クラーク 博士 像。 クラーク博士について

クラーク博士像の商用利用可フリー写真素材323

クラーク 博士 像

「 Boys, be ambitious(少年よ大志を抱け)」というクラーク博士が遺した名言は誰しもが一度は耳にしたことがあるかと思います。 ですが、 この名言には実は続きがあったという事はご存知でしょうか? 今回は、そんな秘密の隠された「Boys, be ambitious(少年よ大志を抱け)」という名言とその続きについて、クラーク博士の人物像を交えながら、徹底解説したいと思います。 [ad co-1] クラーク博士の名言の続きと意味を解説! まずは、名言とその続きの和訳と意味について。 名言は知っていても、クラーク博士については全く知らない方もいらっしゃるかと思うので、そちらについても解説していきます。 名言には続きがあった!全文の英語和訳 まず、「Boys、be ambitious」はいうまでもなく「 少年よ。 大志を抱け(大きな夢や希望を持ちなさい)」という意味です。 これは、札幌農学校での任期を終え、生徒たちとの別れの際にクラーク博士が発した言葉なのですが、実はこの言葉の後にはまだ続きがあったとされ、 2つのバリエーションがあります。 この老人のごとく、というのは言うまでもなくクラーク博士自身のことですね。 晩年まで意欲と夢を持ち続けたクラーク博士だからこそ述べることができる自信に満ちた言葉です。 Boys, be ambitious like this old men 意味:「 少年よ大志を抱け。 Boys, be ambitious! Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement, not for that evanescent thing which men call fame. Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be. 意味:「少年よ。 大志を抱け。 金銭や私欲を求める大志であってはならない。 名声などと呼ばれる泡沫のものを求める大志ではあってはならない。 人としてなすべき全ての本分に対してのものであれ。

次の

クラーク博士「ボーイズビーアンビシャス」の本当の意味とは?/現地特派員レポート (2/2)

