郵便 はがき 切手 代。 郵便局ではクレジットカード払い可能?年賀状や切手をクレジットカードで購入したい方のために、その情報をまとめてみました。

ハガキ切手代は2019年現在いくら?料金値上げいつで交換はできる?

郵便 はがき 切手 代

はがきの切手代は6月1日から値上げされている はがきを郵送したい際、現在の値段がどうなっているかをチェックする必要があります。 というのも、近年の郵便料金は細かく改定される傾向があり、いつまた料金に変化があるかがわからないためです。 2017年6月から「はがき」は62円に値上がり 2017年6月に郵便料金の改定があり、はがきの郵送料金にも影響が出ています。 旧料金は52円でしたが、改定後の料金は62円に見直されて10円の値上がりになっています。 電子メールや各種アプリケーションによるやりとりが拡大していく中で、はがきによるコミュニケーションは減少の傾向があります。 それに伴ってかかる人件費などの見直しと共に、郵便料金の値上げが実行されたということのようです。 2018年用年賀はがきは52円の販売で据え置き ただし例外があり、2018年度の年賀状(2017年末に出す分)についての料金は据え置きということになりました。 通常はがきを使う機会は大きく減少しているものの、年賀状だけを見ればまだまだ習慣として根強く残っていることもあり、据え置きで良いとの判断がなされたのかもしれません。 数枚~数十枚程度であればそれほど打撃はありません。 しかし、年賀状を毎年数百枚~千枚単位で出す人に、10円の値上げはかなり響きます。 この点は英断と言っても良いでしょう。 2018年度分で様子を見ながら、今後を考えるということだと思います。 関連記事「」 通常はがきや私製はがきで年賀状を出すことも可能 この年賀状送付の料金の据え置きは、通常はがきや私製はがきを使った年賀状にも適用されます。 切手を貼る部分の下に赤色・朱色のペンで「年賀」と書く基本的なルールを守ることで52円で送ることができます。 通常はがきについては、余っている旧料金のはがきは使えないということではなく、62円になるように10円切手を貼れば今までと同じように使うことができます。 もし切手代が足りない場合は、差出人のもとに戻されてしまいます。 相手先に届くまで余計な時間がかってしまうので注意しましょう。 懸賞用などにたくさんのストックがある場合でも問題ありません。 通常はがきを出す機会が多いのであれば、10円切手を多少ストックしておくとスムーズかもしれません。 関連記事「」 封筒の切手代は重さで決まる 通常はがきを送る際の料金は基本的に変化がありませんが、封筒を送る際の値段は最終的な重さによって変化します。 定形郵便と定形外郵便 定形内郵便・定形外郵便というカテゴリがあり、そのそれぞれのカテゴリのなかでもさらに細かく料金の設定がしてあるため、印象としてはややこしい面もあります。 封筒を郵送する際の最も安い料金は重さ25gまでの82円となっています。 定形内郵便の限度は重さ50gまでで、こちらは92円の料金です。 重さ25gならA4用紙3枚~5枚送付できる A4サイズ用紙1枚が約4gとされているので、重さ25gなら、3枚~5枚程度までは最低料金で送れることになります。 この試算では、封筒の重さや封を閉じるための糊・シールはもちろん、最後に貼り付ける切手などの重さも考慮しています。 ただしこれはあくまでも定形内料金のケースなので、A4サイズ用紙を折らずに送りたい場合は話が別になります。 50g以上は定形外郵便 50gを超えた郵便物は定形サイズでも定形外郵便として扱われます。 