鬼滅の刃 194。 鬼滅の刃194話ネタバレと感想 【灼熱の傷】

鬼滅の刃194話ネタバレ考察・予想!無惨や鬼の寿命はいくつなのかについても

鬼滅の刃 194

スポンサーリンク 猫の茶々丸が生きていた!! 愈史郎らは怪我人の手当のため走っています。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 そこに、一匹の猫が横たわっていました。 無惨にバラバラにされた茶々丸です! まだ生きています。 愈史郎が駆け寄って体をつないでやると・・・なんと元通りになりました。 茶々丸も血戦直前に鬼にしたとのこと。 鬼にしたのは珠世でしょうか。 動物も鬼になれるとは驚きです。 そして、こうなることを予測して事前に鬼にしておいた珠世と愈史郎、さすがです。 あらゆることを想定して用意周到に準備を進めていたのですね。 村田たちがそれを見て驚いたり感心したりしていますが、そんな二人に向かって 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 「死にかけてる奴らの手当をしろよ 本当にグズだなお前ら」 相変わらず辛辣なセリフ! しかし愈史郎の活躍で鬼殺隊は何度も危機を救われています。 棘がある言葉も、内容は的確なものばかり。 柱や炭治郎たちとは違った形で大きな働きをしている彼らも、このまま頑張って皆を救って欲しいですね!! スポンサーリンク 悲鳴嶼の手当をする愈史郎 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 そして愈史郎は岩柱・悲鳴嶼の元に駆け寄ります。 意識を失っている悲鳴嶼に声をかけながら応急処置を施しますが、足が切断されているため既に大量に失血している模様。 仮に意識が戻ったとしても戦闘は不可能だろう、と愈史郎は考えています。 現在無惨と戦っているのは炭治郎一人。 残り五十分以上残して悲鳴嶼がやられてしまっては、戦いは厳しいと愈史郎は考えています。 ここで・・脳裏に珠世の姿が浮かびます。 珠世に向かって涙を流しながら祈る愈史郎 「炭治郎を守ってください 何とか守ってやってください お願いします」 もちろん無惨を倒すのが最終目的で、それは全員が同じ気持ちであるはずです。 しかしここで無惨を倒してください、ではなく、炭治郎を守ってください、と願っている愈史郎に優しさを感じました。 スポンサーリンク 炭治郎の危機を救ったのは・・・蛇柱・伊黒!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 再び炭治郎と無惨の戦いです。 技はただ繋げばいいというものではく、心臓と脳を正確に狙わなければと考える炭治郎。 常時透き通る世界に入っているわけではなく、集中しないとすぐ元の状態に戻ってしまいます。 もっと集中して、透き通る世界に入るんだ、と考えた矢先。 不意に視界が狭くなり、目の前が真っ暗に!! 日の呼吸を連続して出し続けたことで体に負担が重なり、酸欠状態になってしまったのです。 続けて足元もすべってしまい、炭治郎ピンチ・・・!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 とそのとき、一人の隊士が炭治郎を抱えて助けてくれました!! 蛇柱の伊黒です。 生きていたのですね、良かった!! スポンサーリンク 伊黒と鏑丸の絆 誰かが助けてくれた・・ 炭治郎は抱えられながら、つかの間の休息で酸欠から回復し、再び目が見えるようになりました。 そして伊黒にお礼を言おうと見上げると・・ なんと彼の顔は一面傷だらけだったのです。 両目も傷ついてしまったのかつぶったままで、見えていない状態。 そんな重傷にもかかわらず自分を助けてくれた伊黒に対して炭治郎は、自分が援護して戦いますと言いますが、伊黒は必要ないと答えます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 「俺には鏑丸がついてる」 伊黒は元々右目が弱視でほとんど見えていなかったのだそうです。 いつも蛇の鏑丸を連れていたのは、彼の目の代わりになって視覚を補ってもらっていたからなのですね。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 無惨は「死にぞこないめ」と伊黒目がけてすさまじい攻撃をしかけます。 その威力は周囲の建物を一瞬で吹き飛ばすほど。 怒りにまかせて攻撃しますが伊黒はかわし続けます。 あのような畜生に私の攻撃が読まれているだと?と、鏑丸が目の代わりになっていることで怒り心頭の無惨。 炭治郎も戦闘に戻り、再び二人で無惨に立ち向かいます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 無惨は老化薬の分解にてこずり、かなり力が弱っている模様。 みんなの攻撃が無惨を弱らせている。 炭治郎は無惨の匂いが段々変化していると感じています。 それでもまだ充分に強く、酸欠を免れるのが精いっぱいで透き通る世界に入ることができずにいました。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 194-195 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 蛇柱の伊黒が戦闘に戻ることができましたが、両目に大きな怪我を負っていました。 岩柱の悲鳴嶼は重体で意識が戻るかどうかも不明です。 あとの柱や、善逸、伊之助の容態も心配です。 愈史郎はトリアージで悲鳴嶼が一番重傷と判断して治療を優先したのでしょうか・・・ 来週あたり全員の安否がわかればいいのですが。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」194話より引用 そして、最後に無惨の古傷が表面化しました! 老化薬によって体が弱り隠しきれなくなってきたからだと思われますが、弱点であるはずの古傷をさらしてしまうのは無惨にとっては厳しい状況のはず。 これは炭治郎たちにとって絶好のチャンスですね。 無惨が老化の薬を分解してしまう前に、何とか追い詰めて欲しいです!!.

