日弁連 会長 選挙。 日本弁護士連合会

澤藤統一郎の憲法日記 » 2020年日弁連会長選挙事情

日弁連 会長 選挙

2月10日金曜日、平成24年4月から二年間の日弁連のトップを決める、会長選挙の開票が行われました。 すでに一般紙でも報道され、日弁連のホームページでもアップされている通り、 当日の仮集計では 山岸 憲司(東弁会員)7958票 宇都宮健児(東弁会員)6608票 尾崎 純理(二弁会員)3318票 森川 文人(二弁会員)1805票 という結果でした。 弁護士以外の方からはもちろん、選挙の仕組みを知らない若い弁護士からも、「なぜ1位の山岸さんが、当選ではないのですか?」 と聞かれます。 「全国に52ある弁護士会のうち、最低3分の1以上である18単位会で1位を獲得しないと、当選できないので、再投票になるのです。 」 と答えると、 「では今度は、上位の二人の決選投票で上位の人が当選ですか?」 と聞かれますので、 「いえいえ、二人の決選投票でも、また得票上位者が18以上取れないと、最初からやり直しです。 再選挙を公示し、もう一度立候補を受け付けて、公聴会も開いてやり直すのです。 」 と答えると、 「へぇー、エンドレスですね。 暇というか、とても弁護士先生が集まって考えて決めた制度と思えませんね」 「はい、私もそう思いますが・・・」 さて、この制度によって、山岸候補と宇都宮候補の一騎打ちの再投票となりました。 再投票は、二年前の山本剛嗣候補と宇都宮現会長が戦った時に続いて二回目です。 あの時の選挙は、一回目で山本候補が得票数で上回ったものの、単位会数で及ばず、決戦では宇都宮候補に雪崩現象が起きて、山本候補が敗北しました。 雪崩現象は、一回戦の結果を見て、この選挙をエンドレスにせず、何としても決着させなければならないとの、会員の知恵が働き、それが山本候補に不利に作用したと思います。 賢い会員は「エンドレス」を終わらせなければならないと考えました。 地方に弱い山本候補が18をクリアするのは至難の業だ。 それなら、宇都宮票を伸ばさせるしかない。 これが、未知数のものへの期待とあいまって、宇都宮候補への雪崩現象が起きたのだと思っています。 これに対して、今回宇都宮候補は現職の実績を訴え、やり残したことをさせてほしいということでした。 しかし、得票は前回を大幅に減らしました。 日弁連では現職の会長の立候補は初めてのことで異例ですが、知事選などでは実績を示せる二期目が一番強いと言われています。 しかしながら、最も激しく宇都宮候補を攻撃していた森川候補の得票も含めた反宇都宮候補は1万3000票を超え、事実上二期目を狙う現職に会員がノーを突きつけた結果になりました。 (もっとも批判票でも森川候補は全く立場は違いますが・・・) 二回戦は山岸候補と宇都宮候補の一騎打ちになります。 地方会では宇都宮候補が単独過半数を得た単位会もありなかなか根強さを持ってはいます。 しかし、二年前の宇都宮候補への期待感のような風は吹いておらず、尾崎候補と山岸候補が単独で1位を獲得した単位会は14と前回の山本候補よりはるかに多いですし、二人の単位会での得票を足すとそれだけで宇都宮候補の得票を上回る単位会のうち、あと4つを獲得できれば18に届きます。 中には、山岸20、宇都宮20、尾崎19という三つ巴で接戦のところも次回は一騎打ちです。 単純合算して勝てると想定すれば優に25を超え30に迫るほどになります。 もっとも投票行動は単純な机の上の計算のようにはいきません。 また森川票の動向も見逃せません。 しかし、賢い有権者がエンドレスのある今の制度の不備から早期に逃れるためには、山岸候補と尾崎候補を支持した皆さんが一緒に山岸候補を応援し、18単位会の壁をクリアーさせるという選択しかないというのが二回戦ではないでしょうか。 逆に山岸候補と尾崎候補の得票合計数である11276票を、6608票の宇都宮候補が超えることは普通には考えにくいのです。 あくまで日弁連会務を停滞させてもエンドレスに持ち込みたい現職会長がいるとしたら、それは日弁連のことを考えてのことでしょうか。 私は疑問に思います。

