オバケイドロ キャラ。 オバケイドロ! ゲーム内容解説・感想・レビュー byみなと / 手軽に楽しめる非対称マルチ鬼ごっこ

Scratch Studio

オバケイドロ キャラ

本記事は、で少しでも勝率を上げるための私なりに考えた戦略をまとめます。 オバケイドロを楽しむために本記事の内容が必要かというと、実は全然そんなことはありません。 むしろ戦略を知らなくても気軽に楽しめるゲームなので、まだプレイしたことがない人は本記事を読む必要はありません。 ただ、勝率を上げたい!ネットを挟んだ向こう側にいる生きたニンゲンをメタメタにしたい!というモチベーションが湧くのも対戦ゲームのサガでして、そんなとき本記事が少しでも助けになればとおもいます。 オバケイドロとは は2019年8月1日にNintendo Switchで発売されたオンライン対戦可能な非対称型対戦ゲームです。 公式でもうたわれているように非常にシンプルなゲームに仕上がっています。 ここでいうシンプルということは、要素が少ないと捉えるといいでしょう。 要素が少ないというのはゲーマーとしては物足りなさを感じるかもしれません。 しかし、要素が少ないからこそ覚えることが少なく、初心者も上級者も一緒になって遊べる良いゲームだと思います。 また、シンプルなおかげなのか、手堅く作り込まれている印象を持ちます。 要素の多すぎるゲームかつバランスの良いゲームを作るのは人類には不可能なことです。 その点、本ゲームは全容をすぐに把握でき、お手軽に心地良い楽しさを得ることができます。 有名な料理店の豪勢なフランス料理フルコースを時間をかけて楽しみたい日もあると思いますが、本ゲームは近所のおいしいうどん屋さんみたいな感じです。 執筆時点で1,980円と大変お買い得なゲームでして、映画を楽しむぐらいの値段で、休日の土日を潰せるぐらいは楽しめるゲームなので、お暇なときにぜひ手にとって見てください。 でも対戦ゲームなので過疎る前に楽しむのが吉。 つまり今だよ今。 ニンゲンの戦略 まずニンゲン側の戦略について考えていきたいと思います。 いくつかトピックに分けて書いていきます ニンゲンは捕まるものと認識する ゲームの性質上、オバケはニンゲンに対して強力な捕獲性能を備えています。 たとえオバケが初心者でニンゲンが上級者ばかりだとしても、3分間のうちニンゲンを1度も捕まえられないというゲームには滅多になりません。 そのくらいオバケは強いです。 ややメタ的な視点でいうと、オバケがニンゲンを捕まえられないとゲームとして動きがなくつまらないので、つまりはそういうゲーム設計になっているのだと思います。 つまり、ニンゲン側は 誰かは必ず捕まるという前提で戦略を建てる必要があります。 特に、オバケにとってはニンゲンの居る 大まかな方向がわかると短時間で捕獲可能です。 逆に、ニンゲン側は時間を稼ぐのが勝利の道筋なので、なるべく居る方向をオバケに悟らせないのが重要です。 たとえば、オバケ側からするとニンゲンを1人捕まえたが、残時間 1分で他2人のニンゲンの位置が全くわからない状況だとけっこう厳しい状況です。 開始は5秒だけ移動して座る ニンゲンとオバケはマップの対角線上に配置されます。 そのため、オバケ側は離れた場所にいるニンゲンの位置を把握することはできません。 このとき、オバケ側はまず最初に ランタンの光によってニンゲンの居る方向の「あたり」をつけるのが常套手段です。 ただし、おおよそ5秒ぐらい(要検証)はランタンの光も見えないぐらい遠くにいます。 