結婚 の 挨拶。 結婚 挨拶の服装【女性(夏 冬)・男性別】これでご両親の好感度アップ!

結婚の挨拶状・結婚報告》結婚式報告・結婚報告はがき・テンプレート・例文

結婚 の 挨拶

#準備1|親の都合を確認し ごあいさつの日を決める 親の都合を確認する 親に結婚の許しをもらうあいさつなので、もちろん優先すべきは親の都合。 日時の希望を聞き、それに合わせてふたりのスケジュールを調整しましょう。 あいさつの日を決める 親の都合とふたりのスケジュールを調整して、あいさつに伺う日が決まったら、すぐ親に連絡しましょう。 訪問までは準備の都合や心積もりなどを考慮し、2週間ほど余裕を持って。 親から時間の指定がない場合は、食事の時間にかからない14時くらいから2時間程度の滞在がベストです。 \ここが知りたい! Q&A/• 親あいさつ、どちらの家から先に行く?• まずは s 彼女の親の許しを得てから、彼の親にごあいさつする e のが広く知られているマナー。 多くの場合、結婚を機に女性が男性側の姓を名乗ることになるので、彼女の親の心情をおもんぱかってのことです。 ただし、実家が遠く離れていたり、親の都合がなかなかつかない場合は逆でも大丈夫。 両家の親にひと言断りを入れた上で、フレキシブルに対応しましょう。 一番の目的はごあいさつなので、「何か気の利いたことを話さなきゃ」と頑張る必要はないけれど、共通の話題があれば場が盛り上がり、和やかな空気になるのは確かです。 ごあいさつの前に親の性格を事前に聞いておくのも意外と大事。 例えば一見気難しそうに見えても、実は人見知りなだけで、打ち解けるととってもフレンドリーだったりすることも。 さらに、相手の親は「わが子の結婚相手がどんな人なのかを知りたい」と思っているので、尋ねられそうなこととその答えを、あらかじめシミュレーションしておくと安心です。 ごあいさつの前に確認しておきたいこと• 家族構成• 親の職業や生活スタイル• 親の趣味や興味のあること• 親の性格(マナーに厳しい、人見知り、ざっくばらんなど)• 避けた方がいい話題(政治や宗教のこと、学歴など) あいさつの場で相手の親から尋ねられそうなこと• 家族構成や出身地、勤務先など• 息子(娘)のどこが好きなのか• 親はこの結婚をどう思っているか• 結婚したら仕事はどうするのか• 趣味や興味のあること ごあいさつの場では「結婚式はどうするの?」「結婚したらどこに住む予定?」というようなことを、親が尋ねてくることも。 さらには結婚して経済的にやっていけるのか、転勤して遠くへ行く可能性はあるのかなど、聞かれることは結構たくさんありそう。 ここはあいまいに答えて親を心配させないよう、 s ごあいさつ前に彼と将来のビジョンをきちんと話し合っておく e ことが必要です。 その場で答えを出せないことは、これからふたりでしっかり考えていく旨を伝えて安心させましょう。 ごあいさつ前にふたりで擦り合わせておきたいこと• 結婚式のこと(場所・時期・規模など)• 婚姻届の提出時期&同居の開始時期• 結婚後の住まい• 結婚後の働き方 ごあいさつの場では答えない方が無難なこと• 将来的な親との同居• 転職や独立を考えていること• 自分の親に反対されていること みんなが席に着いたら改めて、「本日はお忙しいところありがとうございます」とごあいさつをしましょう。 お茶を勧められたら遠慮せず、お礼を言っていただきます。 大事なのはきちんとした態度と誠実な受け答え。 もじもじして下を向いたままだと子どもっぽい印象を与え、相手の親を「大丈夫かな?」と不安にさせてしまいます。 逆に初対面からなれなれしい態度を取るのもタブー。 常識的な大人の振る舞いを心掛けましょう。 立ち居振る舞いやお茶のいただき方などのマナーもさりげなくチェックされているので、自信がない人は予行練習をしておくと安心です。 Point!• お茶やコーヒーは勧められてから口を付ける。 お茶は両手で、コーヒーは片手で。 ソーサーや茶たくは一緒に持たない。 当たり前のことだけど、「いただきます」を忘れずに。 ようやく親の承諾を得てホッとひと安心。 ここからは再び和やかな歓談を楽しみましょう。 基本的には親が質問してくれることが多いので、きちんと受け答えができれば大丈夫です。 万が一話が途切れてしまったら、彼の子どもの頃の話を尋ねてみるのもいいでしょう。 注意したいのはお酒。 気を良くした親が、彼にお酒を勧めてくることもありますが、調子に乗って飲み過ぎると、あらぬ失態を演じてしまうこともあるので気を付けて。 \こんなときどうする? Q&A/• 彼の親は人見知り。 こちらから積極的に話し掛けてもいい?• 根掘り葉掘りいろんなことを聞くのはマナー違反ですが、こちらから話し掛けても問題なし。 例えば部屋に飾ってある花を褒めることで、そこから話が広がっていくこともあります。

