タカラトミー 採用。 アプリックスのBluetooth Smartモジュールがスマート玩具を実現――タカラトミーが採用

アプリックスのBluetooth Smartモジュールがスマート玩具を実現――タカラトミーが採用

タカラトミー 採用

タカラトミー:企業概要 企業データ 社名:株式会社タカラトミー 業種:ゲーム・玩具・アミューズメント製品メーカー 所在地:東京都葛飾区立石7-9-10(本社) URL: 事業内容 タカラトミーは、 1924年創業・90年以上の歴史をもつ「おもちゃ」の企業です。 現在の社名は、2005年にタカラとトミーが合併することで生まれました。 主な事業内容としては、• 玩具事業:玩具と乳幼児製品の企画、開発および製造• 玩具周辺事業:カプセル玩具、玩具菓子、鉄道模型などの製造および販売 を行なっています。 製品ごとの売上はバランスが良く、となっています。 日本の主力ブランドは、誰もが知っている「リカちゃん」「トミカ」に始まり、「プラレール」「デュエル・マスターズ(カードゲーム)」「プリパラ・ポケモンガオーレ(アミューズメントマシン)」などを展開しています。 また 海外では「ポケモン」のグローバルトイライセンスを取得しており、90ヶ国以上でTVアニメを放送しています。 参考:株式会社タカラトミー 業界、会社の将来性 日本は少子化が社会問題になっており、玩具市場としては伸び悩んでいます。 世界規模で見ると、タカラトミーの 海外売上構成比は36. 累計販売数6000万体以上の「リカちゃん」、累計販売台数が6億2500万台以上の「トミカ」を基盤とし、国内商品を海外展開させていくことで現在も徐々に売上を伸ばしている企業です。 2019年卒の学生による業種別企業ランキング(その他製造)においては、バンダイ・凸版印刷に続いてに輝いている人気企業でもあります。 参考: 株式会社タカラトミー キャリタス就活 売上高 1676億円(2017年)グループ連結 従業員数 495人(2017年) 1951人(2017年)グループ連結 採用実績校 タカラトミーの場合、様々な最終学歴を持った人材を採用しているようです。 大卒を始め、大学院卒、専門学校卒、また海外の大学を卒業した人も採用されているようです。 国内大学についても、国立から私立、首都圏から地方大学まで非常に幅広く採用を実施しているようです。 タカラトミーの職場環境、社風 年齢・勤続年数・年収の平均 平均年齢:40. 9歳(2016年時点) 平均勤続年数:8. 1位は就職偏差値60のバンダイ、3位は就職偏差値55のサンリオとなっています。 社風についての評判 「楽しいこと・楽しむことを歓迎する社風でもあるので、基本的に雰囲気も明るく上司とも率直に話せる風通しのいい環境であると感じる。 」(勤続年数10年以上、係長) 「プロダクトありきだと思うので、今後は開発への強い志向のある人物が求められていくのではないだろうか?と思う。 」(新卒入社、営業) (Find Job! より) 「子供たちの笑顔のために働ける最高の仕事です。 ヒット商品が出れば 注文が殺到し、売上が上がり、ボーナスがアップします。 」(50代 、元社員の男性) 「業務分担の偏りが激しく残業する人(部署)としない人(部署)の差が極端に激しい。 」(30代、元社員の男性) 「入社一年目はイベントや担当販売店のサポートなどを行う部署に全員配属され、そこで社会人としてのマナーや取り扱う商品知識を学べます。 」(30代、現社員の女性) (エン転職 カイシャの評判 より) 福利厚生 通常の年次有給休暇のほか、リフレッシュ休暇やバースデイ休暇など独自の休暇制度も整えられています。 また、カイシャの評判の口コミでも産休育休の取りやすさについて書きこんでいる社員もいるため、家庭のある人でも一定の働きやすさはありそうです。 「働きながら子育てをしたい女性にとっては素晴らしい会社。 休みもとりやすく、早退等も心優しく受け入れられる。 有休もとりやすく、休暇日数も長い。 ただ、家賃補助等はほぼ出ないので、都心に住みたい人にとっては厳しいかもしれない。 」(20代、現社員の女性) (エン転職 カイシャの評判 より) この会社に就職・転職するのに向いている人 日本トップレベルの玩具メーカーであるタカラトミーは、グローバルに目を向けて「世界の玩具メーカー」となるために展開を進めています。 では、この企業で働くのに向いているのはどのような人材なのでしょうか。 「究極的に利己的」な人 タカラトミーので、「究極的に利己的」に仕事に取り組んでほしいと述べられています。 利己的とは言っても自己中心的という意味ではなく、自分自身の夢を実現するために妥協せずに働くことが求められているのです。 仕事は楽しいが「楽」ではなく、何度も壁にぶつかります。 そんな時に、自分の夢を原動力にしてほしいということですね。 参考:タカラトミー 「おもちゃ」と「子どもの笑顔」が好きな人 タカラトミーに勤めるのだから当たり前だと思われてしまうかもしれませんが、もちろんこの考えは必要になります。 近年の科学技術の進歩により、玩具を含むものづくりの環境が大きく変動しています。 そんな中、 玩具はどうあるべきか? ということを常に考え、子どもの笑顔を最優先して働ける人材が求められているのではないでしょうか。 前向きに楽しんで仕事ができる人 タカラトミーでは入社後に仕事の知識や技術をサポートしてくれるそうで、就職活動の時に特技や資格があるかどうかはあまり重視されないようです。 タカラトミー採用ページのという特設ページを見ると、 多くの社員が「自分の夢を実現する」ための舞台としてタカラトミーを選択しているようでした。 ですから、「こんなことがしてみたい」という夢を持ち、前向きに仕事ができる人が向いていると考えられます。 参考:タカラトミー タカラトミーでの仕事は、おもちゃを作り、子どもたちの笑顔に貢献します。 採用ページや会社の口コミを見ても、 結果的には自分の幸福を大事にできている方が多いと感じました。 築き上げられたブランド力を基礎に、新しい価値を創造していくタカラトミーで働くことに興味がある方は、就職先・転職先の選択肢としてみても良いのではないでしょうか。