次の

次期日弁連会長に荒氏 地方選出は2人目 (写真=共同) :日本経済新聞

日弁連 会長 選挙

目次 第1 2020年の日弁連会長選挙の立候補者 第2 2020年の日弁連会長選挙の立候補者の概要 1 2 3 4 のうち,経歴 5 第3 関連記事等 第1 2020年の日弁連会長選挙の立候補者 1 1 立候補者の修習期及び所属弁護士会並びに選挙運動用ウェブサイト(氏名にリンクを張っています。 )は届出順に,以下のとおりです(日弁連HPの 参照)。 2 過去最高立候補者数であった1986年及び2012年の日弁連会長選挙の立候補者数は4人でしたが,2020年の日弁連会長選挙の立候補者数は5人になりました。 3 も参照してください。 小学生のときに父が経営していた水産加工会社が倒産して夜逃げ、東京、静岡と引っ越しを繰り返しました。 静岡県清水市(当時)の清水東高校を1984年に卒業。 早稲田大学法学部を1988年に卒業後、丸井に就職し、紳士服売り場を担当しました。 その後転職し業界紙(化学)の記者を経験。 言いたいことが言える仕事に就きたいと考え司法試験にチャレンジ、1996年に合格、1999年弁護士登録(51期、千葉県弁護士会)。 2 東京弁護士会の会派である法友会は,令和元年12月6日,「頼りがいのある司法を築く日弁連の会」を支持するとの決議を総会で行いました。 日本弁護士国民年金基金は,当初の加入者が今でも予定利率が5.5%であるのに対し,新規加入者が1.5%であるなど加入者間の不公平が著しいことに気づいたとか,繰越不足金が10%ぐらいあることに不安を感じるといった理由により脱退することはできません。 66 views per day• 60 views per day• 54 views per day• 44 views per day• 42 views per day• 33 views per day• 31 views per day• 28 views per day• 28 views per day• 28 views per day• 27 views per day• 23 views per day• 19 views per day• 19 views per day• 18 views per day• 16 views per day• 14 views per day• 14 views per day• 13 views per day• 13 views per day.

