お忙しい中すみません 英語。 「お忙しい中」の意味と正しい使い方・メール挨拶の例文

【催促メールの英語表現】相手に不快感を与えない英語の催促フレーズ

お忙しい中すみません 英語

「急かしてすみません」の敬語の1つ目として「急なご連絡となり申し訳ございません」が挙げられます。 直接的に急かしているわけではないのですが、「急かしてすみません」という表現を敬語に言い換えるとしたらその状況に合わせて表現を選ぶ必要があり、「急なご連絡となり申し訳ございません」もその一つとなります。 この表現は「連絡が急になってしまったために納期までタイトなスケジュールとなり大変申し訳ない」というニュアンスが含まれているため、状況によっては急かしている表現となるわけです。 「ご連絡」や「申し訳ございません」という部分も、敬語表現になっているため敬語への言い換え表現であると言えるのです。 この表現についても直接的に急かしているわけではないのですが、納期に関して無理を言っている場合にはこの表現を導入文で使いつつ納期に対して急かす文章を入れていく形になります。 「ご無理」という部分に、タイトなスケジュールの納期が含まれているわけです。 これがもしも英語の場合だともっと直接的な表現に直して英訳をしないと通じないのですが、日本語の場合だとそれまでの状況や、文章の前後のニュアンスで急かしている要素を十分に出すことができるためにこの表現も急かす部類に入るのです。 この表現は上述の2つの表現に比べるとだいぶ急かしている表現となっています。 「お忙しいところ」に度々連絡を入れている時点で、相手に対して急かしているアクションをとっていると言えます。 とはいえこの表現を使うことで相手方も急かしていることに対して気を遣ってくれているんだなと感じるため、悪い気はしないはずです。 急かすこと自体はネガティブに感じられる行為ではあるのですが、この表現のような気遣いがあると良好なコミュニケーションが取れるので覚えておきたいところです。 この表現も急かしているニュアンスを直接的に表現している言い回しになっています。 元々がタイトなスケジュールになっているために急かす結果になっていることを謝罪している表現になります。 しかしながらビジネスにおいては、お互いが気を付けていたとしてもスケジューリングがタイトになってしまうことは往々にしてあるものです。 そのため、このような表現を使いつつもお互いに仕事を成功させようとするベクトルで良好なコミュニケーションを意識することでビジネスは円滑に進むことでしょう。 この表現になると催促そのものが度重なっていること自体を謝罪している表現となり、急かしていることを直接的に謝罪している敬語表現であると言えます。 ビジネスにおいて納期に間に合わせるために催促をする場面には必ずあたるものです。 日本語の難しいところは「この1つの表現を使えば失礼なく相手を急かすことができる」という表現がないことです。 ここで紹介した5つの表現を、状況や相手との関係性に合わせて使い分けていきたいところですね。 「急かしてすみません」はそのままの文章を英訳するのではなく、状況に応じて日本語自体を書き換えつつ英語に訳す作業が必要になりますので、例文のような言い回しになってくるのです。 1つ目のニュアンスがもっとも丁寧で分かりやすい例文になります。 2つ目に関しては文章よりは会話で使っていきたい言い回しになります。 3つ目は「ありがとう」というような直訳にはなりますが、このような婉曲的な言い回しが必要な場面も想定し、例文として紹介していますが英語にするとこのような表現も「急かしてすみません」の英語訳となるので覚えておきましょう。 「急かしてすみません」を英語で伝える例文• (短い期間であなたの仕事を終わらせなければならないことをお詫びします)• Sorry for so many times asking. (度々のお願いとなりまして申し訳ありません)• Thank you for your understanding about this matter. 相手方はそのタイトな納期に対して真剣に納期を間に合わせようと、他の業務とうまく調整をしながら頑張ってくれているはずで、その光景が想像できれば相手方に対しての気遣いも十分にできるはずです。 しかしながらビジネスにおいて追い詰められている状況では「前もって言っていたのに何でできないんだ」などという気持ちが相手に対して見えてしまうようなこともあるかもしれませんが、それはコミュニケーションにとってマイナスになります。 相手に対する気遣いを常に忘れずに行動するようにしましょう。

