ダイソン 空気 清浄 機 付き ファン ヒーター。 ダイソンの空気清浄機能付ファンヒーター「ホットアンドクール」の電気代は高い?

ダイソンの空気清浄機能付ファンヒーター「ホットアンドクール」の電気代は高い?

ダイソン 空気 清浄 機 付き ファン ヒーター

ダイソンの空気清浄機能付きファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool」は、空気清浄機、扇風機、ヒーターの3つが1台に集約された便利家電です。 部屋の空気をキレイにしながら、夏は扇風機として、冬はヒーターとして、1年中使うことができます。 このたび、そんなDyson Pure Hot+Coolの新世代モデルが発表されました。 大きく3つのポイントに分けて、その魅力をご紹介していきましょう。 Dyson Pure Hot+Coolの新世代モデル(左)は、2018年10月17日発売です。 従来モデル(右)と比較して、サイズが大型化しデザインが変わりました。 部屋全体の空気が均一になるよう、室内の空気を効果的に循環させる構造としています そして冬場はヒーターに! 気流増幅部の配列を最適化し、室内の空気にムラがないように暖めます。 自動温度制御機能も搭載しており、室内が設定温度に到達すると自動でヒーターをオフにして待機モードに切り替わります 1. フィルター内のHEPA材増量! 空気清浄機能が強化 Dyson Pure Hot+Coolのポイントは、ヒーターとして使う場合も扇風機として使う場合も、同時に空気清浄してくれること。 ダイソン独自のアルゴリズムによって、内蔵センサーが室内をただよう微粒子や有害物質を自動検知します。 さらに、有害なガス・ニオイ・煙などを吸収する活性炭フィルターも、従来比で活性炭の量を3倍以上に増やしたそう。 PM0. 1レベルの微細粒子を99. 95%除去するという、強力な空気清浄能力が特徴です。 空気清浄能力が向上し、目安としては30分で9畳、60分で24畳をカバーします。 内部に独自の空気清浄テクノロジーを搭載。 レーザー計測によって微粒子の量を分析する上、有害ガス・ニオイセンサーでベンゼンやアセトアルデヒドなどのVOCやNO2などを検知し、空気をキレイにしてくれます 搭載されているHEPAフィルターの長さは9mにおよぶそう。 アレル物質やバクテリア、花粉、カビ胞子なども逃しません。 活性炭フィルターはトリス緩衝液を浸透させて吸収効率を高めており、ホルムアルデヒドやベンゼンなどの有害ガスやニオイを取り除きます フィルターの交換目安は約1年(1日12時間使用の場合)。 交換用のグラスHEPAフィルターは4,000円、活性炭フィルターは3,000円(ともに税別) シリーズ違いのDyson Pure Coolを使用した場合の効果測定結果がこちら。 Dyson Pure Cool を45分間運転させると、空気中に浮遊している微小粒子物質の割合が7%に減少したそう 2. 液晶ディスプレイ搭載! 空気の状態をリアルタイム表示 2つめのポイントは、本体に新しく液晶ディスプレイを搭載したこと。 表示はリアルタイムで更新されるので、常に最新の空気の状態を確認することができます。 ちなみに、ダイソンの液晶ディスプレイ付きの空調家電としては、2018年4月に「Dyson Pure Cool 空気清浄ファン」(ヒーター非搭載の空気清浄ファン)が発表されたのを覚えている方も多いかもしれません()。 機能面で言うと、今回発表された新モデルは、4月に発表されたDyson Pure Cool 空気清浄ファンにヒーター機能が追加されたものとも言えます(外観は異なります)。 センサーによる計測結果を、本体フロントに備える液晶ディスプレイにリアルタイム表示してくれます 有害物質が検知されたときは、その物質名も表示されます なお、Dyson Pure Hot+Coolには、本体の操作が行える専用リモコンアプリ「Dyson Link」が提供されていますが、センサーによる計測結果はこのアプリのほうにも共通して表示されます。 本体から離れた位置にいても、手元のスマートフォンから常に最新の空気環境をモニターできます。 専用アプリのメインページで計測結果を確認できます。 室内の空気がキレイなとき(左)と、有害物質が発見されたとき(右)。 これまでの計測結果の履歴を見ることもできます もちろん、普通にリモコンとしても使用可能。 運転切替やスリープタイマー設定などの基本機能を、スムーズにコントロールできます 3. 冬にうれしい機能を新搭載! 本体背面に排気する「ディフューズドモード」 3つめのポイントは、冬場にうれしい新機能「ディフューズドモード」が搭載されたことです。 そもそもDyson Pure Hot+Coolは、空気清浄機能で取り込んだ空気を前面に排出し、扇風機の風として送風する仕組みになっています。 ところが冬場は、ヒーター機能をオフにしてただの空気清浄機として使いたい場合、この排出される風(=扇風機の風)が不要となります。 そこで搭載されたのが「ディフューズドモード」。 これをONにすると、排出される空気の角度が変わります。 従来は本体フロントから風が排出されます(左)が、「ディフューズドモード」にすると、本体側面から排出されるように切り替わります(右) Dyson Pure Hot+Coolの付属リモコン。 緑の矢印が「ディフューズドモード」ボタン 「ディフューズドモード」をONにすると、右の表示に切り替わります また、出力W数が従来の1200Wから1400Wにアップしたことで、ヒーター自体の性能も向上しており、室内をより早く均一に暖められるようになりました。 しかも、ヒーター機能は設定温度に達すると自動で停止し、室内温度が下がってくると再び自動でONになる仕組み。 省エネ性にも配慮した仕様で、ムダなく効率的に部屋を暖めてくれます。 これから秋〜冬に向かっていく今の時期はもちろん、1年中使える家電なので、常に買いどきとしてチェックしておきたい1台です。