92円分の切手があれば必ず送れると思い込んでいると、想像以上に封筒の重さがかさみ、料金が足りなくなることもあるので注意しましょう。 近年は便箋を手作りしたり、デコレーションを施したり、大きめのクリップでとめるなどの手紙の送り方が流行していることもあり、意外と重さが出るというケースがあります。 重量に自信がない場合は郵便局での計量がおすすめ 92円以内で送付できる定形郵便は、50g以内の重量にする必要があります。 自宅で量るのが面倒くさい場合や、はっきりわからなくて不安という場合は、送りたい封筒を郵便局に持ち込むことできちんとした料金を知ることができます。 もちろん、その場で料金を払うことも可能です。 定形外郵便は120円から A4サイズ用紙を折らずに送りたい場合は定形外郵便で送ることになるので、料金は92円より高くなります。 定形外郵便の最低料金は120円となっていますが、こちらも重さによって料金に変化が出てくるので注意しましょう。 場合によってはレターパック、レターパックライトなどの別形態のサービスのほうが料金が安く済むケースもあります。 郵便局の封書・荷物の送付サービス料金はとても細かく設定されているので、一度サイトで確認してみるのがおすすめです。 関連記事「」 定形外郵便に6月1日から「規格外」「規格内」ができました 郵便局の封筒・荷物の送付にかかる料金が2017年6月に細かく改定され、今までよりもさらにややこしくなりました。 特に、ネットオークションやインターネット通販などで、郵便サービスを頻繁に利用する人は注意が必要です。 ヤフオクでもよく利用される定形外郵便 ネットオークションやインターネット通販でよく利用されるのはおそらく定形外郵便のサービスでしょう。 ハンカチや小さめのタオル、文房具などの購入でいちいち宅配便のサービスを選択していては送料が重くのしかかってくるためです。 近年はインターネットを通じた商品の売買が盛んになっていることもあり、郵便局での荷物送付サービスは通常のはがきや手紙の配達に引けを取らない率にまで上がってきていると思われます。 定形外郵便に「規格内」と「規格外」の区分けができた さまざまな送付サービスへの対応水準を維持するため、2017年6月にさまざまな郵便サービスの料金改定がおこなわれました。 その結果、定形外郵便にかかる料金形態が細かくなり、一部値上げと値下げが生じています。 まず、定形外郵便に「規格内」と「規格外」というカテゴリが設けられました。 今までは定形内郵便と定形外郵便というカテゴリだったところに、新しい規格が一つ加えられたようなイメージです。 郵便局は定形外郵便が嫌い? 定形外規格内は長さ34cmまで、幅25cmまで、厚さ3cmまで、重さ1kgまでとなっており、今までの定形外郵便の料金とほぼ変わらない印象です。 定形外規格外は基本的にこれから外れる大きさ・厚みの荷物に対して適用されます。 例えば大きめのポスター、傘などをインターネットで購入して定形外郵便で送ってもらう場合はだいたい定形外規格外になると思われます。 ヤフオクやモバオク・メルカリなどのネットオークションで頻繁にやりとりされる物品の、ほとんどは定形外郵便「規格外」となるでしょう。 恐らく、郵便局はあまりにも数量が増えたこれらの荷物を捌ききれなくなったのでしょう。 値上げの意図には、オークション貨物の締め出しが、かなり明確に現れています。 ヤフオクなどでの料金トラブルに注意 荷物を送付する側は郵便局の料金改定に敏感ですが、送付してもらう側はいつまでも旧料金のイメージで考えてしまう部分があります。 説明してもらうまで分からずに「こんなに送料はかからないはずだ」などの余計なトラブルを招く可能性があります。 