カスタム強化 素材。 【MHWアイスボーン】パーツ強化丨必要素材【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWアイスボーン】パーツ強化丨必要素材【モンハンワールド】|ゲームエイト

カスタム強化 素材

もくじ• アイスボーンのカスタム強化の解禁条件 アイスボーンでは、 マスターランク装備の最終派生武器や防具のカスタム強化が可能です。 アイスボーンのカスタム強化が解禁されるのは、クリア後に「導きの地」の探索を終え、MRの上限を解放した後。 加工屋で「カスタム強化」を選べば、新たなカスタム強化ができるようになります。 アイスボーンのカスタム強化の仕様 武器のカスタム強化の仕様 カスタム枠 アイスボーンでは、 マスターランクの最終派生武器に「カスタム枠」が追加されます。 カスタム枠は武器のレア度によって異なりますが、増設によって枠を2個追加できます。 【レア度別の初期枠】• レア10……5個• レア11……4個• レア12……3個 カスタム枠に収まる範囲のコストで、カスタム強化を行う事が可能です。 適当に強化を行ってしまうと、素材もカスタム枠も勿体ないので注意です。 カスタム強化のコスト カスタム強化には、 それぞれの強化にコストが設定されており、カスタム枠に収まる範囲で強化が可能です。 例えば、カスタム枠が5個だと「コスト3攻撃力強化+コスト2会心率強化」が付けられます。 カスタム強化の種類は以下の通りです。 カスタム 効果 コスト 攻撃力強化 おすすめ 装備の攻撃力が少し上昇する 3 会心率強化 おすすめ 装備の会心率が少し上昇する 2 防御力強化 防御力が少し上昇し、まれにダメージ軽減効果が発生する 1 スロット強化 レベル1のスロット追加 3 回復能力付与 最優先 敵に与えたダメージに応じて体力がわずかに回復する 3 属性・状態異常強化 属性 弾 、状態異常 弾 の威力が少し上昇する 1 パーツ強化 カスタム枠の強化の他に、 各武器に1つだけパーツ強化が可能です。 パーツ強化は武器の見た目を変え、性能を僅かに強化することができます。 掻鳥パーツ……会心率が僅かに上昇する• 毒妖鳥パーツ……装備に防御力を付与する• 飛雷竜パーツ……属性、状態異常値が僅かに上昇する• 猛牛竜パーツ……攻撃力が僅かに上昇する パーツによっては見た目がダサくなるため、強化の際は注意しよう! カスタム強化に必要な素材 マスターランク装備のカスタム強化には、 導きの地でしか入手できない素材が必要です。 鉱脈LVを上げないと採掘できない素材もありますので、導きの地の探索をこまめにやっておく必要もありますね。 素材の入手は簡単ではないので、カスタム強化を行うのは頻繁に使う武器だけにしましょう。 防具のカスタム強化の仕様 マスターランク防具のカスタム強化では、 強化レベルの上限解放が行えます。 霊脈玉はマスターランクの歴戦個体の狩猟が必須なので、を上げなくてはなりません。 ピュアクリスタルは、各エリアの鉱脈から採取できますが、効率よく入手する方法もあります。 まとめ カスタム強化を行う事で、より装備の性能を上げることができます。 最優先事項ではないので、導きの地の調査を進めつつ、素材が手に入ったら行って見ましょう!.

次の

【アイスボーン】ストームスリンガーの性能と装備!カスタム強化とムフェトでのポイントも解説【アイスボーン】

カスタム強化 素材

見た事ない素材ばっかじゃんか!! これらの素材は、フリークエスト、調査クエストでは手に入らないのです! ではどこで入手するのか? 導きの地でカスタム強化素材を集める 導きの地でモンスターを狩る 導きの地のモンスターを狩ると、普段見慣れない素材を手に入れることができます。 導きの地のモンスターから手に入る素材は、フリーや調査クエとは別のものです。 これらの素材が、主に武器のカスタム強化素材になります。 また、通常個体と歴戦個体では得られる素材が変わります。 しかし導きの地では、地帯レベルによって出現するモンスターが異なります。 武器のカスタム強化に必要な素材を調べ、その素材を得られるモンスターが出現する地帯レベルにしなくてはいけません。 導きの地で鉱脈、骨塚採取 導きの地では鉱脈と骨塚も、普通のクエストとは別の素材が拾えます。 武器のカスタム強化では、これらの素材も使用するので採取しておきましょう。 導きの地で歴戦モンスターを狩る 防具の限界突破をしようとすると、「霊脈玉」という素材が必要になると思います。 霊脈玉は、導きの地で歴戦モンスターを狩ると手に入れることができます。 歴戦モンスターの危険度によって、得られる霊脈玉の種類が変わります。 具体的には、霊脈玉の欠片なら危険度1、霊脈玉なら危険度2、大霊脈玉なら古龍です。 霊脈玉を入手する際も、お目当てのモンスターが出現する地帯レベルまで上げなくてはいけません。 注意点ですが、同じ名前のモンスターでも、歴戦個体と通常個体では出現する地帯レベルが違います! 例えばラドバルキンの通常個体と歴戦個体が出現する地帯レベルですが、通常個体は瘴気地帯Lv1~3で出現し、歴戦個体は瘴気地帯Lv4~7で出現します。 カスタム強化をするためには、導きの地の地帯レベルを上げなくてはいけない! 素材が欲しいモンスターを出現させるために、地帯ごとのレベルを上げなくていけません。 地帯レベルの上げ方は、その地帯に対応した鉱脈や骨塚の採取、モンスターの痕跡、モンスター狩猟で上がります。 最も上昇率が高いのは、地帯に対応したモンスターを狩ることです。 2~3回程狩ると1レベル上がります。 注意点ですが、地帯レベルを上げると別の地帯レベルが下がります。 よって、地帯レベルを上げる時は、一つに絞って上げることで効率が良くなります。