次の

次期日弁連会長に荒氏 地方選出は2人目 (写真=共同) :日本経済新聞

日弁連 会長 選挙

経歴 [ ] (現:)田之浜にの長男として生まれる。 故郷の田之浜は前期に開発された半農半漁の地だった。 、一家でに開拓入植。 、に住む母方の叔父の元に預けられる。 中学、高校、大学と部に所属した。 、を卒業、に入学し、で暮らす。 、合格。 、貧しい実家を助けるために東大を中退して となり、、弁護士登録()。 岡安法律事務所に入所。 、佐藤法律事務所に入所。 、宇都宮健児法律事務所を開設 、後に東京市民法律事務所とする。 、会長選挙に立候補。 元副会長のとの選挙戦となる。 に投票が行われ、得票数では山本に及ばなかったが、全国に52あるのうち地方を中心とする42会で山本を上回る。 同選挙は、最多得票者は全国の3分の1以上の会においてそれぞれ最多票を得なければ当選できないという規定(日弁連会則61条2項)がある為、史上初の再投票となる。 の再投票では、宇都宮が山本を上回る得票を獲得し、かつ46会で最多票を得て当選。 、史上初の再選を目指して再び日弁連会長選挙に立候補。 異例の3度に渡る投票の結果、元副会長で弁護士会所属のに敗れ、再選ならず。 同年、からの支援を受けてに立候補表明。 五輪招致反対、、の充実、是正などを訴えた。 には、脱原発を求める市民グループによるの呼びかけ人に名を連ねた。 同年12月28日、東京都知事の辞職に伴い、再びに立候補、翌年2月9日に投開票が行われ、98万2594票を集め全立候補者中2位の得票数となったものの、当選したの得票数211万票余りの半分に届かず落選。 2016年7月11日の記者会見で、への立候補を表明したが 、7月13日に立候補を見送った。 2020年5月27日の記者会見で、への立候補を表明。 これを受け、、、が宇都宮を支援する方針を決めた。 人物 [ ] 大分県に入植した当初は、家族とともに電気もない土地を開墾する。 勉強・スポーツ共に秀で、親類と話し合った結果、中学から熊本県に移り住む。 親を楽にさせたいという思いから選手を志したが、体格的な問題から中学1年時に断念。 勉学に打ち込み、に合格。 経済的な理由から入寮した駒場寮では当時が盛んで、寮生らと議論を重ねる中で弁護士を志し、大学在学中にに合格。 弁護士になった当初は顧客開拓が思うようにいかず、学校での講師をしながら生計を立てる。 自らの性格を、社交性がある方ではなく人付き合いも苦手で顧客の人脈を増やせなかったと自己分析している。 後述する多重債務者問題を機に独立して以降、 、、 、 、事件 、、 、事件などに取り組む。 幹部に殺害された弁護士の妻は、宇都宮の事務所で勤務していた。 映画『』を監修した ほか、の『』に登場する弁護士(溝口 悟郎)のモデルである。 主張・活動 [ ] 多重債務者保護 [ ] 後半、当時ほとんど顧みられることのなかったの弁護を引き受けた。 被害者向けに、弁護士費用分割払いを初めて実践。 宇都宮らの活動により、の違法性が確定することとなった。 しかし、依頼者が急増した結果、当時勤務していた事務所から「サラ金問題をやるなら事務所を辞めてくれ」と言われ独立。 独立したには、が成立したこともあり、事務所は追い風に乗った。 死刑制度反対 [ ] 4月、政府が以来となるのを執行したが、これに対してが毅然とした態度で死刑を執行しないよう強く要望しなかったことについて、日弁連会長として遺憾の意を表明した。 、で3人のについて死刑が出たこと、複数の報道機関が実名報道を行ったことに対して、日弁連会長として遺憾の意を表明した。 放射線量見直し要求 [ ] 、の影響で増大している量について、が内の・などで屋外活動を制限する際の目安とした線量の見直しを当時の民主党政権へ求めた。 表現規制反対 [ ] や等への規制を強化するの2010年改正案に対し、可決前から改正反対を主張。 12月、「新条例案では、依然として、当連合会がこれまで指摘してきた問題点が十分には解消されていないため、当連合会は、新条例案に対しても改めて反対する」として、日弁連会長として声明を発表した。 選択的夫婦別姓制度導入について [ ] 選択的制度導入を強く求めている。 別姓を支える会へのメッセージでは、「は、でを、で婚姻はのみに基づいて成立すること、そして婚姻について法律は個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならないことを規定しています。 氏名は、その人の人格の表象であり、それなしに人は社会で生きていくことができません。 を望まない人にも改姓を強制する制度は、そのを侵害するものです。 また、圧倒的多数の夫婦が夫の氏を選択しており(2009年は96. 第750条は、一見中立的ですが、現実には性差別規定に他なりません。 選択的夫婦別姓制度の導入は、憲法上の要請といえるでしょう。 