次の

鬼滅の刃~194話のネタバレ&あらすじ!伊黒が嫌いな炭治郎を庇い… | 8ラボ(はちらぼ)

鬼滅の刃 194

死の淵を垣間見た生き物はより強靭になると私は知っている 死を回避する為に、通常生きていく上では不必要だった感覚や力の扉が開かれるのだ。 扉を開けぬ者は死に、 扉を開いた者は、 妹の力に頼らず刀身を 赫 あかくした。 だが、及ばない。 遠く及ばないのだお前たちは、あの男には あの男の 赫刀 かくとうは、斬撃は こんなものではなかった。 6つ繋がった。 やっと半分 脳も心臓もぐるぐる動いてる 攻撃に押されて銅まで刃が届かない。 速すぎる。 肺を殴られてるみたいだ 四肢が引き千切られるように痛い 心臓が破裂する。 夜明けまで1時間ある。 1時間・・・ 集中しろ今この瞬間の1秒以外考えるな 剣が鈍る 手足が鈍る 1秒だ 1秒を繋げ 夜明けまでの1秒を繰り返せ。 が・・・ 無惨 むざんにとっては技の精度が 緑壱 よりいちとの差を感じてしまうものであったようです。 もう技の精度が落ちた。 赫 あかい刃もすぐ元に戻る 所詮此奴 しょせんこいつもこの程度。 当然だ、あんなもの そうそう生まれてなるものか その後2人の戦いは続き、ふと 無惨 むざんはあることに気づきます。 ? 何だ? 炭治郎 たんじろうは変わらず動きは精彩を欠いて遅い 人間ならば当然動いた分疲労が足枷となる 何故私はその疲弊しきった手負いの人間一匹に止めを刺せない?・・・と そしてようやくあることに気づきます。 違う 私も遅くなっているのだ そうでなければ1体1でここまで時間はかからない 2度も止めを刺し損ねない そしてすぐにその理由を推測します。 原因はあの女に違いない 取り込んだ 珠世 たまよの細胞に吐かせる。 お前は何をした? 私に使った薬は人間返りではなかったのか?と、 そして珠世の細胞は 無惨 むざんの問いに答えます。 「お前に・・・使った薬は・・・」 「人間に戻すもの・・・」 「それと・・・」 「言わない」 「無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」 その返事の瞬間 無惨 むざんは体内の 珠世 たまよの細胞をぐしゃ!っとにぎりつぶし 細胞に残る記憶を読みます。 そして上弦の弐の鬼、 童磨 どうまに吸収されてしまった鬼殺隊の元毒柱だった 胡蝶 こちょうしのぶが出てきます。 「薬は複数のかけ合わせにしましょう」 「分解されることは前提で進めるべきです」 「ひとつめは人間に戻す薬」 「そしてそれが効かなかった場合」 「残った薬がより強力に作用するよう細工をします」 「2つめは老化の薬が望ましいですね」 「 珠世 たまよさんが作ったこれなら1分で50年 無惨 むざんを老いさせることができる」 と、そこで初めて驚愕の事実を知ります。 そうか私は老化し続けていたのだ 老化の進行を食い止める為に私の力は削がれ 柱含めこの程度の鬼狩りの始末にてこずった。 珠世 たまよが私に薬を使ったのは何時間前だ 4時間・・・いや5時間近く前・・・ 薬が効き始めるまでの時間を差し引いたとしても 3時間以上作用していたと思われる つまり私は・・・ 9千年老いている!! もっと早く気づくべきだった 頭髪の色が戻らないこと・・・ と、今までの自分の異常な体の変化にその時初めて気づいた 無惨 むざんでした・・・ と、その時にカラスが「夜明ケマデ59分!! 」と叫びます。 もっと早く もっと正確に 繰り返せこの12のべ繰りを!! 夜明けまで!! 茶々丸 ちゃちゃまる、首を斬られても死んでなかったのですね!