太宰 治。 桜桃忌(おうとうき)とは

太宰治の生涯

太宰 治

太宰治(だざい おさむ) 本 名:津島修治(つしま しゅうじ) 誕生日:1909年6月19日 没年日:1948年6月13日(38歳没) 出身地:青森県 学 歴:東京帝国大学仏文科中退 職 業:小説家 代表作:「走れメロス」(1940年) 「ヴィヨンの妻」(1947年) 「斜陽」(1947年) 「人間失格」(1948年)…など 太宰治さんは、現在の青森県五所川原市にある県下有数の 大地主だった父・津島源右衛門と母たね(夕子)の六男として生まれました。 その後、17歳になると同人誌などを発行するなどし、そして小説家を志すようになりました。 そして、1933年(当時24歳)に太宰治名義の作品 「列車」で小説家デビューを果たしました。 1940年前後のプライベートが安定していた頃、数多くの名作を生み出し、かつて芥川賞落選の経緯で因縁があった 川端康成も彼の作品を絶賛するほどでした。 また、晩年の作品の1つである「斜陽」はベストセラーとなり、1948年には「人間失格」などの彼の代表作ともなる作品を発表しています。 しかし、 「自殺マニア」とも呼ばれていて、4回の自殺未遂を起こし、5回目の1948年には愛人だった山崎富栄と共に 玉川上水で入水自殺をし、遂に 帰らぬ人となってしまいました。 太宰治が残した名言とは 太宰治の有名な名言には、「斜陽」や「人間失格」などといった、晩年になってからの代表作に多くあります。 ここでは、太宰治の有名な「名言」を紹介します! 太宰治の名言一覧! 「愛は、この世に存在する。 きっと、ある。 見つからぬのは愛の表現である。 その作法である。 人は、本当に愛していれば、かえって愛の言葉など白々しくて言いたくなくなるものでございます。 by太宰治— 痩せよう youmo1000bay 太宰治の激しい女関係エピソード 太宰治と言えば、「女性関係」が尽きない話ではないでしょうか? 太宰治が愛した女性たちは、 彼の作品の登場人物のモデルとなることが多く、その執筆活動に多大なる影響を与えたと言われています。 太宰治の女関係1:小山初代 小山初代(おやま はつよ) 芸者名:紅子 誕生日:1912年3月10日 没年日: 1944年7月23日 出身地:北海道室蘭市 交際時期:1927年〜1937年頃 登場作品:「HUMAN LOST」 「姥捨」 「東京八景」 太宰治は、学生時代に3歳年下である 小山初代と知り合いました。 2人は結婚を誓い合った仲でしたが、太宰治の実家である津島家はこの関係に反対します。 さらに、太宰の非合法な左翼活動などもあり、太宰は実家から落籍され、その後の2人は入籍こそ許されませんでしたが 内縁関係になりました。 ですが、後に 初代が太宰の義弟と姦通を犯したり、 太宰と初代で薬物自殺未遂を図ったりするなどし、穏やかではなかった2人の関係はやがて破綻し離縁しました。 小山初代はその後、北海道・満州青島・東京などを転々とした後、荒んだ生活を送り、1944年(33歳)に他界しています。 太宰治の女関係2:田部シメ子 美和子と結婚した太宰は、これまでの私生活を悔い改め、家庭を守る事を決意したそうです。 1938年月に、見合いの仲人だった 井伏鱒二(太宰の師)の自宅で結婚式を挙げると、同年9月には現在の東京都三鷹市に夫婦で移り住みました。 美和子は、太宰治との間に3人の子供を産み、彼の作品にも多大なる影響を与えたと言われていますが、1948年に太宰は愛人と入水自殺を図っています。 太宰が亡くなった後、美和子は文京区に住居を移して、余生を過ごした後、1997年に心不全で亡くなっています。 