そのため、ニンゲン側としては5秒ぐらいは他のニンゲンから離れるように動き、すぐに座ってランタンの光を抑えるのが安全と考えられます。 5秒というのは目安で、マップやオバケの種類によっても前後するはずなので、細かくは検証して見てもらえると有益だとおもいます(他人任せ)。 ただ、5秒ぐらいの移動だと他のニンゲンから分散した位置に移動できないはずなので、様子をみながら小刻みに座りながら移動して、より遠くに離れられるとより良いと思われます。 移動する際はオバケがどの方向から攻めてきていそうか、仲間はどう移動しているか注意しながら落ち着いて行動しましょう。 オバケ側としてもランタンの光が見当たらなかった場合は、ニンゲンはほぼ移動していない可能性が高いと推察できて、対角線近辺をまず探索しようとするはずです。 仲間のニンゲンに開始15秒ぐらいずっと歩き回ってる落ち着きのない子がもしいたら、だいたいそのニンゲンが最初のカモになると思ってよいでしょう。 そんなときは自分は早めにろうやに向かうとよさそうです。 襲われたらメッセージを送る/襲われなかったらろうやに向かう 誰がどこでオバケに襲われているかという情報はニンゲンにとって重要な情報です。 自分が襲われているときはピンチ(またはヘルプ)のメッセージを送りましょう。 そうすることで、別の誰かがろうやに向かってくれるはずです(たぶんね)。 また、自分以外の別の誰かがオバケに襲われていることがわかったときは、自分はろうや付近に早やかに移動し、仲間の開放準備をする必要があります。 メッセージで状況をうまく連携できるのが理想ではあるのですが、オンラインマッチでは必ずしも連携できないこともあります。 そんなときは、なるべく他プレイヤーの動きを見て判断することになります。 座らずに動き回っているニンゲンがいれば、それは現在襲われているニンゲンか、これから襲われるカモニンゲンのはずです。 動き回っているニンゲンがいたら、自分も周りに注意しながらろうやに近づくのがよいでしょう。 捕まるときはオバケをマップ端に誘導する オバケは基本的にニンゲンの捕獲後は即座にろうや付近に戻ってきます。 オバケにとってろうやを開放される危険性がありますし、ろうや付近にそれを狙うニンゲンが居る可能性も高いからです。 その前提で、オバケにとって嫌なのはろうやから遠い場所でニンゲンを捕まえざるを得ない状況です。 捕まえられたとしても、ろうやに戻るのにそれだけ時間がかかり、ろうや開放の可能性が高まってしまいます。 というわけで、オバケに襲われている最中のニンゲンは、なるべくオバケをろうやから遠いマップ端に誘導できるとベストです。 逆に、ろうや付近で捕まると不利な状況を招きます。 1対1の牢屋戦は仕掛けない 牢屋戦とは「ろうや」付近でニンゲン対オバケが互いに視認できている状況でスイッチを巡ってチェイスし合うことを意味します。 この名称は私がいまここで勝手に名付けました。 以後、本記事では同様のことを牢屋戦と表記します。 ちなみに「 チェイス」はこの手のゲームの用語で、要はオバケ側とニンゲン側で追いかけっこ読み合い勝負のようなニュアンスです。 ニンゲン側にとって 1対1の牢屋戦を仕掛けにいくのは既に不利な状況です。 牢屋戦を仕掛ける必要があるのは、他の2人が捕まっていて、残時間も残っている状況のはずです。 それ以外の状況では牢屋戦を仕掛けるメリットはまずありません。 前述のとおりオバケのほうがニンゲンに比べて強く、牢屋戦でもそれは同様です。 