大統領 選挙。 アメリカ大統領選挙2020に関するトピックス:朝日新聞デジタル

アメリカ合衆国大統領

大統領 選挙

アメリカ合衆国憲法第2条:大統領と副大統領の任期 [ ] 大統領選挙は第2条の第1節、、及びに規定される。 大統領及びは4年の任期を務める。 選挙の規定 [ ] 選挙権と被選挙権 [ ] 大統領選挙のは アメリカ国籍者 に限り、永住権者には選挙権が無い。 加えて 18歳以上であることと、通常 選挙人登録を行っていることが要件となる。 アメリカは日本のようなが無いため、自動的にに登録されることは無く、選挙人名簿(がこれにあたる)に自己申告で登録しなければ選挙人名簿には登録されず、投票資格が生じない。 なお選挙権が無いにも関わらず選挙人登録をすると刑法犯罪になる。 は 35歳以上であること、 アメリカ合衆国内で生まれたアメリカ合衆国市民(両親がアメリカ国籍であればアメリカ合衆国外で生まれても構わない)であって、 14年以上アメリカ合衆国内に住んでいることが憲法上の要件である。 また、憲法修正第22条により、大統領に3度選出されること、昇格や職務代行により2年以上大統領の職務を行った人物が複数回大統領に選出されることが禁止されている。 この他、多くの州では2大政党(と)以外の立候補に一定数の有権者によるを必要としている。 そのため、2大政党以外の候補者にとって立候補のハードルは高い。 第三勢力の候補者は署名が揃わず、一部の州でしか立候補できない事例が多い。 の事例では、立候補者は31組いるが、2大政党以外の候補者で全州で立候補できた者はののみである。 第三勢力で全州で立候補できた候補は、の( ())以来20年ぶりである。 これらの候補は過半数のを擁立しており、大統領に当選する可能性があるのは、全州立候補のゲーリー・ジョンソン、ほぼ全国規模のジル・スタインら7名、それに2大政党の候補者(民主党のと共和党の)を含めた10名ということになる。 また、立候補した州でも初めから名簿(リスト)に名前が掲載されている候補と、有権者が任意でによるをする必要がある候補に分けられている場合がある(2大政党候補は必ず名前が掲載される)。 例えばカリフォルニア州では2012年の選挙から、全ての立候補者から選ぶ事が出来るように改正され、2012年の候補者6名全てが名簿に載っている。 アメリカ合衆国の選挙法 では、外国籍の人間(永住権保有者を除く)によるいかなる選挙への関与(選挙関連活動及び寄付)を認めておらず 、これらの行為は違法である。 選挙方法と最終決定 [ ] 「」も参照 通常、の勝利を確実とした大統領候補が、自らとは支持基盤・政策・キャラクターなどが異なる人物を副大統領候補に内定し、党大会において正副大統領候補が正式指名を受ける。 大統領選挙は形式上であり、有権者は一般投票日に、 Electoral College に票を投じる。 選挙人(elector、選挙人団の個々のメンバー)は前もって、本選挙において特定の大統領候補と副大統領候補のペアへ投票することを誓約しており、この候補者ペアを ()(ticket、党公認候補者名簿などとも訳す)と呼ぶ。 選挙人が本選挙で誓約通りの候補者に投票することは、いくつかの州で義務付けられているが、や連邦法レベルでは存在せず、ごくまれに誓約違反がある。 もっとも、実際の投票では大統領候補と副大統領候補の名前のペアとその公認政党の組み合わせの書かれた選択肢に記入して投票すると、その候補ペアへの投票を誓約する選挙人団への票とみなされる投票方式がとられる。 各州には人口に応じた(ただし比例はしていない)選挙人の定数があり、と以外では、他の選挙人団より1票でも多くの票を獲得した選挙人団がすべての選挙人を出すことができる。 つまり実質的には、州の一般投票で最多得票の大統領候補がその州の全ての選挙人を獲得するである。 全州で獲得した選挙人の数を合計し、獲得総数が多い候補者が勝利する。 有権者の投票数の比が直接反映される制度ではないため、、、、、 の選挙では、一般投票での次点候補が当選している。 投票日 [ ] 有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は、4年ごとに11月の第1月曜日の翌日( - のうち火曜日)に行われる。 その後12月の第2水曜日の次の月曜日( - のうち月曜日)に、各州で選挙人団が集会し「選挙人投票」が行われる。 選挙人による投票は1回のみである。 どの候補者も全選挙人過半数票を獲得できなかった場合、大統領は大統領候補高得票者3名以下の中から下院が、副大統領は副大統領候補高得票者2名から上院が選出する。 下院での投票は通常議決と異なり、選出州ごとに議員団として投票し、各議員団は議員数に関わらず1票を有する。 議会による投票で選出された者として、大統領としては(1825-1829年)、副大統領としては、(1837-1841年)がいる。 大統領選挙人 [ ] 詳細は「」を参照 各州から選出される選挙人の数は、その州の上院との議員数に等しい人数(合計535人)と決められている。 上院議員は各州から2名ずつ、下院議員は州の人口に基づいて決められる。 人口は10年毎に行われるのデータを使用する。 カリフォルニア州から選出される下院議員が最多の53名であることから、選挙人の人数も最も多く55人となる。 など下院議員の選出数の最も少ない州は3人の選挙人を選出することとなる。 首都ワシントンD. は下院1議席だが、最も少ない州と同じ3名の選挙人が選出される。 