アジ 酢漬け。 アジ(鯵/鰺)と栄養価・効果効能

アジの酢じめ(しめアジ)のレシピ/作り方:白ごはん.com

アジ 酢漬け

豆アジ(小アジ)の下ごしらえ 今回は頭ごと骨ごと美味しく食べられる南蛮漬けの紹介です。 用意するのは10〜12㎝以下のサイズの豆アジ(小アジ)です。 このサイズであれば、 包丁を使わず手ですべてさばくことができ、揚げる際も短めの時間で頭ごと美味しくカリッと揚がります。 さばき方は慣れれば簡単なのですが、ポイントを抑えたほうがよいのでをぜひチェックしてみてください。 さばいたアジはこのまま素揚げするのですが、私は この状態からアジの身を特に洗わずに素揚げしています。 ただ、内臓が残っていると油はねや揚げ油が汚れる原因にもなるため、 キッチンペーパーでアジの腹の中を1尾ずつふき取る下ごしらえだけは行うとよいです。 アジの南蛮漬けの揚げ方と仕上げ アジを素揚げするための揚げ油を用意します。 この時に注意したいのが、 『アジを入れたら一度箸でさっと混ぜ、あとは終始、蓋をして油はねを防ぐこと』『揚げ油の分量が少ない場合は、2〜3回に分けて揚げること』、この2点です。 揚げる時間の目安は アジを入れてから7〜8分。 途中何度か蓋を開けて、アジを軽く動かすとよいです。 ただ、最後のほうでも油はねの可能性はあるので、蓋は最後までしておいたほうがよいです。 7〜8分でアジの水分も抜け、油の泡も小さくなっているはずです。 そうなれば、南蛮酢に熱いうちに漬け込みます。 アジを南蛮酢にジュッと漬け込んだら、食べるのはどのタイミングでもOKです。 すぐに食卓に出して食べても美味しいし、1日以上漬け込んで南蛮酢とよくなじませても、どちらも美味しいです!• もう少し大きなアジの場合は 豆アジではなく、15㎝くらいの小さめのアジでも作れますが、少しだけ手順が変わります。 まず、下ごしらえではアジが大きくなるとぜいごなどの骨が口に残るようになるので、包丁でぜいごを除く必要があります(以下包丁を使った小アジのさばき方です)。 指を腹に入れて内臓を取り出し、続いてエラぶたを開いてエラを引っ張り出して除きます。 内臓とエラを取り除いたら、ボウルの中でおなかの中をさっと洗います(刺身にするわけではないので、さっと洗う程度でOKです)。 水洗いしたアジは、キッチンペーパーなどを使って、しっかりと水気を取ります。 より油はねもしやすいので、豆アジの作り方と同じようにしっかり蓋で油はねを防ぎながら揚げるようにするとよいです。