当時の課税遺産額は9億円とも言われていて、1998年に公開された太宰の遺書には、美和子宛てで 「誰よりも愛してゐました」と書かれていたそうです。 太宰治の女関係4:太田静子 太田静子(おおた しずこ) 誕生日:1913年8月18日 没年日:1982年11月24日 出身地:滋賀県 交際期間:1941年 1944年〜1947年頃 登場作品:「斜陽」 ファンレターを送った太田静子に太宰治から返信が届き、彼の家に訪問した後、互いに恋に落ちたと言われています。 一時は、既婚者の太宰と距離を置いていたことがあったそうですが、戦時中の静子の疎開先に太宰が訪れた事で、再会を果たしています。 太宰が執筆中のため、静子が提供した日記は、その後の名作「斜陽」の材料になったそう。 静子はその後太宰の子を妊娠しますが、その後の太宰の態度は冷たくなったそうで、生まれた子( 太田治子)は認知しましたが、そのまま 静子は捨てられる形になりました。 太宰の死後、 印税10万と共に「斜陽」や太宰に関する言動を一切慎むように言われたそうで、津島家からの冷遇など、不遇の時代を過ごし、1982年に肝臓ガンにより他界しています。 しかし、 2016年に肺がんのため亡くなられています。 里子さんは1947年生まれで、その1年後に父親を亡くしているわけで、父親との思い出はあまりなく(覚えていない)、亡くなってからの方が、父親の存在を大きく感じたことでしょう。 そんな里子さんには、2人のお子さんがいましたが、第2子の長男は8歳の時に呼吸発作のため急死しています。 前述の通り、妻以外の女性で晩年関係を持ったのは、太田静子と山崎富栄の2人でした。 また太宰治は、同時に 肺結核を患い、晩年はそれが再発していたと言われています。 喀血するほどまでに健康状態は悪く、それをまるで看護師かのようにケアしていたのが愛人の山崎富栄だったそうです。 もともと、戦争の際にも肺の病気によって徴用を免除されるなどしていたようです。 太宰治の死因となった入水自殺と真相 周囲から静養を勧める声があった矢先に、 太宰治は山崎富栄と共に入水自殺を図ります。 本当は富栄に絞殺されたとの見解も? 死因は、本当に入水自殺であれば「溺死」ですが、この自殺事件はいろいろと曰くがあるようで、 富栄による無理心中説や 首を絞められての殺害説、 泥酔状態の水死説が挙がっています。 富栄はもがき苦しんだ死に顔だったものの、太宰の死に顔は安らかでほとんど水を飲んでいなかったことから、富栄が太宰治を殺したとされる「無理心中」と考える人も多いようです。 現代であれば死因が詳しく分かったでしょうが、70年以上も前の戦後の混乱期でもあるので、当時のことを確認するのはもう難しいでしょう。 太宰治が家族に当てた遺書の中には「 小説を書くのがいやになったから死ぬのです」などという文言も綴られていたそう。 それ以外にも、当時の太宰は、 体調不良や息子の病気(ダウン症)について思い悩んでいたとも言われています。 一方、太宰には死ぬ動機や前兆などもなかったとの見解もあるようですが、真相はもはや闇の中です…。 — グラスホッパー M3お疲れさまでした grasshopper198x RT かつての文豪のことも思う。 また、ダウン症の息子1人と娘が3人誕生しています。 そんな太宰治の晩年は、肺結核が再発して苦しんでいたそうで、1948年6月に愛人の山崎富栄と共に入水自殺で死亡しています。 太宰治と言えば、作品はもちろんのこと、その破滅的な人生からもスポットが当たりやすい作家です。 若くして亡くなったことでさらに太宰治は神格化しており、現在でも熱狂的なファンが多いことでも知られている作家です。

