カラミざかり ネタ。 カラミざかり2巻(6話内容)画像ネタバレ!!

カラミざかり2 ネタバレ、無料立ち読み

カラミざかり ネタ

カラミざかり6話(2巻)のあらすじ 一度のセックスでその快楽にはまってしまった男女4人は また4人で集まってセックスしようということになるのです。 主人公は前回好き女子里帆に触れることも出来ずにモヤモヤした気持ちでいたのを 智乃が気づいたのか、じゃんけんで相手を決めようという貴志を自らセックスに誘うのです。 またしても眺める二人。 前回何も出来なかった高成も意を決して好きな女子にキスをしているのです貴志が突然里帆のことを呼び 里帆と智乃に二人同時でフェラをしてと要求するのです。 高成の目の前で友だちにフェラを始める女子二人。 高成の目には憧れの里帆のパンツがくっきりと見えており その姿を見た高成はゴムを性器につけて、里帆のお尻をがっしりと掴むのです。 最後まで読んでみた感想 4人でセックスしようと集まり せっかくギャル系の女子が気を聞かせているのに 坊主の自己中心的な行動にはいらっとさせられますね。 二人の女子がフェラしているところを見ているだけかと思いきや ちゃんとゴムをつけて、バックで挿入しそうになったときには 成長したなと思ったものの、濡れてないからとまたしても坊主がクンニを始め 69で濡らしてもらってからのセックスは何となくむなしい気持ちになってしまいました。 清楚系の里帆も、言われたからと素直にフェラしてあげたり クンニされながらもフェラをやめないところをみると 智乃以上に好き者かなと思ってしまいます。 主人公の純粋に好きという気持ちが ますます惨めに感じてしまう展開でした。

次の

カラミざかり5話を無料で読む方法は?zip・rar・漫画村にはない?

カラミざかり ネタ

カラミざかり2巻 カラミざかり2巻(6話内容)の みどころ 夏休みになり、高成が自分は三人の乱交に入ることができないと悶々としているなかで 実は智乃も旅行で憧れの里帆と友達の貴志が二人で 夏休みにセックス三昧していることを知ってしまうという 3Pを楽しんでいるよりも残酷な二人だけのセックス を目の当たりにしてしまうというなかなか濃い寝とりが楽しめます。 貴志からセックスの指導を受けるようにして憧れの女子がフェラをしている衝撃と 見てはいけないものを見てしまったという複雑な気持ちがエロ度を高めてくれます。 貴志がエロに忠実で、里帆をオナホ代わりにし 主人公に里帆が潮吹きするところまで見せる ハードな技まで見せてくれます。 そこに、貴志から写真が送られてくるのです。 そこには、4人でセックスを楽しんだときのように 貴志の性器を二人でフェラをしている姿が写っており 「どっちがどっちでしょう」 と三人で楽しんでいる写真だったのです。 二人のお尻を並べた写真など次々に送られてくる写真に とうとう我慢が出来なくなった高成は 予備校を抜け出して、三人が楽しんでいるであろう貴志の家に行くのです。 ドアを開けると、貴志にフェラをしている真っ最中で そこには智乃の姿はなく二人きりだったのです。 しかも、貴志と里帆を二人で夏休みにセックス三昧なんて なかなかショックで予備校どころではないのではないでしょうか。 貴志もゲスですが、里帆もなかなか股が緩いことに 主人公はもう里帆ではなくて智乃のことを好きになったらいいのにとさえ思ってしまいます。 言われるがままに貴志の乳首を舐めながら手コキをし 「あれみせてやろう」 と、貴志が里帆を潮吹きさせるシーンはエロいけれど 高成がかわいそうで見ていられませんでした。 本当に、予備校なんて行っている場合ではない事態にどんどん陥っていくので 前回よりも更にパワーアップした寝とりの複雑な心情を楽しめました。

次の

カラミざかり2(vol2)ネタバレを無料で読みたくて

カラミざかり ネタ

カラミざかり6話(2巻)のあらすじ 一度のセックスでその快楽にはまってしまった男女4人は また4人で集まってセックスしようということになるのです。 主人公は前回好き女子里帆に触れることも出来ずにモヤモヤした気持ちでいたのを 智乃が気づいたのか、じゃんけんで相手を決めようという貴志を自らセックスに誘うのです。 またしても眺める二人。 前回何も出来なかった高成も意を決して好きな女子にキスをしているのです貴志が突然里帆のことを呼び 里帆と智乃に二人同時でフェラをしてと要求するのです。 高成の目の前で友だちにフェラを始める女子二人。 高成の目には憧れの里帆のパンツがくっきりと見えており その姿を見た高成はゴムを性器につけて、里帆のお尻をがっしりと掴むのです。 最後まで読んでみた感想 4人でセックスしようと集まり せっかくギャル系の女子が気を聞かせているのに 坊主の自己中心的な行動にはいらっとさせられますね。 二人の女子がフェラしているところを見ているだけかと思いきや ちゃんとゴムをつけて、バックで挿入しそうになったときには 成長したなと思ったものの、濡れてないからとまたしても坊主がクンニを始め 69で濡らしてもらってからのセックスは何となくむなしい気持ちになってしまいました。 清楚系の里帆も、言われたからと素直にフェラしてあげたり クンニされながらもフェラをやめないところをみると 智乃以上に好き者かなと思ってしまいます。 主人公の純粋に好きという気持ちが ますます惨めに感じてしまう展開でした。

次の