山梨 デカ 盛り。 【デカ盛り】ぼんち@山梨県甲斐市〜煮カツ丼/大食い/山梨デカ盛り〜

【デカ盛り】お食事処ぼんち 山梨県甲斐市 ミックスカツカレー 巨大皿使用お食事会

山梨 デカ 盛り

もくじ• 場所|山梨県甲斐市 山梨県の甲斐市 にあります。 実は、私自身山梨に行ったことがほとんどなく、しっかり山梨に来たのはまさかのこれが初めてでした 笑。 大きすぎて笑えてくる 笑 とにかく全てがデカ盛り!! 料理はとにかく何もかもが大きいです 笑。 写真で見るのと実際に見るのではインパクトはかなり違いがあります。 餃子 520円 男性の握りこぶしの手と比較してこのサイズ、 とても大きいです 笑。 中は肉汁がたっぷりでジューシーです! カツ丼 840円 写真ではわかりずらいと思いますが、、こちらも ビックサイズです! 笑 あれ、バナナ??と思った方。 その通りです、バナナです 笑。 ミックスカツカレー 1510円 今回の目玉、ミックスカツカレーです!!! この大きさ、、本当に びっくりするほど特大です 笑。 それもそのはず。 こちらは カツが3枚分ものっています! 3人で食べても結構おなか一杯になると思います。 それほど大きいのです!! さっきのデカ餃子比較してもわかるように 本当に超ビックサイズです!! お味もとってもおいしい! これで1510円はかなり安いと思います。 あれ、ここにも!? 笑 やっぱりなぜか バナナが乗っていました 笑。 並べてみるとボリュームがすごいですね。 笑 4人で行きましたが、それでも食べきることができませんでした。

次の

【デカ盛り】お食事処ぼんち 山梨県甲斐市 ミックスカツカレー 巨大皿使用お食事会

山梨 デカ 盛り

やまけんさん計量によると総重量は3. 6kgになる巨大カレーです。 これは野菜も含まれた量なので、何とかなりそうと判断しました。 ルーの水分が多めでサラサラしているとの事前情報も心強いです。 Dさんはボクと同じ品のごはん少なめをSっぽく断られ、スタミナ丼。 ネマタさんは、もう一つの苦行メニュー6玉使うと言うラーメン大盛。 いずれも1000円を切る格安メニューです 笑 まずはDさんのスタミナ丼から出てまいりました。 テンションの上がるビジュアル! 余裕がなく味見はしていないので感想は言えません 笑 一緒に出てきた餃子もここの名物で、一つ一つが大きい仕様です。 頼んだのは実はネマタ氏なのですが、食う余裕がなかった模様。 Dさんへ押し付けていましたが、一つが100gもあるボリュームです。 にしてもとんでもない量です・・・ とにかく麺が汁を吸うのと、単調で変わらぬ味との闘いです・・・ ボクよりはマシでしたが後半までボクと同時に悶絶する展開へ 笑 最重量メニューのミックスカツカレー 最後に登場したミックスカツカレー! こここれは、呆れかえるくらいの過去に見たことのない大きさ! 真ん中にドーム型のごはんが推定6~7合、真ん中にサラダが鎮座。 大きめのチキンカツ2枚と、とんかつが1枚で合計700g位ありそう。 ルーは粘度はさほどないですが水っぽくもなく、程よい感じ。 どちらかと言うとサラッとしているので、食べやすく助かります。 普通に旨いカレーですが、早めにカツ類は攻略にかかりました。 野菜やごはんは、恐らく後半苦しくなってからでも入れられます。 序盤25分くらい経過した所で、残りは4分の一ほど・・・ 肉類やルーはあまり残っていなく、何となく終わりが見えました。 しかし、全力で飛ばしたので、胃の容量はほぼ残ってない状態です。 ここからは時間ばかりを浪費し、なかなか前へ進まない展開。 それでも、少しづつ少しづつ時間をかけて攻略して行くと・・・ 強制おかわりに悶絶 残り約500g、ご飯と野菜程度しか残ってない状態でアクシデントです。 ご主人「お前テレビこないだ出てたろ?かけてやるから」 ボク「ええぇぇ要らないです大丈夫です」 ご主人による強制ルーおかわりが発動! しかも謎の言いがかり 笑 お店「見たことあるもんなテレビ出てたろ」 ボク「ないですないです人違いです」 お店「いや見たぞ出てたろ」 ボク「昨年カウンタでうま煮そばを完食しましたよ」 ボク「ご主人とお話してぼんちステッカー貰いましたもん」 お店「あぁそう・・・」 いずれにせよ苦しんでる時です。 200gもルーが増えるのは有り難いようで、ありがたくなり展開。 しかもこのルーが強烈に塩っぱい、ソースのような味でした。 確かに水分は多くなったので喉の通りは良くなったのですが。 もう本当にギリギリ、限界までムリヤリ詰め込んで行きます。 完食タイム ネマタさんと共に粘りに粘って、110分もの死闘の末、完食! 途中から薄々あやしいと思っていましたが、計量の結果・・・ 事前情報よりも愛情盛りの、デフォで約3. ボクの顔を見て、完食させたくない意思が伝わってくるような・・・ 感じただけです 爆 最初から4kgだと分かっていれば、恐らく注文しなかったかも。 しかし、そのおかげで、自己新記録の4kg台が出せたのですから。 皮肉ですが、結果オーライでした。 4日連続のデカ盛りツアー、初日の敗北がなかったら・・・ あまりにも苦しかったので、心が折れていたかも知れません。 何はともあれ、怪我の功名で、これがベストバウトになりました。

