イナゴ 意味。 バッタが持つ、スピリチュアル的な意味合い

よく映画などで、イナゴの大群とか聞くのですが、実際にイナゴの大群ってある...

イナゴ 意味

ネットイナゴとは、に殺到するの集団をすである。 発祥は。 「にはももない。 あるのはただのみだ」 (07年夕刊ム「ング」より) 概要 な元は、、、の系、個人など。 関連がにされることもある。 と聞きつけるや喜々として失態・失言を個人や、イトのなどに殺到、を形成してさせる。 で言えば、からに飛び込む野次層に該当するだろう。 「」というが一般でも扱われて流行と化す中から生して生まれた言い回し。 で提唱され、が数回取り上げたことで広まり、定着した。 特にやら、燃料発言の多い有名ブロガーが好んで使用する。 命名の由来は、間的にに殺到し焼き尽くす様子があたかもの農作物を時に食らい尽くすの蝗を彷彿させることから。 ただし、蝗をもたらすのは正確にはではなく近縁種のやトノサマなどであるため、「ネットイナゴ」という言葉はに対する誤ったの下に成立している。 傾向と対策 基本的には「それらしい大義をもって集団で何かを攻撃できればなんでも良い」という多数の集団である。 「」「」のように、自らの行動が正しく、その明としての活動を行っているわけでもなく、「自分たちが正しい」「悪を正すために行動している」といった意味も的もなく発生し、損を生じさせ、消滅する。 多くは本気で怒っているわけでもなければですらないが、奮・高揚しており、そこにはのかけらもない。 単に丸ごとの塊としか扱いようがないし、銭的な利益を的とした行動ではないため、「利益がいから中断する」という止めが存在せず一度ネットイナゴにを付けられると回避は非常に困難である。 ほぼすべてのにおいて、欄は「謝罪せよ」などので埋め尽くされ、偽問わずに住所や氏名などの個人ののやなどが展開し「を終わらせる」方向のみにする。 対処法は全面降伏・全面謝罪や欄の、の登録制への移行などしかないが、それも一手誤れば、者側の等にを掲載しているだけの関係のが対となったり、個人においても友人、知人に攻撃が向かうなど人質を取るような方向にが飛び火することもある。 を・業に、最終的にそれをする記事に集まり最終的に全てのを他者に転した後ネットイナゴは移動する。 ネットイナゴの行動原理は、群集心理の基本である「 信号、みんなで渡れば怖くない」が根底にある。 つまり 「自分は他者から見えない」「見えないがいっぱいいる」「安全である」ことが条件にして絶対条件であるため、燃料供給を絶たれて人が減少すると次なるをめてたちは散する。 損の発生・終了も「ネットイナゴ」という名称からも解るようにの自室のでのわずか数の行動が「ネットイナゴの発生」に至るため、極めて気軽である。 「餌を食らう ・でをする等 」と行動をする的もないか、あったとしても「してムシャクシャしていた」「芸人のだからやった」などで、その行動により最終的にどのような効果が発生するかは考慮されない。 また、ネットイナゴ自身も明確な自身の規模や程度をしていないため、予見可性のない事態に発展することもある 関係者による未遂等。 極端な例では身元をされたネットイナゴの一部が等に謝罪したその数時間後にはのを再開していたという例のように、者の事情どころか自らの周囲の事情さえ考慮できないという「強度の性」があるともいわれており、ネットイナゴと呼ばれるような活動を行っていることも気づかず「」「悪いのは何度もを行っていた他の者で、自分ではない」など自己のみの正当性をする。 撤退の見極めがつかずにを続けると、 のようににされることもある。 この事件は最終的に者が泣き寝入りをせずをすることを決意したもので、ネットイナゴを構成していた者の氏名や住所等のをを受けつつも調を行い、が数名を書類送検するというにより大きな問題に拡大させることにより、最終的にがネットイナゴに対し一斉検挙の方針を見せることにまで成功したである。 は群れてこそ初めて恐ろしいのであって、1匹ずつはではなく単なるである。 「者が有であること」であることもとなってしまった原因の一つであると共に、反撃の際の起爆剤となる「問題化」の際私人より有利 会社人やに対してが行われていることより、芸人であることでも積極的に採り上げる ではあるが、 事件のであると名しされるという個々の行為の悪質さ、姿が見えない加者の不さは脅威でしかなく、勝算の程度と勝つまでにどれだけの損を追い続けるか、勝つことでどれだけのをできるかを考えればネットイナゴへの反撃を決断することはネットイナゴ個々が想像もできないほどの決意が必要であろう 、想像ができないために反撃を受け、され、がされた。 を・業またはの死等でネットイナゴは移動するが、に挙げられる側からすればのの所存が1匹1匹に分散しており、かつ、それを暗黙の理解として存在する 最終的に自分一匹が発生した損を弁済する可性は少ない。 仮に個々を対とし賠償の請等をめたとしてもを回復することはできず極めて甚大なを被り、終了する。 最大の問題点 まずネットイナゴのとは、数千人、数万人のたちが、発見したに、各々のの不満や憤を押し付けることである。 押し付けられた側がしようが、しようが、ネットイナゴは関係がないと自己弁護に終始する。 そして、「自分のでなどするはずがない」といった根拠のい思い込み 自分がを負うはずがないという願望 を持っている。 なお、ネットイナゴと違い本気で相手を追い込むことを的としている者 に常駐しているである はネットイナゴとはに異なる。 の旗印さえあれば的を餌とする価値がなくなる 飽きる まで、また、「の旗印」がなくとも大勢により行われている行動 の・の等 を、「大勢が 群れが 行っているから」という理由のみでをさせるネットイナゴの行動の最悪の問題は、 一人として的な利益を得ることもなく、意味も的もなく突如に損だけが生じる(にもかかわらず、ネットイナゴたちは 「自分たちがそれをやらないとの不や悪をすることが出来ない」と本気で思っている)という点であり、 の負の部分の徴とも言えるだろう。 悪意なき祭り やにありがちだが、攻撃意図すらまったくなく、単になんらかのきっかけで「と聞いて」「駆けつけ」「聞いてきました」 「だワッショイ」といった でをに追いやるもままある。 冒頭の記事のとおり、にはももなく、単にのみで動く。 そしてとなった側てみれば、にがあろうがなかろうが結局食い荒らされ泣きを見ることに違いはない。 的なを収めたはネットイナゴの法的追及の可性を示した重要なであるが、当該事件の実行者は年齢等により最終的に事件としては不起訴とされ、民事での勝算をもめた場合有利に展開させるまでには至っていないようである。 民事訴訟を提起した場合ネットイナゴが社内のから活動を行った場合はへの個別の請が必要とされ、反訴の可性もあり、最終判決までに必要な訴訟費用・期間は大で、では民事の展開を断念したとされる。 諦めたら? ネットイナゴ談• 関連動画 関連項目• 関連ネタ•