次の

アプリックスのBluetooth Smartモジュールがスマート玩具を実現――タカラトミーが採用

タカラトミー 採用

選考情報として、まずタカラトミーの採用枠に入るための学歴と、採用人数の傾向を知る前に、その選考手順について見ておきましょう。 2015年度新卒採用の場合、2013年の12月頃にエントリー・プレエントリーが開始されます。 エントリーシートを提出し、書類選考に通過するとセミナーへの案内がやってきます。 セミナーではタカラトミーへの理解を深めるプレゼンや社員の人との交流があります。 マークシート形式の筆記試験と面接がある 選考情報として、エントリー後の流れについて知っておきましょう。 そのあと筆記試験、面接へと移行していきます。 筆記試験はマークシート形式。 内容はSPI対策をしていれば問題ないようです。 面接は3回の面接と1回のグループディスカッション。 雰囲気は終始和やかなので、しっかりと準備してさえいれば自分の持ち味を発揮できるでしょう。 2015年度新卒採用の場合は4月中に筆記試験~内々定まで終えられています。 さて、では気になる学歴と採用人数、そして求められる人材像について紹介しましょう。 タカラトミーは基本的には文系・理系、全学部・全学科から学生を募集しています。 しかし特に「海外留学経験のある学生」「外国人留学生」を積極的に採用しているようです。 「海外留学経験のある学生」・「外国人留学生」を積極的に採用 また採用実績にある採用者の学歴を見てみると、比較的学力の高い大学が名を連ねています。 だからと言って「留学経験がないからダメ」「外国人じゃないからダメ」、あるいは学力が高くないからダメというわけではありません。 チャレンジをする姿勢や、日本の価値観に囚われない自由な発想などがそこでは求められているわけで、そういった能力を兼ね備えていれば十分採用枠に入ることが可能です。 ではその肝心の採用人数は何人ほどなのでしょうか。 選考情報を見ていきましょう。 学歴においては「海外留学経験のある学生」「外国人留学生」を積極的に採用し、比較的高めの学歴の学生を採用しているタカラトミーですが、その採用人数は2016年度新卒の場合は「20名程度」を予定しているようです。 2016年度新卒の場合は採用人数「20名程度」の高倍率 2015年度新卒の採用予定人数は16名とのことですので、概ね20人を目安に変動すると考えて良さそうです。 タカラトミーは業界最大手。 人気企業で倍率が高いため、採用を本気で狙うのであれば相応の覚悟が必要です。 「究極的に利己的」な人間が求められる タカラトミーの採用担当者は、自社の社員は会社のためだけに働くのではなく、自分の「たまらなく楽しい毎日」のために働いているのだと言います。 だからこそ、苦しい時もくじけそうな時も「自分のため」に立ち上がれる。 そういう人間を求めているのです。 そのためには深い自己分析と、本当に自分のやりたいことがタカラトミーでできるのかという企業研究を十二分にする必要があるでしょう。 その情熱が伝わった時、20人という少ない採用人数のうちの1人になれるのです。 タカラトミーに受かるための志望動機例文はコチラ! 私が玩具業界を志望した理由は、幼い子供から大人までが楽しめるおもちゃの進化に携わりたいと考えたからです。 おもちゃは親から買い与えられることから始まり、大人になっても多くの人を魅了し続けています。 私も、幼い頃からトミカに魅了され現在も集めているひとりです。 貴社は、あらゆる人の「夢」を形にすることを目指しているため、様々な進化を遂げているIT技術を駆使した新たなおもちゃの誕生に貢献できると考えております。 入社しましたら、大学時代に学んだ情報工学の知識や技術を、貴社のおもちゃ開発に貢献したいと考えております。 タカラトミーの選考情報は文系・理系の全学部・学科が対象だが留学経験者などを積極採用しており人数は20名程度と高倍率 タカラトミーの選考情報についてご紹介しました。 タカラトミーは国内最大手の玩具メーカーではありますが、社長自ら「4度目の創業」と言っているほど大変革の時期を迎えている企業でもあります。 そのためより優秀な人材を探しているのです。 なので、ここで紹介したような学歴を加味した採用も行いますし、優秀な人間だけを採用するために「20人程度」という採用人数に設定しているわけです。 確かに留学経験や高い学力を求められる「学歴面」、そして高いスキルを求められる「採用人数面」でもかなり厳しい戦いになるでしょう。 しかし「究極的に利己的」になったとき、そこにタカラトミーという選択しかないのであれば、きっとその思いはタカラトミーに届くはず。 最後まで諦めず、選考情報を参考にして真摯に採用選考に挑みましょう。