もし、定形外郵便で荷物を送付する機会が多い場合は、あらかじめわかりやすいように伝えておくのがスムーズでしょう。 関連記事「」 今回の価格改定でも新しく発行される切手の額面はなし 郵便料金の改定にともない、通常はがきや定形内・定形外郵便にかかる料金にもかなり変化が見られ、新料金で送付するのに必要な切手の額面の種類も変化することになりました。 まず、通常はがきの値段が52円から62円になるのを受けて、旧料金の52円はがきの販売は2017年の5月に終了しています。 今後は62円の通常はがきを、郵便局の窓口やコンビニなどで購入することが可能になります。 52円はがきは62円はがきの出現後すぐ無くなる 一部金券ショップなどであれば旧料金のはがきが残っている可能性もあります。 ただ、そのままでは売りにくいこと、郵便局の窓口に持っていけば切手などとの交換もできることなどから、52円通常はがきはすぐに姿を消すことになるでしょう。 旧料金のはがきがまだたくさん余っているという場合は、貼る切手の枚数にこだわりがないのであれば10円切手を加えることで問題なく送付することができるので安心してください。 料金変更で必要な切手の種類も変わる 定形外郵便の料金にも見直しが入ったことにより、こちらで必要な切手の種類も変化します。 今までの定形外郵便の特徴といえば、長さ・幅・厚みの3辺の合計が90cmに収まっていれば良かったので、厚み自体はそれほど気にすることなく送付できていたことです。 しかし今回の改定によって、定形内規格内という基準が設けられ、厚みに「3cmまで」というルールが導入されました。 さらに長さにも制限が入り、34cmまでというルールに変更されています。 このルールから外れるものは定形外規格外というこれまた新しい基準が適用されることになります。 定形外規格外の料金に適した切手は発売されない 切手の額面に大きな変更が見られるのはおそらくこの定形外規格外の料金に関連した部分でしょう。 定形外規格内の料金は今までの据え置きとなっていますが、定形外規格外に関しては重さによって85円~100円の値上げになっているためです。 定形外規格外の新料金は265円や305円など、やや中途半端な印象の設定もあります。 しかも、適した切手の組み合わせが作りにくく、金券ショップで安く購入するのも難しいでしょう。 なので、正確に料金をはかることや切手の用意が面倒くさい場合は、素直に郵便局の窓口へ持ち込むのが最も簡単・確実な方法となります。 切手を売るなら郵送買取が最も高くなる!? 私のお店も同じで、価格相場としては バラの切手が70%~80%程度、 100枚シートの切手で80%~90%程度となっています。 切手の買取価格は金券ショップによってかなり差がある 切手の買取価格は金券ショップによってかなり違いが出ます。 というのも、多くの金券ショップは切手の買取にそれほど力を入れていないからです。 切手の収集ブームも今は昔 加えて、一時期ブームにもなって切手を収集していた人達がかなり高齢になっていることもあり、プレミア切手などがあっても販売先がないという状況にもなり得ます。 また、外国の切手など、特に中国切手に関しては店員でも価格相場を知らなかったり、評価できなかったりすることが多いため、買取を断られてしまうということも多々あります。 切手買取なら福ちゃんがおすすめ 切手の買取は、力を入れている金券ショップに依頼するのが、最も高く買い取ってもらえます。 切手買取の福ちゃんなら、郵送買取(宅配買取)もやっているので、近くの金券ショップに持ち込む前に一度検討してみるのがおすすめです。 切手の高価買取なら がおすすめです。

