特別 定額 給付 金 申請。 千葉市:特別定額給付金

<現金10万円給付!>特別定額給付金の申請方法~受給までを解説

特別 定額 給付 金 申請

特別定額給付金申請書の書き方 「特別定額給付金申請書」には、表面と裏面があり、表面には給付金の支給内容など、裏面は本人確認書類の写しや振込先口座確認用に通帳・キャッシュカードの写しを貼り付ける箇所が設けられています。 それでは、「特別定額給付金申請書」の表面の記入方法を解説していきます。 世帯主(申請・受給者)欄を記入する まず、 「申請日」を記入します。 申請期限は、市区町村ごとに決められらた 受付開始日から3ヶ月以内となりますので、ご注意ください。 続いて、 「世帯主(申請・受給者)」欄に世帯主の 「氏名」「日中の連絡先」を記入し、押印します。 「現住所」・「フリガナ(氏名)」・「生年月日」については、予め印字されていると思いますので、印字されている内容に間違いがないかを確認してください。 (印字されていない場合は、記入するようにしてください。 ) 特別定額給付金の受給権は世帯主になります。 申請書は、住民票のある市区町村から世帯主宛に世帯全員分の申請書(1世帯1通)が郵送されることになっています。 DV被害等を受け、別の場所に避難している場合は、申請することで世帯主とは別に給付金を受け取ることができます。 給付対象者は、2020年4月27日の時点で住民基本台帳に登録されている方、つまり住民票をお持ちの方となります。 あらかじめ世帯全員の氏名、続柄、生年月日、給付金の合計金額が記載されていますので、誤りがないかを確認し、もし誤りがあった場合は、朱書き(赤字)で訂正してください。 ) スポンサーリンク 受取方法を記入する こちらには、給付金の受取方法を記入していきます。 まず、 「口座の有無」から確認します。 郵便局(ゆうちょ銀行)と銀行口座で記入する欄が分かれています。 また、記入はどちらか片方のみとなりますので、両方に記入しないように注意してください。 市区町村によっては、給付金の振込を希望する口座が「水道料引落口座」「住民税等の引落口座」「児童手当受給口座」で使われている場合は、通帳やキャッシュカードのコピーの添付が不要になる場合があります。 詳しくは、特別定額給付金申請書に同封されている「お知らせ」を確認してみてください。 代理人申請(受給)を行う場合 こちらには、代理の方が申請をする場合に、その代理人の情報を記入します。 本人による申請や受給が困難な場合は代理人が申請(受給)を行うことができます。 代理申請については、お住まいの市区町村で確認するようにしてください。 添付書類を確認 こちらには、「本人確認書類」と「受取口座の確認書類」のコピーを貼り付けます。 「本人確認書類」とは• 運転免許証(コピー)• 健康保険証(コピー)• 顔写真付き住基カード(コピー)• パスポート(コピー)• 各種障害手帳(コピー)• 介護保険被保険者証(コピー)• 公的年金の証書(コピー)• 顔写真付きマイナンバーカード(コピー) のうち、いずれか1点を貼り付けてください。 (外国籍の方は、在留カード(コピー)などが必要です。 ) 「受取口座の確認書類」とは 金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードのコピーを貼り付けてください。