」と述べている。 教職員の君が代起立斉唱義務化に反対 [ ] の府議団が成立をめざす教職員にの起立斉唱を義務化する条例案について、日本弁護士連合会は宇都宮健児名で「起立・斉唱を強制することは憲法のを侵害する」などと批判する声明を発表、声明で「教育の内容と方法に対するの介入は抑制的であるべきという憲法上の要請に違反するもので看過できない」と主張した。 ヘイトスピーチ規制について [ ] (民団)はに関して宇都宮健児と()にインタビューを行い、その中での宇都宮の「ヘイトデモは許すべきではないが、警察は脱原発のような民主的なデモまで規制しようとしている。 規制強化のあおりを受けて政府批判のデモまでいっさいできなくならないよう気をつけないといけない。 規制を躊躇しているのはそこにある。 市民の間で解決するのが理想。 攻撃を恐れて何もしないのでは日本社会として問題だ」との主張を2013年5月22日の民団機関紙『』が報じた。 その一方で、宇都宮は「のりこえねっと ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク 」においても共同代表としてヘイト規制へ向けた活動を展開しており、海外の報道機関からも 『日本を代表する良心的知識人』として高く評価されている。 韓国人慰安婦戦後補償解決への韓日共同提言 [ ] 機関紙は2010年12月12日、宇都宮健児が日弁連会長を務めていた2010年12月11日に日弁連と大韓弁護士協会(韓国)が東京都内で「と支配下における被害者の救済に向けて」をテーマに共同シンポジウムを開き、共同宣言と「」問題の最終的解決に関する提言を発表した、と報じた。 このシンポジウムにおける両会の会長名による共同宣言で「歴史的事実の認識の共有に向けた努力を通じて相互理解と相互信頼が深まることが、未来に向けて良好なを築くための礎である」と強調し、日本軍による慰安婦問題の解決のための、等の締結過程に関する文書の完全公開、強制動員の日本政府による真相究明と謝罪、賠償などを求めた。 戦後日本の出発点 [ ] 機関紙『』によるスタンフォード大学アジア太平洋研究センター副主任ダニエル・スナイダーの論文「日本の困難な挑戦」についての取材において、「第2次大戦中に犯した犯罪について徹底的に謝罪することが戦後日本の出発点だ。 は日本の犯した犯罪を認めないうえ、憲法改正を図っている。 これでは周辺国の信頼は得られない」とスナイダーの見解に同調する認識を示したことが、2013年4月2日のの記事に掲載された。 韓国人徴用工の請求権問題について [ ] 2018年からの日韓の対立事項である韓国人の請求権問題について宇都宮は、徴用工個人の損害賠償請求権は消滅しておらず日本企業が自発的に賠償金を支払うことは法的に可能であり、は法的障害にはなり得ないと主張した。 「日韓請求権協定で解決済み」とする日本政府の見解には、安倍政権による保守層向けのアピールであり、嫌韓感情を煽って政権浮揚につなげるのが狙いだと分析した。 徴用工問題の解決には日本政府と日本企業による謝罪と賠償に加えて、朝鮮人に対する日本の人権侵害についての徹底した教育や広報を行うとともに、日本の前にとを設置すべきだと主張した。 2014年東京都知事選挙 [ ] 「」も参照 2013年に全候補者中最も早くで出馬表明。 にはが代表を務めるの年末特番に出演し、がを強めていると主張し「軍国化を強める安倍政権の暴走を、都政を通じてストップをかけなければいけない」と出馬理由をとに対して語った。 2014年1月6日にでもを実施した。 支持する政党・著名人など [ ] 政党 [ ]• 、 、 、。 新左翼団体 [ ]• 、 、。 著名人など [ ]• (音楽家・)、(評論家)、(歌手)、(ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク共同代表)、(ライター)、(元理事長・事務局長)、(映画監督)、(映画監督)、(弁護士)、(映画監督)、()、(ミュージシャン)、(女優)、(音楽家・)、(ミュージシャン)、(作家)、(ミュージシャン)、(劇作家)、(作家・哲学者)、(政治評論家)、(文筆家)、(政治活動家)らも支持を表明。 政策・主張 [ ]• 出馬会見で、、の廃止、の暴走ストップ、原発のない社会の実現()などを主張。 ・と平和都市会議を開催し、安倍政権の政策で悪化している韓国・中国との関係改善を図ることも主張。 、自身のにて知事に当選後に・との平和自治会議を開催する旨を示し、オリンピックに則し自治体を進めると宣言した。 2020年東京オリンピックについて [ ]• 招致について、で「招致計画反対。 都政の間に都民の環境は悪化。 スポーツ、の意義を問い直すところから再出発」と主張した。 2013年12月の取材では「決まってしまったもの()を今から覆すのは難しい。 