コロッケ 冷凍。 惣菜コロッケは冷凍できる!食べるには自然解凍?サクサクになる?

【コンビニ3社+ニチレイ】冷凍コロッケでサクサクNo.1を探してみた

コロッケ 冷凍

コロッケは調理に手間がかかるので、まとめて作って冷凍しておきたいもの。 でも、タネを冷凍しても揚げたときに破裂することがあるので敬遠気味という人も。 そこで、料理研究家の中村美穂先生に、冷凍しても破裂しにくいコロッケのレシピと揚げ方のコツを教えてもらいました。 破裂しにくいコロッケを作る4つのコツ コツ1 タネに余分な水分を含ませない 加熱によりタネの水分は蒸発するが、水分が多いと水蒸気量も増え、蒸気圧(水蒸気による圧力)が高まって衣が破裂しやすくなる。 じゃがいもは茹でると水分を含むので電子レンジで加熱し、タネは衣をつける前にしっかり冷まし、余分な水分を蒸発させて。 コツ2 タネの厚みは均一に。 割れ目に注意 厚みが均一だと火が均等に入り、蒸気圧も全体に分散されるので破裂しにくい。 また、タネに割れ目があるとそこから亀裂が入りやすいので、成形の際に注意。 コツ3 衣を均一にしっかりつける 衣に対し蒸気圧が均等にかかるため破裂しにくい。 衣は小麦粉と水を混ぜたものを絡めてからパン粉をまぶすと均一につく。 写真(上記)のようにコロッケの端は衣が薄くなりがちなので注意。 コツ4 冷凍するときは十分に冷ましてから 冷めないうちに冷凍用保存袋に入れると、コロッケに霜がつく原因になる。 霜がついたまま揚げると加熱により霜が溶けて水蒸気になり、蒸気圧の力が衣にかかって(油はねの状態)、破裂しやすくなる。 冷凍仕様! 破裂しにくいコロッケレシピ 材料(5個分)• じゃがいも…約3個(正味300g)• 牛豚合いびき肉…80g• こしょう…少々• サラダ油…小さじ2• 小麦粉…大さじ5• 水…大さじ4(60ml)• パン粉…適量(1カップ程度)• 揚げ油…適量 作り方 1 玉ねぎとひき肉を炒め、塩こしょうをする 玉ねぎはみじん切りにする。 フライパンにサラダ油を中火で熱し、玉ねぎを入れてツヤが出るまで炒める。 ひき肉を加えて火が通るまで炒め、塩こしょうをし、火を止めてフライパンの上に薄く広げて冷まし、余分な水分を蒸発させる。 2 じゃがいもは電子レンジで加熱し、ポリ袋に入れて麺棒でつぶす じゃがいもは皮をむき、1cm厚さの半月切りにし、さっと水洗いして水気を切り、耐熱ボウルに入れる。 ラップをして600wの電子レンジで約6分、柔らかくなるまで加熱する。 厚手のポリ袋にじゃがいもを入れ、熱いうちに麺棒で押しつぶす。 3 1を加え、袋ごともむようにして混ぜ合わせる 4 袋の底を使って筒状に整え、包丁で5等分に切る ポリ袋の底を使い、10cm長さの筒状に整える。 袋の両端を切り開き、包丁で5等分に切る。 5 手でタネの表面をなめらかにし、小判型に成形する タネは厚さ2cmほどの小判型にし、割れ目がないように成形する。 タネはしっかり冷まし、余分な水分を蒸発させる。 6 タネに小麦粉と水を混ぜたつなぎを絡ませて、パン粉をまぶす ボウルに小麦粉と水を混ぜてつなぎを作り、タネを入れて全体に絡ませる。 パン粉の入ったバットに移し、しっかりまぶす。 均一についていないと衣の薄いところから破裂するので注意。 7 しっかり冷ましてから、冷凍用保存袋に入れて冷凍する コロッケを冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くように口を閉じ、金属製のバットにのせて冷凍する。 1ヵ月程度保存可能。 十分に冷ますことで水蒸気が出ず、霜がつきにくくなる。 破裂を防ぐ! 