よかった!! 茶々丸 ちゃちゃまるの首を拾い上げ、胴体と引っ付ける 愈史郎 ゆしろうでしたが、 その様子を横から見ていた鬼殺隊の隊士達は驚き、 「その猫も鬼なのか?」と 愈史郎 ゆしろうに聞くと 愈史郎 ゆしろうは「決戦直前に鬼にできたんだ」 と返事しますが、すぐさま 「そんなことより何をボケッと見てる?」 「死にかけてる奴らの手当てをしろよ」 「本当にグズだなお前ら」 と、言うと隊士達は急いで救助に向かいます。 横たわる 伊之助 いのすけに 「大丈夫か猪!! 」 「血清打ってないの 我妻 あがつまと 猪と 栗花落 つゆりさんの3人だよなぁー!? 」 と言いながら 栗花落 つゆり カナヲを救助します。 そして、 愈史郎 ゆしろうは瓦礫の中で横たわる 悲鳴 ひめじまの手当てを始めますが 思ったよりも容態が悪いようです・・・ 「まずい・・・足はまずい・・・」 「仮に意識が戻ったとしても失血と平衡感覚の欠如で戦うことなど不可能だ」 「50分以上残してコイツがやられるとは・・・」 「 炭治郎 たんじろう1人では無理だ」 「 珠世 たまよさま・・・」 「 炭治郎 たんじろうを守ってください」 「何とか守ってやってください。 お願いします」 と、つぶやきます・・・ 場面は 炭治郎 たんじろう対 無惨 むざんの戦闘へとうつし、 必至に戦闘を繰り広げる 炭治郎 たんじろうは 「技は繋げばいいってものじゃないぞ」 「心臓と脳を正確に狙わなきゃ」 「もっと集中して透き通る世界に入るんだ」 と、思った矢先に 炭治郎 たんじろうの体に異変が起こります。 「見えない・・・!! 」 「酸欠・・・!! 」 とすぐさま自分の体の異変に気が付きます。 「落ちつけ!! 」 「匂いで捉えろ」 「大丈夫だ絶対できる!! 夜明けまで・・・」 その瞬間着地した左足がズルっとすべってしまい、攻撃を喰らってしまいそうになる 炭治郎 たんじろうでしたが そこへタイミングよく伊黒小芭内が駆けつけ蛇の呼吸の技を出し 炭治郎 たんじろうを救います。 炭治郎 たんじろうはその瞬間目が見えておらず、ただ誰かが助けてくれたとだけ把握してましたが 匂いをかぎ、次第に視覚が戻りはじめ助けてくれた人が着ている羽織の模様がだんだんと見え始めます。 そして、救ってくれたのが 伊黒小芭内 いぐろおばないであることを確認出来たと同時に 伊黒 いぐろが目を負傷し開いていないことを確認します。 炭治郎 たんじろうは 「 伊黒 いぐろさん両目が・・・!! 」 「俺を庇ったせいで」と言うと 伊黒 いぐろは 「違う!もっと前にやられた」 「お前は人のことばかりうるさい」と、 そんな 伊黒 いぐろに 炭治郎 たんじろうは 「 伊黒 いぐろさん俺が援護して戦います」 すると 伊黒 いぐろは 「俺は元々右目が弱視で殆ど見えなかった」 「お前の介添えなど必要ない」 「俺には鏑丸がついている」 としびれることを言ってくれます!めちゃくちゃかっこいいですね!! そうして 伊黒 いぐろは 無惨 むざんとの戦闘を繰り広げます。 目の見えていない 伊黒 いぐろはどうやって戦っているのでしょうか!? そう、蛇の鏑丸がしっかり状況判断をして 伊黒 いぐろがどちらに逃げればいいのか、 どう動けばいいのか合図を送っていたのです! そうして蛇の呼吸の技を出し戦う 伊黒 いぐろを見て無残は、 「蛇が状況を伝えている?」 「あのような畜生に私の攻撃が読まれているだと?」 と、鏑丸を攻撃しようとしますが、 炭治郎 たんじろうと 伊黒 いぐろの2人の攻撃に阻まれてしまいます。 