次の

デュエル・マスターズ

タカラトミー 採用

選考情報として、まずタカラトミーの採用枠に入るための学歴と、採用人数の傾向を知る前に、その選考手順について見ておきましょう。 2015年度新卒採用の場合、2013年の12月頃にエントリー・プレエントリーが開始されます。 エントリーシートを提出し、書類選考に通過するとセミナーへの案内がやってきます。 セミナーではタカラトミーへの理解を深めるプレゼンや社員の人との交流があります。 マークシート形式の筆記試験と面接がある 選考情報として、エントリー後の流れについて知っておきましょう。 そのあと筆記試験、面接へと移行していきます。 筆記試験はマークシート形式。 内容はSPI対策をしていれば問題ないようです。 面接は3回の面接と1回のグループディスカッション。 雰囲気は終始和やかなので、しっかりと準備してさえいれば自分の持ち味を発揮できるでしょう。 2015年度新卒採用の場合は4月中に筆記試験~内々定まで終えられています。 さて、では気になる学歴と採用人数、そして求められる人材像について紹介しましょう。 タカラトミーは基本的には文系・理系、全学部・全学科から学生を募集しています。 しかし特に「海外留学経験のある学生」「外国人留学生」を積極的に採用しているようです。 「海外留学経験のある学生」・「外国人留学生」を積極的に採用 また採用実績にある採用者の学歴を見てみると、比較的学力の高い大学が名を連ねています。 だからと言って「留学経験がないからダメ」「外国人じゃないからダメ」、あるいは学力が高くないからダメというわけではありません。 チャレンジをする姿勢や、日本の価値観に囚われない自由な発想などがそこでは求められているわけで、そういった能力を兼ね備えていれば十分採用枠に入ることが可能です。 ではその肝心の採用人数は何人ほどなのでしょうか。 選考情報を見ていきましょう。 学歴においては「海外留学経験のある学生」「外国人留学生」を積極的に採用し、比較的高めの学歴の学生を採用しているタカラトミーですが、その採用人数は2016年度新卒の場合は「20名程度」を予定しているようです。 2016年度新卒の場合は採用人数「20名程度」の高倍率 2015年度新卒の採用予定人数は16名とのことですので、概ね20人を目安に変動すると考えて良さそうです。 タカラトミーは業界最大手。 人気企業で倍率が高いため、採用を本気で狙うのであれば相応の覚悟が必要です。 「究極的に利己的」な人間が求められる タカラトミーの採用担当者は、自社の社員は会社のためだけに働くのではなく、自分の「たまらなく楽しい毎日」のために働いているのだと言います。 だからこそ、苦しい時もくじけそうな時も「自分のため」に立ち上がれる。 そういう人間を求めているのです。 そのためには深い自己分析と、本当に自分のやりたいことがタカラトミーでできるのかという企業研究を十二分にする必要があるでしょう。 その情熱が伝わった時、20人という少ない採用人数のうちの1人になれるのです。 タカラトミーに受かるための志望動機例文はコチラ! 私が玩具業界を志望した理由は、幼い子供から大人までが楽しめるおもちゃの進化に携わりたいと考えたからです。 おもちゃは親から買い与えられることから始まり、大人になっても多くの人を魅了し続けています。 私も、幼い頃からトミカに魅了され現在も集めているひとりです。 貴社は、あらゆる人の「夢」を形にすることを目指しているため、様々な進化を遂げているIT技術を駆使した新たなおもちゃの誕生に貢献できると考えております。 入社しましたら、大学時代に学んだ情報工学の知識や技術を、貴社のおもちゃ開発に貢献したいと考えております。 タカラトミーの選考情報は文系・理系の全学部・学科が対象だが留学経験者などを積極採用しており人数は20名程度と高倍率 タカラトミーの選考情報についてご紹介しました。 タカラトミーは国内最大手の玩具メーカーではありますが、社長自ら「4度目の創業」と言っているほど大変革の時期を迎えている企業でもあります。 そのためより優秀な人材を探しているのです。 なので、ここで紹介したような学歴を加味した採用も行いますし、優秀な人間だけを採用するために「20人程度」という採用人数に設定しているわけです。 確かに留学経験や高い学力を求められる「学歴面」、そして高いスキルを求められる「採用人数面」でもかなり厳しい戦いになるでしょう。 しかし「究極的に利己的」になったとき、そこにタカラトミーという選択しかないのであれば、きっとその思いはタカラトミーに届くはず。 最後まで諦めず、選考情報を参考にして真摯に採用選考に挑みましょう。

次の