ドラマ 仁 ネタバレ。 ドラマ『JIN

ドラマ「JIN

ドラマ 仁 ネタバレ

もくじ• 「JIN仁」(2009)の結末までのネタバレ 『JIN-仁- レジェンド』 を18日から3週連続で 土曜・日曜に放送することを 発表した。 そのトラウマから、仁は難しい手術から逃げるようになっていました。 そんなとき出会った怪しい患者ともみ合って、病院の階段を転がり落ちて目を開けると、幕末にタイムスリップしていました。 たどり着いた幕末で仁は、瀕死状態だった武士・橘恭太郎(小出恵介)を現代医術で助けた縁で、家に厄介になることになります。 その後、坂本龍馬(内野聖陽)と出会い、不治の病の伝染病コレラの治療に励みます。 仁自身も感染してしまいますが、恭太郎の妹・咲(綾瀬はるか)の看病により持ち直します。 吉原で野風に出会う ある日、坂本龍馬は仁を遊郭の吉原に連れて行きました。 そこで野風という花魁に出会いましたが、現代の恋人の 未来(中谷美紀)と同じ顔で驚きました。 実は佐久間象山も未来から来ていた! ねこまろ そんな中、皇女和宮(黒川智花)が餡ドーナッツを食べて倒れたことから、毒を仕込んだと疑われて仁と咲は投獄されてしまいます。 ドーナツにヒ素が入っていて、仁の活躍を疎ましく思う藩医の三隅俊斉(深水三章)の仕業でした。 仁友堂のメンバーはあらゆる手段を用いて仁を救い出します。 野風がフランス人のルロンと結婚することになって、もらった支度金を仁の賄賂に当てて、仁を助けていました。 そして、野風は、仁と咲が幸せになるように伝えて、去っていきます。 咲にプロポーズ そして仁は、常に支え続けてくれた咲にプロポーズ! しかし咲は、私の幸せは、先生と一緒になることではなく、仁友堂を後世に残すことが大事だと断りました。 スポンサーリンク 最終回結末のネタバレ! おお、『JIN-仁-』も再放送してくれるのか。 原作とは多少展開が違ったりもしたけど、ドラマとしての完成度は高かったし、何よりキャスティングが抜群に良かった。 そこで、咲は銃で撃たれてしまいます。 咲の銃弾を取り出しますが、傷は化膿していました。 傷は、緑膿菌に感染していて、ペニシリンが効きません。 仁は、タイムスリップする時にポケットに入れた薬を思い出しました。 「あれは、緑膿菌に効くホスミシンだったかも」 そんな中、仁の頭の中に龍馬の声が聞こえ始めて、崖から身を投げてしまいます。 現代へタイムスリップ 目を覚ますと、仁は現代の病院で手術が終わった状態で、包帯がグルグルと巻かれていました。 咲のためにホスミシンを手に入れて、階段を降りると包帯の男とすれ違い、タイムスリップした時と同じ状況になります。 仁が現代から持ってきたホスミシン! ねこまろ しかし、仁友堂のメンバーにもう一人いたような気がするが思い出せない! あげ出し豆腐が好きで、現代の10円玉を見つめながら、その人のことを好きだった記憶をたどっていました。 そこで、先生に向けて、手紙を書いていました。 改めて「橘咲は先生をお慕い申しておりました。 」 仁の目に涙が浮かびます。 仁も「咲さん、私もお慕い申しておりました。 」呟きます。 歴史は繰り返される? ある日、医師として復帰した仁のところに脳腫瘍の患者が運ばれてきました。 橘未来でした! 仁は執刀医に名乗りを上げました。 もう、JIN仁の音楽が流れて来て、鳥肌のラストでした! JIN仁の次は日曜劇場「とんび」が見たい!.