クラーク 博士 像

1期生16名に、動物、植物学のほか、キリスト教の教えによる道徳を英語で教えるなど、大きな影響を与えました。 来道してわずか8カ月余の札幌滞在でしたが、翌年明治10年4月16日、クラーク博士は教え子たちと島松(北広島市)で、馬上から、有名なことば「Boys, be ambitious. (青年よ、大志を抱け)」と別れのことばを叫んだ、と伝えられ、まさに北海道開拓精神を代表することばとして、後世に伝えられていきました。 もともとクラーク博士像は、北海道大学(以下北大)構内にある胸像のみでしたが、有名なポプラ並木の景観とこの胸像を目的として北大を訪れる観光客が年々増加し、いわゆる観光公害現象が生じていました。 その結果、昭和48年に北大当局は、学術研究のさまたげになるとして、観光バスの構内乗り入れを禁止しました。 しかし、クラーク博士の像はその時点で既に札幌観光のシンボルとなっており、観光客が像を見学できない事態を憂慮した札幌観光協会は、北海道開拓の原点ともいえるフロンティアスピリットの精神を全国に伝えていきたいという想いから、羊ヶ丘展望台に新しいクラーク博士像を建立する計画を立て、北大の了解を得ました。 北海道女子短大教授の坂 坦道(さか たんどう)氏に新しいクラーク像の制作を依頼し、坂氏は『丘の上のクラーク』というテーマのもと、早春の風にひらひらはためくフロックコートを着たクラーク博士が、右手を掲げて「ボーイズ・ビー・アンビシャス」と叫ぶイメージで制作しました。 掲げた右手は「遥か彼方の永遠の真理」を指すとされています。 昭和51年4月16日、北大開基100年およびアメリカ合衆国の建国200年祭を記念し、ウィリアム・スミス・クラーク博士銅像『丘の上のクラーク』除幕式が執り行われました。 この年はクラーク博士の来道100年であり、またこの日は100年前に島松で別れの言葉「ボーイズ・ビー・アンビシャス」が叫ばれた日でもありました。 Clark was invited by Kiyotaka Kuroda, Director of the Hokkaido Colonization Office, as the first vice-principal of Sapporo Agricultural School presently Hokkaido University , to train potential leaders of development of Hokkaido. He taught zoology and botany, etc. to the 16 first-generation students of Sapporo Agricultural School and provided moral education based on the teachings of Christianity, greatly influencing the students. He stayed in Sapporo only for about eight months. On April 16 in the following year 1878 , he is said to have made his farewells to his students on horseback in Shimamatsu Kitahiroshima City , saying "Boys, be ambitious". This phrase has been handed down to posterity as an illustration of the Hokkaido pioneer spirits. Originally, the only statue of Dr. Clark was a bust in the campus of Hokkaido University. As the number of tourists visiting the university to see the famous row of poplars and the bust increased year by year, the university started to suffer so-called tourism pollution. As a result, in 1973, the university authorities banned sightseeing buses from entering the campus, because academic research was disrupted by too many tourists. At that point, however, the statue of Dr. Clark had already become a symbol of sightseeing of Sapporo. Concerned about the situation in which tourists could not see the statue, the Sapporo Tourism Association planned to build a new statue of Dr. Clark on Hitsujigaoka Observation Hill and obtained the consent of Hokkaido University, wishing to convey the frontier spirit, which could be said to be the basis of development of Hokkaido, to people all over Japan. Professor Tando Saka of Hokkaido Women's Junior College was asked to create a new statue of Dr. Clark. He made the statue under the theme of "Clark on the hill", imaging Dr. Clark in a frock coat lightly fluttering in early spring winds, crying "Boys, be ambitious! " with his right arm in the air. His raised right arm is believed to point "toward the eternal truth which lies far in the distance". On April 16, 1976, to commemorate the 100th anniversary of the establishment of Hokkaido University and the 200th anniversary of the foundation of the United States of America, the bronze statue of Dr. William Smith Clark, "Clark on the Hill", was unveiled. 1976 was also the 100th year after Dr. Clark came to Hokkaido, and April 16 was the day on which the farewell words "Boys, be ambitious! " were proclaimed in Shimamatsu 100 years before. Swear your commitment to the future to Dr. Clark to pray to Dr. Clark. Your "vow of ambition" will be stored by the Sapporo Tourism Association. When you visit Hitsujigaoka Observation Hill again in the future, you can read your past "vow of ambition" by presenting your name and the date and year of submission of your "vow". This service is available only at Hitsujigaoka Observation Hill. A storage fee of 100 yen per sheet is required. 삿포로 농학교 1기생 16명에게 동물학, 식물학 등을 가르쳤으며 또한 기독교의 가르침에 근거한 도덕 교육을 실시하는 등 막대한 영향을 끼쳤습니다. 원래 클라크 박사 동상은 홋카이도 대학 구내에 있는 흉상뿐이었지만, 유명한 포플러 가로수 경관과 이 흉상을 보기 위해 홋카이도 대학을 찾는 관광객이 해마다 증가하면서 이른바 관광공해 현상이 발생하였습니다. 그 결과, 1973년 홋카이도 대학 당국은 학술 연구에 방해가 된다는 이유로 관광버스의 구내 출입을 금지하였습니다. 그러나 클라크 박사 동상은 그 시점에서 이미 삿포로 관광의 상징이 되어 있었기 때문에 관광객이 동상을 견학할 수 없는 사태를 우려한 삿포로 관광협회는 홋카이도 개척의 원점이라 할 수 있는 불굴의 개척 정신을 전국에 알리고 싶다는 마음으로 히쓰지가오카 전망대에 새로운 클라크 박사 동상을 건립할 계획을 세우고 홋카이도 대학의 양해를 구하였습니다. 1976년 4월 16일 홋카이도 대학 창립 100주년 및 미국의 건국 200주년을 기념하여 윌리엄 스미스 클라크 박사 동상 『언덕 위의 클라크』 제막식이 거행되었습니다. 克拉克博士像,原来在北海道大学(以下简称北大)校园内树立,校园内成排的杨树景观与胸像吸引众多游客前往,随着游客的逐年增多,而产生观光公害,给大学的学术研究造成影响,昭和48年北大当局开始禁止观光大巴进入校园。 但克拉克博士像那时以成为札幌观光的象征,札幌观光协会为了避免游客不能看到克拉克博士像的遗憾,从北海道开拓的原点出发把这种前沿精神传承于后世经北大同意制定了在羊之丘展望台重新建立克拉克博士像。 委托北海道女子短大教授坂 坦道制作新的克拉克博士像,坂氏以『丘之上的克拉克』为主题,身着植绒大衣被早春的风吹起,举起右指喊「少年啊,要胸怀大志!」。 举起右手指向远方的造型意指「永恒的真理就在遥远的彼岸」。 昭和51年4月16日,为纪念北大开基100年与美国建国200年,举行了威廉・史密斯・克拉克博士铜像『丘之上的克拉克』揭幕式。 这年也是克拉克博士来北海道100年。 同时也是100年在岛松离别是所说的「少你啊,要胸怀大志!」的这一天。 本來克拉克博士銅像只有北海道大學(以下稱北大)校園內的半身像而已,為了知名的楊樹林蔭道景色及此半身像而造訪北大的觀光客年年增加,發生了所謂觀光公害現象。 以致昭和48年(1973年)時,北大當局認為已有礙學術研究,而禁止觀光巴士禁止進入校園內。 但是,此時克拉克博士像已是札幌的著名觀光景點,札幌觀光協會擔心觀光客無法參觀克拉克博士像,希望將可說是北海道開拓原點的開拓精神廣傳至全國各地,於是計畫在羊之丘展望台建造新克拉克博士銅像,並取得北大的諒解.委託北海道女子短大教授坂 坦道(Saka Tando)製作新克拉克銅像,坂教授以『山丘上的克拉克』為題,克拉克博士穿著長大衣,在早春的清風吹拂下,舉著右手,激昂叫著「Boys, be ambitious. (少年們,要胸懷大志)」,製作了如此情景的銅像。 所舉的右手意為指著「遙遠彼方永遠的真理」。 (少年們,要胸懷大志)」的日子。 (少年們,要胸懷大志)」的日子。

