シャドー コリドー 攻略。 Shadow Corridor Switch版骸流し 大勾玉を持って憎悪を振りまく影から逃げてきたよ!

【更新版】和風ホラーゲーム影廊(かげろう)ランナー等、徘徊者(敵)攻略法

シャドー コリドー 攻略

こんにちは、レポートや課題に追われるsleeperです。 ただ、FEHをやめた分時間は増えましたが、やっぱ寂しいかも。 今回は、そんな寂しさを癒してくれる(?)ゲームについて雑談程度に書いていこうかなと。 といっても、ホラーなので要注意です。 この辺で有名なのは「恐怖の森」「オトギリ」などがありますが、これらと比較しましてもとんでもなくおっそろしいのが特徴。 具体的にどの辺が怖いかというと・・・ 非常に綺麗かつ、リアルな映像 このゲームはUnrealengine4という(今までは式でしたが、今はなんとサポ無しverならば無料!)を使い制作されています。 機能や編集のしやすさもさながら、とにかく映像がきれいなんですよ。 特に目を見張るのが、光源処理性能の高さ。 製作者の腕によるとはいえ、ライターの火のちらつきや水が光を反射した際のあの幻想的な光などを作れます。 のバイオのリベレーションズを初めてプレイした時と同じ感動を味わいましたね。 徘徊者のビジュアル まず、ビジュアル。 これだけでも恐怖の森のヨシエさんレベルのトがあります。 ですが、全体像は暗くて非常に分かりにくいですよね。 ですけど、暗闇の中を真っ赤な能面が迫ってくる恐怖は筆舌に尽くしがたきものがあります。 ゲームオーバー画面はトラウマもんですね。 徘徊者の探知システム 4種類の徘徊者がいますが、どれもが個性を持っています。 視覚の鋭い徘徊者、常に走り回る徘徊者、じっと動かないが聴覚の鋭い徘徊者・・・など、それぞれ厄介な個性持ち。 いかに捌くかが重要になる。 徘徊者接近を示すサイン 徘徊者がプレイヤーに接近しますと、ロウソクやライターの光が赤く明滅する、懐中電灯がチカチカする、徘徊者固有の音がするなどの怪奇現象が発生します。 これが前述の映像の美しさと相まって、プレイヤーを焦りと恐怖のに叩き落します。 迫ってくる音、赤黒く光るロウソクの光、プレイヤーの心音など、プレイヤーの精神はどんどん削られていくことでしょう。 故に、決まった攻略法が存在しないのです。 高難易度なだけでなく、失敗したくないとプレイヤーに思わせることで一瞬の判断を難しくしたり、焦りを誘発させる効果もありますね。 一寸先は闇、でも光も怖い 人というのは、何か自分の力では制御できないことや、自分にわからないことを本能的に恐れます。 食べられるかもしれない、飲み込まれるかもしれない、何も起きないかもしれないしもしかしたらばお宝があるかもしれない。 このゲームでは基本的に非常に暗く、ロウソクを灯したりライターなどを使わない限りは真っ暗です。 光は徘徊者の接近を示したり、視界を確保したりと非常に有効な行動です。 しかし、光が照らすのは周りだけでなく、自分も照らされます。 自分まで見つかりやすくなってしまうのです。 この「明かりをつける」という基本的な行動にさえ駆け引きがある、というのは他のホラゲーでは味わえぬ恐怖といえるでしょう。 まとめ ホラゲーとして非常に高い完成度を持った傑作ですね。 傑作すぎて5分でプレイをやめてしまう人も多いと思いますが(笑)。 ノートパソコンでも若干かくつきますがまあプレイできます。 実際にプレイをしてみるのをお勧めします。 あ、心臓の弱い方はやめたほうがいいかもしれません。 sleepersfeh.

