エージェント契約 吉本。 吉本が譲歩? 加藤浩次「オプションだらけ」のエージェント契約

吉本興業が新たに導入する専属エージェント契約「買い叩き」の懸念も

エージェント契約 吉本

所属タレントの反社会的勢力への闇営業問題をめぐって、は8月8日、東京・新宿の東京本部で、「経営アドバイザリー委員会」(座長:川上和久氏・国際医療福祉大学教授)の初会合を開いた。 同社の岡本昭彦社長は7月の記者会見で「タレント、社員はファミリー」と話していたが、 同社の口頭契約は問題視されていた。 今回の「専属エージェント契約」を導入することで、どんな変化があるのだろうか。 芸能問題にくわしい河西邦剛弁護士に聞いた。 これによって、芸能事務所は、タレントを育成して、メディアに売り込み、仕事を取ってくるという「マネジメント」をすることになります。 このマネジメントには、育成や売り込み営業、契約交渉、スケジュール管理にとどまらず、税務や法務、上京した場合の住居サポートなど、タレントの生活に幅広く及ぶトータルマネジメントになります。 日本において、芸能事務所とタレントとの関係に、家族的関係が多い理由はトータルマネジメントにあることが一因ともいえます。 これに対して、「専属エージェント契約」というのは、タレントがトータルマネジメントを受けるのではなく、タレントが中心となって、芸能活動に必要な業務ごとに代理人(エージェント)を選任するというスタイルです。 たとえば、契約交渉、コンサート運営、楽曲制作業務、商品制作・販売、ファンクラブ運営、税務業務、法律業務など、芸能活動に必要な業務を別々のエージェントや税理士、会計士、弁護士などの専門家に委託するということになります。 欧米ではこうしたエージェント契約が主流です。 まず、有名になるためには、テレビをはじめとしたメディア露出が不可欠です。 そして、日本においては、テレビ業界などメディアと芸能事務所の結びつきが極めて強いので、メディア露出するためには芸能事務所に所属して、トータルマネジメントを受ける必要があるというのが現状でした。 最近は、Youtuberなど、ネットメディアを活用したスタイルもありますが、企業CMや映画など、多額の資金が動くところには、やはり依然としてテレビ局などのメディアが大きく関与しているのが実情です。 たとえば、楽曲制作やコンサートなど音楽活動については、ミュージシャン本人がおこなって、テレビ出演などのメディア露出する際には芸能事務所のマネジメントを受けるというケースです。 ただ、私が知る限りでは、お笑い芸人において専属エージェント契約というは今まで聞いたことがありません。 6000人ともいわれる吉本芸人全員に十分なトータルマネジメントをおこなおうとすると、吉本興業の経営そのものが破綻する可能性もあります。 一方で、吉本興業の業務を仕事の獲得や契約業務に限定すれば、吉本興業の負担は軽減されることになります。 また、同時に、それ以外についてはお笑い芸人の自由ということで、お笑い芸人の活動の幅を広げることにつながる可能性もあります。 特に、現時点でかなり売れているお笑い芸人にとっては、主体的に吉本興業にどのような業務を委託するのか選べるので、自由度の高い契約といえます。 しかし、吉本興業が「お金になるおいしい部分のみマネジメントする」「面倒な雑務は芸人任せ」ということの根拠にされかねない可能性があります。 実際、芸能事務所とタレントとのパワーバランスは、宮迫さんのケースをみればわかるように、ごくごく一部の超超有名お笑い芸人を除いて、圧倒的に芸能事務所優位です。 このような歴然としたパワーバランスがある中で、吉本興業のいう専属エージェント契約がうまく機能するのかについては課題も残ります。 結果的に、吉本興業は、売れる見込みのある芸人には専属マネジメント契約を提案し囲いこむ、そうでないお笑い芸人は専属エージェント契約で「買い叩く」「お金になる仕事のみマネジメントする」というような使われ方がなされる可能性も捨てきれません。 【取材協力弁護士】 「レイ法律事務所」、芸能・エンターテイメント分野の統括パートナー。 多数の芸能トラブル案件を扱うとともに著作権、商標権等の知的財産分野に詳しい。 日本エンターテイナーライツ協会(ERA)共同代表理事。 アイドルグループ『Revival:I(リバイバルアイ)』のプロデューサー。

次の

たむけん、エージェント契約交渉をめぐり「吉本批判」を連発で炎上必至!?

