松島 幸太朗 ツイッター。 松島幸太朗、木梨憲武との“お揃い木梨サイクル帽2S”に反響「キャップ似合ってます」(THE ANSWER)

松島幸太郎はインスタやツイッターをやっている?公式があるか調査!

松島 幸太朗 ツイッター

19年ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表FB松島幸太朗(27=サントリー)が19日、元日本代表WTB山田章仁(34=NTTコミュニケーションズ)のオンライントークイベントに参加し、予想外の出来事に驚いた。 ビデオ会議システムアプリを利用した視聴者参加型のトークイベントのテーマは「海外移籍」。 視聴者が挙手ボタンを押して、司会役の山田から指名されると2人に質問できる形式だった。 今月末にサントリーを退団し、今夏にフランス1部の名門クレルモンへ移籍する松島に現在の心境などを問う質問が続く中、山田が「では、次はリロイ太郎さん!!」と指名した。 リロイは松島のモノマネをしているお笑い芸人。 「ん!? 」と苦笑いした松島から「芸人だよ」と聞いた山田が質疑応答終了後、「モノマネ、いつか楽しみにしています」と締めようとした。 その言葉を受け、芸人の意地を見せたリロイは急きょ、音声のみで渾身(こんしん)のモノマネを披露。 「松島選手の試合後のインタビュー」と題し、考え込むように少し間を置きながら「そ、そうですね~」とポツリ。 それを聞いた松島は苦笑いを浮かべ、次の質問に移った。 その後、リロイは自身のツイッターを更新。 「松島幸太朗選手とはじめてお話できたー! まじで今のところ人生1番うれしい! 本当にありがとうございました!」などと興奮を抑えきれない様子だった。 photo• スポーツ 40歳迎える田臥勇太、ヨガに納豆 体のケア入念に []• バスケットボール [6月24日 19:08]• スポーツ [6月24日 19:05]• スポーツ [6月24日 19:02]• スポーツ [6月24日 18:47]• フィギュア [6月24日 18:09]• ラグビー [6月24日 18:08]• ラグビー [6月24日 17:35]• 水泳 [6月24日 17:33]• 水泳 [6月24日 17:19]• 東京オリンピック2020 [6月24日 17:18]• テニス [6月24日 13:49]• テニス [6月24日 10:15]• テニス [6月24日 8:35]• テニス [6月24日 8:20]• テニス [6月24日 0:46]• テニス [6月22日 8:59]• テニス [6月20日 21:02]• テニス [6月20日 9:15]• テニス [6月19日 18:34]• テニス [6月19日 10:01]• 陸上 五輪マラソン代表服部、網走大会1万mにエントリー []• 陸上 [6月24日 10:00]• 東京オリンピック2020 [6月23日 18:21]• 陸上 [6月23日 16:44]• 陸上 [6月23日 8:44]• 陸上 [6月22日 19:29]• 陸上 [6月22日 15:52]• 陸上 [6月22日 14:52]• 陸上 [6月22日 14:04]• 陸上 [6月20日 6:00]• 陸上 [6月19日 16:12]• フィギュア フィギュア竹内洋輔強化部長を承認 副部長から昇格 []• フィギュア [6月24日 18:09]• フィギュア [6月24日 16:02]• フィギュア [6月24日 10:46]• フィギュア [6月23日 10:22]• フィギュア [6月20日 10:03]• フィギュア [6月20日 1:28]• フィギュア [6月19日 17:16]• フィギュア [6月19日 14:37]• フィギュア [6月19日 10:21]• フィギュア [6月18日 14:19]• バレー ロンドン五輪銅メンバー、久光製薬の新鍋理沙が引退 []• バレーボール [6月21日 8:17]• バレーボール [6月20日 19:12]• バレーボール [6月20日 17:32]• バレーボール [6月14日 9:09]• バレーボール [6月13日 20:09]• バレーボール [6月13日 19:16]• バレーボール [6月11日 19:45]• バレーボール [6月11日 13:45]• バレーボール [6月10日 18:12]• バレーボール [6月2日 19:29]• バスケ B2福島に友利健哉が新加入 仙台は矢代が通訳兼任 []• バスケットボール [6月24日 19:08]• バスケットボール [6月24日 16:03]• バスケットボール [6月24日 13:11]• バスケットボール [6月24日 11:20]• バスケットボール [6月23日 19:44]• バスケットボール [6月23日 19:39]• バスケットボール [6月23日 17:22]• バスケットボール [6月23日 16:14]• バスケットボール [6月23日 9:31]• バスケットボール [6月22日 17:42]•