特に、ろうや付近で捕獲されるのは、ニンゲン側にとって最も避けたい状況です。 わざわざ、ろうや付近で勝負を仕掛けるのは、ニンゲンにとってリスクの高い行為です。 冬場にセーターを着て金属製のドアノブを触るぐらい危ないです。 残スイッチやオバケとの距離関係にもよるのですが、私は下記のように考えています。 絶対やっちゃダメ ・残スイッチ3個で牢屋戦を仕掛けるなら残時間全て隠れたほうがマシ ・極稀に凄腕ニンゲンが成し遂げることもある なんにせよ、そもそもハイリスクな 1対1の牢屋戦を仕掛ける必要がない流れに持ち込んでいくのがニンゲンにとって大事です。 なお、ここで言っているのは1対1の話なのですが、 残スイッチ1かつ2対1の牢屋戦はニンゲンに有利なのでガンガン狙って行きましょう。 2対1で残スイッチ1のろうやがありニンゲンに挟まれた状況では、オバケ側はどちらか片方のニンゲンを追いかけつつ、ろうや開放は甘んじて許容するしかなくなります。 仲間が追われているときは残スイッチ1で待つ オバケ側の安定した勝ち筋として「 ろうやの見張り状態で2人捕獲」という状況があります。 つまり、ニンゲンにとっては負け筋です。 これは、残スイッチ2または3の状態で残りあと1人捕まえればオバケの勝ちという状況です。 前述のとおり残スイッチ2または3からニンゲン1人で牢屋戦を仕掛けるのは無謀です。 残時間にもよりますが、1人で隠れ続けるのも難しく、やはりニンゲンが負ける可能性が高いです。 どういうとき上記の状況にその陥るかを考えてみると、多くは下記のような流れです。 1 最初のニンゲンAが捕まる 2 次のニンゲンBがオバケに追われたスキにニンゲンCがろうやを開放する 3 ニンゲンBが捕まる わりとよくある流れなのですが、問題なのは 2 です。 ニンゲンBがオバケに追われているのは絶好のろうや開放チャンスなのですが、もうすぐニンゲンBが捕獲されることも意味しています。 これは「ろうやの見張り状態で2人捕獲」へのリーチです。 この状況から、ろうや付近にいたニンゲンAとニンゲンCを見つけるのはわりと容易です。 AとCも移動中で、ランタンが点灯していることも多いからです。 この流れを断つには、 2 と 3 の順番を入れ替える必要があります。 ただし、ニンゲンBが捕まった直後は7秒程度スタンしているので、捕まってから開放するまで少し待つ必要もあります。 オバケはニンゲンBを捕まえたあとろうやに戻ってくるのが最善手なのですが、ニンゲンBが 捕まる位置がマップの端であれば7秒程度待ってから安全にろうやの開放ができます。 もしニンゲンBがろうや付近で捕まってしまった場合は、残スイッチ1を残したまま一旦逃げたほうがおそらくまだマシだと思います。 残スイッチ1の1対1牢屋戦はニンゲン側にもなんとか勝機はあります。 「ろうやの見張り状態で2人捕獲」になるよりはおそらく勝率はやや上だと思います。 オバケの戦略 ニンゲンの戦略の中に書きたいこと書いちゃった気がする…。 オバケのポイントは下記になると思います。 理由はニンゲンの方にだいたい書いちゃいましたね。 ・ランタンの光でニンゲンの位置を押さえて捕まえる(足跡もみよう) ・ろうやの見張り状態ではなく、1人のみ捕獲の状態では、ろうやの開放はされるものと思う ・ろうやの見張りの状態で、なるべくニンゲンを早やかに捕まえる ・ろうやの見張り状態で2人捕まえられればほぼ勝ち(時間切れ以外) ・ランタンを放出済みのニンゲンはあえて逃しておくのも手.