次の

【MHWアイスボーン】カスタム強化の素材一覧と入手方法

カスタム強化 素材

元から会心率の高い武器やタイムを意識する場合は攻撃力強化も選択肢に入るが、基本的には回復か会心率がおすすめだ。 元から会心率が高い武器には攻撃力強化 タイムアタックやとにかく高火力を出したいなど、回復能力付与が選択肢に入らない場合は攻撃力強化がオススメ。 それまでは利用できないので、ストーリーは素の武器防具性能で戦おう。 ワールドまでのカスタム強化は消える カスタム強化した上位 レア8以下 武器を レア9以上に強化すると、カスタム強化は消えてしまう。 強化するためには仕方ないことだが、マスターランク序盤のうちは注意しよう。 龍脈石は必要ない ワールドのカスタム強化には龍脈石が必要だったが、マスターランクでは使わない。 龍脈石の代わりに 導きの地素材を求められるようになる。 導きの地でモンスターを狩ったり、採取にいそしもう。 武器のカスタム強化の仕様 武器カスタムの仕様まとめ• 武器種ごとでの違いはない• 最終派生武器のみカスタム強化可能• 決められたカスタム枠の中でやりくり• カスタム枠は拡張できる• カスタム強化は巻き戻せる• パーツ強化で見た目と性能を強化 武器種ごとでの違いはない カスタム強化は全武器種が可能かつ、武器種によって強化項目が異なることもない。 属性・状態異常強化に限り僅かな違いがあるが、武器種内での格差はほとんどない。 あえて差を挙げるなら回復能力付与 カスタム強化の「回復能力付与」は、与えたダメージに応じて体力が回復する効果。 このため 一撃が重い武器は回復しやすく、連続攻撃が前提の武器は瞬間的な回復に期待できない。 最終派生武器のみカスタム強化可能 カスタム強化は最終派生武器にしかできず、強化途上の武器は対象外となる。 覚醒武器は入手した時点で最終派生扱いなので、すぐにカスタム強化可能な利点を持つ。 もちろん、生産武器と覚醒武器で強化項目や数値に違いはない。 決められたカスタム枠の中でやりくり マスターランクではそれぞれのカスタム強化にコストが設けられ、武器のカスタム枠に収まる範囲で強化可能。 例えば、カスタム枠が5つある武器には、コスト3の攻撃力強化と、コスト2の会心率強化を組み合わせて強化できる。 カスタム強化の効果 カスタム 効果 攻撃力強化 装備の攻撃力が上昇 会心率強化 装備の会心率が上昇 防御力強化 防御力が上昇し、まれにダメージ軽減 スロット強化 装飾品のスロット追加 回復能力付与 敵に与えたダメージに応じて体力が回復 属性・状態異常強化 属性 弾 、状態異常値 弾 の威力が上昇 カスタム枠は拡張できる 素材と調査ポイントを使うことで、カスタム枠は拡張可能。 一度拡張した枠は巻き戻せず素材も返ってこないので、よく使う武器を優先して枠拡張しよう。 必然的にカスタム強化の伸びしろも優遇されるので、武器種によってはレア12武器をしのぐレア10武器も存在する。 カスタム強化は巻き戻せる 武器のカスタム強化は巻き戻し可能で、 素材も返ってくる。 この性質を利用すれば「双剣を始めてみたいから、片手剣のカスタム強化を戻して素材を回収しよう」といったリサイクルもできる。 パーツ強化で見た目と性能を強化 パーツ強化は、カスタム枠を使わずに武器を強化できる機能。 武器種ごとにパーツ名が微妙に異なるが、効果は同じで見た目も変化する。 ただし、パーツ強化は全ての武器が可能ではない。 パーツ強化の効果 パーツ 効果 攻撃力強化 装備の攻撃力が上昇 会心率強化 装備の会心率が上昇 防御力強化 防御力が上昇し、まれにダメージ軽減 切れ味強化 敵に与えたダメージに応じて体力が回復 属性・状態異常強化 属性 弾 、状態異常値 弾 の威力が上昇 防具のカスタム強化の仕様 防御力の上限を解放できる.

次の