フリーター 借金 200万。 100万円から200万円を借りたい方必見。

借金200万円の総額返済はいくらになる?毎月返済金シミュレーションとお金を作る方法も紹介

フリーター 借金 200万

コンピュータースキル、英語スキルと並んで 我々社会人に求めれらるもう一つのスキル としてお金のスキルがあります。 管理人は若い頃お金のスキルが あまりにもなかったために 20代後半の時に自動車のために 500万近い借金を作り、 完済した36歳まで非常に辛い日々を過ごした 経験があります。 そこから身をもってお金についての 大切な教訓を学ぶことができました。 とは言っても、 車のために多額の借金する行為は 決して褒められたものではありません。 よく「成功者が、昔は俺はワルだった」的な ノリで過去の武勇伝を語るようなつもりなど 毛頭ありません。 私のこの経験が、いま借金で苦しんでいる 人の励みに少しでもなれば嬉しいという 純粋な気持ちから、 今回は管理人の過去について記事を 書いてみたいと思います。 借金を完済するまでの経験で私が学んだ人生で最も重要な3つのこと 私が借金を完済するまでの経験で 学んだことはこの3つです。 お金だけは「何とかなる」が通用しない 返済は1日たりとも待ってくれません。 当たり前ですが、借金地獄にハマっていた 頃の管理人はこの事をまるで理解 していませんでした。 お金だけは「何とかなる」が通用しません。 収入が増える予定がないのに 返済は「何とかなる」 と考えるのは間違っています。 身の丈を知る(見栄をはらない) ブランド品や身分不相応な品物の購入は 借金地獄への入り口です。 一つブランド品を買うと それに合う別のブランド品が欲しくなり 借金の連鎖が止まらなくなります。 目が肥えてしまえば もとの質素な生活には戻れなくなるため 要注意です。 投資と浪費の違いを知る お金を遣うときにこれは 投資なのか浪費なのか考えると良いと よく言われています。 浪費だと思うなら お金を貯めてから買うか、 借金をしてまで購入することは避ける べきです。 大抵個々の認識を誤ることが 原因で人は借金地獄にハマっていきます。 どうしても欲しいものがあった場合 このようにイメージしてみてください。 一度その場を立ち去り、 そしてその商品をすでに手にした自分を イメージしてみます。 そこへ、あなたが持っているその品を 倍の値段で購入したいという人が現れます。 その商品を2倍の金額で売ってもいいと 思いますか? それともたとえ2倍の金額であっても 売りたくないと思いますか? もし前者なら、その買い物は浪費の可能性が 高いかもしれません。 以上3つが、 私が借金完済の経験から学んだ重要な事柄です。 借金を完済した時の気持ちと、完済から10年経って今感じること 500万あった借金を36歳の夏に返済しました。 ATMに最後の返済を振込んだあと 家路につく途中の高揚感は今でもハッキリと 覚えています。 家に帰って風呂に入り、それまで 禁酒をしていましたが、 缶ビールを飲んで一人で祝杯を上げました。 あれから10年経って今思うことは、 「あの時の生活にはもう戻りたくない」 ということです。 お金がない状態が嫌なのではなく お金に振り回される人生が 嫌なのです。 なので、借金返済後にまず 二度と同じ過ちを繰り返すまいと言う気持ちで お金のリテラシーについて勉強をはじめました。 FPにも年間契約をして コンサルをしてもらい家計改善にも 努めました。 貯金・節約だけではなく投資についても 勉強しました。 今思うと借金地獄という経験は 私の性格を180度変えてしまうほどの インパクトがありましたが、 今となっては その後の私のお金人生において 強力な手綱となってくれている 頼もしい相棒のような存在です。 【余談】 管理人はこちらの2冊の漫画がとても 好きです。 まとめ 管理人は20代の頃、 車でサーキットを走るのが 好きでした。 そして少しでも上位に 入りたくて自分の車をチューニング しまくっていました。 給料が入ればチューニングのために お金をどんどん使っていました。 そしてお金が足りなくなれば クレジットカードやローンを使ってでも チューニングパーツを買っていました。 気がつけば借金は500万にまで 膨れ上がっていました。 借金だけで毎月10万近く返済をして いましたが、 運悪く2008年にリーマン・ショックが 到来し、アルバイトで生計を立てている フリーターだった管理人はクビになり職を 失いました。 返済に困窮した管理人は 半年悩んだ末に手塩にかけて作ってきた 車を売ることに決めました。 借金返済に少しでも足しになればと思い 車を手放したのですが、 査定額を聞いて驚きました。 買い取り価格はたったの50万円でした。 当時、借金は200万まで減っていましたが 車は失い借金だけが150万残ることに なってしまいました。 そこからは借金返済のために どんな仕事でもやりました。 遊園地のバイトやブラック企業で飛び込み 営業、山小屋でバイトと高額な収入が見込める 仕事を次々にこなし、半年後の36歳の夏に 全ての借金を完済しました。 どんなに長い道のりに思えても借金は 返し続けていけば終わりはいつか見えてくる ということも学びました。 管理人は借金返済後に上京し IT業界に就職しました。 そして今では外資系ベンダーの 日本法人で代表を勤めています。 このブログの読者の中にも 昔の管理人のようにお金や仕事の悩みを 抱えている方がおられるかもしれません。 もし良かったら皆さんの悩みや相談を このブログにコメントしてみてください。 可能な限りお答えしたいと思っています。 今回も最後まで読んでいただき 本当にありがとうございました。