次の

Nintendo Switchソフト「オバケイドロ!」にて「オバケイドロ!フェス」開催、フェス限定で新キャラが登場!|掲載日:2019年12月27日

オバケイドロ キャラ

オバケイドロ攻略-ゲーム開始-初動について オバケイドロは、オバケ 鬼 が1人、逃げる側の人間が3人で行うゲームです。 ゲームがスタートしたら、できるだけ人間の3人は散らばって隠れましょう。 このゲームで一番重要と言っても過言でないことは、 上手く隠れることで、時間を稼ぐことです。 できるだけ3人がバラバラの位置で隠れ、オバケの移動時間を稼ぎましょう。 オバケイドロ攻略-誰かが捕まった!! - 次のゲームの進行としては、誰かが捕まってしまった段階ですね。 動き方としては2通りです。 ・すぐに助けに行く ・様子を見る この2通りですが、誰かが捕まった後ではなく、誰かが捕まってしまいそうな時に判断をするのが得策と言えます。 このゲーム、自分から味方がどこで何をしているのか、分かるようになっていますよね。 味方が壁越しでも黄色に光って見えるので つまり、味方がちょろちょろ逃げ回っていたり、【ピンチ】のサインを出していたりしてくれれば、味方が追いかけられていることがわかります。 そこで観察しておきたいのは、 味方がどこで捕まるかです。 味方が檻の遠くで逃げて捕まった場合 捕まった後、オバケが牢屋に戻ってくるまで時間がかかりますので、すぐに助けに行くチャンスです。 そのため、味方が檻の遠くで逃げているのを確認したら、檻の近くの壁の裏などに移動して待機していましょう。 味方が檻の近くで逃げて捕まった場合 この場合は、オバケがすぐに人間が助けに来るのを待ち構えることができるため、無理に近づかずに様子を見ましょう。 この時、出来るだけもう一人の味方とは対角線上の遠い位置で待機するのがポイントです。 オバケがもう一人を追いかけにいった場合に、どちらかが助けに行けますから。 オバケイドロ攻略-知っておきたい逃げ方- まずこのゲームの大前提として、人間はオバケよりも足が遅いため、狙われたらずっと逃げることができないことは理解しておきましょう。 必ず捕まると言っても過言ではないです。 つまり、人間側で重要なのは、 どう逃げ切るかではなく、 どう隠れるか、 どう捕まるかです。 出来るだけ牢屋から遠い位置で捕まろう 前の項で、味方の助け方をまとめましたが、そこですぐに助けやすい例として、牢屋の遠くで捕まった場合を例に挙げました。 牢屋から離れた位置で捕まることは、鬼の移動時間を稼ぐことにもつながりますので、捕まる時は出来るだけ牢屋の遠くにオバケを誘導して捕まるようにしましょう。 味方とは対角線の遠い位置で隠れよう そしてもう一つは、味方とは対角線の遠い位置で隠れることが重要です。 これも、オバケの移動時間を稼ぐために必要なテクニックです。 味方が一人捕まっている時に、救出するチャンスを生み出せますし、残り時間が僅かな場合に、二人して遠くの位置で隠れておけば、ほぼほぼ勝利することができるかと思います。 ランタンは必ず使ってから捕まろう オバケイドロのゲームシステムとして、一度捕まってしまい、味方に助けられた場合、使ってしまったランタンが復活します。 そのため、ランタンを使わずに捕まってしまうのはすごく勿体無い行為なのです。 ランタンが無い人が優先的に捕まろう このゲーム、味方を合わせたランタンの数が時間を稼いだり、味方を助けたりするのに非常に大事になってきます。 前の項でもまとめていますが、ランタンは一度捕まり、復活すると回復しますので、ランタンが無い人が優先的にオバケの気を引いて時間を稼いだから捕まるのが得策と言えます。 わざわざランタンを持っている味方が狙われて、ランタンを消費する必要がないのです。 オバケイドロ攻略-ランタンとスキル- ここまでは基本的な立ち回り方をまとめましたが、逃げることを有利にするために理解しておきたいのが、ランタンとスキルです。 ランタンは発動スピードと範囲が重要!? ランタンには、基本的には3つのスキルがあります。 ・はやさ ランタン発動の速さ ・はんい ランタンの効果の範囲 ・スタン オバケを気絶させる時間 以上の三つです。 ランタンの使用場面としては、 逃げている時か 味方を助けに行く時の二通りです。 もう一度言いますがこのゲーム、狙われたらほぼほぼ捕まります。 そのため、最後の数秒逃げれば良いとき以外は、できるだけ味方の救出時にランタンを使った方が効果的と言えます。 そのため、救出時に確実にオバケを気絶させるために、 はやさと はんいのスキルの高いランタンを持つことをお勧めします。 もちろんスタンや、その他のユニークスキルがついているランタンもありますが、これらは上級者用と言えます。 スタンプを貯めよう ゲーム中にあるプレイを達成すると、スタンプをもらうことができます。 このスタンプを集めることで、ニンゲンのスキルを上げことができたりします。 牢屋のスイッチを60回押すことで手に入るスタンプの特典で、 移動速度小アップというものもありますので、こちらはぜひ獲得しておきたいところです。 オバケイドロ攻略-オバケの特性を理解しよう- 最後に、もう一つチェックしておきたいのが、オバケの特性です。 このゲーム、使用するオバケによって得意なことが異なります。 例えば沼を速く移動できたり、高くジャンプできたりなど、、 それぞれのオバケの特性を理解することで、どう逃げるか作戦を練ることができます。 一番良いのは、オバケ側をプレイして、こう逃げられたら嫌だな、、ということを学ぶことですが、オバケの特性は、ショップからでも確認できますので、ぜひチェックしておきましょう。 オバケイドロ攻略-まとめ- いかがだったでしょうか。 今回は新作鬼ごっこ系ゲーム、オバケイドロの攻略方法についてまとめていきました。 今後、お金の稼ぎ方や、その他のまとめ記事なども上げていこうと思います。 ご閲覧ありがとうございました。

