圧迫 骨折 コルセット 寝る とき。 脊椎圧迫骨折のリハビリ治療

圧迫骨折後のコルセットは寝ているときは外してもいいの?

圧迫 骨折 コルセット 寝る とき

圧迫骨折を起こすと、立ち上がり動作時や寝起き動作時に痛みが酷くなりますが、寝て安静にしている場合は痛みが治るのが特徴です。 痛みは骨折部が癒合すると和らぎますが、腰や背中の変形が高度になると、背中や腰の疲れや鈍い痛みが続いたり、逆流性食道炎の原因になることもあります。 閉経後の高齢女性で、転倒したり、尻もちをついたりするなどの、軽い外力によっても起こりますが、日常生活動作で骨折が起こることもあります。 圧迫骨折は、一般に、数ヶ月間経って骨の圧潰変形が残った状態で骨癒合して治ります。 しかし、骨折椎体の圧潰が進んで、骨折部が癒合しない状態(偽関節)では、痛みが長引く場合もあります。 骨折後、緩やかに圧潰が進行し、しばらくしてから神経症状(両下肢の痺れや麻痺など)が現れることもあるため注意しましょう。 同時に、レントゲン撮影を行い、骨折しているかどうかを診断します。 より詳しく調べる場合は、MRI検査を行います。 MRI検査は、レントゲン撮影でよく分からない骨折を見つけたり、骨折が新しい古いかどうかを診断することができます。 圧迫骨折の治療は、体幹をギプスやコルセットで固定する保存療法と、リハビリテーションを行います。 手術療法は、このような保存療法によっても疼痛の改善がなく日常生活に支障がある場合に行います。 しかし、最近は、皮膚を小さく切開した箇所から、補強材料のセメントなどを骨折した骨の中に充填して、骨折した箇所を固めて痛みを和らげる、低侵襲の手術も行われるようになってきました。 このようなセメントによる治療は、全ての骨折に有効であるということでなく、保存療法の経過と骨折の状態を見て、適用があるかどうかを判断します。 圧迫骨折による椎体間の不安定性で、神経症状が顕著になった場合は、金属製のスクリュー等を使った脊椎の固定術を行う場合もあります。 桶谷整形外科医院 浜松市中区 整形外科.

次の

腰痛ベルト、コルセットは寝るときはずす?つけたまま?