次の

「すみません」を使った英語の例文

お忙しい中すみません 英語

忙しい中、すみません。 ある英文の契約書を拝見して、その中にある一つの文章を翻訳しようとしているのですが、中々うまく日本語で文章がまとまりません。 英文の文章は以下です: NOW THEREFORE, for and in consideration of the premises and for other good and valuable consideration exchanged between the parties, the receipt and sufficiency of which is hereby acknowledged, the parties hereto agree as follows: この文章を自分なりに訳したのですが、あってますでしょうか? 「従って、前提を約因として及びその他当事者間で交換される情報の適切且つ重要な対価を以って(尚、当該対価の受領及び十分性については、本契約により認める。 )、当事者らは、以下の通り合意する。 」 何方か翻訳の得意の方でも構いませんので、お時間がありましたら、 確認していただけないでしょうか?よろしくお願いします。 ちょっと見たことの無い契約文ですね。 considerationの訳がポイントでしょうが、訳文を参考に改訳してみました。 「従って、対価に付いては前提を考慮し、および当事者間で交換され受領と十分性が ここで承認されたその他の物品や有用な対価物について、当事者らは、以下の通り合意する。 for and in consideration of the premisesが掛詞のようで判りにくいです。 正直、自信は有りません。 この手の質問は、英語に移されるようにお勧めします。 百戦錬磨の回答者が文法から用例まで 懇切丁寧に答えてくれるはずです。 Q 仕事上の契約書で For good and valuable consideration, the receipt and sufficiency of which are acknowledged, A and B agree as follows: という文章が頻繁に出てくるのですが、これの正確な意味を教えていただけないでしょうか。 自分なりに辞書などで調べて、「valuable consideration」は「有価約因」、「sufficiency」は「充足性」など単語ごとの意味はなんとなく分かったのですが、文章全体としての意味がいまいち掴めません。 契約書にお詳しい方、どうぞよろしくお願いいたhします! A ベストアンサー 白雪姫さんこんにちは。 契約書を読むのは大切な仕事です。 For good and valuable consideration, 相当な価値ある対価の支払いと the receipt and sufficiency of which are acknowledged, 貨物の受領(方法)、その数量が十分である事の確認に関して A and B agree as follows 買い手であるAと売リ手であるBは次の通り合意する consideration は物の対価、すなわちお金のことです。 代金は日本円で支払うのか、米ドル、はたまたユーロ. そしていくらなのか 売買契約で決めるのは何をどれくらい買うのか。 その対価はいくらなのか。 物は何時何時までにどういう方法で送るのか。 こういう事を決めるのです。 契約書はお互いに誤解のないようにわかりやすいものにすべきです。 わからないことがあったら質問してください。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」英語では|この単語の英語・英訳は?-実用・現代用語和英辞典

お忙しい中すみません 英語

「急かしてすみません」の敬語の1つ目として「急なご連絡となり申し訳ございません」が挙げられます。 直接的に急かしているわけではないのですが、「急かしてすみません」という表現を敬語に言い換えるとしたらその状況に合わせて表現を選ぶ必要があり、「急なご連絡となり申し訳ございません」もその一つとなります。 この表現は「連絡が急になってしまったために納期までタイトなスケジュールとなり大変申し訳ない」というニュアンスが含まれているため、状況によっては急かしている表現となるわけです。 「ご連絡」や「申し訳ございません」という部分も、敬語表現になっているため敬語への言い換え表現であると言えるのです。 この表現についても直接的に急かしているわけではないのですが、納期に関して無理を言っている場合にはこの表現を導入文で使いつつ納期に対して急かす文章を入れていく形になります。 「ご無理」という部分に、タイトなスケジュールの納期が含まれているわけです。 これがもしも英語の場合だともっと直接的な表現に直して英訳をしないと通じないのですが、日本語の場合だとそれまでの状況や、文章の前後のニュアンスで急かしている要素を十分に出すことができるためにこの表現も急かす部類に入るのです。 この表現は上述の2つの表現に比べるとだいぶ急かしている表現となっています。 「お忙しいところ」に度々連絡を入れている時点で、相手に対して急かしているアクションをとっていると言えます。 とはいえこの表現を使うことで相手方も急かしていることに対して気を遣ってくれているんだなと感じるため、悪い気はしないはずです。 急かすこと自体はネガティブに感じられる行為ではあるのですが、この表現のような気遣いがあると良好なコミュニケーションが取れるので覚えておきたいところです。 この表現も急かしているニュアンスを直接的に表現している言い回しになっています。 元々がタイトなスケジュールになっているために急かす結果になっていることを謝罪している表現になります。 しかしながらビジネスにおいては、お互いが気を付けていたとしてもスケジューリングがタイトになってしまうことは往々にしてあるものです。 そのため、このような表現を使いつつもお互いに仕事を成功させようとするベクトルで良好なコミュニケーションを意識することでビジネスは円滑に進むことでしょう。 この表現になると催促そのものが度重なっていること自体を謝罪している表現となり、急かしていることを直接的に謝罪している敬語表現であると言えます。 ビジネスにおいて納期に間に合わせるために催促をする場面には必ずあたるものです。 日本語の難しいところは「この1つの表現を使えば失礼なく相手を急かすことができる」という表現がないことです。 ここで紹介した5つの表現を、状況や相手との関係性に合わせて使い分けていきたいところですね。 「急かしてすみません」はそのままの文章を英訳するのではなく、状況に応じて日本語自体を書き換えつつ英語に訳す作業が必要になりますので、例文のような言い回しになってくるのです。 1つ目のニュアンスがもっとも丁寧で分かりやすい例文になります。 2つ目に関しては文章よりは会話で使っていきたい言い回しになります。 3つ目は「ありがとう」というような直訳にはなりますが、このような婉曲的な言い回しが必要な場面も想定し、例文として紹介していますが英語にするとこのような表現も「急かしてすみません」の英語訳となるので覚えておきましょう。 「急かしてすみません」を英語で伝える例文• (短い期間であなたの仕事を終わらせなければならないことをお詫びします)• Sorry for so many times asking. (度々のお願いとなりまして申し訳ありません)• Thank you for your understanding about this matter. 相手方はそのタイトな納期に対して真剣に納期を間に合わせようと、他の業務とうまく調整をしながら頑張ってくれているはずで、その光景が想像できれば相手方に対しての気遣いも十分にできるはずです。 しかしながらビジネスにおいて追い詰められている状況では「前もって言っていたのに何でできないんだ」などという気持ちが相手に対して見えてしまうようなこともあるかもしれませんが、それはコミュニケーションにとってマイナスになります。 相手に対する気遣いを常に忘れずに行動するようにしましょう。

次の