フレイル。 【チェックリスト付き】フレイルとは?その対策と予防法|みんなの介護

【フレイル検診】とは何?聞かれる15項目の傾向と対策!

フレイル

高齢者のフレイルについて 人は年齢を重ねると活動量が減って社会的な交流も少なくなり、さらに複数の持病を並行して抱えることも少なくありません。 こうした状態が深刻化し、低栄養や転倒、尿失禁、軽度認知障害などの兆候が明確に出てくると、健康面で大きなリスクが出てきます。 フレイルは、加齢の兆候の代表例。 速やかに改善を図らなければ要介護状態へと移行する可能性は極めて高くなります。 言わば 健康な状態と要介護状態の中間に位置する状態です。 なので介護予防は、フレイルを予防することから始まるとも言えます。 そして、すでにフレイルの症状が現れている場合は、できるだけ早くその状況から抜け出し、心身状態の改善を図ることが大事です。 厚生労働省の研究調査班の報告書では、フレイルは心身のぜい弱性が出現した状態ではあるものの、 「適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」とされています。 つまり、フレイル状態であることを早期に発見し、本人と家族が状態の改善に向けて取り組めば、十分に回復が見込めるのです。 フレイルの診断基準 フレイルかどうかを診断する基準としては、以下の5項目が挙げられます。 体重を減らそうとしていないのに、年間で4. 5~5kg以上も減少する• 何をするのも面倒だと感じる日が週に3~4日以上ある• 歩く速さが遅くなる• 握力が弱くなる• 体を動かす機会が減り、身体活動量が低下している この5項目のうち、 当てはまる項目が1~2項目であれはフレイル予備軍の「プレフレイル」、3項目以上当てはまるならフレイル状態に該当します。 加齢が進むなかで食事量が減ってくると、体重や筋力が次第に低下していき、握力も減少していきます。 また、体の衰えが進んでくると、外出して人に会うのはおろか、部屋から出ることすら面倒になるかもしれません。 このように、体の衰弱がさらなる衰弱を呼ぶという悪循環が進むと、やがてフレイル状態に至ってしまいます。 特に複数の病気を抱えている方や、転倒で骨折などの重傷を負い、以前のように自由に動けなくなった方は、健康な頃に比べると活動量はどうしても落ち込んでしまいます。 落ち込んだ状態をそのままにしておくと、本格的な要介護状態に移行するリスクが高まるのです。 東京大学高齢社会総合研究機構の研究では、フレイルは3つの要素で構成されていることが明らかにされています。 動作が遅くなる、転倒しやすくなるなどの 「身体的要素」、認知症やうつなどの 「精神的要素」、さらに孤独や閉じこもり、経済的な困窮などの 「社会的要素」です。 そしてフレイル状態への移行に大きな影響を与えるのが筋力の衰弱です。 筋力が衰えた状態のサルコペニアや運動器が障害をきたした状態「ロコモティブ・シンドローム」を経て、その後、生活機能全般が衰弱するフレイルとなります。 そこからさらに要介護状態に至るというのが衰弱する高齢者の典型例と言われています。 フレイルになるとどうなるか フレイル状態になると、身体能力の低下が顕著にあらわれ、死亡率が上昇します。 健康な人であれば数日で治るような風邪も、フレイル状態ではなかなか治りません。 そのまま風邪をこじらせて肺炎を発症する、体が思うように動かずベッドから転落して骨折するなど、状況をより悪化させるケースが起こることも多いのです。 ただでさえフレイルとなって活動量が落ちているなかで、大病や骨折になると、心身状態の改善・回復を目指すことができなくなり、そのまま寝たきり状態になる可能性もあります。 また、入院したときに、生活環境の変化に対応できず、自分の感情をコントロールできなくなる人もいます。 このような事態を避けるには、フレイルに陥っていることに気づき、家族や主治医が早い段階から対応することが重要です。 先に触れた通り、 フレイルはそこから回復・改善できる状態なので、早めに対策をすれば、要介護状態に陥るリスクを減らすこともできます。 フレイルのイレブンチェック• 同年齢の同性と比較して、健康に気をつけた食事を心がけていますか• 野菜料理と主菜(肉または魚)を両方とも毎日2回以上は食べていますか• 「さきいか」「たくあん」くらいの固さの食品を普通にかみ切れますか• お茶や汁物でむせることがありますか• 1回30分以上の汗をかく運動を週2日以上、1年以上実施していますか• 日常生活において歩行または同程度の身体活動を1日のうちに1時間以上実施していますか• ほぼ同じ年齢の同性と比較して歩く速度が速いと思いますか• 昨年と比べて外出の回数が減っていますか• 1日に1回以上は、誰かと一緒に食事をしますか• 活気にあふれていますか• 何よりまず、物忘れが気になりますか Q4、Q8、Q11の項目で「はい」、それ以外の項目で「いいえ」がついた数が多いほど、フレイルの可能性が高くなります。 運動療法と栄養療法 たとえ高齢者であっても、運動療法を適切に行えば筋力を維持することができます。 運動といっても体を激しく動かすものばかりではありません。 ベッドの上で足を動かす運動や、椅子を使って座る・立つを繰り返すことも、筋力の向上につながります。 ただし、筋力が低下している状態で無理に体を動かそうとすると転倒や骨折を起こす危険があるので、本人はもちろん家族も注意が必要です。 専門の医師から具体的な運動方法を教えてもらい、取り組めるとベストです。 運動療法と栄養療法はセットで行うとより効果が高まります。 低栄養状態で運動しても、筋肉をつくるうえで必要な栄養素が不足します。 良質なたんぱく質を十分に摂取して運動に取り組むと、筋肉が効率的につくられます。 まとめ フレイルやサルコペニアを予防するためには、栄養と運動、そして社会参加が大切です。 しかし、これまで運動習慣を持っていない人が運動を継続するのは大変なこと。 そこでポイントになるのが、人との関係性です。 友人とカラオケに行く、買い物に行く、ボランティアに参加するなどして、日々の活動量を上げるように心がけましょう。 社会参加を取り入れて、無理なく、楽しく体を動かしていくことがフレイル予防につながるのです。 また、心身が弱ってきた兆候が見られたら、早めに主治医などに相談することが大切。 フレイルの前段階であるプレフレイルの状態から対策を始めることで、深刻なフレイルに陥りにくくなるので、高齢者本人はもちろん、家族や友人も日頃から気にかけるようにしていきましょう。