揚げ方のコツ 1 コロッケは凍った状態で油に入れる タネの温度が上がりすぎず、破裂の原因、水蒸気の発生が抑えられる。 タネには火が通っているので、中まで温まる程度に加熱すればOK。 冷凍しない場合もタネはしっかり冷やしてから揚げると同様の効果が得られる。 2 揚げている間、中温をキープする 高温で揚げると、タネ表面の温度が急上昇し、急激に水蒸気量が増えて蒸気圧が高まるため、破裂しやすくなる。 3 むやみに触らない 触ると衣が傷つき、蒸気圧による負荷がかかりやすくなり破裂する。 とくにコロッケを油に入れた後は、衣が固まるまで触らないこと。 4 揚げ時間は約5分。 揚げすぎに注意 長く加熱していると、その間タネの水分が水蒸気になり、衣に蒸気圧が絶えずかかるため破裂しやすくなる。 衣がキツネ色になったら網に上げて。 冷凍コロッケの揚げ方 1 コロッケを凍ったまま、中温の油に入れる フライパンに揚げ油を深さ1. 5cmほど入れ、中火〜強火で中温にし、凍ったままコロッケを入れる。 油の深さは菜箸の先を立てて入れ、確認するとよい。 中温は、パン粉を入れて一旦沈んでから浮いてくるくらいが目安。 コロッケに霜がついている場合は払い落とし、冷凍庫から出したらすぐに揚げる。 コロッケは入れすぎると温度が下がるので、一度に入れるのは4個までに。 2 中温をキープし、表裏ともこんがりキツネ色に揚げる 衣が固まるまで極力触らない。 火加減を中温に調整しながら、常に大きな泡が出ていて、パチパチと音が聞こえる状態を保つ。 キツネ色になったら裏返し、同様に揚げる。 3 揚がったら網に上げて油を切り、器に盛る 5分くらい揚げ、衣がカリッと固まり、キツネ色になったら揚げ上がりのサイン。 網に上げて油を切り、器に盛る。 冷凍せずそのまま揚げる場合の注意点は? A. 揚げる前にタネをしっかり冷ますことが大事 タネに熱が残っていると、揚げている間にタネの温度が必要以上に上がりすぎ、水蒸気が多く発生して破裂の原因になります。 急いでいるときは金属製のトレイにタネを並べ、冷蔵庫で冷やしても。 揚げたコロッケは冷凍できる? A. 冷凍できます。 電子レンジ&オーブントースターで解凍&加熱を 揚げたコロッケはよく冷まし、冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くように口を閉じてから冷凍を。 1ヵ月程度保存可能。 食べるときは耐熱皿にのせ、ラップをしないで電子レンジの解凍モードで解凍。 その後、トレイにのせて1000wのオーブントースターで10分ほど焼くとカリッと仕上がります。 途中、焦げそうなときはホイルをかぶせて調整を。 コロッケが油っぽくなっちゃう…。 油の温度が低いのが原因。 揚げている間は中温を保って 揚げているときの温度が低いと油を吸ってしまいます(冷凍コロッケの場合も同様)。 泡が小さく、音が静かなのは低温の状態。 写真のようにコロッケを一度に多く入れすぎていないか、火が弱くなっていないか確認を。 スーパーの惣菜コロッケも冷凍できる? A. 再冷凍の可能性があるのでおすすめできません 冷凍コロッケを揚げている場合は再冷凍になり、品質が落ちてしまうので冷凍は不向き。 惣菜コロッケが冷凍のものかどうかは判断できないので、冷凍するのはおすすめできません。 お弁当用にコロッケを冷凍するなら、揚げたものと揚げる前のもの、どちらがおすすめ? A. 揚げたものの方が温めるだけなので便利 揚げたものの方が、電子レンジとオーブントースターで温めるだけなので、忙しい朝におすすめです。 業務用の冷凍コロッケを上手に揚げるには? A. 紹介した冷凍コロッケの揚げ方と同じでOK ちなみに、業務用の冷凍コロッケは昔と比べて破裂しにくくなっているそうです。