圧迫 骨折 コルセット 寝る とき

腰痛コルセットは寝るときは基本的にはずしましょう 腰痛コルセットは、腹部を圧迫して使います。 そのため、「腰痛コルセットのデメリット」でも説明しましたように、思いのほかたくさんのデメリットがあります。 継続してコルセットを着けることにより、肌がかぶれる・血流がとまるなどが起きてしまいます。 もともと、腰痛コルセットは、上半身の重みが腰にかける負担を軽減する目的で使います。 寝ている状態では、上半身の重みは腰への負担になりませんので、腰への負担軽減効果が出ません。 効果がないのにデメリットがある、という状況になりますので、寝るときは腰痛コルセットははずすようにしましょう。  寝るときに腰痛コルセットを着けることによるデメリット• 血流が悪くなる• 内臓の活動が抑制される• 腹部への圧迫感により深く寝られない• 汗をかいても着けっぱなしになるので肌がかぶれ易い• 汗をかきやすいので脱水症状に注意• 背中のステー(金属の支柱)や、前側のマジックテープの重ねあわせ箇所が体の下側に来ると、自分の体重と相まって痛い 血流が悪くなる コルセットは腰回りを強く圧迫しますので、血流が抑制されます。 寝るときは、特に長時間コルセットを着けっぱなしになるので、血流が抑制される時間が長くなってしまいます。 筋肉内の老廃物が流されないなど、体全体のだるさや、傷の回復の遅れなどにつながる可能性があります。 コルセットを着けて血流を止めたのち、コルセットを外して血流を解放することで、老廃物を洗い流す効果が期待できますが、 長時間血流を止める場合、デメリットの方が大きくなる恐れがあります。 内臓の活動が抑制される 血流と同様、コルセットの巻き付けにより、内臓を圧迫しますので、内臓の活動が抑制される可能性があります。 そもそも内臓への負担の観点から、寝るときは、食事から2時間以上開けることが望ましいです。 しかし、食事後短い時間で寝る場合は、食べたものが胃などに残っています。 本来寝ている間にこれらの食べ物が消化されていきますが、コルセットを着けていると、消化が遅れ、胃もたれにつながる恐れがあります。 寝るときにコルセットを着ける場合は、特に食事と就寝の間の時間をしっかり確保することが大切です。 腹部への圧迫感により深く寝られない コルセットの巻き付けがきついと、腹部への圧迫感が強くなります。 人の体は寝るときは休憩するようにできているため、逆に刺激があるとなかなか寝られなかったり、眠りが浅く途中で目が覚めたりします。 腹部への圧迫感があると、深く眠ることができず、起床時に眠気やだるさが残る恐れがあります。 汗をかいても着けっぱなしになるので肌がかぶれ易い コルセットは保温性が高く、気が付けば汗をかいていることがあります。 起きている時であれば、定期的にコルセットをはずし、汗を拭くこともできますが、寝ているときにコルセットを着けると、長時間着けっぱなしになります。 このため、知らず知らずのうちに、汗がたまり、肌が荒れてかぶれてしまう可能性があります。 コルセットの素材によっては、汗をかくと特に肌荒れにつながる場合もあります。 メッシュ生地のコルセットを使う、自分に合った素材か確認する、などの対応が大切です。 汗をかきやすいので脱水症状に注意 前述の肌のかぶれと同様ですが、コルセットを巻くことで汗をかきやすくなるため、脱水症状に注意が必要です。 就寝前に適度に水分を補給するようにしましょう。 また、布団も汚れやすくなりますので小まめにシートを洗うと良いでしょう。 寝るときにコルセットをつけるようになると、コルセット自体も汚れやすくなりますので注意が必要です。 背中のステー(金属の支柱)や、前側のマジックテープの重ねあわせ箇所が体の下側に来ると、自分の体重と相まって痛い コルセットは腰椎を支えるためにステーと呼ばれる支柱が入っています。 