そんな状況を見て無残は 「身体の欠損を想定して訓練していたとしても」 「あれ程の手負いの人間を一瞬で殺せないとは」 「老化薬の影響・・・」 「まだ分解できないのか、そちらの修復に体力を奪われる」とつぶやきます。 そして 炭治郎 たんじろうは 「みんなの攻撃が 無惨 むざんを弱らせているはずなんだ」 「 無惨 むざんの匂いは段々変化してる、それなのにまだこの強さ・・・!! 」 「酸欠を免れるのが精一杯で透明な世界に入れない」 「2対1でもまだきつい!! 」 「何とか現状を打破しないと」 「 伊黒 いぐろさんに何度も助けてもらった、俺も 伊黒 いぐろさんを助けなきゃ・・・」 と思いながら戦ううちに、ふと 無惨 むざんの体の変化をとらえます。 「?」 「何だ?あれ。 無惨 むざんの体・・・」 見ると、無残の体には無数の古傷が浮かび上がっていました! 傷・・・?古傷だ と 炭治郎 たんじろうはその浮かび上がった傷の正体をつきとめます。 「 緑壱 よりいちさんがつけた傷だ」 「治癒しなかったんだ、何百年もの間 無惨 むざんの細胞を灼き続けた」 「あの傷はそのまま 無惨 むざんの脆い所なんだ!! 」 「 緑壱 よりいちさんが俺たちを導いてくれる・・・・・・!! 」 夜の闇の中、照らされた道しるべ・・・ 次回はどうなるのでしょうか!? しかもめちゃくちゃ強いです!!! そして、蛇の 鏑丸 かぶらまるのクオリティが蛇を越えてますね! さらに、 伊黒 いぐろさんとの絆がぱないです!! 今まで普通にただのちょっと仲の良い蛇としか捉えていなかったのですが、 ごめんなさい。 だってかっこいいですよね!! それと、 茶々丸 ちゃちゃまるちゃんです! 生きててくれたんですね~! 本当に良かったです! でもまさか鬼になっていたとは思っていなかったです。 もしかしたら、今後活躍してくれるかもしれませんね!! そして残念なことに、どうか無事であって欲しいと願い続けた 悲鳴 ひめじまさんの左足でしたが・・・ 今週話の 愈史郎 ゆしろうの救助している様子で左足は欠損していることがほぼほぼ確定してしまいました・・・。 これがどういうことかと言うと、 時同じくしてやられてしまった 冨岡義勇 とみおかぎゆうさんの右腕も欠損してしまっている。 ということも同様にほぼほぼ確定となってしまったことです。 今週話では取り上げられていませんでしたが、おそらく近いうちに救助されている描写が出てくると思われます・・・。 なので、せめて弱視ではないほうは軽傷で済んでいて欲しいところです。 さて、次週話以降の考察ですが しばらくの間 伊黒 いぐろさんの加勢があったにせよ、 無惨 むざん対 炭治郎 たんじろう戦が続いていますので もうそろそろなにかしらの変化が出てくるのではないでしょうか? その1 無惨 むざんの古傷が浮かび上がってきたせいで、 無惨 むざんがあせり強引にでも体力の回復をしようとする。 例えば鬼殺隊の隊員達、特に栄養価の高い人である稀血の不死川実美とかを吸収して回復する。 (なんかセルとかブウみたいですいません) ただこれは外れて欲しいと思っています。 理由はセルとかブウなら叩いて吐き出して、吸収された人は無事!なんてことには鬼滅の刃はなりそうにないからです。 その2 新たな鬼の出現 例えば、無限城での戦闘以前から仕込んでいた 上弦の伍の鬼のストックが登場する。 女性達の中で流行り始めている鬼滅の刃の髪型【アニ髪】についてこちらに詳しく紹介しています!こちらも是非ご覧ください!.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』193

