同様にダメージがターンごとに増える。 どくダメージで残りHPが0になったときにもやどりぎのダメージは発生し、相手が定数ダメージ分のHPを回復する。 第二世代のみ、もうどく状態のポケモンがで状態・状態のポケモンに交代した場合、もうどく状態が引き継がれ交代後のポケモンはどく・やけどのダメージが増加する。 状態異常のないポケモンにバトンタッチしてもバトンタッチした先のポケモンがどく、やけどになった場合、もうどく状態の継続カウントが再開する。 これは、状態異常のフラグともうどくの継続ターンが内部処理的に別個のデータとして管理されているためである。 つまり状態異常を治す効果はあくまで状態異常のフラグを解除しているだけであって、もうどく状態の継続ターンのフラグをリセットしているわけではない。 におけるもうどく 「 相手がどく状態ならダメージを追加し、どく状態でないならどく状態にする」という効果のワザとして登場。 関連項目•

次の