現在、ほとんどの一般投票有権者はあらかじめ投票先候補者を誓約している代議員団に対して投票する。 そのため事実上、選挙人が投票する候補者は一般投票によって決まる。 しかし、連邦法およびアメリカ合衆国憲法では選挙人が誓約に従って投票するよう義務付けているわけではなく(一部の州では州法によって義務付けている)、選挙人は一般投票と異なる候補者に投票することも可能である。 ただし、選挙人が一般投票の結果とは異なった投票を行った例は数の上で極めて少なく、現在の選挙の慣行が形成されて以来、誓約に反した投票が当選者決定に影響を及ぼした例は無い。 また特定候補への投票を誓約しない選挙人団の立候補・被選出も可能だが、1960年を最後に非誓約選挙人が選出された例はない。 なお現在では選挙人は、すべて直接選挙で選ばれているが、選挙人選出は州の権限であるため、連邦法上は必ずしも直接選挙で選出する必要はなく、歴史的には州議会によって選ばれていた例もある。 近年でも一般投票のでの、一般投票結果の確定が選挙人投票日に間に合わない場合に備えてフロリダ州議会が独自に選挙人を決定する構えを見せていた。 また、ほとんどの州では勝者総取り方式を採用しているものの、の時点で、メイン州とネブラスカ州では、上院議員議席分の2名の枠を州全体での最多得票の陣営に与え、残りの下院議員議席分の枠を、下院選挙区ごとに最多得票の陣営に1名ずつ与える。 は勝者総取り方式だが、2004年の選挙と同時に行われる住民投票の結果次第で「比例割当方式」に変更される可能性があった。 しかし住民投票の結果は反対多数だったことから、従前通りの方式にとどまることが決まった。 開票 [ ] 開票は1月6日にでアメリカ合衆国大統領選挙同日に行われた、で当選した議員による上下両院の総合議会であるので選挙人の投票を開票して、正式にアメリカ合衆国大統領の当選・就任が決まる。 注:、ミラード・フィルモア、、、リンドン・ジョンソンおよびジェラルド・フォードは選挙で選ばれなかった大統領(副大統領からの昇格)。 うち、フォードは副大統領選挙を経ていない(副大統領の辞職に伴う就任のため)。 タイラーと両ジョンソンは、現職候補として再選に出馬しなかった。 フィルモアは退任後の出馬(現職としての立候補では無い)。 投票数 [ ] 年 有権者数 注1 投票数 投票率 2008 2億3122万9580 1億3261万8580 56. その数は永住権をもつ者や重犯罪で服役中の囚人といった投票資格のない者をかなりの数含んでいるため、実際の有権者数は多少低くなる。 1994年の永住権所持者はおよそ1300万人、1996年の重犯罪で服役中の囚人は約130万人だった。 さらに、投票資格をもつ者でも、有権者登録手続きを事前に済ませなければ投票権を得られない。 改革の動き [ ] NPVICの法制化の予定がない州 最終的に選挙人の選出方法を規定することができる各州・DCが ()( NPVIC)を結び、全国の一般投票最多得票者に協定を結んだ州の選挙人枠を与えようという動きがある。 NPVICは、これを州法等で法制化した州・DCの選挙人枠合計が過半数270以上となった時点をもって発効する。 発効後は、NPVICを拒み従来通りの方法で選挙人を選出する州があろうとも、一般投票最多得票者が270票以上の選挙人票を得て当選することとなる。 発効条件を満たさない間は、NPVICを法制化した州・DCにおいても従来通りに選挙人が選ばれる。 2017年の段階では、10州とDCがNPVICを法制化し、これらの選挙人枠は総数の約3割に当たる165である。 脚注 [ ] []• 米国籍は、1)米国内での出生、2)親のどちらかもしくは両方が米国籍者(出生地は問わず)、3)帰化 などによる取得があるが、被選挙権と違い選挙権はどの方式で米国籍を取得したかは問わない• About. com• この規定に関して生まれのため現行法では大統領選挙の立候補資格がない元知事が、「合衆国内生まれ」という憲法規定を修正するよう求めている。 うち、名簿登載は24州• うち、名簿登載は12州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は15州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は1州• 20 Prohibition on contributions, donations, expenditures, independent expenditures, and disbursements by foreign nationals 52 U. 30121, 36 U. 510. A foreign national shall not, directly or indirectly, make a contribution or a donation of money or other thing of value, or expressly or impliedly promise to make a contribution or a donation, in connection with any Federal, State, or local election. は一般選挙の勝者として選挙運営者の確認を得た大統領候補を ()と規定し、次期大統領としての活動のためのオフィスやスタッフの給与等を公費で賄うべきことを定めている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