次の

山梨県の超大盛りデカ盛りグルメ★お腹壊れる10店

山梨 デカ 盛り

ぶどうや桃の名産地として知られ、かつて甲斐(かい)と呼ばれていたと頃は、あの 武田信玄が治めていた山梨県。 つい先日のこと。 山梨県を訪れた私、P. サンジュンは「記事になるようなデカ盛りないかな?」なんてネット検索しまくったのだが、ヒットするのは『ぼんち』というお店ばかり。 結論から言うと ぼんちは本気でヤバい。 山梨最強どころか日本最強レベルのデカ盛り店であった。 ・ぼんちって? 取材ついでにネタ探しをするのはライターの性(さが)である。 この日もメインの取材を終えた私とYoshioは、2人でついでに拾えるネタを探していた。 ご当地グルメや珍スポット、地域限定商品も悪くないが、当サイトで絶大な人気を誇るのが「 デカ盛りグルメ」である。 なので2人で「デカ盛り 山梨」なんて検索をしまくったわけだが、結果的にヒットする情報のほぼ全てが『ぼんち』に関するものであった。 カレーも焼きそばもかつ丼も、 山梨県のデカ盛りグルメ情報は全てぼんちに辿り着くのだ。 ぶっちゃけ初めて聞いた名前であったが、とにかく量がスゴイうえ、 コスパも尋常ではないらしい。 これまで多くのフードファイターも訪れたというから、大食い界では有名なお店なのだろう。 ただ私もこれまで都内のデカ盛り店にはたびたび足を運んでいる(結果は別として)。 果たして、ぼんちは大食いシティボーイを満足させることができるのだろうか? ・「そうでもない」かと思いきや というわけで、Yoshioと2人で足を踏み入れたぼんち。 この日はランチを食べそびれたこともあり、 2人のコンディションはこれまでにないほど良好だ。 なんなら2人で全メニューを食べ尽くし「品切れのため営業終了」まで追い込むつもりであった。 1人で無理でも2人がかりならイケる……ハズだ。 当初は、とんでもなくデカいと噂の「スタミナ丼」を注文しようとしたのだが、あいにくの品切れで 「肉丼」(630円)をオーダー。 もう1つはこれまたデカいと評判の 「うまにそば」(730円)を注文し、2人の野獣は料理の到着をただ静かに待った。 アレ? こんなもん? 確かに一般的な丼よりは大きいが、それでも大盛り程度。 フッ、これが山梨最強デカ盛り店か ……笑わせる。 コンクリートジャングルTOKYOで鍛え上げた胃袋をなめんな! この程度なら瞬殺じゃァァァァアアアアア!! ……と思いきや。 続いて登場した うまにそばが…… キャァァァァァァアアアアアア! デカすぎィィィィイイイイイイイ!! 普通に汁があふれてるゥゥゥウウウウ! ・超巨大なうまにそば 肉丼と比べても、その大きさは一目瞭然。 ビジュアルだけで文句なしのデカ盛り、目にした瞬間に戦意喪失するほどの圧倒的な存在感だ。 というか、 たった100円の違いでなぜここまで差が出るのか? 同じ店のメニューとは思えない。 とはいえ、ここで負けるワケにはいかん! 2人で必死に食らいつく!! 食う! 食う!! そして食う!!! さらに食うッ!!!!!! 結果として約30分かけ、なんとか肉丼とうまにそばを食べ切った。 どちらも味は申し分なく、だからこそこの量を食べきれたのだろう。 普通に考えれば630円の肉丼も高コスパだが、730円のうまにそばのコスパはヤバい。 コスパに関しては日本最高レベルと言ってもいいハズだ。 ちなみに、お会計の際、お店の方(優しそうなおばちゃん)が不安そうな顔で、 「大丈夫? お腹いっぱいになった?」 と聞いてきてくれた。 あの時は満腹すぎて上手く返せなかったが、今なら言える、 「死ぬほどいっぱいになりましたァァァッァアアアアア!」 ……と。 というか、本当に甘く見ててごめんなさい。 「山梨県 デカ盛り」で検索しても、 ぼんちしか出てこない理由がよくわかりました。

次の