次の

綾瀬はるか

ドラマ 仁 ネタバレ

もくじ• 「JIN仁」(2009)の結末までのネタバレ 『JIN-仁- レジェンド』 を18日から3週連続で 土曜・日曜に放送することを 発表した。 そのトラウマから、仁は難しい手術から逃げるようになっていました。 そんなとき出会った怪しい患者ともみ合って、病院の階段を転がり落ちて目を開けると、幕末にタイムスリップしていました。 たどり着いた幕末で仁は、瀕死状態だった武士・橘恭太郎(小出恵介)を現代医術で助けた縁で、家に厄介になることになります。 その後、坂本龍馬(内野聖陽)と出会い、不治の病の伝染病コレラの治療に励みます。 仁自身も感染してしまいますが、恭太郎の妹・咲(綾瀬はるか)の看病により持ち直します。 吉原で野風に出会う ある日、坂本龍馬は仁を遊郭の吉原に連れて行きました。 そこで野風という花魁に出会いましたが、現代の恋人の 未来(中谷美紀)と同じ顔で驚きました。 実は佐久間象山も未来から来ていた! ねこまろ そんな中、皇女和宮(黒川智花)が餡ドーナッツを食べて倒れたことから、毒を仕込んだと疑われて仁と咲は投獄されてしまいます。 ドーナツにヒ素が入っていて、仁の活躍を疎ましく思う藩医の三隅俊斉(深水三章)の仕業でした。 仁友堂のメンバーはあらゆる手段を用いて仁を救い出します。 野風がフランス人のルロンと結婚することになって、もらった支度金を仁の賄賂に当てて、仁を助けていました。 そして、野風は、仁と咲が幸せになるように伝えて、去っていきます。 咲にプロポーズ そして仁は、常に支え続けてくれた咲にプロポーズ! しかし咲は、私の幸せは、先生と一緒になることではなく、仁友堂を後世に残すことが大事だと断りました。 スポンサーリンク 最終回結末のネタバレ! おお、『JIN-仁-』も再放送してくれるのか。 原作とは多少展開が違ったりもしたけど、ドラマとしての完成度は高かったし、何よりキャスティングが抜群に良かった。 そこで、咲は銃で撃たれてしまいます。 咲の銃弾を取り出しますが、傷は化膿していました。 傷は、緑膿菌に感染していて、ペニシリンが効きません。 仁は、タイムスリップする時にポケットに入れた薬を思い出しました。 「あれは、緑膿菌に効くホスミシンだったかも」 そんな中、仁の頭の中に龍馬の声が聞こえ始めて、崖から身を投げてしまいます。 現代へタイムスリップ 目を覚ますと、仁は現代の病院で手術が終わった状態で、包帯がグルグルと巻かれていました。 咲のためにホスミシンを手に入れて、階段を降りると包帯の男とすれ違い、タイムスリップした時と同じ状況になります。 仁が現代から持ってきたホスミシン! ねこまろ しかし、仁友堂のメンバーにもう一人いたような気がするが思い出せない! あげ出し豆腐が好きで、現代の10円玉を見つめながら、その人のことを好きだった記憶をたどっていました。 そこで、先生に向けて、手紙を書いていました。 改めて「橘咲は先生をお慕い申しておりました。 」 仁の目に涙が浮かびます。 仁も「咲さん、私もお慕い申しておりました。 」呟きます。 歴史は繰り返される? ある日、医師として復帰した仁のところに脳腫瘍の患者が運ばれてきました。 橘未来でした! 仁は執刀医に名乗りを上げました。 もう、JIN仁の音楽が流れて来て、鳥肌のラストでした! JIN仁の次は日曜劇場「とんび」が見たい!.