次の

ダイソンの空気清浄機のおすすめ・特徴・口コミを紹介!【2020最新】

ダイソン 空気 清浄 機 付き ファン ヒーター

しっかり涼しく肌当たりも良いので、扇風機の機能としても優れています。 ちょっと音がしますが、気になって仕方がないというレベルではないので、 リビング用としても就寝時にもピッタリです。 扇風機・空気清浄機・ファンヒーター一体型という珍しいアイテム。 風量10段階設定に、温風・涼風・オートモード・ナイトモードと、季節に合わせて一年中使えます。 収納場所が無い方、空気清浄機を設置する場所がないという方にベターです。 液晶ディスプレイ付きで、アプリとリンクさせて操作もでき、新しいもの好きな方にもおすすめ。 価格は7万円とやや高めであるものの、他の扇風機にはない機能が充実しています。 新しい家電の購入を検討中の方には、これしかないですよ。 基本的な使い方としては、好みの角度に本体を調節し、スイッチをオンにして風量やモードを設定するだけ。 なお、 空気清浄機の機能だけでは使えないので、オートモードに設定して風を送りながら空気清浄機の機能をオンにしましょう。 また、リモコンも使えますが スマホ を使うのがベスト。 スマホにアプリをダウンロードして、初期設定を済ませれば、一目で室内・住んでいる地域の空気の状態やフィルターの寿命をチェックしたり、や運転モードを切り替えることもできますよ。 もちろん、リモコンとしても使えて、外出先からの操作も可能です。 運転スケジュールの設定もできるので、 気になったらスマホを覗けば本体操作がOK!ダイソン ピュア ホット アンド クールを購入したら、アプリもダウンロードしないと損ですね。