次の

オバケイドロ!攻略 ニンゲンで勝つために覚えておきたい5つのこと

オバケイドロ キャラ

ゲーム内容 [ ] 本作は1人のオバケと、3人のニンゲンに分かれてをするという非対称型対戦ゲームである。 3分の制限時間内にオバケがすべてのニンゲンを捕まえて牢屋に閉じ込めれば勝利、一人でも逃げ延びていればニンゲンの勝利となる。 牢屋のスイッチを押せば捕まった仲間のニンゲンを救出可能である。 オバケは容姿によってジャンプ力や移動速度といったパラメータが異なる。 ニンゲン側は持っているランタンを照らすことでオバケを一定時間気絶させることができる。 ランタンは牢屋の仲間を助けることで使用回数が回復するが、ランタンの光でオバケに位置を把握されやすいというデメリットもある。 四画面分割モードではオバケがニンゲンの位置を容易に把握できないようにするため、ミニマップが表示されない。 制作 [ ] 背景 [ ] 本作の開発元であるフリースタイルは愛知県でサーバの構築等を本業としている企業であり、スマートフォン向けタイトルの開発・運営実績はある一方、家庭用ゲーム機向けソフトの開発は本作が初めてである。 が主催する第1回でスマートフォン向けシミュレーションRPGを出展した際、同社の田中克功は遊びに来た人々が楽しそうでないことに気づき、衝撃を受ける。 彼らは自分たちの作るものについて考えた末、ユーザーが楽しめる作品を作ることを決意する。 開発 [ ] 諸事情により、本作の開発がスタートしたのは、第2回全国エンタメ祭りが始まる一か月前のことだった。 前年の反省からわかりやすいものを作るという方針が立てられ、スマートフォン向けシミュレーションRPGで4人対戦を取り入れた経験があったことから、対戦ゲームを作ることにした。 そして、誰もがルールを知っている必要があることからケイドロがルールとして使われた。 本作では、1対3の非対称型対戦ゲームのルールが使われているが、2対2では開発スタッフがバランスを調整出来なかったため、4人の内の3人に楽しんで貰おうという目的で取り入れたものであり、最初から非対称型対戦ゲームとして開発されたわけではない。 本作のディレクター兼プロデューサーの田中克功はAUTOMATONとのインタビューの中で、「『レイド』というわけではないですが、強い人1人に対して3人で立ち向かうという構図を持たせたかったのもあります。 強い人は3人を相手に勝ったら嬉しいし、負けた側も悔しいけど面白かったという形になりやすいんじゃないかなと。 」と話している。 また、イベント等で試遊した来場者にアンケートをとり、寄せられた要望を組み込んでいった。 セッティング [ ] 本作の初期案においては警察と泥棒の戦いだったが、アートデザイナーの1023の提案によりオバケとニンゲンの戦いへと変更された。 田中はこの変遷について「夏のイベントでしたし,来場者の反応を考えるとやはりオバケ。 オバケから逃げるんだからニンゲンだろうということですね。 」と4Gamer. netとのインタビューの中で推測している。 本作に登場するオバケのデザインは怖いながらもどこかポップなデザインとなっており、1023は前述のインタビューの中で「私はホラーやゴアが苦手なので,怖くて怪しいだけじゃなく,突っ込みどころがある感じというか,ちょっとポンコツな要素も取り入れました。 」と話している。 初期案と製品版で大きくデザインが変わったキャラクターもおり、たとえばキリサキの場合、初期案では両手が巨大なはさみになっていたが、ニンゲンを切るように見えて怖いという理由で、製品版では大きな両手に変更された。 また、ケロキングは沼のマップに出すオバケの案として1023が提案したが、オバケに足をつけないというルールとカエルらしさを両立するのに苦労した末、初期案が採用された。 反響 [ ] 本作は開発側の予想以上に大きな反響を巻き起こした。 発売前の時点から者から先行プレイのオファーが開発側に寄せられ、愛知県にあるフリースタイルの本社で先行実況プレイが行われた。 また、SNSを通じた実況動画の投稿も開発側の予想していなかったことの一つであり、ユーザー側からの要望を受けて急遽Switchでのハッシュタグ設定が行われたほどだった。 田中が4Gamer. netに語ったところによると、小学生が帰宅する時間と21時ごろに本作の対戦が多く行われているとのことであり、田中は10歳以下の層と20~30代の社会人に受け入れられているのではないかと推測している。 脚注 [ ].

次の