大阪 市 プレミアム 商品 券。 守口市スーパープレミアム付商品券/守口市ホームページ

大阪)プレミア率50% 東大阪市が商品券発行へ:朝日新聞デジタル

大阪 市 プレミアム 商品 券

こないだの参議院選挙でも大した変化はなかったし、よほどのことが無い限り予定通り実行されるだろう。 消費税はその特性上、 所得が少ない人ほど税負担が重くなる「 逆進性」という問題がある。 これを緩和するための措置として実施されるのが「 プレミアム付商品券」という制度。 要するに、「 所得が少ない人や、お金が必要な子育て世代を対象に、お得な商品券を買える権利を与えましょう」ということらしい。 (「ただのバラマキじゃないか!」という批判も当然あるのだけど) 消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため、プレミアム付商品券事業を実施します。 どれくらいお得かというと、「 25,000 円分の商品券を 20,000 円で買える」のだそうだ。 1 冊につき額面 500 円の商品券が 10 枚綴りになっていて、それを 最大で 5 冊まで買うことが可能(対象者 1 人あたり)とのこと。 子ども服を 2 〜 3 枚買ったら無くなっちゃう……。 まぁ、「何もないよりマシ」「もらえるモノはもらっとこう」くらいの感覚かなー。 ちなみに、正式名称は「プレミアム 付商品券」です。 「プレミアム商品券」じゃないので、お間違えのないように。 (まぁどっちでもいいんだけど) 「プレミアム付商品券」の対象者 具体的には、 どんな人が「プレミアム付商品券」の対象となるのだろうか。 ざっくり言うと、• 所得が少ない人• 子育て世帯の人 の2つ。 「住民税非課税の方」というのが、つまりは「 所得が少ない人」ということ。 具体的には以下の表のようになる。 区分 非課税限度額 単身 100 万円 夫婦 156 万円 夫婦+子 1 人 206 万円 夫婦+子 2 人 256 万円 ただ、年金受給者の場合はまた限度額が違ってくるし、扶養されていたり生活保護を受給してたりしたら対象外になる。 実際に対象になるかどうかは、公式サイトの判定チェックで確認されたし。 さっきの判定チェックの記載によると、「 2016 年 4 月 2 日~ 2019 年 9 月 30 日の間に生まれたお子様」が対象らしい。 「プレミアム付商品券」はどこで買える? プレミアム付商品券は、いつでもどこでも買えるわけじゃない。 住んでいる自治体の中で、 事前に指定されたお店で買う必要がある。 とはいえ、そのお店も 希望があれば変更は可能(これが冒頭で書いた「販売店舗変更希望はがき」)。 プレミアム付商品券の販売店舗一覧を見ると、 主だったスーパーや百貨店、家電量販店や紳士服店まで載っている。 「近所に買える店がない!」ということはまずないだろう。 通常の商品券と違って、お店が在庫を抱えるようなものではないからなぁ。 こうやって事前に決めておくのはいいことだと思う。 「売り切れて買えませんでした」ってなる方がよっぽど困るし。 大阪市の場合、9 月中旬くらいに購入引換券が郵送されてくるそうだ。 ( 「住民税非課税の方」は事前に申し込みが必要とのこと) その引換券を持って販売店舗に行けば、プレミアム付商品券を買うことができる。 「プレミアム付商品券」はどこで使える? これは現時点(2019 年 7 月)では「 自治体にある多くの店舗」としか書けない。 というのも、まだまだ 参加店舗を募集中の自治体がほとんどで、その多くが 一覧すらネット上に情報が出ていないからだ。 大阪市では一応専用サイトを開設して、販売店舗も検索したり一覧で表示したりできるようになっている。 全国展開しているお店に関しては、他の自治体でも使えると考えてもらっていいだろう。 ご参考までに。 「プレミアム付商品券」の発売日と有効期限 発売日と有効期限については、 全国共通のルールがあるわけではないようだ。 公式サイトの記述は、どうにも歯切れの悪い表現が並んでいる。 多くの市区町村では、9~10月頃より販売を開始する予定ですが、具体的な販売の日程については市区町村ごとに異なりますので、購入引換券発行元の市区町村へお問い合わせください。 まぁ、どの自治体も同じようなもんだろうとは思うけど……。 ちなみに 大阪市は最大期間の 6 ヶ月使えると明記されている。 使用期間 令和元(2019)年10月1日(火)~令和2(2020)年3月31日(火) たぶんプレミアム付商品券にも記載されてるはず。 気になる人は、各自治体に問い合わせを。 「プレミアム付商品券」はお釣りが出ない? 基本的にはお得なプレミアム付商品券だけど、注意しなければならないのは お釣りが出ないことだ。 商品券 1 枚は額面 500 円。 なので、 あまり少額の買い物には向かない。 使えるお店の中にはコンビニも含まれていたけど、あまり使用する場面はなさそうだ。 これはおそらく• パソコン• おもちゃ・ゲーム あたりになるだろうか。 半年間という期間もあるし、 使えるお店が出揃うまでしばらく待ってみた方が良さそうだ。 (年末辺りに「プレミアム付商品券」をターゲットにしたキャンペーンとかセールがあるかも……?) まとめ:「プレミアム付商品券」は買うべき? 結論としては、「 プレミアム付商品券は買えるなら買っといた方が良い」かなと。 最大 5,000 円とはいえ、 少しでも節約になるのなら買っといても損はないと思う。 ただ、仕組み上「 前払い」になるので、それだけの 経済的な余裕があることが前提になる。 25,000 円をまとめて出して、最大で半年間プールしておくだけの余裕があるかどうか。 すぐに使うあてがあるなら、多少キツくても買ってもいいだろうし。 これは各家庭によって事情が異なるだろうから、それぞれで判断してほしい。 うちはたぶん買うことになると思う。 半年間も置いとくことはないだろうけど 笑。 子ども用品に使うことになるだろうなぁ……。 まだまだしばらく物入りだと思うから、ありがたく使わせていただこう。