アメリカ合衆国大統領選挙

大統領 選挙

主な日程 [ ] いずれも現地時間表示。 2019年 [ ]• :共和党の現職トランプ大統領が再選にむけた正式な選挙活動を開始。 :下院は、トランプ大統領の弾劾訴追決議案を賛成230票・反対197票で可決。 民主党主催候補者討論会(2019年開催分)• 第1回(~):世論調査・資金調達額のいずれかの要件を充足した20人の候補を2日に分けて開催。 第2回(~):第1回同様の要件を充足した20人の候補を2日に分けて開催。 第3回():世論調査(所定の世論調査中4つで2%以上支持)・資金調達(13万人以上かつ20州で400人以上からの寄付)の両要件を充足した10人の候補で開催• 第4回():第3回同様の要件を充足した12名の候補で開催。 第5回():世論調査(所定の世論調査中4つで3%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで5%以上支持)・資金調達(16. 5万人以上かつ20州で600人以上からの寄付)の両要件を充足した10名の候補で開催。 第6回():世論調査(所定の世論調査中4つで4%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで6%以上支持)・資金調達(20万人以上かつ20州で800人以上からの寄付)の両要件を充足した7名の候補で開催。 2020年 [ ] 1月 [ ]• :第7回民主党主催候補者討論会-世論調査(所定の世論調査中4つで5%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで7%以上支持)・資金調達(22. 5万人以上かつ20州で1,000人以上からの寄付)の両要件を充足した6名の候補で開催(参加候補:ウォーレン、サンダース、クロブシャー、ブティジェッジ、バイデン、ステイヤー)。 :トランプ大統領に対する弾劾裁判の審理が上院で開始。 現職上院議員である民主党候補も陪審員として参加。 2月 [ ]• : 党員集会(の皮切り):民主党では、結果の集計に用いるアプリに不具合があるとして、100パーセントの集計結果は6日になってようやく公表された。 ブティジェッジ候補・サンダース候補が接戦となる結果であったが、集計のミスの可能性から点検が行われた。 民主党の主要候補で党員集会等の開始時点で選挙活動を継続していたのは、マイケル・ベネット、ジョー・バイデン、マイケル・ブルームバーグ、ピート・ブティジェッジ、トゥルシー・ギャバード、エイミー・クロブシャー、デュバル・パトリック、バーニー・サンダース、トム・ステイヤー、エリザベス・ウォーレン、アンドリュー・ヤンの11候補。 代議員を獲得したのは、ブティジェッジ、サンダース、ウォーレン、バイデン、クロブシャーの5候補の見通し。 共和党ではトランプ大統領が圧勝(38代議員獲得。 対立候補のウェルド候補が1代議員確保)。 :上院でのトランプ大統領の弾劾裁判の評決の結果、問題とされた議会妨害・権力濫用のいずれについても、無罪の結果。 :第8回民主党主催候補者討論会-第7回同様の要件を充足した候補と、直前のアイオワ州党員集会で一人でも代議員を獲得した候補で開催(第7回参加者に加えてヤンが資格充足し参加)。 : 予備選挙:民主党のトップはサンダース候補、やや後れてブティジェッジ候補。 クロブシャー候補が善戦して3位に入った。 この3候補が代議員を獲得し、バイデン候補・ウォーレン候補は15パーセントの足切り要件を満たせず、代議員を獲得できなかった。 同日、アンドリュー・ヤン、マイケル・ベネットの両候補が撤退(残る主要候補は9名)。 共和党は、トランプ候補が全代議員を確保(22代議員)。 :民主党デュバル・パトリック候補が撤退(残る主要候補は8名)。 :第9回民主党主催候補者討論会ー世論調査(所定の世論調査中4つで10%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで12%以上支持)充足か、アイオワ・ニューハンプシャー州のいずれかで代議員を獲得した候補で開催(ブティジェッジ、サンダース、ウォーレン、クロブシャー、バイデン、ブルームバーグの6候補が要件充足し参加)。 ブルームバーグが討論会に初参加。 : 民主党党員集会 予定(共和党は同州の党員集会をキャンセル)• :第10回民主党主催候補者討論会 第9回同様の要件を満たす候補で開催予定• : 民主党予備選挙 予定(共和党は同州の予備選挙をキャンセル) 3月 [ ]• : 3月10日予備選挙等集中日(民主党は、海外党員・アイダホ・ミシガン・ミシシッピ・ミズーリ・ノースダコタ・ワシントンにて計365代議員の配分決定)• : 北マリアナ諸島民主党党員集会(共和党は15日)(代議員数:民主党6、共和党9)予定• :第11回民主党主催候補者討論会 予定• : 3月17日予備選挙等集中日(民主党は、アリゾナ、フロリダ、イリノイ、オハイオにて計577代議員の配分決定、共和党はキャンセルされたアリゾナ以外)• : 米領サモア共和党党員集会(代議員数9)• : ジョージア州予備選挙(代議員数:民主党105、共和党76) 4月以降 [ ]• :民主党の予備選・党員集会で最後となるでの予備選挙• 〜:()。 :一般有権者による投票および開票。 :選挙人による投票 2021年 [ ]• :大統領および副大統領当選者が正式決定• : 主要な立候補者・立候補を検討している人物 [ ] 共和党 [ ] 出馬表明 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明 Ref 1946年6月14日 73歳 現 2019年から転籍 2019年6月18日• () 実業家 撤退表明 [ ]• () 元、前選出 2019年11月12日撤退• ()(元選出議員)ラジオ番組の司会者 2020年2月7日撤退• (元 2020年3月18日撤退 民主党 [ ] 出馬表明 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明 Ref 1942年11月20日 77歳 前 2009—2017 2019年4月25日 予備選挙等の開始後に撤退表明 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明・撤退表明 Ref 1941年9月8日 78歳 上院議員 2007— 2019年2月19日 (2020年4月8日撤退表明) 1981年4月12日 39歳 下院議員 2013— 2019年1月11日 (2020年3月19日撤退表明) 1949年6月22日 70歳 上院議員 2013— 2019年2月9日出馬表明 (2020年3月5日撤退表明) 1942年2月14日78歳 前 2002—2013 2019年11月24日出馬表明 (2020年3月4日撤退表明) 1960年5月2日 60歳 上院議員 2007— 2019年2月10日出馬表明 (2020年3月2日撤退表明) 1982年1月19日 38歳 前インディアナ州 市長 2012—2020 2019年4月14日出馬表明 (2020年3月1日撤退表明) 1975年1月13日 45歳 2017年11月6日出馬表明 (2020年2月11日撤退表明)• ()(・マネージャ、資産家)(2020年2月29日撤退)• ()(前(2007-2015)) (2020年2月12日撤退)• ()((2009-))(2020年2月11日撤退) 予備選挙等の開始前に撤退表明 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明・撤退表明 Ref 1930年5月13日 90歳 上院議員 1969—1981 2019年4月8日出馬表明 (2019年8月6日撤退表明) 1951年2月9日 69歳 2013— 2019年3月1日出馬表明 (2019年8月21日撤退表明) 1966年12月9日 53歳 上院議員 2009— 2019年3月17日出馬表明 (2019年8月28日撤退表明) 1961年5月8日 59歳 2014— 2019年5月16日出馬表明 (2019年9月20日撤退表明) 1972年9月26日 47歳 下院議員 2013—2019 2019年3月14日出馬表明 (2019年11月1日撤退表明) 1966年4月11日 54歳 2013— 2019年5月14日出馬表明 (2019年12月2日撤退表明) 1964年10月20日 55歳 上院議員 2017— 2019年1月21日出馬表明 (2019年12月3日撤退表明) 1974年9月6日 45歳 2014—2017 2009—2014 2019年1月12日出馬表明 (2020年1月2日撤退表明) 1952年7月8日 67歳 、活動家 2019年1月28日出馬表明 (2020年1月10日撤退表明) 1969年4月27日 51歳 2013— 2019年2月1日出馬表明 (2020年1月13日撤退表明)• (前州上院議員)()(2019年1月25日撤退)• (選出議員)()(2019年7月8日撤退)• (前)()(2019年8月15日撤退)• (選出議員)()(2019年8月23日撤退)• (選出議員)()(2019年10月24日撤退)• ()()(2019年11月19日撤退)• (元選出議員)() 2019年12月1日撤退)• ()(前選出議員(2013-2019)) 2020年1月31日撤退) 民主党候補者の支持率推移 [ ]• 2020年1月2日閲覧• 2020年2月10日閲覧。 2020年2月10日閲覧。 毎日新聞 2019年3月12日. 2019年3月26日閲覧。 POLITICO. 2018年2月24日閲覧。 Onebox News. 2018年6月17日閲覧。 2020年4月9日. 2020年4月9日閲覧。 2020年3月20日. 2020年4月9日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 AFP 2019年11月25日. 2019年11月28日閲覧。 CNN. 2020年3月5日. 2020年3月6日閲覧。 2020年3月3日. 2020年3月3日閲覧。 時事ドットコム. 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 時事ドットコム. 2020年2月12日. 2020年2月12日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月11日. 2020年1月14日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月13日. 2020年1月14日閲覧。 2017年7月9日. 2017年7月9日閲覧。