次の

自治体の今後増える特別定額給付金申請書の処理を、AIで効率化

特別 定額 給付 金 申請

申請書の発送について 本市では、5月26日から6月11日頃にかけて申請書を発送しました。 まだ申請書が届いていない方は、までお問い合わせください。 詳細は、にてご確認ください。 申請方法 以下の いずれかの方法により、 世帯主の方が、同一世帯全員分の申請を行います。 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、原則として窓口での申請受付は行いません。 1 オンライン申請方式 マイナンバーカードを所有する世帯主の方が行うことができます。 マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面から、世帯員の情報や振込先口座情報を入力した上で、振込先口座確認書類(通帳の画像等)をアップロードし、電子申請を行うことができます。 2 郵送申請方式 5月25日から、全世帯の世帯主宛に住民基本台帳情報を印刷した申請書を順次発送しました。 申請書に振込先口座情報等を記入し、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)のコピー(1点)及び振込先口座確認書類(通帳やキャッシュカードなど)のコピー(1点)とともに、同封する返信用封筒で郵送することで申請を行うことができます。 申請受付から給付(振込)までにかかる期間の見込みは、下記のとおりです。 1 オンライン申請 申請受付から3、4週間程度での振込予定 受付日 5月18日 振込時期目安 6月15日頃まで 受付日 5月19日、20日 振込時期目安 6月15日から6月19日 受付日 5月21日から22日 振込時期目安 6月17日から6月24日 受付日 5月23日から29日 振込時期目安 6月19日から6月26日 受付日 5月30日以降 振込時期目安 6月24日以降 2 特例申請 申請受付から2、3週間程度での振込予定 受付日 5月18日 不備のあるもの等以外 6月8日まで振込済 受付日 5月19日から22日 不備のあるもの等以外 6月12日まで振込済 受付日 5月23日から29日 振込時期目安 6月11日から6月18日 受付日 5月30日から6月2日 振込時期目安 6月17日から6月24日 3 郵送申請 現在、申請受付から3、4週間程度での振込予定 (なお、申請が集中した場合には、目安の振込時期より時間がかかる場合があります。 振り込みまでしばらくお待ちくださいますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。 郵送申請から振込までの流れ 不備のある申請に係る対応• 申請内容の修正・添付資料の送付について、通知により依頼(送付・返送)• 申請内容の修正について、電話で確認し補正• 本人確認書類・通帳の写し等により、内容を確認し補正(通知や電話はありません) 給付金を装った詐欺にご注意ください! 特別定額給付金(1人10万円)に関して、給付金を装った詐欺と思われる事案に関する相談が、全国の消費生活センター等に寄せられております。 市役所職員が直接お宅を訪問して申請を促したり、通帳やキャッシュカードを預かることはありません。 少しでも不審に感じたら、すぐに誰かに相談してください。 市役所が下記3点を求めることは、絶対にありません!!• 現金自動預払機ATMの操作をお願いすること• 受給にあたり手数料の振り込みを求めること• メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること 個人情報を他人に教えない! 暗証番号を他人に教えない! 通帳やキャッシュカードを他人に渡さない! 不審に思った場合は、一人で解決しようとせず、以下の機関などにご連絡ください。 仙台市消費生活センター 電話:022-268-7867• 新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン 電話:0120-213-188(通話料無料)• 宮城県警察本部 電話:022-221-7171 または 警察相談専用電話( 9110) 申請受け付けの開始にあたり、特別定額給付金に関する各種問い合わせに対応する特別定額給付金専用ダイヤル(コールセンター)を開設しています。 まだ申請書が届いていない方は、コールセンターまでお問い合わせください。 なお、給付金の振込日についてはお答え出来かねますので、問い合わせはご遠慮願います。 聴覚や言語に障害がある方へ ファクス、メールでも問い合わせを受け付けています。 ファクス番号:022-214-1091• 該当する方以外からの問い合わせには返答いたしかねます。 コールセンターをご利用ください。

次の

特別定額給付金の申請 「希望しない」の勘違いチェックに注意

特別 定額 給付 金 申請

政府が行う1人10万円の特別定額給付金の手続きで、誤って受給を辞退してしまうケースが懸念されている。 郵送申請書の記入が分かりにくいため、勘違いをして「受給を希望しない」の欄にチェックしてまう人が少なくないとして、自治体が注意を呼びかけている。 河野太郎防衛相も14日、ツイッターで<「希望しない」に勘違いでチェックをつける人が多いようです。 間違いないように気をつけましょう>と注意を呼びかけた。 郵送申請書は総務省の見本を基に各自治体が作成している。 見本では、受給の希望者は、名前の誤りなど修正がなければ記入の必要はなく、同一世帯の中で辞退者を個別に設定できるようにチェック欄が設けられた。 だが、下段にある受け取り方法では口座種別に印をするようになっていることもあり、勘違いの原因になっているようだ。 総務省特別定額給付金室の担当者は「受給の希望者が印をつける様式も検討したが、チェック漏れが多くなると判断して現在の様式になった」と説明する。 特別定額給付金は、自治体の郵送受け付け開始から3カ月の申請期限を過ぎると、受給できなくなる。 現状の様式は、辞退者の意思確認ができるので、申請漏れを確認する自治体の手間を省く狙いもあるという。 練馬区はホームページで、チェック欄の記入について注意をよびかけている こうした「勘違い辞退」のリスクに、給付業務にあたる自治体も神経をとがらせている。 東京都練馬区は、オンライン申請を済ませた人を除く約37万世帯に15日から郵送申請書の発送を始めたが、受け取った区民から「分かりにくい」との声も寄せられているという。 練馬区はホームーページに書類の見本を掲載し、チェック欄について「受け取りたい方はチェックしないでください」と大書して注意を呼びかけている。 また、同区の郵送申請書は合計金額を記入するようになっていることから、受給を「希望しない」の欄にチェックが入っていても、口座番号や合計金額の記入があれば、受給意思があると判断して、支給手続きを進めることにしている。 チェック欄と合計金額が合わないなど矛盾があった場合は、職員が電話などで問い合わせるという。 大木裕子担当課長は「全国民への一律給付が趣旨なので、なるべく区民の手を煩わせないようにしたい。 区民の皆さんは、申請書を出す前に一度、文面を読み返すなど気をつけてほしい」と話している。

次の