次の

フリーターで借金70万円…任意整理で借金の返済生活から脱出

フリーター 借金 200万

借金100万円を早く返す方法【20万円返済で後は楽にできる】• 20万円返済が通過点• 返済は習慣を変えること• 20万円返済で自信をつける• 返済がうまくいかない時は今の状況を見直すとき 借金を早く返すにはまずは20万円を目指す理由 100万円の借金があったら、いきなり100万円を目指すのではなくて、まずは20万円からスタートします。 理由は、100万円までの距離が遠いからです。 20万円返済できたら、次は50万円と貯金する感覚でちょっとずつハードルを上げていきます。 借金を早く返す習慣は作れる 20万円の借金をまずはクリアできれた、返済の習慣は身に付いていることになります。 そして、そこからの返済はますます加速します。 というのも、 手数料が段々減っていくので、毎月同じ金額を払っていても、元金がどんどん減り、借金返済のスピードが上がっていくからです。 どんどん返済のスピードが上がってゴールもどんどん近づく感覚がわかるので、やる気も出てきます。 借金を早く返すことで自信もついてくる 20万円、50万円とクリアしていくと、 自信も一緒に回復していきます。 たとえ借金完済ができていなくても、【ここまでやってきた】という事実があるからです。 そして、だんだん体が軽くなり、余裕も出てくるので返せば返すほど楽になっていきます。 やみくもに借金返済していると上手くいかない 借金返済方法を見て、「さぁ返すぞ!!」と、お金をとにかく使わない生活を始めるものの、続かない・・という場合があるかもしれません。 いつの間にか、いつも通りの生活に戻っているという場合は、 今の状況を一旦見直す時です。 まずは、家計簿をつけて何にお金を使っているか?また、返済シュミレーションをして、どのくらいで返せるか?というのを実際に見て、そこからどうするかを考えていきましょう。 返済がうまくいかないのを例えると、「英語を勉強する!」と言って、単語帳をとりあえず買うけど、なかなか覚えてない現実を目の当たりにし、「なんで勉強しているんだっけ?」という状態に陥ってやめてしまう。 といった状態です。 諦めてしまっては返済もできないので、まずは 今の状況を一旦振り返るのがおすすめです。 参考 借金を早く返すには目標金額を設定しよう:まとめ 今回の記事内容をまとめると、• 100万円の借金返済を早めるにはまず20万円を目標にする• 20万円を返済できればどんどん返すのが早くなる• 返済すれば自信にもつながり、余裕も生まれる• 返済がうまくいかない時はやみくもにやっている可能性がある。 今の状況を把握すると返済がスムーズにいくようになる ということになります。 借金を早く返そうと気持ちだけが焦り、なかなか減らない現実にストレスが溜まって、また借金を重ねる可能性もあります。 まずは、20万円を返済することを目指してみてほしいと思います。

