米津玄師馬と鹿歌詞。 【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味を徹底解釈!進む逆境の先には何が待っている!?

馬と鹿 米津玄師 歌詞の意味は?PVもすごい!

米津玄師馬と鹿歌詞

ドラマ 『ノーサイドゲーム』のエンディング主題歌を 「米津玄師」が担当!楽曲は 「馬と鹿」に決定しました。 大泉洋主演『ノーサイドゲーム』は、池井戸潤の最新小説を実写化されたもの。 主人公の大手自動車メーカーの中堅サラリーマン・君嶋隼人が再起に力を振り絞るストーリー。 上司主導の企業買収に異を唱えた君嶋は、本社から工場へ左遷された上、ラグビーチームのゼネラルマネジャーの兼務も命じられ、昇進の道が途絶えた中、アストロズのチーム力を合わせて奮起する姿を描く。 今回は、ドラマ 『ノーサイドゲーム』の 主題歌に決定した「米津玄師 」の新曲『馬と鹿』の歌詞や発売日情報、ネット上の反応など「米津玄師」さんの過去の音楽についても探っていきます。 馬と鹿の区別がつかない者を「馬鹿者」と呼ばれるという意味になるが、この歌詞では、「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか」というフレーズや、「僕は知らなかった」というフレーズは、大泉さんが演じる君島がラグビー初心者だった自分に、アストロズのメンバー達からラグビーの本質に気づかされた意味合いにも捉えられるな。 「呼べよ花の名前をただ一つだけ、行こう花の咲かないうちに、呼べよ畏れるままに花の名前を」と度々「花」と言う言葉が出てくるのだが、チーム一人一人の心境を物語っているのを1つに集約した心の内を語っているような歌詞に思える 主題歌「ノーサイドゲーム」の発売日、配信日はいつ? ドラマ『ノーサイドゲーム』主題歌「馬と鹿」の発売日は2019年9月11日です。 配信日は現在未定です。 分かり次第追記していきます。 ドラマを見るか見ないかを主題歌で決めるのも珍しいな。 1991年生まれ、徳島県出身• シンガーソングライター、イラストレーター、映像作家• 本人名義アルバム『diorama』でソロデビュー(2012年)• 所属事務所:ソニー・ミュージックレコーズ 「米津玄師」さんは、2009年より「ハチ」としてソロ活動を開始させ、ファンタジー性のある物語の深い楽曲をニコニコ動画にアップしては、若い層を中心に一世を風靡した。 メジャーデビュー以前は、ミュージックビデオやジャケットワークに至る外見のモデルまで、自身で行なっていた。 メジャーデビュー以降はバックアップも厚くなりサポートメンバーを入れてバンドサウンドを意識しての楽曲制作に移行し、兼ねてから意識して準備していた「大衆性に富んだJ-POP」の制作がアクティブ化するようになる。 「普遍的なものを作ることを軸に、日本人だからこそ、J-POPとして音楽を作りたい」と公言しており、歌謡曲など先人が確立してきたのをひもといて、歴史に根ざしているものをキャッチし音楽に反映することを念頭に置いて作業に取り組んでいる。 10代から50代の幅広い世代から高い評価を得ているお蔭で「このやり方は間違っていなかったんだ」を語った。 米津玄師ドラマ主題歌・挿入歌・タイアップ曲は?• 『アンナチュラル』主題歌「Lemon」 TBS 2018年• 『ノーサイドゲーム』主題歌「馬と鹿」 TBS 2019年 米津玄師 MV「Lemon」.

次の

米津玄師 馬と鹿

米津玄師馬と鹿歌詞

Contents• 間違っているところ、聞き取れなかったところもあります。 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩くと 体の奥底で響く 生き足りないと強く また始まるさ 噛み終えたガムの味 きれないままの心で ひとつひとつ無くした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただひとつだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい oh 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間結えば まだ続く 行こう花の咲かないうちに oh これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れぬままに 花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が綺麗だ ???? 完全不意打ちでファンも騒然! 「海の幽霊」リリースから約一ヶ月だったのでまさかここで新曲があるとは思っていませんでした。 それも突然。 SNSでも大変話題になっていましたよね。 トレンドランキング1位でした。 それもそのはず、ドラマの終盤にいきなり米津さんの声が流れ出してびっくり。 ちょっとパニックになりました。 池井戸潤さんと米津玄師さんのコラボ…夢のようです。 池井戸潤さんの作品といえば音楽は服部隆之さん。 全員豪華ですね。 ドラマの主題歌は事前に発表されていなかったこと、池井戸潤さんが手がけるTBSのドラマは主題歌がないこともあるので今回も無いと思われていました。 それがまさか米津玄師さんだったとは…。 こんな解禁があるんですね。 最高のサプライズでした。 まとめ ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のために書き下ろされた、米津玄師さんの新曲「馬と鹿」は歌詞とサビの力強い米津さんの歌声がとても素敵でした。 池井戸潤さんの作品の特徴でもある逆境から這い上がる姿、見ている人に勇気と見終わったあとスカッとした清々しい気持ちにさせてくれますよね。 今回のドラマも主演の大泉洋さん演じる君嶋がエリート街道を進んでいた大手自動車メーカーを左遷され、左遷先の会社のラグビーチームを再建していくとうお話です。 そんな逆境の中で奮闘していくドラマにピッタリな今回の新曲。 米津さんもTwitterの中で「逆境の中をひとつひとつ進んで行く様をどうにか音楽にできないかと探っていた末にこの曲が出来ました」とおっしゃっていました。 君島がどうやって這い上がっていくのかも気になりますし、ドラマと合わせてこの曲が流れると更に感動するものになると思います。