次の

Shadow Corridor(旧影廊)の霊魂の淵叢で心折れた人たちへ ①基礎編:にぃと有希のブロマガ

シャドー コリドー 攻略

こんにちは、レポートや課題に追われるsleeperです。 ただ、FEHをやめた分時間は増えましたが、やっぱ寂しいかも。 今回は、そんな寂しさを癒してくれる(?)ゲームについて雑談程度に書いていこうかなと。 といっても、ホラーなので要注意です。 この辺で有名なのは「恐怖の森」「オトギリ」などがありますが、これらと比較しましてもとんでもなくおっそろしいのが特徴。 具体的にどの辺が怖いかというと・・・ 非常に綺麗かつ、リアルな映像 このゲームはUnrealengine4という(今までは式でしたが、今はなんとサポ無しverならば無料!)を使い制作されています。 機能や編集のしやすさもさながら、とにかく映像がきれいなんですよ。 特に目を見張るのが、光源処理性能の高さ。 製作者の腕によるとはいえ、ライターの火のちらつきや水が光を反射した際のあの幻想的な光などを作れます。 のバイオのリベレーションズを初めてプレイした時と同じ感動を味わいましたね。 徘徊者のビジュアル まず、ビジュアル。 これだけでも恐怖の森のヨシエさんレベルのトがあります。 ですが、全体像は暗くて非常に分かりにくいですよね。 ですけど、暗闇の中を真っ赤な能面が迫ってくる恐怖は筆舌に尽くしがたきものがあります。 ゲームオーバー画面はトラウマもんですね。 徘徊者の探知システム 4種類の徘徊者がいますが、どれもが個性を持っています。 視覚の鋭い徘徊者、常に走り回る徘徊者、じっと動かないが聴覚の鋭い徘徊者・・・など、それぞれ厄介な個性持ち。 いかに捌くかが重要になる。 徘徊者接近を示すサイン 徘徊者がプレイヤーに接近しますと、ロウソクやライターの光が赤く明滅する、懐中電灯がチカチカする、徘徊者固有の音がするなどの怪奇現象が発生します。 これが前述の映像の美しさと相まって、プレイヤーを焦りと恐怖のに叩き落します。 迫ってくる音、赤黒く光るロウソクの光、プレイヤーの心音など、プレイヤーの精神はどんどん削られていくことでしょう。 故に、決まった攻略法が存在しないのです。 高難易度なだけでなく、失敗したくないとプレイヤーに思わせることで一瞬の判断を難しくしたり、焦りを誘発させる効果もありますね。 一寸先は闇、でも光も怖い 人というのは、何か自分の力では制御できないことや、自分にわからないことを本能的に恐れます。 食べられるかもしれない、飲み込まれるかもしれない、何も起きないかもしれないしもしかしたらばお宝があるかもしれない。 このゲームでは基本的に非常に暗く、ロウソクを灯したりライターなどを使わない限りは真っ暗です。 光は徘徊者の接近を示したり、視界を確保したりと非常に有効な行動です。 しかし、光が照らすのは周りだけでなく、自分も照らされます。 自分まで見つかりやすくなってしまうのです。 この「明かりをつける」という基本的な行動にさえ駆け引きがある、というのは他のホラゲーでは味わえぬ恐怖といえるでしょう。 まとめ ホラゲーとして非常に高い完成度を持った傑作ですね。 傑作すぎて5分でプレイをやめてしまう人も多いと思いますが(笑)。 ノートパソコンでも若干かくつきますがまあプレイできます。 実際にプレイをしてみるのをお勧めします。 あ、心臓の弱い方はやめたほうがいいかもしれません。 sleepersfeh.

