アルバハhl 編成。 つよばば編成(背水闇ソルジャー)

アルバハHLについて

アルバハhl 編成

キャラ編成 光マグナでソロする上で、一番気になったのはどうアルティメットバハムートくんの特殊をかわすかというその一点のみでした。 また、キルフレアを受けると石化を受けてしまいますので、長期戦も考えると主人公はドクターが好ましいかと思います。 筆者がはじめに考えた編成は次のようなものになります。 ちなみに筆者はこの時、最終解放フュンフを持っておりません。 (現在は十天を統べております。 主人公(ドクター)• ソーン(最終解放)• リミテッドノア• ゾーイ 上記のキャラ編成で最初いってみました。 後ろはなしです。 この編成最初いった時、残り3%で負けるという悲しみを背負いました。 また、50%のシリウスゾーンで当たりどころが悪く、3人で突っ込まないといけない状態や、55%のキルフレアでゾーイが回避せず、リヴァイブを使うしかない状態に追い込まれたりとデバフ不足が原因の部分がありました。 その結果導き出されたのが、残り2枠あるじゃない!? ということに気がつきました。 そこで最終形態は、次の通りの編成になります。 主人公(ドクター)• リミテッドノア• シヴァ(火)• アンチラ(ミスグランブルーファンタジー)• ゾーイ• 最終解放ソーン このような編成になりました。 光マグナなのに火と風がいるじゃないかと・・・ シヴァとアンチラで永続デバフを入れることで安定したデバフを得ることで火力を底上げ、飛ばしたい場面は飛ばせる状況を作り出そうという編成です。 これにより残り10%以下の3%で負けた場面をなんとかできる状態になるとおもいました 武器編成+石編成 武器編成は光マグナですので、ひたすら剣を敷き詰めました。 メイン 光四天• スキルレベル15のシュヴァ剣6本• マグナ終末4凸(アビリティ)• ゼノ剣4凸• コスモス剣4凸 上記の編成で行きました。 終末のアビリティはゾーイのカウンターのアビをちょっとでも火力を稼ごうと設定しました。 次は石についてご紹介したいとおもいます。 メイン石 シュヴァマグ4凸• テュポーン(無凸)• 黒麒麟• ティターン4凸• トール4凸 上記の石を採用しました。 フレンド石はルシ5凸です。 テュポーンは、50%から35%の際の絶対戦闘終了させる超越をさせないようです。 トールは75%から50%のゾーンを突破するようです。 ティターンは、前半戦での生命保険ように入れました。 また黒麒麟は15%の破局をノア2アビでふむ際に、もし踏めなかったらということを避けるために入れております。 またこの際15%前に全てのスキルをリキャストできるので、非常に便利でした。 立ち回り ここからは、筆者がクリアした際、非常に気をつけたポイントについて立ち回りをご紹介させていただきたいとおもいます。 特にシヴァは1アビをうったら出番終了なので早急に退場していただく必要があります。 アンチラについては、非常に硬くなかなか落ちないのが実は難点です。 火力が求められる場面でアンチラがフロントにいるなどは、非常に絶望的です。 ここで、まずターゲッティング100%から95%の間でついてしまう確率が高いかとおもいます。 その場合まず、アンチラの2アビをシヴァに使うことでシヴァを早急に退場させましょう。 この際、ゾーイが5番目に配置されていますのでゾーイをさっさと前にだすということが大事になってきます。 95%のダイダロスは素受けで問題ありません。 高揚バフは、ノアの1アビで消しましょう。 85%のキルフレアまでは、特に問題なく到達できるかとおもいます。 85%手前でフルチェインを打たないと、85%に到達しない 相手のCT踏みたくないという場合があるかとおもいます。 ここは、アンチラの2アビをアンチラの奥義に合わせて踏みぬきましょう。 アンチラは回避してくれます。 アルバハHL 85%から71% このゾーンが第一関門です。 80%でCTマックスになりますので、なんとかブレイクまで持って行きたいというのが、本音ですがなかなかそうも行きません。 特殊はゾーイの1アビと2アビで吸い込んで ダイダロスはHPをちゃんと維持して耐えます。 