次の

フレイル(虚弱)の漢方(1)基礎知識

フレイル

近年、高齢者は、健常な状態から要介護状態になるまでに、「フレイル」という中間的な段階を経ていると考えられるようになりました。 フレイルの状態や兆候を知っておくことで、その後の身体的・精神心理的・社会的に不健康になることを予測し、予防しやすくなります。 このページでは、フレイルとは何か、フレイルの徴候や、セルフチェック、予防の方法などについて説明していきます。 【目次】 フレイルとは何か フレイルで高齢者に起きること フレイルとは、健常から要介護へ移行する中間の段階と言われています。 具体的には、加齢に伴い筋力が衰え、疲れやすくなり家に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねたことで生じやすい衰え全般を指しています。 脳疾患などの疾病や転倒などの事故により、健常な状態から突然要介護状態に移行することもありますが、高齢者の多くの場合、 フレイルの時期を経て、徐々に要介護状態に陥ると考えられています。 フレイルは、身体的問題のみならず、認知機能障害やうつなどの精神・心理的問題、独居や経済的困窮などの社会的問題が含まれる、多面的な概念です。 身体的要素のみに着目したサルコペニアやロコモティブシンドローム、精神心理的な軽度認知障害、社会的問題である孤立など、散在する高齢者の問題に関する概念を一つにまとめ、高齢者の状態を全体的に把握しようとするものです。 高齢者は、フレイルの時期に、心身および社会性など広い範囲でダメージを受けたときに回復できる力が弱くなり(生理的予備能の低下)、環境や外敵からのストレスに対しても抵抗力が弱くなります。 しかし、 適切に支援をうけることで健常な状態に戻ることができる時期ともされています。 早期発見・早期支援で、多くの高齢者の生活機能の維持・向上を目指して、日本老年医学会が2014年に「フレイル」という概念を提唱し、普及に努めてきました。 (平成27年10月2日厚生労働省資料「後期高齢者の低栄養防止等の推進について」より引用改変) ただし、世界的な医学の世界でも、フレイルの病態生理や、早期発見のための指標、適切な支援のしかたなど、はっきりと確立していない部分も多いのが現状です。 日本の医療上の診断基準もしっかりと確立されているとはいえず、実証と定義の確立を続けている途上といえます。 フレイルの原因 フレイルは、明確な固有の原因があって引き起こされるというよりも、 加齢に伴う以下のさまざまな心身の変化と社会的、環境的な要因が重なりあうことにより起こります。 これらの原因は、以下のように相互に影響し合って、本人を徐々にフレイルの状態にします。 さらにこの負のサイクルを放置していると、より虚弱な状態に陥らせ、フレイルから要介護状態へと移行させます。 項目 評価基準 体重減少 6か月で、2~3kg以上の体重減少 筋力低下 握力 男性<26kg、女性<18kg 疲労感 (ここ2週間)わけもなく疲れたような感じがする、など 歩行速度 通常歩行速度<1. このチェックリストは、身体・社会・精神の衰えを広くカバーしていて、フレイルを発見するための主なチェックリストの一つといえます。 フレイル・基本チェックリスト No 質問事項 回答:何れかに〇をお付けください 1 バスや電車で1人で外出していますか 0. はい 1. いいえ 2 日用品の買い物をしていますか 0. はい 1. いいえ 3 預貯金の出し入れをしていますか 0. はい 1. いいえ 4 友人の家を訪ねていますか 0. はい 1. いいえ 5 家族や友人の相談にのっていますか 0. はい 1. いいえ 6 階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか 0. はい 1. いいえ 7 椅子に座った状態から何もつかまらずに立ち上がってますか 0. はい 1. いいえ 8 15分間位続けて歩いていますか 0. はい 1. いいえ 9 この1年間に転んだことがありますか 1. はい 0. いいえ 10 転倒に対する不安は大きいですか 1. はい 0. いいえ 11 6ヶ月間で2~3kg以上の体重減少はありましたか 1. はい 0. いいえ 12 身長(cm)・体重(kg)・(BMI=)(注) 13 半年前に比べて堅いものが食べにくくなりましたか 1. はい 0. いいえ 14 お茶や汁物等でむせることがありますか 1. はい 0. いいえ 15 口の渇きが気になりますか 1. はい 0. いいえ 16 週に1回以上は外出していますか 0. はい 1. いいえ 17 昨年と比べて外出の回数が減っていますか 1. はい 0. いいえ 18 周りの人から「いつも同じ事を聞く」などの物忘れがあると言われますか 1. はい 0. いいえ 19 自分で電話番号を調べて、電話をかけることをしていますか 0. はい 1. いいえ 20 今日が何月何日かわからない時がありますか 1. はい 0. いいえ 21 (ここ2週間)毎日の生活に充実感がない 1. はい 0. いいえ 22 (ここ2週間)これまで楽しんでやれていたことが楽しめなくなった 1. はい 0. いいえ 23 (ここ2週間)以前は楽にできていたことが今ではおっくうに感じられる 1. はい 0. いいえ 24 (ここ2週間)自分が役に立つ人間だと思えない 1. はい 0. いいえ 25 (ここ2週間)わけもなく疲れたような感じがする 1. はい 0. 