日産 キックス 新型。 なぜ日産はジュークで勝負せず? 新型SUV「キックス」を日本投入する狙いとは

新型「キックス」発売間近!? ユーザーはどんなトコロに関心あり?

日産 キックス 新型

気になるはやはり燃費性能? 日産の新型「キックスe-POWER」は、2020年6月24日に発売予定だといいます。 すでに先行予約受注が開始されていますが、実際の乗り出し価格やオプション設定はどうなっているのでしょうか。 日本では同年6月24日に発表・発売とされ登場が間近に迫っています。 【画像】ささっと新型キックスe-POWERを見る!(14枚) 東京都内や関東の日産販売店では既に先行予約がスタートし、キックスが注文できる状態となっていますが、新型キックスのどのような部分にユーザーは関心があるのでしょうか。 日産販売店のスタッフは、以下のように話しています。 「新型キックスは6月24日が発売日となっています。 日産のハイブリッドシステムである『e-POWER』を採用しており、燃費性能についてはお客さまから多くのお問い合わせをいただいています」 やはり、現在の日産を代表する技術ともいえる電動パワートレインのe-POWERや、その燃費についての問い合わせが多く寄せられているようです。 e-POWERは、日産「ノート」や「セレナ」で採用実績のあるハイブリッドシステムで、モーターのみで駆動し、エンジンは発電のために使われる仕組みとなっています。 そして、e-POWERを搭載したクルマは燃費性能が格段に向上。 例えば、ノートのガソリングレード「S」の燃費はJC08モードで23. 4km/Lですが、「e-POWER S」では37. 2km/Lとなり、1. 5倍以上も向上しています。 今回の新型キックスはSUVですが、他メーカーの同サイズSUVよりも高い燃費性能を発揮することが予想されており、ユーザーからの関心も高いようです。 e-POWER以外の関心部分について、前出の日産販売店スタッフは、以下のように話しています。 「発売日前にも関わらず、価格やグレードに関するお問い合わせが多いです。 これは、より現実的に検討されているお客さまが多い証拠だと思います。 ユーザー層はさまざまですが、ほかのSUVやコンパクトカーから乗り換えを考えている人が多い印象です。 また、キックスはタイで発表されましたが、公表されたサイズは『ジューク』と同等ですが、最近はコンパクトSUVが人気なので、サイズについてもお客さまからの反応は上々です。 新型キックスには標準的な仕様の『X』と、ツートンカラーの『X ツートンインテリアエディション』が設定されています。 『ノート』や『セレナ』ではガソリンとハイブリッドがありましたが、キックスではどちらにもe-POWERが標準となり、価格は『X』が約275万円、『X ツートンインテリアエディション』が約286万円です。 ティザーサイトでは、2020年5月下旬に渋谷駅へ掲出された同社の広告に用いられた画像のほか、「Vモーショングリル」が印象的なフロントグリルやテールライト、車種名エンブレムなども明らかにされました。 海外生産の弱点? コロナ禍で納車時期が延期の可能性? 新型キックスe-POWERはタイで発表され、生産もタイでおこなわれます。 しかし、新型コロナウィルスの影響や海外生産ならではの思わぬ影響があるようです。 前出とは別の日産販売店のスタッフは、以下のように話しています。 「新型キックスの発売日は6月24日とされていますが、コロナウィルスの影響によって実際に店頭にクルマが来るのは遅くなる可能性があります。 現在は解除されたものの、コロナ以前の日常に戻るのにはまだ時間がかかると予想されます。 また、在タイ日本大使館によれば、タイ国内でも全土を対象とした非常事態宣言がおこなわれ、5月31日までの予定が6月30日まで延長されています。 新型キックスe-POWERの納車に与える影響は未知数ですが、現地の影響は避けられないといえるでしょう。

次の

日産新型キックス 懸念と期待 2WDのみ、e

日産 キックス 新型

日産の新型キックスe-powerは、2020年6月24日に発売の新型車であるため、値引き価格相場は劇的に渋い。 先行予約期間中はほぼ0に近いだろう。 下取り車を高く売って支払総額を下げるしかない。 下取り車は日産新型キックスe-powerの値引き額の調整に使われる 日産新型キックスe-powerに限らず、下取り車はセールスマンが 値引き額の調整に使うことが一般的だ。 前もって下取り車を安く査定しておき、客の様子を見ながら浮いた差額の範囲内でキックスe-powerの値引きを調整する。 つまり、値引きで削られる利益を下取り車で回収しているのだ。 セールスマンから 「下取り車を査定したい」と申し出があったらほぼ間違いない。 口コミのレポート報告者 40代男性• 交渉年月日 2020年6月13日 キックスの値引き交渉をしたということですがいかがでした? ディーラーの営業マンはほとんど情報を持っていないと言っていました。 燃費すらわからないと。 カタログとかパンフレットも一切ありませんでした。 もらったのは以下の資料です。 価格表• オプションのごく簡単な一覧• 内装外装のカラー一覧(前掲)• 見積書 値引きについては? 「この資料(上記)以外には情報がなくて、何もわからない。 値引きも0です」と言われ、これで値引き交渉しても意味がないと感じてすぐに帰りました。 この情報だけでは契約できないので、正式発表後に再度交渉したいと思います。

次の

日産,新型,キックス,2019,新型車情報,発売日,スペック,価格

日産 キックス 新型

新型SUVキックスは全長4. 3mほどのコンパクトなクロスオーバーSUV。 2016年にブラジルで発売されたのを皮切りに、中国、アメリカ、カナダ、そして台湾などで販売されているグローバルモデルです。 タイでは2020年5月15日に大規模マイナーチェンジを受けた新型が発表され、日本以外では初導入となる「e-POWER(イーパワー)」の搭載が話題になっています。 また、インドでは1. 3リッターターボエンジンを積んでひとまわり大きなモデルが用意されていますが、こちらはプラットフォームが異なるインド独自の仕様です。 興味深いのは北米におけるキックスの位置付けで、「ジュークの後継」とされています。 ジュークもキックスと同じくコンパクトクロスオーバーSUVで、欧州ではフルモデルチェンジした新型モデルを販売中です。 しかし、興味深いことに新型ジュークは欧州だけの販売です。 一方のキックスは「ジュークを販売していない地域のみで販売」となり、グローバル展開のキックスに対してジュークは欧州専用車となっています。 そして、その売り分けは日本にも及ぶ気配で、もうすぐタイで発表されたe-POWERを搭載する新型SUVキックスとして日本への導入がスタートする見込みですが、ジュークは新型にフルモデルチェンジすることなく日本市場から消えてしまう予定なのです。 ジュークは、モデルライフ前半は大ヒット車種となり一定の認知度を得たモデル。 だから惜しまれる声や新型モデルを望む声も多く聞かれます。 キックスへのバトンタッチの背景には大きな理由があると考えるのが自然といえるでしょう。

次の