次の

準備不足でした!両親への結婚挨拶で後悔していること5選 | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚 の 挨拶

#準備1|親の都合を確認し ごあいさつの日を決める 親の都合を確認する 親に結婚の許しをもらうあいさつなので、もちろん優先すべきは親の都合。 日時の希望を聞き、それに合わせてふたりのスケジュールを調整しましょう。 あいさつの日を決める 親の都合とふたりのスケジュールを調整して、あいさつに伺う日が決まったら、すぐ親に連絡しましょう。 訪問までは準備の都合や心積もりなどを考慮し、2週間ほど余裕を持って。 親から時間の指定がない場合は、食事の時間にかからない14時くらいから2時間程度の滞在がベストです。 \ここが知りたい! Q&A/• 親あいさつ、どちらの家から先に行く?• まずは s 彼女の親の許しを得てから、彼の親にごあいさつする e のが広く知られているマナー。 多くの場合、結婚を機に女性が男性側の姓を名乗ることになるので、彼女の親の心情をおもんぱかってのことです。 ただし、実家が遠く離れていたり、親の都合がなかなかつかない場合は逆でも大丈夫。 両家の親にひと言断りを入れた上で、フレキシブルに対応しましょう。 一番の目的はごあいさつなので、「何か気の利いたことを話さなきゃ」と頑張る必要はないけれど、共通の話題があれば場が盛り上がり、和やかな空気になるのは確かです。 ごあいさつの前に親の性格を事前に聞いておくのも意外と大事。 例えば一見気難しそうに見えても、実は人見知りなだけで、打ち解けるととってもフレンドリーだったりすることも。 さらに、相手の親は「わが子の結婚相手がどんな人なのかを知りたい」と思っているので、尋ねられそうなこととその答えを、あらかじめシミュレーションしておくと安心です。 ごあいさつの前に確認しておきたいこと• 家族構成• 親の職業や生活スタイル• 親の趣味や興味のあること• 親の性格(マナーに厳しい、人見知り、ざっくばらんなど)• 避けた方がいい話題(政治や宗教のこと、学歴など) あいさつの場で相手の親から尋ねられそうなこと• 家族構成や出身地、勤務先など• 息子(娘)のどこが好きなのか• 親はこの結婚をどう思っているか• 結婚したら仕事はどうするのか• 趣味や興味のあること ごあいさつの場では「結婚式はどうするの?」「結婚したらどこに住む予定?」というようなことを、親が尋ねてくることも。 さらには結婚して経済的にやっていけるのか、転勤して遠くへ行く可能性はあるのかなど、聞かれることは結構たくさんありそう。 ここはあいまいに答えて親を心配させないよう、 s ごあいさつ前に彼と将来のビジョンをきちんと話し合っておく e ことが必要です。 その場で答えを出せないことは、これからふたりでしっかり考えていく旨を伝えて安心させましょう。 ごあいさつ前にふたりで擦り合わせておきたいこと• 結婚式のこと(場所・時期・規模など)• 婚姻届の提出時期&同居の開始時期• 結婚後の住まい• 結婚後の働き方 ごあいさつの場では答えない方が無難なこと• 将来的な親との同居• 転職や独立を考えていること• 自分の親に反対されていること みんなが席に着いたら改めて、「本日はお忙しいところありがとうございます」とごあいさつをしましょう。 お茶を勧められたら遠慮せず、お礼を言っていただきます。 大事なのはきちんとした態度と誠実な受け答え。 もじもじして下を向いたままだと子どもっぽい印象を与え、相手の親を「大丈夫かな?」と不安にさせてしまいます。 逆に初対面からなれなれしい態度を取るのもタブー。 常識的な大人の振る舞いを心掛けましょう。 立ち居振る舞いやお茶のいただき方などのマナーもさりげなくチェックされているので、自信がない人は予行練習をしておくと安心です。 Point!• お茶やコーヒーは勧められてから口を付ける。 お茶は両手で、コーヒーは片手で。 ソーサーや茶たくは一緒に持たない。 当たり前のことだけど、「いただきます」を忘れずに。 ようやく親の承諾を得てホッとひと安心。 ここからは再び和やかな歓談を楽しみましょう。 基本的には親が質問してくれることが多いので、きちんと受け答えができれば大丈夫です。 万が一話が途切れてしまったら、彼の子どもの頃の話を尋ねてみるのもいいでしょう。 注意したいのはお酒。 気を良くした親が、彼にお酒を勧めてくることもありますが、調子に乗って飲み過ぎると、あらぬ失態を演じてしまうこともあるので気を付けて。 \こんなときどうする? Q&A/• 彼の親は人見知り。 こちらから積極的に話し掛けてもいい?• 根掘り葉掘りいろんなことを聞くのはマナー違反ですが、こちらから話し掛けても問題なし。 例えば部屋に飾ってある花を褒めることで、そこから話が広がっていくこともあります。

