餃子 の 皮 作り方 薄力粉。 もちもちで美味しい餃子の皮の作り方!ポイントは米粉を加えること!

薄力粉で作る手作り餃子の皮 レシピ・作り方 by KUROneco|楽天レシピ

餃子 の 皮 作り方 薄力粉

日本に来た外国人が気にいる料理の一つが餃子。 夫ペトルも大好きだし、こちらの家族にも振舞ってみたい。 具にする挽肉やキャベツはどの国でも手に入りますが、市販の餃子の皮は日本食材店が近くになければなかなか手に入るものではありません。 日本では餃子を皮から手作りするなんて面倒なこと考えもしませんでしたが、よく考えてみると 材料自体はどこでも手に入る「小麦粉」。 市販品より多少手間はかかりますが、作り方は簡単ですし、もちもち美味しい餃子が作れます! 餃子の皮の作り方 (小サイズ25〜30枚くらい/二人でお腹パンパンになる量) ・ 強力粉と薄力粉を合わせて 180g (どちらかだけでもOK。 薄力粉だけだとパリパリとした焼き餃子向き、強力粉だともっちりした水餃子向き。 ) ・ 塩 少々 ・ 熱湯 130cc (1)小麦粉に、塩を混ぜた熱湯を入れかき混ぜる。 (2)手で触れる温度になったら、なめらかになるまで手で捏ねる。 (3)生地を2、3個に千切ってそれぞれを丸め、打ち粉をして常温で30分ほど寝かせる。 (4)打ち粉をしながら麺棒で生地を伸ばす。 (先に2、3個に千切ったのは、この時の作業のし易さのため。 大きいと扱いにくいので。 ) (5)薄く伸ばした生地を適当な大きさの丸い型(大きめのマグ、やかんの蓋などでOK)で抜く。 以上で生地は出来上がり! いくつかのレシピを見て、いいとこ取りした簡単さ重視のレシピです。 その場合は、(2)の後に、生地を小さな球体(一枚分の量)にしてから寝かし、その後にその球を一つ一つ麺棒で伸ばします。 どちらの方法でも仕上がりに違いはありません。 何度も作ってようやく慣れましたが、最初は、生地の厚さやサイズの加減が分からなくて微妙なものが仕上がりました。 味は小麦粉なので不味くなることはありませんが、見た目がね。 皮が完成すれば、具はお好きなもので。 ただ、もうひと手間。 餃子のたれも自作しなければいけません。 中華食材って海外でも簡単に手に入るものだと思っていたのですが、少なくとも私の周りにラー油は売っていません。 大きめのスーパーだと中華調味料コーナーはあって、何に使うのか分からないソース類は色々あるのですが、ラー油らしきものは見当たらないんですよね。 自作するにも八角とか花椒とか入れた方がいいみたいで、材料の入手も困難という。 手に入らないものは多いですが、不便な中でも面倒くささと食い意地との戦いです。 関連ポスト:.

次の

薄力粉とお湯だけ!超簡単で美味しい☆手作り餃子の皮 レシピ・作り方 by やまさ|楽天レシピ

餃子 の 皮 作り方 薄力粉

材料 直径9cm 24枚くらい 薄力粉 100g 強力粉 100g ぬるま湯 100cc 塩 小さじ1 打ち粉 薄力粉 少々 【関連リンク】 ・ 餃子の皮の作り方 人肌くらいのぬるま湯に塩を入れ、よくかき混ぜ合わせて塩を溶かしておきます。 ボールに強力粉と薄力粉を入れ、よく混ぜ合わせます。 混ざり合ったら、塩を溶かしたぬるま湯を少しずつ加え、菜箸などで粉全体に均等に水分が行き渡るように混ぜ合わせます。 水分が全体に行き渡ったら、ひと塊になるように捏ね合わせます。 ひと塊になった生地をビニール袋に入れ、30分くらい室温で寝かします。 薄力を使いながら、麺棒でなるべく生地を薄く伸ばします。 コップや茶碗などを使い、生地をくり抜きます。 もう一つの成形方法として、寝かせた生地を防除に伸ばし、生地を個数分に切って個々に丸めてから、麺棒などで丸く成形する方法があります。 個々に丸めて成形するよりも早くでき、同じ厚さの生地を作る事が出来ますが、生地に余りが出てしまうのが難点です。 完成 餃子の皮の完成です。

次の

手作り餃子の皮の作り方

餃子 の 皮 作り方 薄力粉

水餃子は強力粉を用いて、食塩ひとつまみ加えるのが最も美味しい。 薄力粉では確かに伸びがあるため具材を包みやすいことや薄くできるために焼き目がついてクリスピーな食感になります。 これを強力粉で再現すると具材を包みやすく、パリパリした食感で尚かつもっちりとした食い応えが出てきます。 強力粉に加える食塩はうどんを作る要領と同じで、塩分を多くすれば柔らかい皮になります。 あくまでも水餃子での技法です。 本来、中国には焼き餃子は存在しなかったのですが、今の中国や東南アジア諸国の架橋の方々が経営する店ではいろいろなかたちで焼き餃子もあります。 (焼き餃子は渋谷におられた中国の女性が最初に作り始めたようです。 諸説あります。 )水餃子は強力粉+食塩ひとつまみ、焼き餃子は中力粉のみでよろしいと思います。 私的にはいつも全て中力粉が多いですが、冬の水餃子だけは強力粉+食塩で皮を作り、タマネギ微塵、鳥挽肉、塩胡椒のあんを包みます。 焼き餃子も強力粉に水分多めで片栗粉を打ちながら(小麦粉を打つと皮が固くなります。 )できるだけよく伸ばしますと、食感は改めて再発見があります。 固定的な概念は、いわゆる「こだわり」で、それはそれで美味しいです。 この「こだわり」を捨てた料理が目先が変わって面白いです。

次の