次の

郵便切手》値上げ2019/郵便局/切手代/料金代金/種類/手紙/封筒封書/はがき/値段/定形外/サイズ

郵便 はがき 切手 代

『郵便局で切手やハガキをクレジットカード払いで購入したい!』 そういった要望をお持ちの方のために、今回は郵便局でVISAカードやJCBカードといったクレジットカードが使えるのかどうかについての記事を書いてみたいと思います。 大量にハガキや年賀状を買いたい方は是非、参考にしてくださいね。 郵便局での支払い方法について: クレジットカードは原則不可: まず、結論から先にいってしまうと、郵便局では残念ながらクレジットカード払いは受け付けてくれません。 下記のようにVISAカードだろうがアメリカン・エキスプレス・カードだろうが、更には楽天カードやイオンカードも利用できない状況です。 カードブランド 利用可否 VISAカード 利用不可 MasterCard 利用不可 JCBカード 利用不可 アメリカン・エキスプレス 利用不可 ダイナースクラブ 利用不可 どのクレジットカードも使えないと思ったほうが無難です。 電子マネーやギフトカードも利用不可: 同様にSuicaやWAON、iDやQUICPayといった電子マネー、そしてJCBギフトカードやVJAギフトカードなどのギフトカードの支払いも無理なので、基本は現金払いのみと思って間違いなし。 クレジットカード払い:利用不可• デビットカード払い:利用不可• 電子マネー払い:利用不可• ギフトカード払い:利用不可• プリペイドカード払い:利用不可 更にはau WALLETカードやSoftBankカードなどのプリペイドカードによる支払いも当然ながら無理。 どうしても今すぐ切手やハガキが必要なんだ…という場合は、素直に現金で支払いをするようにしてください。 こればかりはどうしようもありません。 郵便局でクレジットカードを使う方法: 但し、なにごとにも例外が存在。 どうしてもクレジットカード払いをしたいという方のために、いくつか郵便局でクレジットカード払いをする方法を紹介してみたいと思います。 年賀状や切手のまとめ買いなら: 年賀状や切手、レターパックなどをまとめ買いするのであれば、郵便局が運営している通販サイトがお得。 なんとここならVISAカードやJCBカードといったクレジットカード払いを受け付けてくれます。 但し、残念ながら 5,000円未満の購入の場合には別途送料がかかってしまうため、せっかくクレジットカード払いが出来るといっても少額の購入であれば節約効果はなし。 そのため、もし切手SHOPを利用するのであれば年賀状やハガキ100枚を一度に買うなどの、まとめ買いをしたい場合に活用してみてください。 5,000円以上の購入でなら送料無料でハガキや切手を自宅まで送ってくれるのでお得ですよ。 5,000円未満の買い物:送料がかかる分、損してしまう• 5,000円以上の買い物:送料無料のため、カードポイント分だけ得をする 友人&家族と分け合ってもOK: 『そうはいっても5,000円分も郵便はがき等を買うことないよ!』という方は、家族や知人・友人とまとめて購入するなんていうのも手。 自分1人で購入:なかなか5,000円以上にならない• 誰かと共同購入:5,000円以上になりやすい これなら1人あたり20枚といった年賀はがきの購入でも切手SHOPを使うことが出来るので、郵便物の購入においてクレジットカード払いを使うことができますよ。 新宿郵便局でのSuica払いは廃止: 次に、東京の新宿駅近くにある新宿郵便局ではSuicaを使った支払いが可能だったのですが、こちらは2015年頃に廃止になってしまったとのこと。 2015年以前:Suica払いが使えた• 2015年以降:他の郵便局同様に 過去には切手やハガキだけでなく、収入印紙の購入までSuicaを使って行うことが出来たため重宝していたんですが、敢えなく受付不可になってしまったようなのでご注意ください。 2020年からはカード払いが解禁? 郵便局を運営する日本郵便株式会社が出した公式リリースによると、2020年2月から窓口でのクレジットカード払いが可能になるとのこと。 ただ公式リリースには順次、使えるように増やしていくとの記載があるため、全国各地の簡易郵便局でクレジットカードや電子マネーが使えるようになるにはもう少し時間が必要かもしれません。 どうしてもカード払いを使いたいなら、各地域にある郵便局の本局などを狙うと良いかもですね。 一番お得に年賀状を購入するなら: 最後に、クレジットカードによる支払いは受け付けてくれませんが、一番お得に年賀状や切手を購入する方法はズバリ、金券ショップで間違いなし。 身も蓋もない話かもしれませんが、ここで購入するのがなんだかんだで一番割引率が高いので、都市部にお住まいの方は金券ショップで購入するようにしてください。 『いやいや、手元にお金がないからクレジットカード払いしたいんだよ』という場合には切手SHOPを上手に使ってみてくださいね。 前述のように自分の分だけでなく、友人や家族分をまとめ買いすれば5,000円くらいは簡単にいくと思いますよ。 以上、郵便局ではクレジットカード払い可能?年賀状や切手をクレジットカードで購入したい方のために、その情報をまとめてみました…という話題でした。 郵便に関する関連記事: 切手やハガキの購入でポイントをたくさん貯めたい…という方は下記記事も参考に。 いわゆる高還元率なクレジットカードを紹介しています。