次の

「JIN

ドラマ 仁 ネタバレ

咲の手紙を読み終わった南方仁のセリフは台本に用意されていなかったんです! このシーンの台本の仁のセリフを空白になっていました。 実は、大沢たかおさんは、本番で初めて「咲の手紙」を読んだんです! 仁最終回の重要なラストのこのシーンに、ぶっつけ本番で挑んだ 大沢たかおさん。 全くの予備知識なく挑みたいと望んだのは、大沢さんの 仁に対する 熱い気持ちからだったそうです。 『咲の手紙』を読んで、思わずでた言葉・・・ 私もですよ、咲さん。 お慕い申しておりました。 多くの視聴者が、仁と咲の幸せを願ったに違いありません。 時空を飛び超え、出会って、愛し合った2人が、生涯を添い遂げることはありませんでした。 しかし、お互いのことを大切に想う気持ちは、未来に繋がったのです。 なんて良い話なの~! 感動する! でも、切ない~! 愛し合っていても、結ばれない2人の運命・・・ しかしお互いの心に、歴史の『修正力』すら及ばない、深い絆ができたのですね。 仁最終回アドリブのセリフを生み出した大沢たかおの演技力 JIN-仁-完11話 23/24 橘咲は、先生をお慕い申しておりました(咲) 私もですよ。 咲さん。 役者魂というのでしょうか、大沢たかおさんは、南方仁になり切っていたからこそ自然に出てきた 『お慕い申しておりました』 二人の想いが、繋がった瞬間 いや、ずっと…想い合っていたことが、わかった瞬間 「お慕い申しておりました」の意味は? 現在、「慕う」(した・う)という言葉は、あまり使いませんね。 この言葉は、「恋しく思う」= 恋心 を含んでいます。 幕末という時代設定的に「好き」という直接的な表現がなかったと考えます。 昔の人が、「好きです」と言いたい時に使う言葉ということですね。 では、この「お慕い申しております」の中に、どれくらいの気持ちが含まれるのか? 日本人の感情を表に出さない性格を考えると、想像できますね。 この言葉は「 好きで好きで震える 」の気持ちでしょう! 最上級の「愛してる」も含まれるほどの パワーワードです。 愛をこんなに上品に表現できる言葉あるなんて、私はこれまで知りませんでした! 日本語にはこんな素敵な言葉があったんですね。 仁と咲の間にある百数十年の時間の隔たりは、やっぱり現実で、だからどんなにお互いの心が通いあっても、この悲しい現実は乗り越えられない。 だから南方仁は、「愛してる」という一般的な愛情表現を選ばなかったんだろうな。 江戸の時代にタイムスリップした南方仁だけが伝えられる愛の言葉「お慕い申しておりました」が出てきたんだと思う。 最終回めっちゃ泣かす。 咲様からの手紙、本番で初めて読んだんだってさ。 「私もお慕い申し上げてました」はアドリブなんだってさ。 大沢さんは、咲の手紙を読み、心から咲への愛を言葉にしました。 その後、こんなナレーションで締めくくっています。 ボロボロと泣きながら、告げる仁。 この思いをいつまでも忘れまい、と思った。 けれど、俺の記憶もまた、全て、時の狭間に消えていくのかもしれない。 歴史の「修正力」によって。 それでも、俺はもう忘れることは無いだろう。 この日の美しさを。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし、勝ち取ってきた、無数の奇跡によって編み上げられていることを。 俺は忘れないだろう。 そして、新たな光を与えよう。 今度は、俺が未来のために。 chiebukuro. yahoo. そんな当たり前を生きられることの有難さ。 まさに、仁から学ぶべきことが、沢山あるような気がしました。 今 まさに脅かされる、『当たり前』の日々。 日本が直面しているコロナ感染症の危機を、仁先生の陣頭指揮のもと、正しく恐れましょう。 おかしな書き出しであることを深くお詫び申し上げます。 実は、感染症から一命を取り留めた後、どうしても先生の名が思い出せず、 先生方に確かめたところ、仁友堂には、そのような先生などおいでにならず、ここは、私たちが興した治療所だと言われました。 何かがおかしい、そう思いながらも、わたくしも、そのように思うようになりました。 夢でも見ていたのであろうと。 なれど、ある日のこと。 見たこともない、丸い胴の板 10円玉 を見つけたので御座います。 その板を見ているうちに、わたくしは、おぼろげに思い出しました。 ここには、先生と呼ばれたお方が居た事を。 わたくしは、その御方に、この世で一番美しい夕日を頂きました事を、思い出しました。 もう名も、お顔も思い出せぬその御方に、恋をしておりました事を。 けれど、きっとこのままでは、わたくしは、いつか全てを忘れてしまう。 この涙の訳まで失ってしまう。 なぜか耳に残っている「修正力」という言葉。 わたくしは、この思い出を無き事にされてしまうと思いました。 ならば、と筆をとった次第に御座います。 わたくしがこの出来事に抗う術はただ一つ。 この思いを記す事に御座います。 橘咲は、先生をお慕い申しておりました。 chiebukuro. yahoo. この手紙を読むだけでも涙が・・・ しかし、手紙には不自然なところもあります。 例えば、この「JIN -仁- 」では、死んでしまうはずの坂本龍馬を、仁が助けようとします。 そうした「歴史を書き換える」行為に対して、「歴史を守ろうとする力」が働くと考えられます。 それが、この『咲の手紙』の中にもある『修正力』という力になるのです。 そのせいで、仁の事を誰も覚えていなかったんだね。 咲は、仁の名前を思いだしていたけれども、「南方先生」と書いてしまうと、『修正』されてしまう。 沖田総司を助けに向かう途中で、阻止しようとやってきた刺客に撃たれてしまった咲。 弾丸は取り出したものの、傷口が緑色に化膿する「 緑膿菌 」に感染してしまったのです。 現代では、当たり前に処方してもらえる抗生物質も、この時代にはありません! 咲の命を救う為に、仁は抗生物質「ホスミシン」を探します。 そして、タイムスリップしてしまうのです・・・ 一命を取り留め、目を覚ました咲は、仁の事を忘れてしまっていたのですね。 「この世で一番美しい夕日」はプロポーズのこと? かつて一度だけ、仁は 咲に想いを告げていました。 それが、夕日のシーンです。 「いっしょになってください」と、仁は咲に告げますが、咲は断りました。 この「いっしょになってください」とは、「結婚してください」と同じ意味。 まさに、プロポーズでした! この手紙を初めて読んだ大沢たかおのアドリブがあのセリフってのもすごいよね。 南方仁になり切ってたんだね 仁の感動溢れる最終回のラストシーンは、1話ごとに丁寧に積み重ねられた物語への想いが一気に溢れるものでした。 橘咲の手紙全文から、大沢たかおさんの手紙に答えるアドリブの演技も解説しました。 幕末の時代に特効薬のなかった感染症を、現代の薬で治した南方先生。 その傍で、命と向き合い、仁とともに戦った橘咲。 仁の完結編の最終回で、その2人の気持ちが時空を超えて繋がった感動のラストでした。 それがまさかの、大沢たかおさんの演技が『アドリブ』だったのは、驚きでした。 その他、手紙全文内であった 記憶を失くした経緯なども、ネタバレ解説してきました。 この「JIN -仁- 完結編」を見て、涙を流して、免疫力を上げるのもコロナ対策になるのでは? そして、普通の有難さを知り、未来に希望を持ちましょう! そんな南方先生の精神も、ドラマから学べた気がします。 All Rights Reserved. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の