次の

太宰治の名言・格言集。「人間失格」とは

太宰 治

太宰治は、現代作家にも多大な影響を与え続ける作家のひとりです。 人間失格や斜陽、走れメロスなどの有名な作品は、多くの方が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 2019年には「太宰治と3人の女たち」という映画が公開され話題を呼びました。 また、自殺未遂や心中を重ねたことでも有名ですよね。 社会の在り方や既存の価値観に疑問を投げかける太宰治の作風は、「無頼派」と呼ばれています。 太宰治の作品といえば、暗いイメージがあるかもしれませんが、実は、女生徒や富嶽百景など、ユーモアを交えた作品もたくさんあります。 幅広い作風を持ち、どの作品も読み手や読み方によって、多様な解釈ができるというのは太宰治ならではの魅力と言えるでしょう。 そこで今回は、数ある太宰治作品から、 書かれた時期・物語の長さ・親しみやすさなどを基準にして選んだ、おすすめ作品をランキング形式でご紹介します。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 太宰治が、 出版社からもらった旅費で自分の故郷である津軽を訪ね、その時の出来事などを綴っています。 戦時中の話しながら、明るくあたたかな作品に仕上がっています。 旅行の中で太宰治は、自身のルーツを振り返ります。 このあたりが自叙伝だといわれるゆえんなのでしょう。 しかしその中に 青森の歴史や魅力も盛り込まれており、青森をよく知る方が読むと、いっそう共感できるのではないでしょうか。 太宰治のことをもっと知りたい方や、青森の魅力を感じたい方に特におすすめしたい作品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 表題の「パンドラの匣」は、これまでに2度映画化された人気の作品です。 この作品は、太宰治を尊敬していた木村庄助が病床で記した日記をもとに執筆したもので、 結核にかかった20歳の男性の恋愛や成長を描いた内容です。 木村庄助は小説を書いた時にはすでに亡くなっていたそう。 後期の作品はほとんどが重く暗い印象ですが、この作品は明るい作品に仕上がっています。 太宰治作品が苦手な方でも読みやすいでしょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 太宰治の口述を、弟子が書き写したとされています。 それにもかかわらず、完成度が高くほとんど修正せずに出版できたのだそうです。 太宰治の天才っぷりがうかがえますね。 「ヴィヨンの妻」に登場する詩人「大谷」は、まるで太宰治のような人物です。 その大谷が、破滅に向かっていくさまが、妻の視点から描かれています。 題名の「ヴィヨン」とは、フランスの詩人で、大谷と人物像が似ているところからつけられたとされています。 退廃的な雰囲気が、「まさに後期の作品」といったところでしょうか。 陰鬱な印象の作品が好きな方におすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 初期に出版したものなのに「晩年」というタイトルなのが不思議な感じもしますが、この頃の太宰治は自殺未遂を繰り返すなど不安定な精神状態だったため、遺書のような気持だったのかもしれませんね。 この作品集には、 「葉」「道化の華」「猿面冠者」「思ひで」を含む15の短編が収められています。 なお第1回の芥川賞の候補にもなりました。 初期の作品は、読みにくいものや意味の分からないものも多いのですが、この作品集はどれも短編でサクッと読めますし、内容も分かりやすいものが多いです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. 精神科病院に入院した主人公の日記といった内容です。 これは太宰治自身が精神科に入院させられた時の経験をもとに執筆したのだそうで、「人間失格」のもとになった作品ともいわれています。 とりとめのない内容で非常に難解なため、短い作品ではありますが、かなりの太宰治フリークでないと読み進めるのが難しいかもしれません。 しかし 太宰治の世界観をより深く理解するのには役立つのではないでしょうか。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. どんな話なのか、ストーリーを知っているという方も多いでしょう。 この作品は、中期に書かれた作品です。 子どもにもわかりやすい、友情のお話なので国語の教科書などにもよく取り上げられています。 メロスが親友との友情のためにひたすら走るという内容なのですが、走った距離と時間から、「実はメロスは走っていなかった」という考察結果を示した方もいるそうです。 わかりやすいハッピーエンドのストーリーで、読後感はスカッとさわやか。 最近ストレスが溜まっているという方や、疲れ気味という方は、「走れメロス」を読んですっきりとした気持ちになってはいかがでしょうか。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. yimg. 太宰治自身の人生や考え方が色濃く反映されており、太宰治ファンなら必読の一冊です。 有名な一節「恥の多い生涯を送って来ました。 」 の中に、この作品の良さがすべてつまっています。 人間の愚かな一面をこれでもかと詰め込んだ作品は、読後感はよくありません。 読み終えた後に鬱々とした気持ちが残ります。 それだけに、 太宰治の苦悩がダイレクトに伝わってきます。 この作品は太宰治の死後に出版されています。 有名な作品なので、まずこの作品を手に取る方も多いのですが、一番最初に読む作品にはおすすめしません。 太宰治作品を何冊か読んでから手に取ることをおすすめします。 商品名• 人間失格• 走れメロス• 斜陽 他1篇 岩波文庫• お伽草紙• HUMAN LOST• 畜犬談 —伊馬鵜平君に与える—• グッド・バイ• 女生徒• アスピリンの恋• きりぎりす• ヴィヨンの妻• パンドラの匣• 富嶽百景• 太宰治の自伝的小説• 読後感がさわやかで読みやすい• ベストセラーとなった作品• 太宰治的昔話解釈• 太宰治フリークにおすすめ• 太宰治の印象を覆す一冊• 未完なことが悔やまれる作品• 思春期の少女の心情が伝わる• 太宰治の作品を新鮮な気持ちで味わえる• 太宰治初心者におすすめの短編集• 前期の短編集• 晩年の短編集• 後期作品の印象を覆す明るいストーリー• 太宰治流旅行記• 太宰治のエッセイ• 308円 税込• 440円 税込• 550円 税込• 693円 税込• 0円 税込• 990円 税込• 605円 税込• 484円 税込• 1210円 税込• 605円 税込• 572円 税込• 150円 税込• 572円 税込• 473円 税込• 440円 税込• ページ数• 192• 304• 205• 416ページ• 400• 288• 368• 416• 208• 432• 260• 書かれた時期• 後期(表題作)• 後期(表題作)• 商品リンク•