鬼滅の刃 194

最新話 194話 の確定ネタバレ 壊滅状態の鬼殺隊と茶々丸 もはや壊滅状態となってしまった鬼殺隊たち。 そんな中、猫の茶々丸が必死で回復のお札を配って回っていましたが、その姿を見た無惨は激怒し茶々丸の首を落としていました。 しかし、愈史郎は自ら回復した茶々丸を発見します。 実は、 決戦の直前に 茶々丸も鬼化していたのです。 奔走する愈史郎 負傷した鬼殺隊員たちの治療にあたる愈史郎。 善逸、 伊之助、 カナヲは回復の見込みがあると考えて懸命に治療します。 一方で 岩柱の悲鳴嶼は今後の戦闘の継続は困難と判断しますが、なんとか命だけでもという思いで治療します。 厳しい戦いを続ける炭治郎の姿を見て、愈史郎は 「珠世さん、どうか炭治郎を守ってやってください」とただただ祈るのでした。 満身創痍の炭治郎 日の出まではあと50分となりました。 炭治郎はもはや気力だけで戦い続けている状態で、ただただ日の呼吸を繋ぎます。 負傷した目が見えなくなっていきますが、持ち前の嗅覚を使うことでなんとか周囲を認識します。 しかし、 一瞬の隙をつかれ 無惨に攻撃を仕掛けられてしまいます。 絶体絶命と思われた 炭治郎を救ったのは蛇柱の伊黒でした。 蛇柱の伊黒と鏑丸の絆 伊黒に助けられた炭治郎でしたが、よく見ると伊黒の顔に大きな傷があります。 どうやら、いまや 伊黒の目もほとんど見えていないようです。 しかし伊黒はもともと右目が弱視だったとのこと。 そして、 蛇の 鏑丸が伊黒の目の役割を務めながら戦いを続けるのでした。 徐々に無惨を追い詰める 伊黒と炭治郎は、互いに連携し無惨に立ち向かいます。 無惨は戦いの間にも珠世の薬の分解を試みますが、うまくいかない様子です。 そして 老化が進んだことで、無惨に古傷が浮かび上がります。 その古傷は縁壱がかつてつけた傷であり、炭治郎は その古傷こそが無惨の弱点だと判断。 炭治郎と 伊黒、2人は協力しながら死闘を続けます。 まとめと考察.

次の