エージェント契約 吉本

吉本興業は、8月8日に「専属エージェント契約」の導入を発表した。 これによって、闇営業問題に揺れた吉本興業の体質は変わるのか? (写真:Sports Nippon/Getty Images) 吉本興業をめぐる一連の騒動がようやく終わりつつある。 芸人たちが反社会的勢力の闇営業に参加したことから始まったこの騒動は、芸人側と経営者側それぞれの記者会見をきっかけに、吉本興業という事務所のあり方の問題にまで発展してしまった。 これを受けて、吉本興業では経営アドバイザリー委員会が設置され、8月8日に初会合が行われた。 そこでは「所属する全芸人と『共同確認書』という書面の契約を結ぶ」「従来のマネジメント契約に加えて新たに『専属エージェント契約』を導入して、芸人が2つの契約形態から選べるようにする」ということが発表された。 タレントと契約書すら交わしていないというずさんな実態が明らかになり、世間の批判が大きかったため、この点について改革が行われることになった。 「専属エージェント契約」とは何か 専属エージェント契約とは、従来の専属マネジメント契約と違って、タレントが自らマネジメントを行い、取引先を自由に選べるものなのだという。 8月9日放送の「スッキリ!」(日本テレビ系)でも加藤浩次はそのように説明していた。 少し前の加藤は、吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見が行われた後、その内容に疑問を投げかけ、同番組内で「経営陣が変わらないなら吉本を辞める」と宣言していた。 だが、この日の番組では、加藤自身が提案した「専属エージェント契約」の制度が新たに取り入れられたため、この新しい契約形態で事務所との関係を続ける意志を表明していた。 その説明を受けて、各ニュースサイトやスポーツ紙などでも「加藤は退社する意志を翻して、残留を決めた」というふうに報じられていた。 だが、個人的にはそのような報道に疑問を感じていた。 これは本当に「残留」と言っていいのだろうか。 加藤が専属エージェント契約を選ぶのだとすれば、少なくとも今までどおりの形で吉本興業に所属しているということではなくなってしまうのではないか。