次の

太宰治の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

太宰 治

2019年は、 文豪・太宰治(本名・津島修治)の生誕110周年となる記念すべき年。 本年は、小説『人間失格』をリメイクしたアニメーション映画「HUMAN LOST 人間失格」の全世界公開が決定するなど、太宰治関連の作品も大きな盛り上がりを見せています。 2019年9月13日には、蜷川実花監督による実写映画 「人間失格 太宰治と3人の女たち」も公開予定です。 太宰治役を俳優・小栗旬が務め、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみの豪華女優陣が共演することでも話題を呼んでいます。 今回は、そんな太宰治と恋をした3名の女性たちについて、太宰の生涯を振り返りつつ、さまざまな書籍をヒントに深掘りしていきます。 彼が最初に恋仲になった女性として記録に残っているのは、1927年(18歳)に知り合った故郷・青森の芸妓、 小山 おやま初代です。 当時すでに同人誌『細胞文芸』を立ち上げるなど執筆活動に打ち込んでいた太宰は、故郷で初代との逢瀬を重ね、21歳の頃には小山家と結納も交わしていました。 1935年、『文藝』に発表した小説『逆行』が芥川賞候補になるなど、作家としてのキャリアを順調に進めつつあった太宰。 しかし26歳のとき、腹膜炎により入院したことをきっかけに、鎮痛剤である パビナールの中毒となってしまいます。 多いときには1日に50数本の注射を打つほどの依存状態に陥った太宰は、パビナール中毒の治療のために入院。 入院時、不幸なことに 初代が不貞行為を犯していたことを知ってショックを受けた太宰は、以後、初代と別居状態になります。 そんな中、29歳にして出会ったのが、のちに太宰の正妻となるインテリ女性・ 石原美知子でした。 太宰は師事していた 井伏鱒二の紹介により、山梨で女学校の教師をしていた美知子と見合いをし、結婚を決めます。 初代との破局以前にもバーの女給と心中未遂を図るなど、私生活が乱れに乱れていた太宰。 彼は、美知子との結婚にあたって自らの覚悟が半端なものではないと示すため、当時、井伏鱒二にこんな手紙を送っています。 この前の不手際は、私としても平気で行ったことでは、ございませぬ。 私は、あのときの苦しみ以来、多少、人生というものを知りました。 結婚というものの本義を知りました。 結婚は、家庭は、努力であると思います。 厳粛な、努力であると信じます。 ふたたび私が、破婚を繰りかえしたときには、私を完全の狂人として、棄てて下さい。 井伏鱒二『太宰治』より 井伏鱒二は、この手紙を太宰の生家に取り次いだことがきっかけで、太宰と美知子との結婚がうまくまとまったと随筆『太宰治』の中で語っています。 結局、その後もさまざまな女性との浮名を流した太宰でしたが、美知子との結婚生活は生涯にわたって続きました。 太宰の死後に発見された遺書には、 「美知様 お前を誰よりも愛していました」 という一文が記されていたことが知られています。 