5未満の場合に該当とする 当てはまった回答のうち、1の点数を数え、以下の表と照らし合わせてみましょう。 項番 チェックの目的 フレイルの可能性がある点数 1~20 日常生活全般 10点以上 6~10 運動器の機能 3点以上 11~12 栄養状態 11が「はい」で、12のBMIが18. 5未満の人 13~15 口腔機能 2点以上 16~17 社会的交流 16が「いいえ」の人(17も「はい」の人は要注意) 18~20 認知機能 1点以上 21~25 心理(抑うつ)状態 2点以上 (厚生労働省平成21年3月「介護予防のための生活機能評価に関するマニュアル(改訂版)」を元に作成) フレイルの予防 健常な段階からフレイルを予防するには、 生活習慣病の(進行)予防をしながら、運動機能・認知機能の低下を防ぎ、社会的に関わりを保ち続けることが大切です。 持病のコントロールを 既に糖尿病、心臓病、腎臓病、呼吸器疾患、整形外科的疾患などの慢性疾患がある場合には、 まず持病のコントロールをして、悪化させないことが大切です。 持病の治療がうまくいかず、行動が制限されたりさまざまな症状が現れると、体を動かしたがらなくなったり、身体機能が低下してしまうこともあります。 負担にならないような持病コントロールの方法を教えてもらうなど、医師や薬剤師とうまく連携して、現在の状態を維持・継続しましょう。 感染症の予防を 高齢者は免疫力が低下していることが多く、インフルエンザや肺炎にかかりやすいといわれています。 インフルエンザや肺炎が重症化して入院すると、免疫力の高いときなら問題にならない体内の常在菌による感染症にかかるなどして、そのまま寝たきりになってしまうこともあります。 以下のような方法で、感染症を予防しましょう。 適度な運動やバランスのよい食事などにより免疫力を高める体作りをしておく• 基本的な手洗い・うがいなどの清潔保持を行う• インフルエンザワクチンなどを接種する• 誤嚥性肺炎による肺炎を防ぐため、しっかりと口腔ケアをする 日常生活に運動を 生活習慣病を予防したり、運動機能を維持するためには、日常生活で運動習慣を取り入れることが大切です。 特に筋力や筋肉量は、高齢者がサルコペニアの状態になっても、適切な運動や栄養摂取により比較的短い期間で取り戻しやすいといわれています。 日常生活の行動に、少し運動を取り入れたり、歩く時間や距離を伸ばすなどして、毎日続けられる方法を、少しずつ始めましょう。 ロコモティブシンドロームを予防する方法によっても、足腰の筋力を向上・維持し、バランスを保つことで、フレイルを予防し、その進行をおさえることができます。 バランスのよい食事を 低栄養は、フレイルを起こす最大の要因です。 高齢者になり、食が細くなって、満腹感があっても栄養が十分に摂れていなかったり、さっぱりしたものばかりを食べて、体を維持するために必要な栄養素が不足したりします。 特に一人暮らしの高齢者は、食事の品数も減り、食べる食材も偏り、食欲が低下しがちで、低栄養状態に陥りやすくなります。 また、運動して運動機能を維持するにも、体をつくる栄養素(たんぱく質やカルシウムなど)が必要です。 低栄養の状態で運動を行っても、さらに低栄養状態を助長してしまいます。 さまざまな栄養素をバランスよくしっかりと摂取して、低栄養状態に陥らないようにしましょう。 口腔・嚥下機能を保つケアを 加齢とともに歯が抜けるなどして噛みづらくなると、硬い食材が食べられなくなったり、口の中でうまく飲み込める状態にできなくなることがあります。 また、 加齢に伴い飲み込む力(嚥下機能)が弱くなると、食べものや飲みものが気管に入る「嚥下困難」が起きることもあります。 食べづらくなるにつれ、食べるのが嫌になり、低栄養を起こすこともあります。 入れ歯など、口の中を噛みやすくしておくケアをするほか、飲み込みづらさがあったらそのままにせず、嚥下機能を保つリハビリをするなど、食べる機能を低下させないようにしましょう。 社会とのつながりを 高齢になると、社会的地位や家族の役割が変化したり、家族や友人を喪失することで、気力や活気が失われてしまうこともあります。 外出する機会や気力が失われ、家に閉じこもりがちになると、身体的フレイルへと進行することも少なくありません。 趣味のサークルなどで新たなつながりを作ったり、地域のボランティアなどで貢献する役割を担うことで、人との関わりを保ち続けることは、身体的、精神心理的フレイルの進行予防になります。 お勧めしたいのは、 誰かと一緒にごはんを食べることです。 家族や友人と一緒に食事を摂る(共食)と、コミュニケーションをとりながら楽しく食べられるうえ、食欲が高まり、多様な食材を食べられて低栄養になることも避けられます。 身体的・精神心理的・社会的フレイルの全てを予防できます。 介護予防の観点では、高齢者ご本人や、身近にいるご家族がフレイルという状態を知り、介護状態へと移行しやすい危険性をはらんでいることや、どのような状態がフレイルにあたるのかを知っておくこと、 フレイルを進行させないための日常的な配慮を行っておくことは有用です。 身体面だけでなく、日常生活のすべてが健康にかかわるものと捉え、フレイルの概念をうまく使って、日頃から介護予防に取り組んでいただければと思います。 イラスト:上原ゆかり.