次の

懸賞等に確実に応募する方法&封書料金用切手が必要な懸賞応募はがき

郵便 はがき 切手 代

・ 郵送料金は、郵送するものの大きさや重さによって異なるため、利用者は郵送料金に相当する額の切手を購入し、郵便物に貼ります。 また、書留や速達などのように、配達の確認を取る、優先的に早く配達する…等の付加的な有料サービスの料金も切手を購入することで支払いが可能です。 ・ 切手が郵便料金を支払った証明となるため、切手を貼れば、郵便局まで持参しなくても、最寄りの郵便ポストに投函するだけで全国均一の配達サービスを利用できます。 ・通常は、切手の裏面に糊が塗ってあり、水気を与えるとそのまま貼付できます。 また、一枚一枚が容易に切り離せるように周囲にミシン目がほどこされています。 ・切手を使用できるのは、日本郵便によって扱われ配送される郵便物に関してのみです。 宅配便を扱う企業においては、封筒やはがきに、切手に代わるシールを貼付します。 宅配業者固有のシールで、配達状況を追跡できるコード番号が付されているものもあります。 ・切手には、年間を通じて使用されるデザインのほかに、慶弔用切手や年賀用切手、また、記念切手やご当地切手のように、数量限定で発売されるものもあり、切手収集をするコレクターも数多く存在します。 近年では、キャラクターデザインを用いたものや、シール状になっているもの、ユーザーが自由にデザインできるオリジナルデザイン切手も取り扱いされています。 ・ 切手は日本郵便(郵便事業株式会社)によって消印が押されることにより「使用された」という証しとなります。 消印には、取り扱った郵便局名や日付けが印字されています。 ・海外にも切手は存在します。 それぞれの国から郵便物を送る際に、日本の場合と同じように使用されます。 ・小荷物に関しては、日本郵便も、他の宅配業者も似たようなシステムをとっています。 いずれも差出し人および宛先の住所氏名を記載する伝票を貼りますが、代金は荷物の大きさ、重さ、距離に応じて荷物を出す際に支払うほか、月ごとに支払う契約などがあります。 また、宅配業者に関しては、着払いや、代金受け取り払いという代金回収のシステムもあります。 [はみだし知識] 領収書などの「課税文書」に貼られている、切手みたいな小さな紙片を印紙(収入印紙)と呼びます。 印紙も郵便局等で購入ができますが、切手が郵便料金・代金を前納した証しであるのに対し、印紙は印紙税という税金を支払った証として貼付されます。 ・はがきの切手代は全国一律63円です(2019年10月1日から)。 ・定形郵便物、定形外郵便物の料金は大きさの条件さえ満たしていれば、重量のみによって上下します。 これに対し、小荷物の場合は、大きさ、重量、距離によって料金が決められています。 ・普通郵便とは、速達や書留といった特別なオプションをつけずに送る郵便のことをさします。 オプション(書留や速達)を利用する場合には、普通郵便に追加料金を支払いすることで、つけることができます。 普通郵便物は、日曜・祝日には配達されません。 下記サイズを超えると定形外かつ規格外。 510円または360円で送ることができます。 配達までの過程の記録が残るほか、その郵便物が破損した場合には、届け出範囲内での賠償が受けられます。 現金 ( 現金書留) 現金を送る時専用の書留。 郵便局で専用封筒を売っており、熨斗袋などはそのまま入れて送ります。 現金以外 ( 一般郵便物) 配達までのすべての過程を記録。 万一の破損時や紛失時は、実損額を賠償してくれます。 簡易書留 引き受け時と、配達時のみを記録。 万一の破損時や紛失時は、5万円までの実損額を賠償してくれます。 速達は、その郵便物を優先的に早く配達するサービスです。 特に遠方に送る時には一日くらい短縮できます。 ゆうパックの料金表は省略します。 更に5万円ごとに+21円(上限500万円) ゆうメール ・3kgまでの荷物を送ることができます。 ・目立つところ(表面)に「ゆうメール」と表記します。 ・縦+横+高さ=1. 7m以内(170cm以内) ・サイズについては、上記プラス 2017年6月1日から規格内、規格外が設定されました。 下記サイズを超えるとゆうメール対象外かつ規格外。 送ることができるものは下記の通り.

次の