次の

【結婚報告】会社の上司・同僚・友人・親族への失礼のないタイミング&伝え方|ゼクシィ

結婚 の 挨拶

両親へ挨拶に行く前に準備すること4つ! 急に挨拶を行う場面になったとしてもどうして良いかわからず相手にとって失礼な行動を取ってしまった、というトラブルは避けたいもの。 挨拶前に 準備しておきたい事柄をご紹介します。 日程調整 両親が家にいることが多い場合もアポイントもなしに急に訪れるのは失礼です。 まずは彼女の自宅へ伺う 日程を決めましょう。 日程については彼女の親と彼女で相談してもらいます。 始めに両親に都合の良い日を何日か聞いて、その日のなかから決めても良いですし、ふたりが忙しい場合は、都合の良い日をいくつか先方に伝え、そのなかから選んでもらっても良いでしょう。 家庭によって事情はさまざまですが、お盆や年末、年度始めなどの時期は、ほかの親族との集まりなどが入っている可能性もあり、避けるのが無難。 時間に関しては、両親からの指定がなければお昼過ぎの 14時頃がベストだと言われています。 なるべく食事の時間は避けて伺いましょう。 ご家族についての情報収集 初めて会う場合も、初めてではない場合も事前に相手のご家族についての 情報収集を行っておくと当日の歓談時に困ることが少なくなります。 どんな性格か、趣味やペット、職業や家族構成などを聞いておけば、どんな会話をしようかイメージするのにも役立ちます。 手土産 挨拶に伺う時には、手土産を持参しましょう。 選ぶときには、日持ちするもので個包装されていると、すぐに食べられないなどの事情があっても安心です。 お煎餅など、 割れることを連想させるものは結婚の挨拶にふさわしくないとされています。 また、相手の苦手なもの、食べられないもののリサーチを忘れずに。 自分の 地元の特産品、または 両親の好みのものを持っていくことで歓談のきっかけにもなります。 結婚式や結婚後はどうするか 両親挨拶に訪れる前に、ふたりで 結婚式についてや 結婚後の新居や仕事について話し合っておきましょう。 以下は、両親から聞かれたり、気にしそうな項目です。 結婚式は挙げるのか• 新居はどうするのか• 仕事に変化はあるのか• ハネムーンについて• 将来の家族設計について 聞かれた時に、うまく答えられないと結婚に不安を抱かせてしまうことも。 もし、どうしてもこのタイミングで決められない項目がある場合でも、いつ頃までに回答が固まるのか伝えておくと安心感をもってもらえますよ。 両親との距離も縮まる!当日マナー 下準備を終えたらいよいよ 本番! スムーズに両親挨拶を行えるように当日に覚えておきたい マナーをご紹介します。 到着のタイミングと挨拶 彼女の実家には、約束の 5分前頃に到着するのがベスト。 また、5分以上遅れてしまう場合は必ず 事前に連絡を入れましょう。 到着したらコートは門や玄関の前で脱いでおきます。 雨の場合は傘も畳んでからインターフォンを鳴らしましょう。 