ゾーイの3アビをきって回復をなんとかし続けるというのが大切なポイントです。 必要であればティターンも切りましょう。 75%のバースコントロールでアンチラを落とすのが一番理想です。 もし落ちなくて フロントのノアやゾーイがソーンと入れ替わるといった状態になる場合もあるかとおもいます。 その場合は光キャラのHPをなんとか維持して 75%から70%の間にアンチラを落としましょう。 アルバハHL 70%から51% このゾーンをアルバハHLで一番きついゾーンです。 攻撃は全体攻撃、ODでCtマックス、55%で石化こみのキルフレアが飛んできます。 55%をふむ際は必ずドクターの1アビを切るようにしましょう。 ここでトールを入れて ソーンの麻痺を入れるのが一番理想的です。 麻痺チャレンジに成功しないとソロ討伐の成功率はかなり下がります。 麻痺が入ったらひたすらターンを回して55%を目指しましょう。 4アビもきって延長しても構いません。 ここを抜けることが大前提です。 アルバハHL 50%から31% 50%のシリウスは、ここは運に頼りましょう。 ゾーイの吸い込んでもしゾーイが落ちてしまうと火力がだだ下がりしますので、もしゾーイを落とすなら40%の無属性シリウスでリヴァイブが戻ってきている場合にした方が筆者はよかったです。 また50%でバフが全て解除されてしまいますので、ノアの2アビをきってディスペルガードしてもいいかもしれません。 50%を乗り切れば45%と35%の属性シリウスは適当に踏んでも大丈夫です。 40%のシリウスは、安全に動くならばゾーイの敵対心をあげて落としてリヴァイブしてもいいと思います。 CTに気をつけて超越打たれそうならテュポーンをうって火力を上げて削りましょう。 火力が足りない場合は抜けきれないのでDPSチェッカー的なゾーンだと思います。 アルバハHL 30%から16% 28%でCTマックスになって、オメガブラストを打ってきますので、HPをちゃんと維持して抜け切りましょう。 この辺はひたすら攻撃して削り切るしかないです。 22%のオメガブラストもHPを維持して受け切ります。 またここでOD技は絶対受けてはいけません。 破局を打ってきますので、もし火力がきつく19%くらいで受けることになった場合は、ノアの2アビをきって15%を踏めるように奥義ゲージを溜め切りましょう。 黒麒麟を17%くらいできってフルチェインで15%踏むっていうのが一番いい立ち回りだと思います。 ここはできれば、ノアの2アビを残したまま、突っ込むのが一番いいのでOD技で1回きって黒麒麟のリキャストで打つのは最終手段にしたいですね。 アルバハHL 15%から0% ここまでくれば、もうあとはなんとか火力で押し切るのが理想的です。 破局を乗り切り10%を踏み抜いたあと、5%にキルフレア、1%でビックバンがあります。 筆者が倒した際は、3%でフルチェインを打てる状態にして3%から吹き飛ばしました。 ここからは召喚獣が使えないので、ノアの2番やゾーイの1、2アビを駆使して敵の特殊をなんとか耐えるという立ち回りが要求されます。 アンチラとシヴァのデバフが入っているため、最初に残り3%で負けた時より楽に削れてそこまで危険な状態にならず、討伐することに成功しました。 10%のビックバンはゾーイの1と2を合わせてかわしてもいいと思います。 まとめ 簡単ではありますが、筆者が討伐した際の所感を書かせていただきました。 筆者が討伐した際に気をつけたポイントなので、これが最善ではないかと思いますが、アルバハHLソロを討伐成功させた時の記憶を元に何かの参考になればと思い書かせていただきました。 光マグナでこれからやられるというかたの何かの参考になれば幸いです。 本当に80%のCTマックスの前後と75%から70%のゾーンは地獄でした。 75%からは麻痺が入るので他の属性に比べれば若干マシかなと思います。 この記事をみて、アルバハHLがソロできましたという方が出たら非常に励みになります。 簡単ではありますが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