次の

【米津玄師/馬と鹿】の歌詞の意味を徹底解釈

米津玄師馬と鹿歌詞

スポンサーリンク 米津玄師が「馬と鹿」を制作した背景 米津玄師さんがドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌「馬と鹿」についてインタビューに答えています。 そこから見えてくる背景を考察してみます。 米津玄師が「馬と鹿」を制作したきっかけ 制作のきっかけはドラマの依頼を受けてからでしたが、このときには米津玄師さんの長年の夢でもあった映画「海獣の子供」の主題歌「海の幽霊」を制作したことで、 燃え尽き症候群のような状態になってしまったんだとか。 そこで、「海獣の子供」とは対象的な題材でもあるドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌を制作することに。 「ノーサイド・ゲーム」は池井戸潤原作の ラグビーや企業スポーツが題材のドラマ。 企業に就職したこともなければ左遷したこともない米津玄師さんは悩んだそうですが、スポーツが共感の一致だったそうです。 米津玄師さんがこの感情を持てたきっかけが、Amazon Prime Videoの「オール・オア・ナッシング」というドラマだったそうです。 ラグビーのノーサイドのように試合ではしのぎを削りながらも、試合後のロッカールームではお互いを讃え合う。 そんな愛情を表現しようと思って制作したのが「馬と鹿」だったんですね。 だから 愛情といっても男女の愛情というよりも、仲間との愛情をテーマにした曲なのではないでしょうか。 米津玄師が「馬と鹿」を制作した音楽的なポイント 「馬と鹿」はとてもキャッチーながら、曲の構成を分析するとかなり難易度が高いです。 個人的には米津玄師さんの他の曲も同様に感じていて、米津玄師さんの曲の特徴だとも思います。 米津玄師さんは曲制作時は、燃え尽き症候群になってから 今までと違う新しい何かを探していたそうです。 JPOPとしてはかなり特徴的で一見分かりづらくもありますが、中毒性がとても高い曲です。 また米津玄師さんは「馬と鹿」は ドラマの主題歌だからこそできると思ったそうです。 米津玄師さんがインタビューで 逆境に折れることなく、這い上がろうとしている様子が見て取れますね ここの歌詞もリスタートを切る決意をしているのではないしょうか。 まだガムの件から「まだ終わっていない!」という主人公の気持ちを感じます。 エリート街道から外れて冷めて諦めたいけど、 心の何処かでまだ熱を持っているんだと。 失ったモノがあって納得いかない気持ちを抱きつつも、また歩き出そうとしているんだと思います。 辛く険しい道程も愛する人や仲間が傍にいれば、痛みがあろうとも進んでいける。 そのことを主人公は左遷されてラグビーチームに関わるまで知らなかったんだ、ということを表現しているように感じます。 花というのは 「人との絆」なのではないでしょうか。 大切な人との絆、仲間との絆。 その絆が自分が我を忘れるくらいの熱情を引き起こしていることを実感した、と表現している気がします。 人との絆が愛ということなのかもしれませんね。 たった一つ大切なモノとは大切な人なのかチームなのか。 それとも信念や人との繋がりなのかもしれないですね。 ここで君と僕という表現がされていますが、僕(主人公)と君(大切な人あるいは仲間)とした時、 同じ傷を持つ者同士、良い時をポジティブに捉えればまだ続いていくから、先に進んでいこう。 そんな感情を表現していると思いました。 主人公にとって大切な人あるいは仲間が唯一無二であり、その感情が絆であり愛であるということを表現しているんではないでしょうか。 そんな主人公にとって唯一無二の人がいるからこそ、我を忘れるくらいの歓喜と熱情をもたらしてくれるのだと思います。 そんな人をあるいはその人との絆を守るという願いは決して消えないし、止むことはないと主人公が前に進んでいく気概を感じます。 たぶん難しいですね。 何よりこの世界観は米津玄師さん唯一無二でしょう。 苦しく痛みも伴う逆境でも、愛する人や仲間と共に乗り越えていく様がドラマティックに表現されている曲ですよね。 力強くもあり感動的でもある曲調は、主人公・君嶋が、低迷するラグビー部を再起していくドラマ「ノーサイド・ゲーム」の世界観をより盛り上げてくれそうです。 最後に 米津玄師の『馬と鹿』の歌詞の意味や内容を考察してみました。 米津玄師のコメント TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 「馬と鹿」という曲です。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。 米津玄師『馬と鹿』は、 馬鹿な世界でも愛する人達がいれば馬鹿のように頑張って行ける そんな想いも感じた一曲でした。 ドラマ「ノーサイドゲーム」を見れば、より『馬と鹿』の世界観も分かってくる気がしますね!.

次の