次の

イナゴとは (イナゴとは) [単語記事]

イナゴ 意味

イナゴ(サバクトビバッタ)の大群がアフリカ大陸からインドを通過し現在は中国に来襲しています。 その数は4000億とも言われており、大群は幅40km、長さ60km、重量80万トンと過去最悪の規模で世界各地の農作物を食い荒らしながら移動しています。 特に中国は新型肺炎のコロナウイルスで混乱しており、泣きっ面に蜂状態となっています。 中には日本にもやってくるのではと心配している方もいました。 以下動画と飛んでいる巨大イナゴの画像も含まれますので、苦手な方閲覧注意です。 アフリカではヘリコプターからの消毒液を巻いていましたが焼石に水状態でした。 イナゴの大群は東アフリカで発生、ソマリア、エチオピア、ケニア、南スーダン、ウガンダ、中国、インドが主な被害地となっています。 コロナウイルスとのダブルパンチで流通不全と食糧危機も危惧されています。 日本には多分来ない アフリカから欧州ではなくインドから中国に向かったのは偏西風によりでしょうか。 偏西風は日本にも向かっていますが、日本海があるので恐らく日本までは来ないはずです。 (アフリカ大陸からサウジアラビアに移動した際紅海を越えているようなので、サバクトビバッタの飛行能力があれば物理的には日本への来襲は可能ではあるようです。 ) ただし土の中に卵を産む性質があるので、土ごと人の手によって移動すれば、ヒアリのように今後日本で定着し大量発生しないとも言い切れないです。 虫が苦手な私としては何としてもこのイナゴの大群だけは阻止してもらいたいです。 先週「アフリカでイナゴが大発生!」 今朝「イナゴがインドに到達!」 夕方「イナゴが中国で大暴れ!」 無茶苦茶やね。 カラコルム越えられる訳ないね。 — 皿屋敷 sarayashiki ちなみに寿命も1か月から長くても3か月とかなり短いとのこと。 ネットの反応まとめ まずくて食べられないそうです。 しかし硬くて食べられなかった。 大量発生し群体になると、特殊なホルモンにより茶色の硬いイナゴへと変わる。 翅を硬く強固にし、長距離の飛行を可能にし、多くの個体に餌を確保させるための変化です — Herp-about. これを相変化と呼ぶ。 数が減ると、元の緑に戻るんだとか、日本でバッタと言われているのはイナゴの一種で、こういう変化は起こさない。 バッタとイナゴの違いは相変化するかしないか。 とんだ風評被害だなあ」と思っているのだ。