次の

フリーターが競艇中毒になって借金100万円!僕が借金地獄にハマった経緯と解決法を紹介する

フリーター 借金 200万

たいした収入もないのにギャンブルやキャバクラ遊びで多額の借金 車のローン、それにパチンコ、キャバクラと自由きままに遊んで暮らしていた20代のころ。 当然だけど、フリーターでの収入では足りず、ちょこちょこと消費者金融から借りていた。 始めは1社、支払いができなくなると別の会社から借りて返済に充てるということをやっていた。 そんなことをしているうちに、2社から3社、4社と借入先は徐々に増えていき、ついには7社から借り入れしている状態に・・・。 借金総額は400万円。 収入は手取り15万円。 あっという間に、借金は膨れ上がっていった。 さすがにここまでくると心底ヤバイと感じるようになった。 債権者からの取り立ての電話も毎日のようにかかってくるという状態だった。 「自分がいけないんだ」ということはよくわかっている。 でも、電話の取り立てはもう勘弁してほしかった。 おかしくなりそうだった! それでも、「返さなきゃいけない」という気持ちははあったので、債権者にもちゃんと返す旨を伝えていた。 うまくいかない返済生活〜意地でも返済してやると意気込んだものの・・・ とにかく働かなきゃいけないと思い、深夜バイトを入れた。 自炊して節約して、もちろんギャンブルやキャバクラもやめた。 深夜バイトを始めてからは、収入も22万円になった。 そのうちの月15万円くらいを返済に回すことができた。 この生活を3年続ければどうにか返済できると思った。 しかし、そんな計画通りにはいかなかった。 体力的に無理をしていたので風邪をこじらせてしまい、1週間ほど入院することになってしまった・・・。 約半年間、必死になって働いてきたけど無理があったらしい。 入院中にも返済日はいつも通りに訪れた。 携帯の着信を見ると債権者からの着信でいっぱいになっていた。 心を入れ替えて頑張ったものの、体が弱っていたせいか先が見えなくなってしまった。 それに、借金の額が大きい分、利息もバカにならなかった。 その為、借金が思ったより減っていなかったのだ。 終わりが見えず完全に心が折れた・・・。 退院後、すぐにバイトを再開したが、取り立ての電話はひたすら鳴り続けていた。 「返せてたらとっくに返してるわ!」なんて、逆ギレしたこともあった。 けど叫んだからと言って借金は減ることはない。 再度、借り入れをしてしまった。 やはり自分ではどうにもならないと思い、どん底まで落ちた気分になった。 自己破産や任意整理という解決方法がある! 退院して間もない頃、様子のおかしい俺に気づいたバイトの先輩が声をかけてくれた。 「お金に困ってるのか?」 「・・・はい」 「何に使ったんだ?」 「パチンコとキャバクラ、車です」 「いくらあるんだ?」 「350万くらい」 「そんなにか。 お前の給料じゃ返せそうにねぇな」 「ですね。 」 「俺も貸してあげたいが、お前と稼ぎ変わんないし、生活があるから無理だしな」 「分かってます。 自分でどうにかします。 大丈夫です」 「どうにかするって、どうにもなんないだろ?」 「そうですよね・・・」 「 自己破産したら?」 「!」 「確かギャンブルの借金は無理だったかな・・・」 「嫌ですよ!自己破産なんて」 「じゃ、どうすんだよ?」 「分かりません。 親にも頼めないし・・・」 「 知り合いも借金で困っていて、弁護士に相談して債務整理とかいうのをやった。 お前も弁護士に相談してみたら?」 「いや、俺は大丈夫です!自己破産したくないし」 「とりあえず、このままでいるよりは聞くだけでも聞いてみたら?」 市の法律相談へ 俺はそれからしばらくして市の法律相談に行ってみた。 自分の状況を話して自己破産できるかどうかを聞いた。 しかし、借金した原因が悪かったと気づかされた。 その弁護士いわく、 「借金の理由がギャンブルだと、免責不許可理由になり破産宣告は出ますが免責は許可されない」 と言われた。 免責とか破産宣告とか意味わからないけど、とにかく自己破産できないことは分かった! それに、「どの弁護士に相談しても同じ」、そう言われてかなり凹んだ。 「では、僕はどうしたらいいんですか?」と聞いてみた。 「任意整理だね。 それで返していくしかないね・・・」 「弁護士に依頼すれば取り立ては止まるし、返済期間中の利息もカットできると思うから、弁護士に任意整理を依頼するのが一番だと思いますよ」 ここで時間終了となり、帰宅することになった。 色々と悩んだが、言われた通り任意整理というのを弁護士に依頼するしかないと決心していた。 その日の夜、相談にのってくれた先輩から電話があった。 先輩が聞いた内容とはまったく違う!弁護士によって言う事は違う!? 「弁護士に相談したか?」 「今日行ってきました」 「で?どうだった?」 自分にとって良い弁護士との出会い 市の相談とは違って、事務所に行くのはかなり緊張した。 