【完全版】アルバハHLソロ 両面土マグナ① 準備編

アルバハhl 編成

こんばんは!ベオです。 皆さん、野良アルバハHL通っていますか? 僕は 1日10回前後、 野良アルバハHLに潜っています。 今回は野良アルバハHLについての雑談だよ まずアルバハHLにおいて、光編成の強み アルバハHLが出た当初は 『トール役』ということで、やや他の属性に虐げられてきた光属性。 が、 エデンが開放されたことにより徐々に環境が変わり始める。 そして 銃ゾーイが新たなトレンドに加わり 運営からのアプデで、 光&闇に対する耐久値が緩和された。 そこで遂に 疑念から 確信に変わったのである! 『光パは強い!!!』 もう一回チャンスを上げる券 それは光パのみに許された特権。 フュンフの4アビ 『5神の慈しみ』である。 これがあるから光パは安心して突撃できるのだ。 主人公が落ちようとも、フュンフさえ生きていればもう1回やり直せる。 これは精神的にも保険として強い。 そんな理由もあって、僕は光属性を選んでいます。 銃ゾーイの3アビも強いぞーい 装備編成 メインはもっぱら槍 終末剣5凸をメインに装備してた時期もあったけど やっぱり槍の方がしっくりくる。 第3スキル『隆盛』にしてる人はメインの方が良いかもしれません。 召喚石は鉄板でこれ! トールは積んでいかないの? うう…。 自発でもトールは積んでいかないスタイルです。 自己中心的で申し訳ない。 だけどキッチリ最後まで仕留めてみせますよ! 周りの方が一回り下のランクの場合は、予備でリミヴィーラを5人目に入れます。 そしてバハ5凸は神。 対アルバハHL。 水着ハルマルを入れた光パ編成。 前置きが長くなってしまいましたね。 早速本題! 最近自分が愛用している対アルバハHL 光編成のメンバーです。 最近の野良アルバハ。 水着ハルマルが 避けまくるわ 回復するわ 全体追撃撒くわ 無属性200万ダメ出すわで めちゃんこ強い。 フュンフとダブルで全体回復が出来るので 回復面でも頼もしい。 水着ハルマルが来るまでは、このメンバーを愛用してアルバハHLを通ってました。 開幕初っ端から、奥義ゲージ30%出来るのがアツい! 光属性は連撃が不足しがちなので、奥義を撃つのにジャンヌの2アビが地味に効いてくる。 ゼウスに限らず、光マグナにもおすすめです! ジャンヌが立ってるだけで、渾身効果が付与されるのも良いよね クビラ編成 光マグナの方に多い 『クビラ』を入れた編成。 ゼウスでも勿論強力。 クビラを入れることで連撃をある程度補えるので、奥義の加速も出来ます。 地味に自分で回復できるのも強み(奥義で そして、おぱいの破壊力がすんごい クビラは見た目と反して、性格がお淑やかな子 王道であり、原点のソーン編成 麻痺も出来て、回復も出来て、守備も固められる王道編成。 野良アルバハHL狩りをして、ヒを掘りたいなら とりあえず光パは、この編成を目指せばオールオッケー! 貢献度は所詮オナニーに過ぎないので、 速度を求めず安定安全に狩りたいなら この編成が一番バランスが良いと思います。 なんたって、ソーン&フュンフはキャラ! 以上、 引きこもり気味のマンが 吠える語る。 野良アルバハHL編成でした 最後に 最近出たヒは 6月21日 やれば出るし、やらなきゃ出ない。 そしてやっても出ない!のが 『ヒヒロカネ』 ちょっと辛いけど、一緒に頑張って野良アルバハしましょう。 光パに幸あれ!皆さんに幸あれ! 野良で会ったらよろしくね!最後まで見てくれてありがとう!またね beog.

次の

【グラブル】水ヴァルナ・アルバハHL攻略編成立ち回りまとめ

アルバハhl 編成

サブキャラ 最終サラーサ 3年生チーム 主人公ジョブは、定番の「ドクター」を使用します。 固定アビリティ、LBアビリティ、サポアビとどれをとってもソロ討伐に挑戦するのに適したジョブとなっております。 取得がまだの方は是非取りましょう。 サラと水着ブローディアの防御手段はアルバハのほぼ全てのトリガーに対応出来るのでこの二人の防御手段を軸に強烈なアルバハのトリガーを踏み越えるプランとなっています。 十天衆は不可欠と言っていいほどダメージに貢献しますので必須かと思われます。 多様な防御手段と回復手段を持ってHP維持をしながら主人公と十天衆にダメージを稼いでもらう構成になります。 主人公アビリティ ほぼ一般的な両面技巧編成で使われる武器構成です。 リミテッド武器「刃鏡片」がないとディスペルが0枚になるので必須です。 なければ主人公でディスペルを回さなければなりませんが、CTの都合上「神光」を受けながら戦うことになるので運要素が増しますし、「ミゼラブルミスト」を外すことになるのでダメージを受ける量が相対的にあがります。 リミテッドブローディアを起用する場合は、当てはまりませんがキャラ構成がガラッと変わってしまいますので割愛します。 DA UPも優秀です。

次の