『斜陽』のモデルとなった愛人・太田静子 美知子との結婚生活をスタートさせた太宰は、『富嶽百景』、『走れメロス』といった素晴らしい短編作品を多数執筆しました。 小説家としての地位と名声を順調に得つつあった太宰が32歳にして出会った女性が、歌人で作家の 太田静子です。 太田静子には、25歳で弟の同僚からの熱心な求婚を受けて結婚するも、夫を愛することができずわずか1年ほどで離婚したという過去がありました。 女学校時代から口語短歌や詩歌を嗜んでいた静子は、離婚直後にふと読んだ太宰の小説に惹かれ、小説を書きたいので指導してほしい、という内容の手紙を太宰に送ります。 そして太宰と静子はその出会いをきっかけに、恋に落ちてしまったのです。 太宰と静子はそれから、妻・美知子の目を盗んで逢い引きを重ねるようになります。 太宰は静子に送ったラブレターの中に 僕は今日まで、結婚の時にたてた誓いを一所懸命まもって来た。 だけど、もうどうしていいか分からなくなった 一ばんいいひととして、ひっそり命がけで生きてゐて下さい などと記すほど、静子に夢中でした。 第二次世界大戦が終わる頃、すでに大人気作家として多忙な毎日を送っていた太宰は、数年ぶりに静子との再会を果たします。 太宰に依頼されて静子が提供した日記は、小説 『斜陽』のモデルとなります。 太宰とともに心中した愛人・山崎富栄 実は、太宰は静子から日記の提供を受けたのと同じ頃、東京で美容師をしていたある女性と屋台で知り合いになっていました。 その女性こそ、太宰とともに心中した最後の愛人・ 山崎富栄です。 富栄は太宰の著作を読んだことがなかったものの、出会ってすぐに太宰に好感を持ったようで、 愛してしまいました。 先生を愛してしまいました。 と情熱的な日記を綴っています。 そして太宰も、 死ぬ気で恋愛してみないか と持ちかけ、ふたりは恋人同士になったのでした。 非常に情熱的で、嫉妬深い性格だった富栄。 38歳になっていた太宰は『ヴィヨンの妻』発表後から体調を崩し、仕事部屋にこもりがちになっていました。 富栄は美容師を辞めてそんな太宰の世話を甲斐甲斐しく焼く一方で、 部屋に青酸カリを隠していると太宰を脅し、彼を精神的に追い詰めていきます。 富栄は太宰と心中自殺をする直前、静子に宛ててこんな手紙を投函していました。 修治さんはお弱いかたなので 貴女やわたしやその他の人達にまでおつくし出来ないのです わたしは修治さんが、好きなので ご一緒に死にます 太宰が富栄とともに玉川上水で心中したのは、1948年6月13日。 と分析しています。 おわりに 3名の女性たちとの恋を軸に太宰の生涯を振り返るだけでも、彼がいかに 女性の心を虜にした人物だったかが、よくおわかりいただけるのではないでしょうか。 太宰は生前、この3名の女性に限らずさまざまな女性に好意を抱いていたようで、こんな逸話も残っています。 「あたしだったら、太宰さんを死なせなかったでしょうよ。 そんな想像をしてしまうような、非常に太宰らしいエピソードだと言えるのではないでしょうか。 そんな魅力ある3名の女性たちと太宰を描いた名作が、6月13日、より4作品復刊されます。

次の