次の

松島幸太朗が不意打ちの「号泣写真」 5万超反響「田中さん可愛い」

松島 幸太朗 ツイッター

ラグビー松島&バスケ富樫との同世代3ショットに続々反響 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・(大橋)がツイッターを更新。 ラグビー日本代表のとともにバスケ観戦し、Bリーグ千葉のと撮影した93年生まれの豪華3ショットを公開すると「なにこの組み合わせ 神じゃん」などとファンを喜ばせていたが、松島も自身のインスタグラムに同様の3ショットを投稿。 さらに反響が拡大している。 各競技のトップスターが1枚に納まった。 グリーンのアウターに白のTシャツ、デニム姿でお洒落に決めた左サイドの井上。 右サイドには黒のアウターにキャップ姿の松島が片手でサムアップのポーズを揃え、中央で赤のチームジャージ姿の富樫が両手でサムアップを決める。 豪華な3人はいずれも爽やかな笑顔を見せた。 井上は「初のバスケ観戦最高に楽しかった!」と投稿するとファンからは歓喜の声が上がっていたが、松島も同じ写真に「トップリーグ開幕前にいい刺激もらった! めちゃめちゃ楽しかった」と記しこちらも大いに刺激を受けたようだ。 するとこの3ショットにも「みんなカッコ良すぎます」「すごいメンバー」「みんなカッコよくて鼻血出そう」「えっカッコ良過ぎます!」「このショット凄すぎて!」などと反響が拡大し、2万5000件を超える「いいね!」が集まっていた。 早生まれの松島が1年先輩にあたるが、いずれも93年生まれで各競技のトップ選手として引っ張っている3人。 フィールドは違えど刺激し合う3人のアスリートが、2020年のスポーツ界を沸かせてくれそうだ。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の

松島幸太朗、木梨憲武との“お揃い木梨サイクル帽2S”に反響「キャップ似合ってます」(THE ANSWER)

松島 幸太朗 ツイッター

Interviewer: Here is the player of the match, Japan Kotaro Matsushima. Congratulation on your win. インタビューアー:今日のプレイヤーオブザマッチ。 日本チームの松島幸太郎選手です。 今日の勝利、おめでとうございます。 今日の試合は楽しめましたか? Matsushima: Thank you very much. Most of the jobs were done by Forwards. So I really appreciate that. 松島: ありがとうございます。 ほとんどの仕事はフォワード陣がやってくれたので、彼らに感謝しています。 Interviewers: After you were troubled in kicking, things were going tricky? インタビュアー:キックが上手く行かなくなった後、ゲームは難しくなりませんでしたか? Matsushima: We lost our control in the backfield. Or we can fix it next week. 松島:今日はバックスラインでコントロールを失ったので、そこは来週までに修正します。 Interviewers: Now just tell me about the no charges. Do you think you scored it? インタビューアー:トライ未遂が1つありましたが、トライできたと思いましたか? Matsushima: maybe fingertip? 松島:指先だけなら。 Interviewer: Stop being humble, man. インタビュアー:謙遜しないでください(笑) fix it 修正する 修理する be humble 謙虚な 控えめな ところどころラグビー用語が出てくるので分からない部分はありますが、こんなものは全体的にどんな事を言ってるのか程度で良いかと思います。 」的な内容です。 強いて盛り上がった場面を挙げるならば、最後の部分。 この試合で松島選手にトライとなりそうなシーンがありましたが、グランドにしっかりボールが付いていないというジャッジでノートライになりました。 なかなか笑いも分かる男と見ました。 松島選手はウィングというトライに最も近いポジションで、華のあるポジションです。 今大会の全選手の中でもスピードだけなら最速に近いのではないでしょうか。 またこのクールなルックスは女性ファンに人気があるようです。 松島と並ぶウィングの福岡、この日本の両翼がどれだけこのワールドカップの舞台でライン際を駆け上げられるチャンスをチーム全体で作り上げられるか。 日本代表の成績はここに掛かっている気がします。

次の