次の

残ってしまったコロッケを冷凍保存する方法

コロッケ 冷凍

(1)セブン-イレブン「レンジで牛肉コロッケ」(192円) …甘みがあり風味がよいとされる北海道産の「きたあかり」という品種のジャガイモを使用したコロッケ。 2個入りで内容量は140gです。 (2)ファミリーマート「ホックホクした牛肉コロッケ」(198円) …忙しいお母さんを応援する「お母さん食堂」シリーズのなかのひとつである同商品は、北海道産ジャガイモの風味を引き出した牛肉コロッケのようです。 2個入りで内容量は150g。 (3)ローソン「牛肉コロッケ」(205円) …北海道産のジャガイモを使ったコロッケで、電子レンジで調理すると、サクッとした仕上がりになるそうです。 2個入りで内容量は140g。 (4)ニチレイフーズ「お弁当にGood! スーパーの冷凍食品コーナーでも、同商品はよく見かけますよね。 6個入りで内容量は180g。 金額や内容量については、コンビニ3社はそこまで差がなく、スーパーで購入できるニチレイフーズが安くて量もやや多めです。 しかし、肝心なのは味。 画像左から、ローソン、ファミリーマート、セブン-イレブン、丸くて小さいコロッケがニチレイフーズです。 コンビニ3社のほうがジャガイモのホクホク感がやや強く、ニチレイフーズはタマネギの甘みが強いかな(?)と感じる程度。 どの冷凍コロッケも牛肉の旨味もあり、おいしいというのがホンネです。 ただし、衣のサクサク感については違いがあります。 筆者の個人的感想でランキング化すると以下の通りに。 4位:ニチレイフーズ …個人的に1位最有力候補だったニチレイフーズが最下位に。 衣はサクサクしている部分もあったのですが、全体的にはややしっとりとした印象を受けました。 しかし、同商品は自然解凍でも食べられるもの。 お弁当には最適な冷凍コロッケです。 3位:セブン-イレブン …今回食べた4種類のなかで衣が一番しっかりとついているように思えました。 その影響かサクサク感はあるのですが、衣を噛み切るまでの食感がやや悪く、結果サクサク感を失っているように感じます。 2位:ローソン …3位のセブン-イレブンよりは、サクサクとした食感がありおいしいです。 しかし、個人的順位は2位…。 1位:ファミリーマート …筆者のなかで圧倒的にサクサク感を感じたのはファミリーマート。 歯切れのいい食感は、食べていて楽しいですね。 似たような商品であっても食べ比べてみると、味や食感の違いに驚かされることがあります。 普段同じ商品を買っているなら、たまには他の商品を購入して、違いを楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。 (文・奈古善晴/考務店).