なるべく税金の無駄が少ないコンパクトなオリンピックを目指すべき。 での開催に向け周辺国との緊張を緩和し、平和の祭典としてのオリンピックを目指す。 はや行使の容認に向けた動きなど、できる国づくりを急速に進めている。 このままでは、開戦で開催できなかったの二の舞いになるかも。 平和と友好というオリンピックの理念の下、の緊張緩和を目指すべき」と述べている。 海外からの評価 [ ] 韓国からの評価 [ ]• 韓国のは2013年12月29日の記事において宇都宮が共同代表を務める「のりこえねっと ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク 」の活動などを紹介した上で、「日本を代表する良心的知識人に選ばれる宇都宮が東京都知事補欠選挙に出ることにした」と報じている。 著書 [ ] 共著を含め、50点以上の著書がある。 単著 [ ]• 『サラ金地獄からの脱出法 こうすれば必ず成功する新サラ金規制法による対抗法と救済策のすべて』、1983年12月。 『こうすれば必ず成功するサラ金地獄からの脱出法 新サラ金規制法による対抗法と救済策のすべて』自由国民社、1984年6月、改訂増補版。 『カード破産と借金整理法 クレジット・ローン110番』自由国民社、1990年12月。 『カード破産と借金整理法 クレジット・ローン110番』自由国民社、2002年6月、全訂版。 『だれでもわかる自己破産の基礎知識 カード破産・借金地獄からの脱出法』、1992年5月。 『だれでもわかる自己破産の基礎知識 カード破産・借金地獄からの脱出法』花伝社、2004年5月、全訂版。 『わかりやすい自己破産 自己破産を知らずして借金整理はできない』絵、自由国民社〈「イラスト六法」シリーズ〉、1993年6月。 『わかりやすい自己破産 自己破産を知らずして借金整理はできない』絵、自由国民社〈「イラスト六法」シリーズ〉、2012年11月、改訂7版。 『自己破産のススメ 救いあるカード・サラ金地獄脱出法』、1993年3月。 『正しい弁護士の選び方・活用法』ぴいぷる社、1994年9月。 『自己破産のすすめ 大不況・大失業時代の借金整理法』花伝社、1998年8月。 『イラストでわかる悪質商法から身を守る方法 サギ師の手口を全公開』イラスト、、2001年7月。 『個人再生手続の基礎知識 わかりやすい個人再生手続の利用法』花伝社、2001年10月。 『消費者金融 実態と救済』〈〉、2002年4月。 『ヤミ金融撃退マニュアル 恐るべき実態と撃退法』花伝社、2002年11月。 『自己破産と借金地獄脱出法 取り立てをこれでストップ!』〈ひと目でわかる!図解〉、2003年9月。 『ヤミ金・サラ金問題と多重債務者の救済 返さなくてもよい借金がある』、2004年6月。 『多重債務の正しい解決法 解決できない借金問題はない』花伝社、2007年11月。 『弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖』岩波書店、2009年8月。 『大丈夫、人生はやり直せる サラ金・ヤミ金・貧困との闘い』、2009年8月。 『13歳から学ぶ日本の貧困 日本をむしばむ"貧困"が60分で見えてくる』青志社、2009年8月。 『反貧困 半生の記』花伝社、2009年10月。 『弁護士冥利 だから私は闘い続ける』東海教育研究所、2009年11月。 『わるいやつら』〈〉、2013年9月。 『希望社会の実現』花伝社、2014年1月。 『「悪」と闘う』〈〉、2014年8月。 『自己責任論の嘘』〈ベスト新書〉、2014年11月。 『東京をどうする』花伝社、2017年6月。 『天皇制ってなんだろう? あなたと考えたい民主主義からみた天皇制』〈中学生の質問箱〉、2018年12月。 『韓国市民運動に学ぶ 政権を交代させた強力な市民運動』花伝社、2020年2月。 編著 [ ]• 『多重債務被害救済の実務』、2005年2月。 『多重債務被害救済の実務』勁草書房〈クレサラ叢書〉、2010年1月、第2版。 共著 [ ]• 宇都宮健児、武田裕子『お金とカード』絵、〈おとなになること 7〉、1992年12月。 鈴木利廣、宇都宮健児『医療・消費者と人権』井上正治絵、岩崎書店〈人が人らしく生きるために人権を考える本 1〉、2001年4月。 中澤誠、水谷和子、宇都宮健児『築地移転の闇をひらく』、2016年12月。 共編 [ ]• 『もうガマンできない!広がる貧困 人間らしい生活の再生を求めて』宇都宮健児・猪股正・編、明石書店、2007年7月。 『反貧困の学校 貧困をどう伝えるか、どう学ぶか』宇都宮健児・湯浅誠編、明石書店、2008年10月。 『派遣村 何が問われているのか』宇都宮健児・湯浅誠編、岩波書店、2009年3月。 『連続授業 命と絆は守れるか? 震災・貧困・自殺からDVまで』宇都宮健児・・編、、2012年9月。 監修 [ ]• 『借金が返せない宣言 自己破産はこわくない!』