次の

「フレイル」は介護予防のキーワード 普段の食事と運動が大事

フレイル

フレイルって何だろう? これらは、年齢を重ねると誰もが感じることです。 このような虚弱の状態のことを『フレイル』といいます。 日本は男女とも平均寿命が延伸して、世界トップクラスの長寿国ですが、これからは「元気に自立して日常生活を送ることができる健康寿命」を伸ばすことが大切です。 高齢になれば、心臓疾患、糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風等いろいろな病気との併発が考えられます。 都民の皆さん一人ひとりが主役となって、いつまでもいきいきと前向きに暮らし続けるために『フレイルの予防』(虚弱、老化の予防)について考えていただければと思っています。 骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に支障を来している状態のことをいいます。 サルコペニアは、ギリシャ語でサルコ(筋肉)とペニア(減少)の造語です。 「メタボ対策」から、しっかり食べて栄養状態を保つ「フレイル予防」に考え直してみましょう。 そして、自分事として前向きに捉えて行動することがその後の効果も大きいと考えられています。 気付きのヒントがオール東京チームから発信されています。 <健康長寿に大切な3つの柱> 栄養(食・口腔機能)・運動・社会参加の3つの柱は、お互いに影響し合っています。 どれか1つだけをすればいいというものではありません。 3つの柱をうまくリンクさせて自分の生活サイクルに組み入れていくことが大切です。 東京都医師会では、健康スポーツ医学委員会を設置し、健康運動の推進について毎月1回委員会を開催しています。 また年に2回健康スポーツ医学研修会を開催して、資格更新および最新の知識の習得のための研修会を提供しています。 健康スポーツ医は、地域において住民の健康相談、運動指導、体力増進、スポーツ活動におけるアドバイス等、フレイル予防を含めて日々地域の医療・介護・福祉の分野で活躍しています。 2018年2月のハーバード大学の武見プログラムにおいて尾﨑治夫東京都医師会会長が、フレイル予防、健康寿命延伸に向けて「運動することが医療である(Excise is Medicine)」をテーマに基調講演をしました。

次の