次の

Shadow Corridor on Steam

シャドー コリドー 攻略

スポンサーリンク 僕と影廊 シャドーコリドー まずは影廊 シャドーコリドーのSteam版のリリース一周年おめでとうございます! 影廊 そして後のシャドーコリドーに関して自分の思いを語っていきたいと思います。 自分が初めて影廊の動画をアップしたのは2017年の9月1日、初めは怖過ぎてガチでビビッて屈み歩きばっかりで進んでいました。 Youtubeでホラーをアップしたのはこれが初めてではありませんでしたが、影廊のクオリティの高さから他のホラーよりも段違いに怖く、逆に二度とやりたくないとさえ思っていました。 それでも影廊の今で言うヒグラシの回廊をなんとかクリア、これでホッと一息ついたと思ったら まさかの影廊Ver1. 05という 深淵 が追加された影廊がリリースされました。 当時自分はYoutubeとしては底辺も底辺。 なんとかヒグラシの回廊をクリアできたこともあり、急いでアップデートがあった影廊をプレイ。 速報的な感じで飛びついた私は影廊tuberとしての第一歩を踏み出した瞬間でした。 深淵をヒィヒィしながらクリアして新しい徘徊者の忍び寄る徘徊者や、クリア後のお楽しみの混沌の神楽鈴、そして秘密の部屋と動画をアップしていったお陰で、チャンネル登録者数が1000人を突破できました。 つまり私にとって影廊はYoutubeの成長に不可欠なゲームだった訳です。 これはもう感謝しかありませんよね。 しかし、検証動画を撮っていてこのままではいつか検証ネタが尽きる、と考えていた私は、どうにかして影廊の動画を出せないか考えたところ、影廊縛りを考え付いた訳です。 当時の事は詳しく覚えていませんが、チラホラと縛りをリクエストするコメントが増え、そのお陰もあってか週一で挑戦する縛りのリクエスト、通称 縛リクエスト をするきっかけになりました。 それでも影廊の人気も段々と落ち着いていった2018年の後半、城間さんのTwitterを知り、そこで影廊のSteam版の開発を知ることとなります。 そこで私も縛リクエストに力が入り、微力ながら影廊人気を少しでも絶えさせないようにと思い始めました。 そして去る2019年3月8日 待望のSteam版 影廊 後のシャドーコリドーがリリースされました! 勿論私は早速飛びつき、次の日には動画をアップ、 昔の深淵ステージの時のような、新しい要素にワクワクとドキドキを隠し切れない感じで、寝る間も惜しんで影廊の動画をアップしていました。 あの時は正直テンションがおかしかったんですが、それよりも新しい要素等に次々と体験できることに、疲れもどこ吹く風状態でやっていた記憶があります。 そんな中ついに一つの目標だったYoutubeのチャンネル登録者数が1万人を突破! もうこれは影廊のお陰と言っても過言ではありません。 逆にSteam版影廊で一番楽しい時期に1万を突破したこともあり、自分の胸に影廊は切っても切れない存在へと深く刻まれた瞬間でもありました。 影廊の名称がシャドーコリドーに変更し、検証動画も一通り終えた頃、 城間さんからTwitterにDMがきました。 ある方とTwitterでお話をして欲しいと、 そしてある方に連絡し、そこで聞かされたのは シャドーコリドーのSwitch版発売。 そしてSwitch版のプロモーションムービーを制作して欲しいと、 当時は興奮したのを覚えています。 しかし視聴者さんにすぐに言えないもどかしさもありました笑 勿論私はYoutubeでは動画を投稿していますが、プロモーションムービーに関しては素人同然です。 そしてその影廊のPVを私が作っていいものかという不安もありました。 しかし影廊には恩があります。 そこで私は、逆に影廊の魅力を骨の髄まで知り尽くしている自分にしかできない大役だと思い、PVを制作することになった訳です。 そしてその流れから発売前のSwitch版のテストプレイと貴重な体験をさせて頂きました。 去年の年末にはYoutubeを飛び出しリアルでのシャドーコリドーのオフ会にも参加してきました。 作者の城間さんからの裏話も聞けたり、影廊のユーザーさんとの交流もあり、これまた貴重な体験をさせて頂きました。 そして満を持してのPS4版のシャドーコリドーの発売。 フリー版の影廊、そしてPC版、Switch版、PS4版とどのゲーム機でも遊べる影廊の時代がやってくるとは。 これだけにとどまらない影廊、今後の展開にも期待しています。

次の