バディ堀井原作、夏目けいじ画、リヨン社、1995年8月。 『借金地獄で死ぬ人助かる人 自己破産はこわくない』バディ堀井原作、夏目けいじ画、リヨン社、1998年10月、増訂版。 『他人事ではない自己破産 男の借金、女の借金、どうする!? マニュアル』、1998年12月。 『高金利「金貸し」対決マニュアル 「実録人生伝」付き』〈〉、2000年3月。 『サラ金・商工ローン・日掛け金融絶対借りるな! 自分でできる自己破産と借金整理法決定版』本の泉社、2000年10月。 『借金地獄からの脱出法 クレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融に負けない被害救済法』全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会編、本の泉社、2002年11月。 『ファミリー判 親と離れて暮らす長男長女のための本』、2002年12月。 『どんと来い!借金地獄 サラ金・ヤミ金・商工ローン・カードローン多重債務必勝法』全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会編、構成、ベストセラーズ、2003年1月。 千葉保、クレサラ探偵団『お金で死なないための本 いつでもカード、どこでもローンの落とし穴』イラ姫絵、、2007年10月。 千葉保、利息解読プロジェクト『お金で泣かないための本 困るまえに読む!お金のトラブル回避術』イラ姫絵、太郎次郎社エディタス、2011年8月。 メディア [ ] 雑誌 [ ]• - 弁護士の肖像(08年7月号) テレビ番組 [ ]• 第5回「仕事も人生もやり直せる」()• 第2861号「過払い金が狙われる 〜相次ぐ弁護士トラブル〜」(NHK総合テレビ)• (2009年9月17日、)• 「この人と福祉を語ろう 困っている人はみんなで助けよう」(2010年5月19日、)• 脚注 [ ] []• TPP阻止国民会議 世話人• 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。 2011年2月20日. 2011年2月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年7月17日閲覧。 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。 2011年2月20日. 2011年2月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年7月17日閲覧。 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。 JANJAN 2010年3月11日. 2011年7月17日閲覧。 [ ]• 日本経済新聞 2012年4月27日. 2012年4月30日閲覧。 2012年11月21日, at the. - 毎日新聞 2012年11月9日• - 東京新聞 2013年4月25日• Bloomberg. 2014年2月10日. 2014年2月10日閲覧。 日本経済新聞 2016年7月11日• 毎日新聞 2016年7月13日• - 2020年5月27日、時事ドットコム• Yahoo! ニュース. 2020年6月9日閲覧。 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。 希望のまち東京をつくる会. 2014年1月12日閲覧。 2011年7月17日閲覧。 2010年4月6日. 2011年7月17日閲覧。 [ ]• 産経新聞 2011年3月10日. 2011年11月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年7月17日閲覧。 2011年4月27日. 2011年8月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年7月17日閲覧。 2013年5月22日 [ ]• 2013年5月22日 (アーカイブ)• 2013年4月2日. 2014年1月8日閲覧。 Business Journal. 2019年11月28日閲覧。 2014年2月1日, at the. 2014年1月20日. 2014年1月23日閲覧。 2014年1月24日. 2014年1月23日閲覧。 2014年1月15日. 2014年1月23日閲覧。 宇都宮けんじ - 応援の声• 2014年2月22日, at the. 外部リンク [ ]• utsunomiyakenji -• - チャンネル• - 第23回定期大会 来賓あいさつ• - 日弁連会長時代のバックナンバー(2010年)• - 日弁連会長時代のバックナンバー(2011年).

次の