北都 銀行 バドミントン 部。 永原和可那

松本麻佑

北都 銀行 バドミントン 部

1971 創部• 1997 日本リーグ2部へ参入• 2004 日本リーグ1部に昇格• 2005 日本リーグ7位(8チーム中)• 2006~2012 日本リーグ7年連続5位• 2007 秋田わか杉国体 男子優勝・女子準優勝• 2007~2009 国体 3年連続準優勝(女子)• 2013 日本リーグ7位• 2014 日本リーグ5位• 2015 日本リーグ4位(初のAクラス)・国体準優勝•

次の

秋田から日本一をめざす北都銀行バドミントン部を応援します!

北都 銀行 バドミントン 部

1971 創部• 1997 日本リーグ2部へ参入• 2004 日本リーグ1部に昇格• 2005 日本リーグ7位(8チーム中)• 2006~2012 日本リーグ7年連続5位• 2007 秋田わか杉国体 男子優勝・女子準優勝• 2007~2009 国体 3年連続準優勝(女子)• 2013 日本リーグ7位• 2014 日本リーグ5位• 2015 日本リーグ4位(初のAクラス)・国体準優勝•

次の

秋田から日本一をめざす北都銀行バドミントン部を応援します!

北都 銀行 バドミントン 部

獲得メダル 女子 金 女子ダブルス 金 女子ダブルス 銀 2019 南寧 混合団体 銀 2019 武漢 女子ダブルス 銅 2014 アロースター 混合団体 銅 2013 コタキナバル 混合団体 銅 2014 台北 混合団体 2019年8月27日現在 永原 和可那(ながはら わかな、 - )は、日本の女子選手である。 所属は()。 人物 [ ] 出身。 、 を経てに進む。 小学校からバドミントンを始め、2007年の第15回()5年の部女子ダブルスに出場経験があり、その時は1回戦敗退であった。 時代は、2010年の全国中学生バドミントン選手権大会女子シングルスに出場し、3回戦敗退の記録が残っている。 高等学校卒業後、へ就職して同社人事部に勤務する傍ら、バドミントン部に所属。 北都銀行入り後は同じ学年のとペアを組むようになり、2016年に日本B代表に選出された ことで国際試合にも出るようになる。 2017年ので準決勝へ進み3位に入賞した。 これが評価されて2018年度バドミントン日本代表(A代表)に昇格となった。 2018年になるとで3位に入賞すると 、(・)では当初出場メンバーに入っていなかったが、他国選手の出場辞退に伴い繰り上がりで出場が決まる。 2019年には4月のに出場し、27日の決勝で敗れたものの準優勝。 30日付の世界ランキングでは初の1位となった。 5月18日には8月の(・)の代表に選出された。 5月19日から26日まで開催されたでは、決勝に進んだが中国に敗れ、準優勝に終わった。 8月の世界バドミントン選手権大会(スイス・バーゼル)では、順当に勝ち進み、25日の決勝では福島由紀&廣田彩花組と2年連続の顔合わせとなった。 決勝ではセットカウント2-1の接戦を制し、連覇を飾った。 日本勢の2連覇は全種目を通じて初めてとなる。 9月、松本とともに道民栄誉賞を受賞。 11月25日から開催されたでは、12月1日の決勝で同大会3連覇を狙う福島由紀&廣田彩花組と対戦、セットカウント2-1の接戦を制し同大会初優勝を飾った。 脚注 [ ]• 2018年9月13日• 芽室町広報誌『スマイル』 平成17年3月号• 第15回全国小学生バドミントン選手権大会• 福島県富岡町立富岡第一中学校バドミントン部• 日本バドミントン協会• 日本バドミントン協会• 日本バドミントン協会• Badminton World Federation• 秋田魁新報 2018年5月28日• 秋田魁新報 2018年8月5日• 秋田魁新報 2019年4月28日• 時事通信 2019年4月30日• 秋田魁新報 2019年4月28日• スポーツニッポン 2019年5月27日• (バドミントンスピリット) 2019年5月28日• 2019年9月12日• 2019年12月1日• 2019年12月1日 外部リンク [ ]•

次の