これはこれで効果があるのですが、一方で寝るときにステーが体に当たると違和感がでて寝にくくなります。 マジックテープの重ね合わせ箇所も同様で、コルセットの巻き付けに段差ができるため、寝転がるとこの段差が気になる場合があります。 これらの違和感は、睡眠の質の低下につながる恐れがあります。 起きたときに筋肉や腰椎に痛みを感じる場合は、寝るときに腰痛コルセットを着けることによって痛みが改善する場合がある 布団が柔らかすぎたり、硬すぎたりすると、起きた時に腰が痛む 布団が硬すぎたり、やわらかすぎたりすると、寝るときの体勢が不適切な状態になり、起きたときに腰が痛む場合があります。 その時は、腰痛コルセットを着けて寝ることで、起きたときの腰の痛みが軽減する場合があります。 布団が柔らかすぎると、お尻が沈んで姿勢が悪くなり、腰の筋肉や腰椎に負担をかけます。 逆に布団が硬すぎると、腰を持ち上げて腰椎のS字カーブを維持するため筋肉を使い続ける必要があります。 また、腰を持ち上げられない人は、腰椎のS字カーブを維持できず、腰椎に負担がかかります。 このため、布団の硬さが適切でないと、起きたときに筋肉がこっていたり、腰椎が痛んだりします。 起きた時に腰が痛むときはコルセットをして寝ると改善する 上記のように、起きたときに筋肉や腰椎に痛みを感じる場合は、寝るときに腰痛コルセットを着けることによって痛みが改善する場合があります。 腰痛コルセットを着けることにより、寝ている間も自分の筋肉の変わりに姿勢を正し、腰椎の適切なS字カーブを維持してくれます。 この効果により、布団が柔らか過ぎてもお尻が沈まず、正しい姿勢を維持できます。 また、布団が硬すぎても、腰痛コルセットの力で腰を持ち上げて腰椎のS字カーブを維持できます。 このことで、寝ている間の筋肉・腰椎への負担を軽減することにつながり、結果として、起きたときの腰痛が軽減されます。 保温効果が適切な範囲内であれば、睡眠を深くする効果もあります。 ただし、コルセットを着けることによる就寝中の血流悪化等のデメリットを理解した上で着けるようにしましょう。 寝るときにコルセットを着けるときのコツ• 食事と就寝の間の時間を広くとる• コルセットをゆるく着ける 食事と就寝の間の時間を広くとる 食事の直後に就寝すると、まだお腹の中に食べたものが残った状態になります。 この状態で腰痛コルセットを着けて寝ると、食べたものが内臓の中で移動しにくくなり、胃などにとどまり続け、負担をかけます。 食事の直後では、腰痛コルセットによる圧迫感も強くなるため、深い睡眠が取れなくなります。 これらの問題を回避するために、食事と就寝時間の間に2時間を置くようにしましょう。 コルセットをゆるく着ける コルセットは本来きつく締めて腹腔圧を高めて使いますが、寝るときにコルセットをつける場合は、通常時よりもゆるくつけます。 普段は、上半身の重さを支える必要がありますが、寝ているときにはその必要はありませんので、きつく締め付ける必要はありません。 いつもよりゆるく着けても適度に腰の筋肉と腰椎をサポートしてくれます。 ゆるく着ければ、圧迫感も少なく、食事も内臓を通ってくれます。 血流の悪化も少なくできます。 まとめ 基本的には、効果よりもデメリットの方が多いため、寝るときは腰痛コルセットをはずしましょう。 しかし、布団の硬さなどの影響で、寝ている間に腰の筋肉や腰椎に負担がかかり、起きたときに腰に痛みや重さを感じる場合があります。 このような場合には、腰痛コルセットをつけて寝ることで、諸々の課題を解決してくれる可能性があります。 ただし、デメリットもありますので、 コルセットを寝るときに着ける場合は、デメリットも理解したうえで、締め着ける強さと効果のバランスを考えて、無理のない範囲で使いましょう。