次の

アメリカ大統領選挙2020の日程と仕組み!スーパー・チューズデーとは!?

大統領 選挙

20日に公表された選挙モデルがそのような予測を示した。 新型コロナが猛威を振るう米国では失業率が史上最高水準にまで上昇。 個人消費は激減し、国内総生産(GDP)の壊滅的な縮小を引き起こしている。 過去の歴史を振り返ると、経済がこれほど低迷した状態で再選に挑んだ大統領には悲惨な結果が待ち受けているのが常だった。 オックスフォード・エコノミクスがまとめた今回のモデルは失業率、可処分所得、インフレ率をもとに大統領選の結果を予測したもの。 それによるとトランプ氏は惨敗する見通しで、一般投票での得票率はわずか35%にとどまるという。 実現すれば、現職の大統領の得票率としては過去1世紀の間で最悪となる。 新型コロナ危機の前に同様のモデルで行った予測では、トランプ氏は55%の得票率で再選を果たすとみられていた。 オックスフォード・エコノミクスは報告の中で、現行の厳しい経済状況が「トランプ氏にとってほとんど乗り越えられないほどの障壁になる」との見方を示す。 1948年以降、上記のモデルによる予測と異なる投票結果が出た大統領選は1968年と1976年の2回しかない。 2000年のジョージ・W・ブッシュ氏と2016年のトランプ氏は得票率で対立候補を下回りながらも獲得した選挙人の数によって当選を果たした。 モデルは秋を迎えても景気の低迷が続くと予想。 失業率は13%を上回り、1人当たりの実質所得は前年比で6%近く落ち込むとみられる。 短期的なデフレにも見舞われるという。 とはいえ、ウイルスのパンデミック(世界的大流行)の時期に選挙の予測を行った例は過去になく、今回のモデルがそのまま大統領選の結果を言い当てるものになるかどうかは不透明だ。 AGFインベストメンツで米国政策担当チーフストラテジストを務めるグレッグ・バリエール氏は「従来のモデルが機能するのは平時においてだ。 しかし今は平時とは言えない」と指摘する。 同氏は仮に今日選挙が行われるなら野党・民主党 からの指名獲得を確実にしたバイデン前副大統領がおそらく勝つだろうとしながらも、実際の投票日である11月までの期間にトランプ氏は態勢を立て直すと分析。 与えられた時間を使ってバイデン氏との論戦に臨む一方、中国に対してもパンデミックの責任を追及するはずだと述べた。 オックスフォード・エコノミクスも今回のモデルについては、政策や人望といった経済以外の要素を排除しているため「もともと限界がある」ことを認めている。

次の