次の

アジの南蛮漬けが日持ちする!下処理や冷凍保存など長持ちのポイント

アジ 酢漬け

アジ釣りのピークは、毎年6月〜11月頃。 最盛期には家族連れなどで、堤防からのサビキ釣りを楽しむ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 アジは、釣り初心者でも手軽に釣れる魚で、釣れる時には何十匹と大量に釣れるのが特徴でもあります。 身は赤身でクセもなく、脂ものって、旨味も十分に感じられる魚です。 大分県で水揚げされる「関アジ」は、水産品の高級ブランドとも言われています。 新鮮なものは刺身やたたきで食べることができますが、大量に釣れて持ち帰る場合は、長持ちさせるために下処理や保存方法も考えなくてはなりません。 昔から、干物や塩焼きなどで食べられ、親しまれてきたアジですが、今回は長期保存が可能な、「アジの南蛮漬け」について、ご紹介したいと思います。 スポンサードリンク アジの南蛮漬けの下処理!長持ちさせる為のポイント では早速、アジを南蛮漬けにするために下処理のやり方とポイントについてご紹介します。 まず、アジは軽く洗い、尾の部分にある、硬くギザギザした、「ぜいご」という部分を削ぎ取ります。 ぜいごを取るときは、尾の方から包丁を入れると削ぎ取りやすいです。 次は、エラの取り除き方について、カマの中に親指と人差し指を両側に入れ、エラをつまんで持ち上げ下に引くようにカマも一緒に外します。 そのまま、尾の方へ引っ張り内臓も一緒に取り除きましょう。 もちろん、包丁で内臓を取り除いても同じことですので、やりやすい方で行なってくださいね。 エラと内臓を取り除いたら、さっと水で洗い流します。 ここできれいに取り除けてないと、臭みのもとになったり、傷みが早くなったりしますのでご注意くださいね。 洗った後の水気はキッチンペーパーなどでよく拭き取ってください。 下処理がきっちり出来れば、長持ちさせることができますので、面倒であっても頑張ってやりきってくださいね! アジの南蛮漬けは冷凍できる?長く楽しむ保存方法 アジの南蛮漬けの保存方法としては冷蔵保存と冷凍保存が可能です。 冷蔵保存の場合、作ってそのままであれば、1週間ほどは日持ちしますが、食べ残しなど、箸が直接触れた場合には、目安として3日〜4日ほどの賞味期限になります。 1週間以内に食べきれないという量であれば、調理後、粗熱を取ってから冷凍保存をおすすめします。 冷凍保存のやり方はいたって簡単です。 南蛮漬けのタレごと密閉袋に入れて中の空気を抜き、冷凍するだけです。 冷凍保存であれば、2〜3週間は日持ちしますので、大量にある場合は是非活用してみてください。 まとめ アジという名前の語源は、「味」から付けられたもので、その味の美味しさを褒められ「アジ」と付けられたそうです。 釣れたばかりの新鮮なものならば、刺身やたたきで楽しむこともできますよね。 大量に釣れた場合などは、冷蔵・冷凍をうまく活用しながら、美味しく、できるだけ長く楽しみたいものですよね。 アジはカルパッチョやフライ、塩焼き、など色んな料理に使えます。 南蛮漬けにすれば、長期保存ができる上、豆アジなどの小さめサイズであれば、骨まで十分に食べられます。 カルシウム不足も補え、良いことづくしですよ〜 最近の投稿• 人気記事• 最近のコメント• に 管理人 より• に 管理人 より• に Shin N より• に ささき より• に 管理人 より アーカイブ• カテゴリー•

次の

魚の保存の仕方

アジ 酢漬け

豆アジ(小アジ)の下ごしらえ 今回は頭ごと骨ごと美味しく食べられる南蛮漬けの紹介です。 用意するのは10〜12㎝以下のサイズの豆アジ(小アジ)です。 このサイズであれば、 包丁を使わず手ですべてさばくことができ、揚げる際も短めの時間で頭ごと美味しくカリッと揚がります。 さばき方は慣れれば簡単なのですが、ポイントを抑えたほうがよいのでをぜひチェックしてみてください。 さばいたアジはこのまま素揚げするのですが、私は この状態からアジの身を特に洗わずに素揚げしています。 ただ、内臓が残っていると油はねや揚げ油が汚れる原因にもなるため、 キッチンペーパーでアジの腹の中を1尾ずつふき取る下ごしらえだけは行うとよいです。 アジの南蛮漬けの揚げ方と仕上げ アジを素揚げするための揚げ油を用意します。 この時に注意したいのが、 『アジを入れたら一度箸でさっと混ぜ、あとは終始、蓋をして油はねを防ぐこと』『揚げ油の分量が少ない場合は、2〜3回に分けて揚げること』、この2点です。 揚げる時間の目安は アジを入れてから7〜8分。 途中何度か蓋を開けて、アジを軽く動かすとよいです。 ただ、最後のほうでも油はねの可能性はあるので、蓋は最後までしておいたほうがよいです。 7〜8分でアジの水分も抜け、油の泡も小さくなっているはずです。 そうなれば、南蛮酢に熱いうちに漬け込みます。 アジを南蛮酢にジュッと漬け込んだら、食べるのはどのタイミングでもOKです。 すぐに食卓に出して食べても美味しいし、1日以上漬け込んで南蛮酢とよくなじませても、どちらも美味しいです!• もう少し大きなアジの場合は 豆アジではなく、15㎝くらいの小さめのアジでも作れますが、少しだけ手順が変わります。 まず、下ごしらえではアジが大きくなるとぜいごなどの骨が口に残るようになるので、包丁でぜいごを除く必要があります(以下包丁を使った小アジのさばき方です)。 指を腹に入れて内臓を取り出し、続いてエラぶたを開いてエラを引っ張り出して除きます。 内臓とエラを取り除いたら、ボウルの中でおなかの中をさっと洗います(刺身にするわけではないので、さっと洗う程度でOKです)。 水洗いしたアジは、キッチンペーパーなどを使って、しっかりと水気を取ります。 より油はねもしやすいので、豆アジの作り方と同じようにしっかり蓋で油はねを防ぎながら揚げるようにするとよいです。

次の