次の

圧迫骨折での寝るときのコルセットをどうするべきか

圧迫 骨折 コルセット 寝る とき

私は椎間板ヘルニア持ちですが、最初に診断されてリハビリにちょこっと通ってからつい最近まではほとんど腰痛が出てきませんでした。 でもこないだの金曜日からものすごく腰が痛くなってしまったので、コルセットをしています。 それで質問なんですが、コルセットって寝るときはどうするのでしょうか?つけっぱなしで寝るものなのですか? 私がヘルニアだと診断されたのは2年前で、その時もコルセットをしてくださいと言われましたが、確か当時は外して寝ていました。 コルセットをしなくても平気な時期にコルセットを買ったからだと思います。 でも、現在は金曜日に比べたら楽になったものの、やっぱり辛いので寝るときもつけていた方がいいんじゃないかしら、と思えます。 本来はどうするものなのでしょうか?ご存知の方、ぜひ教えてください。 腹筋は天然のコルセットといわれています。 背中側は脊柱(背骨)という立派な柱に支えられていますが、お腹側はふにゃふにゃの内臓しかありません。 何がお腹側を支えているかというと、実はお腹の中の空気なのです。 腹筋が壁の役割を果たして、腹腔といわれるお腹の空間を、風船のように膨らませ、お腹側を支えています。 で、この腹筋が弱っている人や、腰に負担のかかる背骨の構造上の異常(椎間板ヘルニアの原因といわれている)を抱えている人に限って、腰をコルセットで締め付け、腹筋の補助をさせるわけです。 コルセットが必要なのは、腰が今現在痛い人、腰の曲がりかけの人、重たい荷物を持つなど重労働をする人などで、 日中動いている時に限って使用します。 寝ている時に外した方がいい理由としては、 ・起きている時と違い、体を支える必要が無い。 地面と平行に横たわっている状態では、重力に抵抗する 必要がなくなります。 ・寝ているときに圧迫すると、睡眠が浅くなったり、ストレスの原因になる。 ・蒸れる。 着けっぱなしだと、夏場なんかはあせもになるかもしれません。 睡眠中は特に発汗量が増えます。 ・着けている状態が癖になる。 ちょっと考えると分かりますが、本来、人間はコルセットに頼らなくてもいいので す。 その為に腹筋があるわけですが、いつもサポートし ていると、確実に腹筋が弱ります。 以上を考え、寝る時は外すのが正解です。 ちなみに申し上げますと、整形外科の分野では、椎間板ヘルニアは原因不明ですが、カイロプラクティックの分野では、構造上の異常(腰椎生理彎曲の減少など)が、物理的にヘルニアを引き起こすというのが定説です。 私自身もカイロプラクティックを勉強していますが、 今まで手術していない人で、よくならなかった患者さんをみたことはありません。 手術をした人の場合、椎間板の絶対量が減っていますので、どうしても腰は弱いと思います。 コルセットは保存療法ですので、腰椎カーブの異常がある場合は、背骨の歪みを治療してもらうと、根本治癒が可能です。 MRIで完全にヘルニアが元に戻って、医者が首をかしげていた、と笑って話す患者さんをたくさん知っています。 A ベストアンサー 椎間板ヘルニア手術の経験者です。 手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。 手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。 手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。 退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。 このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。 (私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・ 私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。 入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。 提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・ 術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。 手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。 手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。 手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。 退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。 このコルセットは保険適用なので、... A ベストアンサー >MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか? ヘルニアは治ることが分かっています。 簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。 ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。 >再発したりしないのですか? ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。 椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれらのヘルニアの可能性が高まります。 >ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか? これはいえると思います。 病院では通常保存療法を選択します。 手術は即効性がありますが、髄核を全て取り除いてしまうため上下の椎間板ヘルニアのリスクが高まるからです。 保存療法とは飲み薬(NSAIDs、ステロイド)、ブロック注射、理学療法、運動療法、鍼治療などですね。 