西日本 宝くじ 2324。 初夢宝くじ当選番号|2020年(令和2年) 1月17日(金) 結果

速報!2020年【西日本宝くじ】100円くじ 当選番号一覧〜早見表〜令和2年

西日本 宝くじ 2324

福岡県内に宝くじファンから「玄界灘ゴールデントライアングル」と呼ばれる地域がある。 三角形を形作る北九州と福津、飯塚の3市の販売所で3年連続、年末ジャンボ宝くじの1等前後賞合わせて10億円の当せん者が相次ぐなどしたからだ。 高額当せんが始まったのは三角地帯にある宗像大社(宗像市)の世界文化遺産登録直後から。 宝くじファンは「御利益では」と話し、販売店関係者も「狭い地域で続くのは珍しい」と驚いている。 宝くじ販売店を展開する「エスエヌシー」北九州支店とみずほ銀行によると、宗像大社が世界文化遺産に登録された1カ月後の2017年8月、宗像市でサマージャンボミニの1等1億円が的中。 同年10月には北九州市小倉北区でハロウィンジャンボ1等後賞の1億円が当たった。 ほかにも、同年は宗像市でサマージャンボ1等前後賞(計7億円)、岡垣町ではハロウィンジャンボ1等前後賞(計5億円)が当せんした。 エスエヌシーは、ジャンボで1等が当たる確率は1千万分の1、年末ジャンボは2千万分の1と説明。 みずほ銀行によると、17~19年の3年間で、年末ジャンボの1等と前後賞は、福岡と熊本を除く九州5県はゼロだった。 3日にはジャンボ宝くじとしては今年初めての「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」(1等前後賞計3億円)の販売が始まった。 エスエヌシーの谷垣浩樹北九州支店長は「1等が何年も出ない都道府県がある中、ここまで狭い範囲で相次ぐのは珍しい。 宗像大社の御利益と信じるファンは多く、今年もトライアングルから高額当せん者が出れば」と期待している。 (岩佐遼介).

次の

西日本宝くじ当選番号・発売日

西日本 宝くじ 2324

福岡県内に宝くじファンから「玄界灘ゴールデントライアングル」と呼ばれる地域がある。 三角形を形作る北九州と福津、飯塚の3市の販売所で3年連続、年末ジャンボ宝くじの1等前後賞合わせて10億円の当せん者が相次ぐなどしたからだ。 高額当せんが始まったのは三角地帯にある宗像大社(宗像市)の世界文化遺産登録直後から。 宝くじファンは「御利益では」と話し、販売店関係者も「狭い地域で続くのは珍しい」と驚いている。 宝くじ販売店を展開する「エスエヌシー」北九州支店とみずほ銀行によると、宗像大社が世界文化遺産に登録された1カ月後の2017年8月、宗像市でサマージャンボミニの1等1億円が的中。 同年10月には北九州市小倉北区でハロウィンジャンボ1等後賞の1億円が当たった。 ほかにも、同年は宗像市でサマージャンボ1等前後賞(計7億円)、岡垣町ではハロウィンジャンボ1等前後賞(計5億円)が当せんした。 エスエヌシーは、ジャンボで1等が当たる確率は1千万分の1、年末ジャンボは2千万分の1と説明。 みずほ銀行によると、17~19年の3年間で、年末ジャンボの1等と前後賞は、福岡と熊本を除く九州5県はゼロだった。 3日にはジャンボ宝くじとしては今年初めての「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」(1等前後賞計3億円)の販売が始まった。 エスエヌシーの谷垣浩樹北九州支店長は「1等が何年も出ない都道府県がある中、ここまで狭い範囲で相次ぐのは珍しい。 宗像大社の御利益と信じるファンは多く、今年もトライアングルから高額当せん者が出れば」と期待している。 (岩佐遼介).

次の

宝くじ1等招く“黄金三角形” 世界遺産の御利益?関係者も驚き|【西日本新聞ニュース】

西日本 宝くじ 2324

第2324回 西日本宝くじ 初夢宝くじ 当選番号 番号情報更新されました 【外部リンク】 第2324回 西日本宝くじ 初夢宝くじ の 当選番号が、2020年1月17日 金曜日 に発表されました。 mizuhobank. html? 2448• 217• 126• 120• 118• 102• 153• 118• 119• 123• 148• 213• 232• 176• 4974• 142• 151• 111• 100• 101• 120• 103• 102• 117• 111• 117• 145• 126• 123• 110• 128• 135• 140• 107• 159• 122• 108• 127• 147• 105• 112• 133• 156• 4422• 108• 140• 116• 126• 138• 117• 110• 125• 130• 356• 170• 120• 106• 243• 218• 229• 208• 993• 130• 112• 214• 288•

次の