次の

【コンビニ3社+ニチレイ】冷凍コロッケでサクサクNo.1を探してみた

コロッケ 冷凍

惣菜コロッケって冷凍できる スーパーで売られている惣菜コロッケって、冷凍できるんです。 他にも「解凍してべちゃべちゃになったりしないの?」 「じゃがいもは冷凍できないのにコロッケならOKなの?」・・と、たくさんの疑問に思うかもしれません。 でも大丈夫、冷凍できるんですよ~! 寒い時期でも常温だと一日持たないかもしれませんし、夏場だと半日で傷むことも・・・ 冷凍しておくと、時間の無い時でも一品追加できますよね。 スーパーのお惣菜コロッケの冷凍保存のコツ 冷凍保存する際のコツは「 いかに空気に触れずに冷凍できるか」というところです。 では惣菜コロッケの冷凍方法を紹介していきますね。 この時に、空気を押し出して真空状態にするとなお良いですね。 「布団圧縮ぶくろ」ではありませんが、ストローを使うことで空気を押し出すことができます。 食べたい時に食べたい個数を解凍できることや衛生面でも、1つずつ包むことをおすすめします。 冷凍した惣菜コロッケの保存期間は、1か月をめどに使い切ってくださいね。 惣菜コロッケを冷蔵庫で保存すると? お惣菜のコロッケは、冷蔵庫に入れておいて2日くらい保存することができます。 ただし、揚げる時に使われた油の質にもよりますし、なるべく早めに食べた方がいいですよー。 買ってきた状態のまま、トレーやパックに入った状態で冷蔵庫に入れてしまうのは手軽ですが、時間が経つことで油の酸化も進みます。 コロッケを一つづつラップで包み、ジップロックの中に入れて冷蔵庫で保存するといいですよー。 冷凍コロッケは自然解凍して食べる? 上記の方法で冷凍した惣菜コロッケをいざ食べようとしたときに、どうやって解凍するか疑問ですよね。 レンジ?冷凍のまま油で2度揚げ? 私のおすすめの解凍方法は、軽く電子レンジでチン(20秒~30秒)した後にオーブンで仕上げる方法です。 表面がサクサクになって、揚げたてみたいになりますよ。 時間が無くて電子レンジだけで解凍したい場合は、キッチンペーパーに包んで電子レンジで加熱すると、油を吸収してくれます。 また水分があまり出ないように電子レンジで冷蔵解凍をし、アルミホイルで包んでからオーブントースターで加熱する方法もあります。。 トースターが無い場合は、電子レンジで冷蔵解凍した後に、油をひいていないフライパンで弱火で片面ずつ焼くと、トースターで加熱する方法に近いサクッとした仕上がりになります。 トースターもフライパンも面倒な場合は、電子レンジで冷蔵解凍した後に、魚焼きグリルにアルミホイルを敷いて、1分ほど加熱してみるのもアリです。 あと凍ったままの状態で、もう一度油で揚げ直すこともできます。 小さい氷や霜が付いている状態だと、油に入れた時に油が跳ねることがあります。 「ぱんぱん」と、軽く払ってから油に入れるといいですよー。 冷凍したコロッケが破裂する原因 ちなみに私、解凍するときにレンジ内で破裂させたことがあるんです。 疲れてなーんにもしたくない日に、「そうだ。 冷凍してたコロッケがあったんだった~」なんて思いながら何も考えずレンジで温度設定して温めていると・・なにやら破裂音が。。。 コロッケの中身がレンジ内に散らばっていたあの光景は、今でも忘れられない衝撃でした。 解凍方法を調べていくうちに、「まさかこんな解凍方法があったなんて…」と目から鱗な情報ばかり。 さすがは主婦の味方コロッケです。 そもそもなぜ、破裂してしまうのかというと 、コロッケと油の温度差により中身が膨張して破裂してしまうのだそうです。 レンジで凍ったコロッケを普通に温めるだけだと急激に温度変化が生じるので、破裂の原因はこれだったということですね。 ではどうやったら破裂せず解凍できるのかというと、ズバリ「自然解凍」が一番だそうです。 ゆっくり解凍してあげるとしっとりとした触感のコロッケになるそうで、お惣菜弁当に入っているようなしっとりコロッケが味わえますね! もし冷凍したままのコロッケを電子レンジで加熱する場合は、破裂をしないように様子を見つつ温めてくださいね。 冷凍のままトースターで解凍しようとすると、外はカリカリなのに中身は凍ったままの残念コロッケになってしまうので注意が必要です。 スポンサーリンク 惣菜コロッケをサクサクにして食べる方法とは? コロッケといえばサクサクのあの衣が特徴ですよね。 ひと手間加えるだけで、もう一度あの感覚を蘇らせる方法があるんです! 冷凍コロッケをフライパンでサクサクに まず1つ目の方法です。 冷凍したままのコロッケを温めていないフライパンに入れて、常温の油をひたひたになるまで注ぎ、火をつけてから徐々に温度を上げていくという方法! 中まできれいに解凍でき、破裂する失敗もありません。 余計な水分と油が飛んでこちらもカリカリになり、出来立てに近いコロッケが食べられますよ!.

次の