次の

大阪市:報道発表資料 令和元年10月1日より、大阪市プレミアム付商品券の販売、使用をスタートします -約1万2千店舗で使用できます-

大阪 市 プレミアム 商品 券

令和2(2020)年2月29日 土曜日 をもちまして、門真市プレミアム付商品券事業は終了しましたので、お知らせします。 プレミアム付商品券購入引換券を発送• 令和元 2019 年10月1日以降に申請書を返送いただいた人については、申請受付後に要件の審査を行い、約1カ月後に商品券購入引換券を発送します。 門真市プレミアム付商品券の販売期間と使用期限は令和2 2020 年2月29日 土曜日 です。 購入を希望する人はお早めに申請手続きをお願いします。 子育て世帯の要件に該当する人は、申請手続きは不要です。 平成28 2016 年4月2日~令和元 2019 年7月31日に生まれた子どもがいる世帯主の人に「門真市プレミアム付商品券購入引換券」を令和元 2019 年9月30日に発送しました。 令和元 2019 年8月1日~令和元 2019 年9月30日に生まれた子どもがいる世帯主の人の分に関しては、令和元 2019 年10月29日に「門真市プレミアム付商品券購入引換券」を発送しました。 購入対象者• 手続きを行った人の分の購入引換券は、配偶者からの代理申請があっても交付しません。 学齢3歳未満の子どもがいる世帯の世帯主分の購入引換券は、手続きを行った人が子どもを同伴している場合、世帯主 配偶者 ではなく、手続きを行った人に交付します。 住民票がある市町村と今お住まいの市区町村が異なる場合は、今お住まいの市区町村に購入引換券の交付の申請を行うこととなります。 平成31 2019 年1月1日以前に配偶者と生計を別にしている場合は、配偶者に扶養されていないものとみなし、配偶者が課税者であっても、手続きを行った人の課税状況に応じ、購入引換券を交付します。 平成31 2019 年1月2日以降に配偶者と生計を別にした場合は、平成31 2019 年1月1日における扶養関係を元に、購入引換券を交付するか判断します。 手続きの対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件.