ただ、 相談料は初回が無料だったのでお金のない俺には助かった。 借金に関する書類をすべて持参して、借金の原因やその後の経過を説明した。 加えて、「自己破産はできない、任意整理で解決するしかない」と市の相談でアドバイスを受けたことも伝えた。 すると! 「いや~この収入で350万の借り入れか・・・。 任意整理では返すの厳しいよね?」 「はい。 でも何年かかってもやるしかないですよね?」 「う~ん。 確かにね、浪費やギャンブルが原因だと自己破産は厳しいという見方をすると思うよ。 でも、君の場合は免責許可の決定を得られるかもしれないな」 「その、免責許可ってなんですか?」 「自己破産を申し立ても裁判所が破産宣告決定というのを出してくれなければ、自己破産することはできません。 その後に免責許可決定が出て初めて免除ということになるんです。 」 「???よくわからないのですが、とにかく、 免責許可決定が認可されればOKということですか?」 「弁護士も免責が許可されると確信した案件でなければ引き受けません。 」 「そうなんですか。 それで俺はどうですかね?」 「必ずしもギャンブルの借金が無理ということではないんで・・・」 「できるんですか?」 「返済期間が半年以上あるし、その間パチンコや浪費はしてなかったんですよね?」 「はい!その間はもう返すので必死でしたんで」 「それならいけると思います。 依頼をうけるということでよろしいですか?」 「お願いします!」 関連ページ まさかの展開だった。 1回目の弁護士にはあっさりと「無理」と言われていたので、ほとんど諦めていた。 でも今回の弁護士に任せたら、どうにかなるんじゃないかと思えた。 俺にはよくわからなかっけど、 浪費やギャンブルで借金しても、全て免責されないとは限らないらしい。 というのも、裁判官が申立者の事情などを考慮して、裁判官の権限でする裁量免責という判断があって、それで免責されるケースはかなりあるとのことだった。 それで、俺の場合にはパチンコやキャバクラが原因で借金していた期間が短いし、最後に借金してから時間もそれなりに経っていて返済もしている期間があるから有利とのこと。 こういった少しでも有利になる事情を陳述書にして提出すれば、可能性はあるというアドバイスを受けたんだよね。 浪費やギャンブルでの借金!破産できないとは限らない 俺が依頼した弁護士は、委任契約をするとその翌日には受任通知というものを債権者に送ってくれた。 すると! あれほどうるさかった取り立てがピタッと止まった! これにはビックリした。 精神的にもすごい楽になって、それだけでも弁護士に依頼した意味はあった!と思えた。 その後、弁護士から用意するように言われた資料など集めてから打ち合わせをすることになった。 相談の時に言っていた陳述書を作成した。 お願いしてから約3か月後、破産の申立をしたとの通知があった。 不安はまだ残っていたけど、あとは任せるしかなかったので待つしかなかった。 因みに、お願いした時点で「借金の返済はしなくていい」と指示があったので、借金の返済はなく平穏な生活を送れていた。 なお、弁護士費用として着手金の支払いはあったが、分割にしてもらい月3万円で無理なく支払えた。 むしろ、今までの借金返済額よりもかなり低い金額だったので、以前よりも余裕があった。 破産の申立から約1か月後 破産開始決定と同時廃止決定がおりたと連絡があり、スムーズに手続きが進んでいるということらしい。 この同時廃止決定というのは、破産者に財産がないかどうか調査されるもので、ない場合には問題なく同時廃止の決定がされるとのこと。 それから約2か月後、免責許可決定が出た。 裁判所が全ての借金(債務)について、支払義務を免除するよ!という判断をしたという意味だった。 しかし! この時点ではまだ安心できなかった。 この決定から2週間以内に「俺が免責されることに不服がある債権者がいれば、裁判所は再審理することになる」からだった。 だから、「免責許可決定がおりても確定するまでの2週間は油断できない」って弁護士にも言われていた。 2週間後、 俺の手元には「免責許可確定証明」という書類が弁護士から届いた。 つまり、無事に「免責許可決定が確定した」ということ。 これで、本当に全ての債務の支払義務が無くなった! 弁護士報酬も無理なく支払えた!分割払いOKの弁護士 全てが解決すると弁護士費用として報酬金と実費分として約12万円の請求がされた。 これもまた月々3万円の支払いにしてくれたので、無理なく支払うことができた。 俺の場合、フリーターという低収入での借金だったし、弁護士費用が負担になるかと思っていたけどそれは思い込みだった。 借金を払わなくてよくなる方法、弁護士費用も無理のない分割での方法でお願いできたことが大きなポイントだったと思う。 そして、諦めずに可能性を示してくれた弁護士に出会えたことで、多額の借金を解決することができたと思った。 関連ページ:•

次の