おもてなし 武将 隊 熊本。 熊本城おもてなし武将隊のメンバーと本名一覧!演舞動画やグッズも

戦国パーク 武士の魂2020 ~全国の武将隊がおもてなし~

おもてなし 武将 隊 熊本

熊本城おもてなし武将隊メンバーと本名一覧! まず、熊本城おもてなし武将隊ってどんな活動をしているんでしょう? 熊本城おもてなし武将隊とは? 公式サイトを要約してみますと、 戦乱の世を駆け抜けた九州の名だたる武将達が平成の世にて、再び日ノ本を盛り上げるべく熊本城に集結。 加藤清正• 飯田覚兵衛• 森本儀太夫• 庄林隼人• あま姫• 黒田官兵衛• 島津義弘• 立花宗茂• 細川忠興• 日々この10名による陣形にて「熊本城おもてなし武将隊~威風堂々の章」として活動。 熊本城を拠点に威風堂々と日ノ本一のおもてなしを目指す。 と、このような説明がなされています。 では、各メンバーについて見ていきたいと思います! おもてなし武将隊メンバーと本名 おもてなし武将隊メンバーの本名やプロフィールを調べてみたのですが、私が調べた限りでは情報がありませんでした。 やはり、こういうのってイメージが大事だから、その辺は徹底しているんでしょうかね・・・ ということで、画像と人物について調べてみました。 (wikipedia参照しました) 加藤清正 今回写真をお願いした 熊本城おもてなし武将隊 加藤清正様 忍城おもてなし甲冑隊 柴崎和泉守様 名古屋おもてなし武将隊 織田信長様 — 一宮の写真撮れた tgpw8479 (画像左) 加藤清正は、熊本城の築城主で熊本の発展を語るに欠かせない人物ですね。 熊本では清正公(せいしょこ)さんと呼ばれ親しまれています。 加藤清正を祀っている加藤神社で、本日7月15日(土)と7月23日(日)の日程で『清正公まつり』が行われます。 熊本以外に、東京・大分でも同じように『清正公まつり』が行われているんだとか! 各地で親しまれているようですね。 今wikiを見ていて気づいたのですが、加藤清正は生まれも亡くなったのも6月24日なんだそうです。 偶 然 というかちょっと珍しいですね。 通称飯田覚兵衛。 若いころから加藤清正に仕え、筆頭家老を務めています。 『加藤家三傑』の一人。 加藤家三傑は他にのちにご紹介する、森本儀太夫・庄林隼人も。 武勇に優れ、中でも槍術は特筆すべきものがあったそうです。 土木普請も得意とし、熊本城築城の際には力を発揮したんだとか。 長男は熊本藩士の直国で、子孫には井上毅が。 森本儀太夫 2017年7月4日 午後の部加藤家三桀による熊本城おもてなし武将隊演舞。 通称は森本儀太夫(義太夫とも)。 若いころより加藤清正に仕え、『加藤家三傑』と呼ばれる重臣。 朝鮮出兵の際、飯田覚兵衛とともに亀甲車(装甲車)で城の城壁を破壊して一番乗りを果たした功により、豊臣秀吉から「義」の字を与えられたのだとか。 飯田覚兵衛と並び、土木普請も得意で、熊本城や江戸城の築城に貢献した人物。 庄林隼人 2017年7月4日 午後の部加藤家三桀による熊本城おもてなし武将隊演舞。 本名庄林一心(かずただ)。 荒木村重・仙石秀久に仕えたのち加藤清正に仕える。 家臣となった時期は三傑の他の2人に比べ遅かったが、清正の信頼は厚かったんだとか。 朝鮮出兵の第二次晋州城攻防戦では大将として一番乗りの手柄を得た他、天草一揆討伐でも活躍し、朱槍を与えられたという記録が残っています。 いろんな説があるようですが、家中で一番武勇に優れた者しか持てないとか、勇猛であるというのが朱槍を持てる条件のようです。 墓所は熊本市の禅定寺。 あま姫 【熊本城おもてなし武将隊・第三章】2017年6月10日 あま姫。 城彩苑午後演舞。 加藤清正の長女。 実名は本浄院。 あま姫の母は慶長の役の際に清正に伴われ、その地で懐妊。 日本へ帰国途中の島で海女にとりあげられたため清正によって「あま」と名付けられたんだとか。 その島は、長崎県の壱岐ではないかと言われています。 あま姫は9歳で徳川家康の側近、榊原康政の嫡男康勝と結婚。 しかし大坂夏の陣ののち、康勝が病死したため、実家加藤家に戻り、その後、大坂城代・阿部正次の嫡男・政澄と再婚。 のちの老中・阿部正能を産み、同年30歳で亡くなりました。 黒田官兵衛 7月14日 黒田官兵衛様 熊本城おもてなし武将隊 — ぷりん misajeje 豊前中津城城主。 黒田官兵衛は豊臣秀吉の参謀として天下統一を演出した天才軍師ですね。 本名黒田孝高(よしたか)。 黒田官兵衛もしくは、剃髪後の黒田如水として広く知られています。 福岡に『如水庵』というお菓子屋さんがあります。 如水庵の先代社長は、「旧福岡藩の歴史にふさわしいお菓子を作りたい」という思いから、黒田官兵衛(如水)の子孫・黒田長禮のもとを訪れ、その旨を伝えると、長禮公は家紋の使用を快諾したとか。 そして紋が入った屋根瓦をくれたといいます。 その紋を写し取って、丹精こめて作られたお菓子が「もなか 黒田五十二萬石」。 先代社長の「黒田如水のように生きよ」という言葉と、如水への深い尊敬の念から、現社長は「如水庵」と屋号を改名したんだとか。 長くなりましたが、一番言いたいのは、ここの『筑紫もち』がおいしいよってことです。 クリックしてチェック! 島津義弘 【『無双の花』朗読イベント(5月14日開催)】 前回に引き続き、語りを担当される島津義弘さん(熊本城おもてなし武将隊)。 今回もまた素敵な声で、みなさまを物語の世界へ連れて行ってくださることでしょう。 — 立花家史料館 TachibanaMuseum この方、朗読イベントなどもされているんですね! 確かに、落ち着いた いい声! 島津家十七代当主。 戦国大名島津義久の弟。 武勇にすぐれ「鬼島津」の異名で知られています。 確かに、戦国無双で敵として出てきたらちょっとイヤだったな~笑 兄義久を補佐し、島津家の領地拡大に貢献した人物。 関ヶ原の戦いで改易(身分を平民に落とし、家禄や屋敷を没収する)され、大名として復帰した武将はいるが、旧領を回復したのは立花宗茂ただ一人だとか。 慶長の役では、加藤清正より「日本軍第一の勇将」と絶賛されるほどだったといいます。 細川忠興 sengokubushou: 熊本城おもてなし武将隊の、細川忠興様。 足利家の支流、細川家の出身で、正室は明智光秀の娘・玉子(ガラシャ)。 足利義昭• 織田信長• 豊臣秀吉• 徳川家康 と有力者に仕えて、現在まで続く肥後細川家の基礎を築きました。 教養人・茶人としても有名で利休七哲の一人。 他のメンバーと頭一つ分くらい違うので、180~190㎝くらいあるのかな?と思います。 小西行長はキリシタン大名として有名ですね。 最初は宇喜多氏に仕え、後に豊臣秀吉の家臣となる。 文禄・慶長の役では主要な働きをし、序盤の漢城府占領の際は加藤清正と先陣の功を競ったとか。 関ヶ原の戦いでは、西軍として奮闘しましたが、敗北して捕縛されました。 キリシタンは自殺を禁じられているので、切腹を拒否したところ、斬首されたとのこと。 以上、おもてなし武将隊メンバー10名の画像と、演じる人物の背景について調べてみました。 その後、「西軍特別演舞」もあります。