玄関でまず「お邪魔します」の一言とともに ご挨拶を。 両親から「おあがりください」と言われた後、靴を脱いで中に入ります。 玄関から入って、靴を揃えるまでの間、なるべく両親に対して失礼にあたるので、お尻を向けないように注意しましょう。 手土産の渡し方と座る場所 部屋に通されたら、まず 手土産を渡します。 相手の両親に座ることを進められてから着席します。 両親に「こちらにどうぞ」とすすめられた場合は指定された席に。 もし指定されないのであれば、 下座に「失礼いたします」と一言添えて座ります。 上座、下座は和室か洋室かで場所が変わるため下記の画像を参考にしてください。 和室の場合 洋室の場合 歓談におすすめのトピック 結婚の申し込みの前に、まずは 歓談を。 玄関でも一度挨拶をしていますが、あらためて 自己紹介を行いましょう。 その後は下準備で 収集した情報を元に会話を続けます。 場が和んだらいよいよ本題の結婚の申し込みにすすみます。 本題!結婚の申し込み 歓談の流れでうやむやにするのではなく、あらためて 結婚の申し込みに来たことを伝えます。 両親に承諾されたら再び歓談を。 この際に結婚後のことや結婚式について質問されることが多いので、しっかりと答えると 好印象です。 退出を申し出るタイミング 結婚の挨拶の所用時間は 約2~3時間程。 盛り上がったとしても、長居をしないよう気をつけましょう。 「そろそろ失礼します」と切り出した後、あらためて結婚の承諾をしてくれたことへの 感謝を伝えましょう。 【例文】本日はお忙しいなかありがとうございます。 未熟者ですがこれからよろしくお願いいたします。 など) コートは手に持ったまま退出し、玄関から出た後に着用します。 これを言ったら危険!?NGワード 両親挨拶を成功させるためには 危険ワードを知っておくことも大切です。 お義父さん、お義母さん まだ結婚をしていないのに、いきなり相手の両親を お義父さん、 お義母さんと呼ぶのは失礼。 娘さんをください ドラマなどでよく聞く言葉ですが「ください」という言い方は 物扱いしているように聞こえてしまうため、相手を不快にさせてしまう場合も。 結婚挨拶では避けましょう。 結婚を決めました まだ両親に承諾を得ていない段階で 「結婚することに決めました」と言うのはNG。 親の意見を聞かずに勝手に決められたと怒る方もいます。 結婚したい意思を伝えることは大切ですが、結婚が決まっているような言い方は避けましょう。 タブーな話題 両親が特定の話題を好まない場合、その話題を持ち出しただけで、雰囲気が一気に悪化してしまう可能性があります。 事前に、彼女に タブーな話題がないか聞いておくと安心です。 彼女の両親に挨拶する際のマナー、行っておきたい下準備をご紹介しました。 初めてのことだから緊張するのはもちろん、どうして良いかわからないという方もたくさんいると思います。

次の