整体やカイロプラクティックは高確率で悪化しますので注意が必要です。 これは厚生労働省も警告しています。 再発予防のためには腹筋背筋の強化、屋外ウォーキングなどで運動し、痛くなったらすぐに病院にいきましょう。 >MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか? ヘルニアは治ることが分かっています。 簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。 ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。 >再発したりしないのですか? ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。 椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれら... Q 私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ 坐骨神経痛と診断されました。 痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき 当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。 東北一の病院でしたが 先生と患者とのコミュニケーションが少なくて 退院前に リハビリをして早くよくなりたいのですがと聞いたのですが 絶対安静みたいな風に言われたので 心配で仕事や運動もするのが怖いです。 自身は 30代後半の力持ちやったので 同症状で手術、入院してる人(年齢がかなり上)よりは 回復力があると思っています。 今は 術後、5~6週間です。 ここ2,3日ですが 慣れてたコルセット着用が苦痛になってきました。 痛みは 坐骨神経痛の痛みは 術前が100とすれば 術後45で今は10~30です。 腰は そんなに痛くなかったのですが術前30、術後60、今は20~30です。 治った方や、私より快方に近い人の経過、意見をお願いします。 私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ 坐骨神経痛と診断されました。 痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき 当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。 A ベストアンサー 『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。 治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。 以下、抜粋します。 tvk. htm 腰椎椎間板ヘルニア Minds 医療情報サービス 第5章 予 後 5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか 要 約 【Grade A】 腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手術直後からの積極的なリハビリテーションプログラムの必要性も認められない。 【Grade A】 術後1ヵ月経過した頃から開始されるリハビリテーションプログラムは、数ヵ月間は機能状態を改善させ、再就労を早くするという強い証拠があるが、1年経過時においては全般改善度において軽い運動と比較し差は認められない。 【Grade B】 職場での医療アドバイザーによる介入は就職率の向上に有効である。 jcqhc. html 腰痛 Minds 医療情報サービス 第9章 職業性腰痛 III. 職場復帰について 3. 職場復帰を遷延させる因子 (1)腰痛の要因 腰痛のタイプが性や年齢に比べて職場復帰に影響を持つことを示した。 非特異性の腰痛の予後は、器質性ものより職場復帰が早い22)。 背部痛の質に関連する23)。 (2)心理的要因 仕事に対する満足は慢性疼痛や身体障害が遺残が少なく、逆に仕事に対する不満は慢性腰痛の危険度を高める可能性が指摘される24)。 もとの仕事への認識と治療開始後の職場復帰間での期間に関連が存在する25)。 補償(特に請求総額)、心理学的障害、欠勤日数、年齢が職場復帰における重要な因子である26)。 (3)社会的要因 腰痛補償は好況の期間に増加し、不況の期間に減少する結果を示しており、不況の期間に増加するという傾向は認められない27)。 01)より早期に職場復帰した18)。 慢性疼痛は無視できないので,心理社会的な動機が職場復帰を不可能にすることに確実に役割を果たしている28)。 (4)総合的要因 職場復帰を遷延させる要因としては、放散痛の有無、機能性身体障害の程度、早い作業テンポと作業量、同僚との人間関係などが指摘されている29)。 職場復帰には身体障害の遷延、認識、痛みの性質や精神的重圧などの要因が関与している30)。 更正計画カウンセリングの参加者の分析では職場復帰の期待値が低いものは、高度な身体障害、疼痛の強いもの、若く、失業期間が長いものなどがあげられる31)。 jcqhc. html 『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。 治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。 以下、抜粋します。 tvk. htm 腰椎椎間板ヘルニア Minds 医療情報サービス 第5章 予 後 5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか 要 約 【Grade A】 腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手... A ベストアンサー No. 1です。 補足ありがとうございます。 もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。 