平原 綾香 コンサート 2020。 平原 綾香 【公演延期】【名古屋】Dear Classic.A

平原綾香のライブチケット一覧│チケット流通センター

平原 綾香 コンサート 2020

平原綾香のチケット一覧 平原綾香 (ヒラハラアヤカ)はOffice MAMA所属のシンガーソングライター。 父はサックス奏者の平原まこと、祖父はトランペット奏者の平原勉という音楽一家に育つ。 2003年に発売されたデビューシングル「Jupiter」がシングル売上オリコン最高2位を記録、低音で伸びのある独特な歌声が曲と相乗して大きなインパクトを与えた。 この曲はグスターヴ・ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを平原が提案し実現したもの。 その他代表曲は「明日」「ノクターン」「誓い」など。 「誓い」はNHKでトリノオリンピック放送のテーマソングとして起用される。 また、「2014年アジア五カ国対抗」では堂々国家独唱をして歌唱力が評価された。 コンサートやミニライブなど精力的に行い、今後も更なる活躍が期待される。 全チケット件数• 閉じる.

次の

コンサート実績

平原 綾香 コンサート 2020

【延期公演中止のお知らせ】 5/4 愛知県芸術劇場コンサートホール、5/5 アイプラザ豊橋講堂で開催を予定しておりました 「 Dear Classic A-ya meets Orchestra平原綾香と開くクラシックの扉コンサート 2020」延期公演は中止とさせていただきます。 現在の新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、未だ収束時期の見通しが立たない状況下においての開催は困難と判断し、残念ながら延期公演を中止とさせて頂く事となりました。 苦渋の決断ではございましたが、お客様ならびに出演者と関係者の健康や安全を最優先し、このような決定となりました。 公演を延期させていただいたうえに中止となってしまい、心待ちにしてくださっていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒、ご理解ご了承くださいますようお願いいたします。 中止に伴い、チケットの払い戻しを行います。 お手持ちのチケットは払い戻しに必要となりますので、半券は切り取らず、大切に保管してください。 また、払い戻し期日を過ぎますと払い戻しをいたしかねますのでご注意ください。 皆様には重ねてお詫び申し上げますとともにお手数をおかけしますが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 新型コロナウィルス感染症に感染された方々の一刻も早い回復と、皆様の安全をお祈り申し上げます。 また、感染拡大が収束し、いつも通りコンサートを楽しめる日が一刻も早く戻ってくることを強く願っております。 株式会社CBCテレビ事業部 株式会社中日新聞社芸能事業部 サンデーフォークプロモーション 【名鉄ホールチケットセンターでのチケットの払い戻し方法】 「Dear Classic A-ya meets Orchestra平原綾香と開くクラシックの扉コンサート2020」の公演のチケットを 名鉄ホールチケットセンターにてご購入いただきましたお客様へ、払い戻しの手続きをさせていただきます。 予めご了承ください。 主催者・お問合せ 公演に関するお問合せ:CBCテレビ事業部 TEL:052-241-8118 平日10:00~18:00 チケットに関するお問合せ:サンデーフォークプロモーション TEL:052-320-9100 12:00~18:00 チケット販売終了予定日 名鉄ホールチケットセンターでの販売は、 窓口販売および電話予約の受付は公演初日の3日前、インターネット予約は公演初日の9日前で終了いたします。 販売期間内であっても売り切れとなる場合がございますのでご了承ください。

次の

平原綾香

平原 綾香 コンサート 2020

<平原綾香 Jupiter 基金>は 平原綾香がデビュー13年目を機に 音楽を通じて社会貢献、様々な支援をさせていただくため 株式会社ビーエスフジ 株式会社MSエンタテインメント・プランニング 株式会社ホットスタッフ・プロモーションの協力を得て 2015年に設立した基金です。 毎年一回を目標に皆様に楽しんでいただける 「平原綾香 Jupiter 基金コンサート」を開催いたします。 コンサートを開催するに当たっての運営経費を除いた残金のすべてを 支援金として寄付させていただきます。 (有)Office MAMA. の収益金及び平原綾香、平原まことの出演料も寄付させていただきます。 コンサート会場での募金活動およびグッズ販売も実施し、グッズ製作費を除いた収益のすべてを 合わせて寄付させていただきます。 「ひとつの場所に決めて寄付をさせていただくのではなく その時に困っている人がいたら支援させていただく」という方針でその年毎に、寄付先を決めていく予定です。 設立にあたっての平原綾香のコメント 2004年に起きた新潟中越地震。 「Jupiter」にたくさんのリクエストを頂きました。 2003年にデビューしたばかりの私は、歌うことしか出来ないもどかしさを抱えていました。 音楽で何ができるのだろう、私は何のために歌うかを自分に問いかける日々の中で、 歌うことへの意味を教えてくれたのは、私の歌を聴いてくださった傷ついた方々でした。 2011年3月の東日本大震災。 現地で、家や仕事、大切な人をも失った、深い悲しみや苦しみに触れました。 それでも前を向いて生きていこうとしている方々を、私はこれからも応援したいと強く思っています。 世界中にいる、まだまだ応援を必要としている人々や動物たち。 同じこの地球に生まれて、みんなそれぞれの人生をひたむきに生きています。 何も出来なくても、まずは寄り添うこと、手を差し伸べることから始めること。 それが私にとっては、大きな第一歩です。 そして、同じ思いをもつアーティストの方々と歌うことで、より大きな力を送ることが出来ると思っています。 今後も、たくさんの方々とこの活動を続けていきたいです。 平原綾香 平原綾香は1月12日にヤンゴン市内にある「Dream Train」を訪問しました。 「Dream Train」に到着すると、子どもたちはすでに教室に集まっていました。 「ミンガラーバー!」 綾香が挨拶しながら教室に入ると、ワッと歓声が上がり拍手で迎えてくれました。 歌のプレゼントをしたいと子どもたちが立ち上がると、「おひさま〜大切なあなたへ」のイントロが流れ、なんと子どもたちが日本語で歌い始めました。 まったく予期していなかったので、大変驚きました。 ミャンマーは慈しみ ミッター の心を大切にしている国と聞いていましたが、子どもたちの歌にその心を感じ、綾香もあふれる涙を何度も何度もぬぐっていました。 続いて、以前ミャンマープエドーで歌った思い出の曲「未来へ」の歌のサプライズもあり、綾香も一緒になって歌い大合唱に。 教室の窓が揺れるほどの子どもたちの大きな大きな歌声に、ただただ圧倒されました。

次の