次の

ダイソン ピュア ホット アンド クールの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

ダイソン 空気 清浄 機 付き ファン ヒーター

更にこのHPシリーズの場合には、扇風機だけではなく、空気清浄機更には温風ファンヒーターとしても使用できるので、扇風機にありがちな冬場に片付ける必要がなく、1年中部屋に置いていけるというのは、大きなメリットですよね。 また一年中置いておくためにも、部屋のインテリアとして違和感のないスタイリッシュなところも気に入っています。 左からWS、IB、BN カラー展開は、ホワイトシルバーとアイアンブルー、そしてブラックニッケルの三色展開になります。 本当かどうかはわかりませんが、ブラックについては関東圏での限定カラーになっているようです。 手触りは、モデルによって少し違います。 白と青のモデルの場合は表面はプラスチックのツルッとした触り心地になりますが、黒のモデルの場合は、少しずつ表面がザラザラとしたものになっています。 店頭で見た感じでは、ブラックは少し埃が目立ちそうかな?という感じもしましたし、かつ部屋に大きなものを黒い色で纏める、我が家の明るい感じの家具と合わない気もしたので、今回我が家にはホワイトを選びました。 置く場所や家具の色と合わせて選ぶ方が良いですね。 7kg 送風時消費電力 最大 40W、約0. 暖房能力は、適用床面積が コンクリート住宅で10畳(50mm断熱材あり)、5畳(50mm断熱 材なし)、木造住宅で6畳(50mm断熱材あり)、4畳 (50mm 断熱材なし)。 カラー展開 ホワイトシルバー、アイアンブルー、ブラックニッケル 機能ピックアップ ダイソンHP04の場合は、複数の機能が組み合わさった家電になっています。 ここでは1つずつ機能について見ていきたいと思います。 ダイソンの扇風機の特徴でもあるのが、この羽の無い外観ですよね。 前面に小さなスリットのような細長い穴が空いており、そこから圧力をかけた空気押し出し、周りの空気を巻き込むことにより従来よりも強い風を出すことが出来るのだそうです。 また空気清浄機として使う分には、更に弱くても大丈夫ですので、普通に使用している感じでは、動いてるのにも気付かないぐらい静かです。 空気清浄の機構は、本体下部全面から空気を吸い上げて、本体上部に空気を流しています。 またフィルターユニット交換の目安は、1日12時間使用の場合、約1年となります。 実際の使用では昼間家にいることがない場合であれば、もっと使用時間は減ることになるので、使用形態によって交換時期は変わってきます。 またフィルターの内部については、掃除機等で触ってはいけないので、注意してください。 フィルター内部を掃除機などで破いたりしてしまうとフィルター性能が一気に落ちてしまうためです。 掃除機でフィルターを吸いたい時には、外側から掃除するだけにしておきましょう。 ファンヒーター:電気代が高いのでサブ機扱い HPシリーズは、唯一のファンヒーターのついたモデルになります。 扇風機で使っていた空気孔から、内部ヒーターで暖められた風が出てくるのですが、エアコンのものと比べるとやはり少しパワーは弱く、かつ電気代がエアコンのものよりは高くなってしまいます。 暖房使用時の最大消費電力は、1400Wにもなっているので、1時間あたりの電気代はおおよそ20-30円になっています。 因みにこの値段は温度によってはそこまで大きくは変わらないそうです。 ヒーターを使うというだけで一気に値段が上がります。 そのため、ダイソンのファンヒーターについては、例えばパソコンデスクやソファ付近など、一部の場所に限定して使用するようにした方が良いですね。 また小さな子供がいる家庭の場合は、ファンヒーター使用時には空気孔部が比較的高温になるので、子供が簡単に触らないように設置するなど注意する必要があります。 インフォメーション機能:常時部屋の状態が確認できる 第4世代から搭載されてきたインフォメーション機能は、以下の情報が取得・前面ディスプレイに表示することができます。 空気質• PM2. PM10• VOC(揮発性有機化合物 )• NO2(二酸化窒素)• フィルターの交換状況 またこれらの情報は、ダイソンアプリにも表示することが出来るので、スマホ上で部屋の情報を確認することもできますね。 従来のシリーズでは本体ディスプレイが無かったので、全てスマホで確認する必要がありましたが、スマホがなくとも気軽に情報を表示することが出来るというのは、意外と便利だと思っています。 因みに我が家の場合はちょうどお店で無料で一つ付けてくれるサービスをやっていたので、とりあえず数年間は手持ちのフィルターでやり過ごすつもりです。 ファンヒーターの電気代は高いので、あくまでもサブ機として 1台3役もしてくれるHP04ですが、ファンヒーターに関しては、あくまでもスポットでの使用に留めておいた方が良いです。 エアコンよりも性能として弱い(範囲が狭い)上に、電気代はエアコンよりもかかるので、暖房のメイン機として使用すると電気代が凄いことになるので気をつけてください。 スマートホームとの接続方法 そしてこのサイトでのメインの目的は、やはりここですよね。 スマートホーム化出来るかどうか。 結論から言えば、出来ます。 出来なきゃ、私買っていません笑 但し、homebridgeというハック方法を使う必要があります。 Homekitとの接続はHomebridgeを使う ダイソンはこの空気清浄機シリーズも掃除機も含めて残念ながらスマートホーム(スマートスピーカー)に対応していません。 しかし今回のハック方法であれば、Apple homekitでの操作は可能になっています。

次の