次の

熊本城おもてなし武将隊のメンバーと本名一覧!演舞動画やグッズも

おもてなし 武将 隊 熊本

概要 [ ] 従来よりなどの観光地で鎧武者姿で観光案内などを行なう例などはあったが、(21年)4月、名古屋市長が公約の一つ「の情報発信力の強化」として掲げていた 『武将都市ナゴヤ』キャンペーンが始まり 、同年11月にが結成された。 名古屋おもてなし武将隊の成功により、全国各地で同様の集団が結成されることになる。 これらの武将隊は、歴史上の武将を城などと同様、ひとつの「観光資源」として捉えて観光客を呼び込むもので、名古屋おもてなし武将隊の活動を委託されたは以下の3つの基本コンセプトを挙げている。 徹底的に本物にこだわり、お客さまに「武将の世界」を提供すること。 雨の日も、風の日も、いつでも名古屋城へ行けば「武将に会える」こと。 武将6名+陣笠4名が、独自のキャラを確立し、エンターテイメントを磨くこと。 「拠点となる城などに行けばいつでも武将に会うことが出来る」というコンセプトは、2010年に結成されたなどその後に結成された武将隊の多くで踏襲された。 これらの武将隊は「おもてなし」として演舞や寸劇などのパフォーマンスや来場者との記念撮影を行なうほか、各種のイベントにゲストとして参加したり、地元ラジオ・テレビ局の番組への出演、インターネット放送を行なうなど、一種のとして活動するものも見られる。 多くが戦国時代の武将とその配下(・など)によって構成されているが、戦国武将の妻・娘など女性のみで構成されている「」や、幕末のたちによる「土佐おもてなし勤王党」、各地の武将隊から選抜されたメンバーによる「」などその形態も様々である。 なお、行政主導によるものやボランティアによるものなど、運営形態はかならずしも定まっておらず、短期間で活動を停止・終了した武将隊もある。 イベント名称 開催日 会場 参加武将隊 世界SAMURAIサミット 2010年8月1日 名古屋おもてなし武将隊、長浜歴ドラ隊、伊勢・安土桃山文化村 藤堂高虎武将隊、忍城おもてなし甲冑隊、山形おきたま【愛】の武将隊、外国人武者隊 世界SAMURAIサミット 2012年2月3~6日 奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊、山形おきたま【愛】の武将隊、忍城おもてなし甲冑隊、名古屋おもてなし武将隊、グレート家康公「葵」武将隊、あいち戦国姫隊、長久手歴史トラベラーズ、越後上越・上杉おもてなし武将隊、土佐おもてなし勤王党、金沢おもてなし武将隊、後三年合戦絵詞、越後胎内 百発百中! 河村たかし 2009年4月11日. 2013年1月8日閲覧。 [ ]• 2012年9月28日. 2013年1月8日閲覧。 Network2010. 2013年1月8日閲覧。 岐阜城盛り上げ隊 2012年12月29日. 2014年10月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月28日閲覧。 2012年4月1日に「金沢おもてなし武将隊」から改名。 Network2010 2011年10月17日. 2013年4月2日閲覧。 テレビ愛知. 2013年3月31日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月2日閲覧。 戦国サミットin越後上越事務局 2012年10月2日. 2013年4月2日閲覧。 岡崎経済新聞 2012年11月20日. 2013年4月2日閲覧。 愛知県 2012年10月24日. 2013年4月2日閲覧。 清洲城武将隊 桜華組 2013年1月18日. 2013年4月2日閲覧。 名古屋おもてなし武将隊事務局 2013年2月2日. 2013年4月2日閲覧。 AICHI NOW. 2017年10月11日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 日本舞踊の流派。 名古屋西川流4世家元の西川千雅は複数の武将隊でプロデュースを担当している。