次の

クラーク博士について

クラーク 博士 像

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• クラーク博士、プロフィール 名前:ウィリアム・スミス・クラーク(うぃりあむ・すみす・くらーく) 出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州 生誕:1826年7月31日 死没:1886年3月9日 享年:59歳(心臓病) 時代:江戸時代から明治時代 かんたんな経歴、何した人?どんな人? クラークは、1826年アメリカ合衆国マサチューセッツ州に医師である父・アサートン・クラークの家に生まれました。 医学ではなく、動物学や植物学そして化学に魅力を感じていたクラークは、ウィリストン神学校を卒業すると、アマースト大学に入学しました。 卒業後は、母校のウィリストン神学校で化学を教えていましたが、さらなる教養を求めて、ドイツのゲッティンゲン大学に留学しました。 ドイツでは、化学と植物学を学び化学の博士号を取得したのです。 1852年、クラークは、20代でその優秀な成績に惚れ込まれ母校のアマースト大学の教授になります。 大学では、専門の化学の他に植物学と動物学も教えました。 その一方で、1853年にドイツ留学のときから農業教育の必要性を感じていたクラークは、新しく科学と農学を教える学部を立ち上げ学部長となるも、上手くいかずに専門の農学校の必要性を感じます。 そこで、酪農を専門に学べるマサチューセッツ農科大学の第3代学長に就任しましたが、 南北戦争へ参加するために一時的に教育者としての活動は中断されました。 その後、アマースト大学でクラークの授業を受けていた、日本人留学生の 新島襄(にいじま じょう )の紹介で、日本政府からの熱心なオファーを受けて、1876年7月に 札幌農学校の教頭として日本にやってきました。 新島襄は、日本の教育者であり、岩倉使節団の案内役も務めた同志社大学を創立した人物です。 札幌農学校(現・北海道大学)には、マサチューセッツ農科大学の1年間のバカンスを利用してやってきました。 この時クラークは、自らの南北戦争で多くの教え子を亡くした経験と、同じように日本でも 戊辰戦争で多くの若者が犠牲になった話を重ね、少しでも復興の手助けをしたいという思いから日本行きを決断したのでした。 札幌農学校の生徒は、戊辰戦争に敗れた旧幕府軍側の元武士が多くいました。 彼らは元武士というプライドから農民と同じ仕事をすることに抵抗を見せますが、クラークの情熱的な指導により酪農への魅力を感じていきました。 これが北海道が酪農そして農業の発展に繋がったことから 「北海道開拓の父」とも呼ばれています。 8ヶ月の滞在を終えて、アメリカに帰国する際にお別れの挨拶としてクラークはあの有名な 「少年よ大志を抱け」の言葉を残しました。 帰国後は、マサチューセッツ農科大学の学長を辞め、新しい大学を作ったり友人と鉱山ビジネスを始めたりしますが、失敗に終わります。 そして、心臓病により59歳でこの世を去りました。 アメリカに戻った後も、札幌農学校の生徒たちとの文通で情報交換をしており死の直前に 「札幌で過ごした8ヶ月間こそ私の人生で最も輝かしい時だった」と語ったと伝えられています。 「少年よ大志を抱け」には続きがあった? 「少年よ大志を抱け」はあまりにも有名ですね。 クラーク博士が残したこの言葉には、続きがあるのです。 当時、全てを聞き取れるような語学力がなかったために、クラーク博士の挨拶には諸説あるようですが、こんな感じなのだそう。 「Boys be ambitious!. Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement not for that evanescent thing which men call fame. Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be. 」 「少年よ、大志を抱け。 けれどお金を望み、私欲を満たし、名声を求める大志であってはならない。 人間が本来持つべきもののために大志を抱け」 決して、お金や名誉を追い求める人生ではなく、常に学ぶ姿勢を忘れずに人の役に立ちましょう!という内容です。 なんとも教育者らしい発言なのではないでしょうか。 札幌農学校の生徒たちへの「さようなら」の挨拶がこんな形になるなんてとってもお洒落ですね。 まとめ クラーク博士の日本滞在期間はわずか8ヶ月だけでしたが、私たち日本人にとってとても馴染み深い人物です。 ということで、 5分でクラーク博士!「少年よ大志を抱け」の人は何をした?でした。 最後まで読んでいただきありがとうございます^^.

次の