次の

イナゴ

イナゴ 意味

「短期間で大量の売買を行う投資家」のことを、秋になると一斉に繁殖して、大群で飛んできて、稲穂に群がり、食い尽くして飛び去る「イナゴ」にたとえて、「イナゴ投資家(略してイナゴ)」と呼んでいます。 ある特定の銘柄について、SNSなどで情報を知った個人投資家たちが、その情報を材料として、一斉にその銘柄を取引することにより、特定の銘柄の価格が、急騰・急落を引き起こすことがあります。 このような個人投資家たちの、突然、現れて利食いをした後は、すぐ別の銘柄に当たるという投資行動を、「秋になると一斉に繁殖し大群で飛んできて、稲穂に群がり食い尽くし飛び去るイナゴ」に例えて、投資関係者やツイッターなどのSNSでは、「 イナゴ投資家」や「 イナゴトレーダー」などと呼ばれます。 最近では、省略して、単に「 イナゴ」と呼んでいることが多いです。 イナゴタワー 「イナゴ」による取引によって、その銘柄にとって、好材料なら価格が暴騰した後に、一転して急落するというような値動きをします。 この一連の値動きをチャートにした時に、暴騰と急落の動きがタワーのような形をしていることから、「イナゴ」がつくるタワーということで「 イナゴタワー」と呼ばれています。 「イナゴタワー」が形成されると、結果的に暴騰前の価格を割り込む水準まで価格が暴落し、しかも暴落した価格が、暴騰前の水準まで戻るのにも、かなりの時間がかかるということも、少なくありません。 イナゴの種類 「イナゴタワー」を形成する「イナゴ」にも、いくつかの種類があるとされています。 今回は、9種類の「イナゴ」を紹介します。 これは、読むだけでも、かなり面白いです。 高速イナゴ やばい!乗り遅れる!! と思い、飛びついてしまいます。 そして、飛びついたあなたが、まさにイナゴのひとりというわけです。 その「イナゴタワー」が、さらに上に伸びているときは、問題ありません。 しかし、「 イナゴには、一斉に集まり、一斉に去っていく」という性質があります。 その「イナゴ」たちが、去っていく瞬間に気が付かないと、 チャートの中にとり残されてしまい、大きな損失を被ることがあります。 これを、 「 イナゴ焼き」 といっています。 「イナゴ焼き」とは、一般的な投資用語でいえば「 高値掴み」のことですね。 まさに、「 買った瞬間に値下がりする」という、誰もが経験したことのある、あの恐ろしい現象です。 上がっていくチャートをみて、焦って「イナゴ」となって飛びいた瞬間に、「イナゴ」の大群が去ってしまい、自分だけ取り残される。 (あ〜なんて恐ろしい…) こうなると、早めに「 損切り」するか、相場が戻るまで「 ガチホ(塩漬け)」するかしかなくなります。 「イナゴタワー」にとり残されると、「平均購入価格を下げているんだ!」という、都合のいい言い訳をしながら、「 ナンピン買い」を繰り返したくなります。 結果的に、相場が戻ればいいのですが、もしも、戻らなかったら悲惨としか言いようがありません。 「イナゴ」が襲来した後には、少なからず「イナゴ焼き」も発生しますので、初心者の人は、くれぐれも安易に「イナゴタワー」に飛びつかないようにしたいものですが、それができれば苦労はありませんね。 しかし、何事も経験です。 いちど「イナゴタワー」に飛び込んでみれば、次からは、多少、冷静に判断できるようになるでしょう。 また、再起不能にならないために、 勇気ある撤退(損切り)も必要です。 投資において、「損切り」は、かなり重要な要素です。 イナゴタワーの形成と違法性 最後に、イナゴタワーを形成させようと、ツイッターなどのSNSに投稿する行為の違法性について、触れておきます。 これについては、ある弁護士は、 リツイートであっても、広めた後に自分がもうかる取引をすると、抵触する可能性はある との指摘もあります。 インターネットが普及する以前は、仕手筋と呼ばれる集団が、セミナーや電話などを通じて時間をかけて株価などを動かそうとしていましたたが、現在ではこれと同様の行動を、ツイッターなどを用いて「 個人が罪の意識もなく平然と行っている」との指摘もあります。 おわりに 投資を始めると、「 いつも自分が買うと値下がりする!」という経験を、誰もがしたことがあると思います。 私も、「 思ったことと、反対の注文を入れた方がいいのではないか?」と、いつも思ってました。 そんな私は、「下級イナゴ」といったところでしょうか(笑) しかし、レバレッジをかけずに、現物を買い、コツコツと「ナンピン買い」を続けた結果、含み損も減少に転じ始めましたので、ここからが楽しみです。 まったくリスクを取らなければ、損をすることはないかもしれませんが、当然、利益を享受することもできません。 ただ、 自分は、どの「イナゴ」になる傾向が強いのかということを、いちど冷静に見つめてみることも、必要かもしれません。 今回も、ご覧いただき、ありがとうございました。

次の