次の

吉本を怒らせた たむらけんじの危険な専属エージェント契約交渉

エージェント契約 吉本

専属エージェント契約とは?その意味や仕組みは? 8月8日に第3者委員会とも言える「経営アドバイザリー委員会」が行われ、話し合われた内容について委員長の川上和久氏が会見を行いました。 会見の内容の記事です。 川上氏は吉本側から「6000人全員について文書での共同確認書、契約のようなものを吉本とタレントさんとお互いに確認書を交わすこと」を提案されたことを明言。 委員会としても「異論はなかった」とし、今後、芸人たちは「反社勢力との関係を断絶する」「教育を徹底する」「営業先を適切に徹底する」「守秘義務を守る」「差別、中傷を排除する」「あらゆる権利を尊重してマネジメントを行う」ことなどが明記された共同確認書に署名することで、所属を明らかにする形になる。 そのうえで、今まで通りのマネージメント契約として、書面での契約書を交わしていく。 報酬の分担を含めて契約交渉の締結なども吉本側が担当するが、契約書でその辺りも明らかにしていくことになるという。 さらに第3の形として、今までになかったタレント個人がマネジメントを行っていくエージェント契約を導入する考えがあることが明らかに。 日本の芸能事務所で専属エージェント契約を導入するのは初めて。 情報元:ヤフーニュース 吉本興行の問題となっていた契約について改めるようです。 所属芸人全てと書面での契約• 反社会勢力との関係断絶• 教育を徹底• 営業先の適切さに徹底• あらゆる権利を尊重 今までの問題で指摘された点を全て改善していくようです。 更に新しく発表されたのが「専属エージェント契約を導入する」ということでした。 しかし聞き慣れない言葉だったので、この意味や仕組みについて紹介していきます。 エージェントは英語で、日本語では代理人のことを示します。 つまりはタレント本人から委任されて、代わりに取引や契約などの法律行為をするということです! アメリカなどでは一般的で、海外ドラマや映画の中で有名人のエージェント役が出てきてますよね。 【マネージメント契約】 今までの契約をマネージメント契約といい、仕事の取得や管理などを全てマネージャーや会社がしてくれてました。 今まで事務所がしていた仕事の大まかな一覧です。 仕事の獲得• 仕事内容の契約交渉• 報酬の請求・受領• スケジュール管理・調整• 広報活動• マネージメント方針• 現場への同行• 著作権の管理 芸人は会社に決められたルールの中で仕事をし、報酬は事務所と決められた割合でわけ合ってたことになります。 吉本興業ではこの割合がおかしいと、若手芸人から声が上がりましたよね! 【専属エージェント契約】 専属エージェント契約は、タレントや芸人さんが会社に所属するのではなくフリーで活動するということに近いです。 事務所はエージェントという立場で• 仕事の獲得• 仕事内容の契約交渉 などを行うと思われます。 ギャラはクライアントから直接芸人さんに振り込まれます! そしてそこから決められた割合を、事務所へ払うということになるようです。 事務所は仕事をとってくるだけで、日程管理など現場でのことはタレント自身、または代理人が行います。 つまり付き人のような人が欲しいのなら、自分で雇わなくてはいけなくなるということです。 専属エージェント契約メリッのト・デメリットも分かりやすく解説! アメリカで一般的なエージェント制をなぜ日本では取り入れられてないんでしょう。 メリット・デメリットから解説していきます! メリット まずは専属エージェント契約のメリットです。 ギャラが増える• 仕事の選択が自由になる• 自分のペースで仕事が出来る 事務所に支払うものが手数料という形になるので、支払う金額が少なくなくなります。 これはかなり嬉しいですよね! その分マネージャーを雇ったり、スタイリストを別で契約することになったとしてもお釣りが来るほど稼いでいればの話ですが…。 また自分の知り合いから持ちかけられた仕事などは、事務所を通さず仕事ができてギャラが丸々自分に入ってきます。 しかしここは問題になっている反社会背力ではないのか、などのチェックを個人でしっかりしなくてはいけません。 今まで来る仕事をただこなしてた芸人にとっては、仕事の選択が出来るようになるのはいいことですよね。 現場に行って「こんな仕事をするの?」なんて驚くことはなさそうです。 そして自分でスケジュール管理が出来るのも嬉しいです。 この日は休みたいな-とか、先を見通した予定が組めます。 デメリット 良いことがある反面、悪いこともあります。 実力が必要• マネージメントの負担が増える• 「専属」というのが気になる まずは専属エージェント契約は、若手には難しい契約方法ですよね。 事務所がどこまでしてくれるのか分かりませんが、ある程度の知名度がないと仕事の依頼は来ませんよね。 事務所側もマネージメントしてる芸人が出演したほうが、会社に取り分が大きく入るので、知名度の低い若手に仕事を振る可能性は低いのではないでしょうか。 ベテラン芸人はともかく、まだ芸能界に慣れてない若手には難しい契約形態です。 またマネージメントがなくなる分、自由な分負担が増えます。 スケジュール管理や現場での立場など、収録に集中できなくなるのは辛いですよね。 「専属」エージェントということなので、吉本としかエージェント契約を結べないようになっていたら不利ですよね。 契約の形が気になるところです! 追記:ワイドナショーで東野さんと松本さんが、吉本興業が作ってる番組も多いので、 専属エージェント契約にした途端レギュラー0になる可能性もあると語っていました。 確かにそうですよね。 マネージメント契約とエージェント契約しているタレントさんを、吉本やテレビ局が対等に扱うのかどうかは実力次第ということです! 専属エージェント契約の意味や仕組みのまとめ 今回は• 専属エージェント契約とは?その意味や仕組みは?• 専属エージェント契約メリッのト・デメリットも分かりやすく解説! について紹介していきました。 今回の専属エージェント契約制で、嬉しいのはある程度売れた後ではないかと思いました。 これから加藤さんがどんな動きをしていくか、注目していきたいです。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の