次の

瓦版

おもてなし 武将 隊 熊本

概要 [ ] 従来よりなどの観光地で鎧武者姿で観光案内などを行なう例などはあったが、(21年)4月、名古屋市長が公約の一つ「の情報発信力の強化」として掲げていた 『武将都市ナゴヤ』キャンペーンが始まり 、同年11月にが結成された。 名古屋おもてなし武将隊の成功により、全国各地で同様の集団が結成されることになる。 これらの武将隊は、歴史上の武将を城などと同様、ひとつの「観光資源」として捉えて観光客を呼び込むもので、名古屋おもてなし武将隊の活動を委託されたは以下の3つの基本コンセプトを挙げている。 徹底的に本物にこだわり、お客さまに「武将の世界」を提供すること。 雨の日も、風の日も、いつでも名古屋城へ行けば「武将に会える」こと。 武将6名+陣笠4名が、独自のキャラを確立し、エンターテイメントを磨くこと。 「拠点となる城などに行けばいつでも武将に会うことが出来る」というコンセプトは、2010年に結成されたなどその後に結成された武将隊の多くで踏襲された。 これらの武将隊は「おもてなし」として演舞や寸劇などのパフォーマンスや来場者との記念撮影を行なうほか、各種のイベントにゲストとして参加したり、地元ラジオ・テレビ局の番組への出演、インターネット放送を行なうなど、一種のとして活動するものも見られる。 多くが戦国時代の武将とその配下(・など)によって構成されているが、戦国武将の妻・娘など女性のみで構成されている「」や、幕末のたちによる「土佐おもてなし勤王党」、各地の武将隊から選抜されたメンバーによる「」などその形態も様々である。 なお、行政主導によるものやボランティアによるものなど、運営形態はかならずしも定まっておらず、短期間で活動を停止・終了した武将隊もある。 イベント名称 開催日 会場 参加武将隊 世界SAMURAIサミット 2010年8月1日 名古屋おもてなし武将隊、長浜歴ドラ隊、伊勢・安土桃山文化村 藤堂高虎武将隊、忍城おもてなし甲冑隊、山形おきたま【愛】の武将隊、外国人武者隊 世界SAMURAIサミット 2012年2月3~6日 奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊、山形おきたま【愛】の武将隊、忍城おもてなし甲冑隊、名古屋おもてなし武将隊、グレート家康公「葵」武将隊、あいち戦国姫隊、長久手歴史トラベラーズ、越後上越・上杉おもてなし武将隊、土佐おもてなし勤王党、金沢おもてなし武将隊、後三年合戦絵詞、越後胎内 百発百中! 河村たかし 2009年4月11日. 2013年1月8日閲覧。 [ ]• 2012年9月28日. 2013年1月8日閲覧。 Network2010. 2013年1月8日閲覧。 岐阜城盛り上げ隊 2012年12月29日. 2014年10月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月28日閲覧。 2012年4月1日に「金沢おもてなし武将隊」から改名。 Network2010 2011年10月17日. 2013年4月2日閲覧。 テレビ愛知. 2013年3月31日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月2日閲覧。 戦国サミットin越後上越事務局 2012年10月2日. 2013年4月2日閲覧。 岡崎経済新聞 2012年11月20日. 2013年4月2日閲覧。 愛知県 2012年10月24日. 2013年4月2日閲覧。 清洲城武将隊 桜華組 2013年1月18日. 2013年4月2日閲覧。 名古屋おもてなし武将隊事務局 2013年2月2日. 2013年4月2日閲覧。 AICHI NOW. 2017年10月11日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 日本舞踊の流派。 名古屋西川流4世家元の西川千雅は複数の武将隊でプロデュースを担当している。

次の