次の

プレミアム付商品券は買うべき? 対象者は? 制度の概要と注意点など。【2019 年版】

大阪 市 プレミアム 商品 券

こないだの参議院選挙でも大した変化はなかったし、よほどのことが無い限り予定通り実行されるだろう。 消費税はその特性上、 所得が少ない人ほど税負担が重くなる「 逆進性」という問題がある。 これを緩和するための措置として実施されるのが「 プレミアム付商品券」という制度。 要するに、「 所得が少ない人や、お金が必要な子育て世代を対象に、お得な商品券を買える権利を与えましょう」ということらしい。 (「ただのバラマキじゃないか!」という批判も当然あるのだけど) 消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため、プレミアム付商品券事業を実施します。 どれくらいお得かというと、「 25,000 円分の商品券を 20,000 円で買える」のだそうだ。 1 冊につき額面 500 円の商品券が 10 枚綴りになっていて、それを 最大で 5 冊まで買うことが可能(対象者 1 人あたり)とのこと。 子ども服を 2 〜 3 枚買ったら無くなっちゃう……。 まぁ、「何もないよりマシ」「もらえるモノはもらっとこう」くらいの感覚かなー。 ちなみに、正式名称は「プレミアム 付商品券」です。 「プレミアム商品券」じゃないので、お間違えのないように。 (まぁどっちでもいいんだけど) 「プレミアム付商品券」の対象者 具体的には、 どんな人が「プレミアム付商品券」の対象となるのだろうか。 ざっくり言うと、• 所得が少ない人• 子育て世帯の人 の2つ。 「住民税非課税の方」というのが、つまりは「 所得が少ない人」ということ。 具体的には以下の表のようになる。 区分 非課税限度額 単身 100 万円 夫婦 156 万円 夫婦+子 1 人 206 万円 夫婦+子 2 人 256 万円 ただ、年金受給者の場合はまた限度額が違ってくるし、扶養されていたり生活保護を受給してたりしたら対象外になる。 実際に対象になるかどうかは、公式サイトの判定チェックで確認されたし。 さっきの判定チェックの記載によると、「 2016 年 4 月 2 日~ 2019 年 9 月 30 日の間に生まれたお子様」が対象らしい。 「プレミアム付商品券」はどこで買える? プレミアム付商品券は、いつでもどこでも買えるわけじゃない。 住んでいる自治体の中で、 事前に指定されたお店で買う必要がある。 とはいえ、そのお店も 希望があれば変更は可能(これが冒頭で書いた「販売店舗変更希望はがき」)。 プレミアム付商品券の販売店舗一覧を見ると、 主だったスーパーや百貨店、家電量販店や紳士服店まで載っている。 「近所に買える店がない!」ということはまずないだろう。 通常の商品券と違って、お店が在庫を抱えるようなものではないからなぁ。 こうやって事前に決めておくのはいいことだと思う。 「売り切れて買えませんでした」ってなる方がよっぽど困るし。 大阪市の場合、9 月中旬くらいに購入引換券が郵送されてくるそうだ。 ( 「住民税非課税の方」は事前に申し込みが必要とのこと) その引換券を持って販売店舗に行けば、プレミアム付商品券を買うことができる。 「プレミアム付商品券」はどこで使える? これは現時点(2019 年 7 月)では「 自治体にある多くの店舗」としか書けない。 というのも、まだまだ 参加店舗を募集中の自治体がほとんどで、その多くが 一覧すらネット上に情報が出ていないからだ。 大阪市では一応専用サイトを開設して、販売店舗も検索したり一覧で表示したりできるようになっている。 全国展開しているお店に関しては、他の自治体でも使えると考えてもらっていいだろう。 ご参考までに。 「プレミアム付商品券」の発売日と有効期限 発売日と有効期限については、 全国共通のルールがあるわけではないようだ。 公式サイトの記述は、どうにも歯切れの悪い表現が並んでいる。 多くの市区町村では、9~10月頃より販売を開始する予定ですが、具体的な販売の日程については市区町村ごとに異なりますので、購入引換券発行元の市区町村へお問い合わせください。 まぁ、どの自治体も同じようなもんだろうとは思うけど……。 ちなみに 大阪市は最大期間の 6 ヶ月使えると明記されている。 使用期間 令和元(2019)年10月1日(火)~令和2(2020)年3月31日(火) たぶんプレミアム付商品券にも記載されてるはず。 気になる人は、各自治体に問い合わせを。 「プレミアム付商品券」はお釣りが出ない? 基本的にはお得なプレミアム付商品券だけど、注意しなければならないのは お釣りが出ないことだ。 商品券 1 枚は額面 500 円。 なので、 あまり少額の買い物には向かない。 使えるお店の中にはコンビニも含まれていたけど、あまり使用する場面はなさそうだ。 これはおそらく• パソコン• おもちゃ・ゲーム あたりになるだろうか。 半年間という期間もあるし、 使えるお店が出揃うまでしばらく待ってみた方が良さそうだ。 (年末辺りに「プレミアム付商品券」をターゲットにしたキャンペーンとかセールがあるかも……?) まとめ:「プレミアム付商品券」は買うべき? 結論としては、「 プレミアム付商品券は買えるなら買っといた方が良い」かなと。 最大 5,000 円とはいえ、 少しでも節約になるのなら買っといても損はないと思う。 ただ、仕組み上「 前払い」になるので、それだけの 経済的な余裕があることが前提になる。 25,000 円をまとめて出して、最大で半年間プールしておくだけの余裕があるかどうか。 すぐに使うあてがあるなら、多少キツくても買ってもいいだろうし。 これは各家庭によって事情が異なるだろうから、それぞれで判断してほしい。 うちはたぶん買うことになると思う。 半年間も置いとくことはないだろうけど 笑。 子ども用品に使うことになるだろうなぁ……。 まだまだしばらく物入りだと思うから、ありがたく使わせていただこう。

次の