でも実際の治療はシップだけではありません。 シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。 普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。 かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。 >つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることはないのでしょうか? 椎間板とは中心層と、それを取り巻く層の構造になっています。 ヘルニアとはその中心層が出ることを言います。 大福で言えばあんこの部分です。 出てしまったあんこは元に戻りません。 >もしなければつぶれたままということになりますが、それが、 これ以上突出する余裕がないくらいペッチャンコであれば、 今後、突出によって神経への炎症がおきることは無い、ということでしょうか。 ヘルニアによる炎症の可能性は減るかも知れませんね。 しかし炎症の原因はヘルニアだけではありません。 他の原因によって炎症がおき、激しい痛み、坐骨神経痛などでるかもしれません。 1です。 補足ありがとうございます。 もともと、ヘルニアであればシップだけで効果を出すのは厳しいでしょう。 でも実際の治療はシップだけではありません。 シップの他に飲み薬、リハビリ、鍼など全て総合力で治療を行います。 普通の初期の腰痛で痛みが軽いものなら、シップだけで治る場合もあります。 かく言う私は、腰痛が出たらすぐにシップを貼って治しています。 >つぶれた椎間板は元の厚みに戻ることは... Q 去年の秋に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。 手術をする程でもないと言われ、その後ボルタレンを含む痛み止めや炎症止めを飲みながらシップを張り続けています。 整形外科では薬を出してもらうことしか出来ません。 手術で何とかなりませんかと聞いても手術をするほどではないの繰り返し…。 今年に入り体調を崩し入院したことがきっかけで複背筋が弱ってしまったようで、最近また痛みが酷くなってきました。 神経に障るような痛みが走ると同時に、足首の方までビリッとした痺れというか痛みが走り、ここ数日は地獄のような毎日です…。 丁度薬が切れてしまったので、昨日通院している整形外科へ行き先生と話し、レントゲンで見ながら神経に直接うつブロック注射をしようと言う事になりました。 前置きが長くなりましたが、ここからが質問です。 ・ブロック注射は一度うてば良くなるものなのでしょうか。 それとも継続してうたなければいけないものなのでしょうか。 ・なぜ手術をしてもらえないのでしょうか。 ・カイロプラクティック(針治療あり)に通い続けた方が効果があるのでしょうか。 痛くて痛くてどうしようもありません。 どなたか何かよいアドバイスなどが在りましたら宜しくお願い致します。 去年の秋に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。 手術をする程でもないと言われ、その後ボルタレンを含む痛み止めや炎症止めを飲みながらシップを張り続けています。 整形外科では薬を出してもらうことしか出来ません。 手術で何とかなりませんかと聞いても手術をするほどではないの繰り返し…。 今年に入り体調を崩し入院したことがきっかけで複背筋が弱ってしまったようで、最近また痛みが酷くなってきました。 神経に障るような痛みが走ると同時に、足首の方までビリッとした痺れというか痛みが走... A ベストアンサー ヘルニア手術経験者です。 お仕事をされておられる中での、あの激痛はさぞかし苦痛でしょう。 痺れが出てきたのでしたら、手術を視野に入れた方が、良いかも知れませんね。 私もブロック注射を1度打ちましたが、 麻酔が取れたと同時に痛みは戻っていました。 そして、翌週、神経根ブロックも打ちましたが、こちらも同じで効果なし。 (神経根ブロックは普通のブロックより痛いし高いです(--; 1ヶ月間、自宅安静…お風呂も4日に1回、ずっとベットの上。 動くのはおトイレのみ。 そんな生活でも座薬すら効かなくなり、 「この痛みと痺れが取れるなら手術してください!」と、 切実に担当医に訴えました(笑 そして、3日後にラブ法にて2箇所のヘルニアを摘出しました。 術後は、麻酔が取れた時には、痺れが消えて、寝ていても激痛だったのに、 「耐えれる痛み」まで軽減されていて、それはそれは天国でした。 術後2年ちょっとですが、痺れは全くありませんが、 傷ついた神経は、なかなか良くならない様で、 日常生活に支障はありませんが、寒い日や、 姿勢の加減で痛みがシバシバ走る事があります。 お医者さんによって治療方法は違うと思いますが、 日常生活に支障が出てくる様でしたら、手術を、私はお勧めします。 術後2週間もすれば、普通に過ごせますし、 何よりも、あの激痛とオサラバできますね。 痛みは本人しか分かりませんからね・・・ 入院はふた月にまたがない様にご入院下さい。 1ヶ月以内で退院された方が、お金の負担も少しで済みますよ。 ヘルニア手術経験者です。 お仕事をされておられる中での、あの激痛はさぞかし苦痛でしょう。 痺れが出てきたのでしたら、手術を視野に入れた方が、良いかも知れませんね。 私もブロック注射を1度打ちましたが、 麻酔が取れたと同時に痛みは戻っていました。 そして、翌週、神経根ブロックも打ちましたが、こちらも同じで効果なし。 (神経根ブロックは普通のブロックより痛いし高いです(--; 1ヶ月間、自宅安静…お風呂も4日に1回、ずっとベットの上。 動くのはおトイレのみ。 そんな生活でも... Q 15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。 今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。 手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に復帰しても良いでしょうとの事でしたが仕事復帰の為、自宅で座ってる時間を長くしたり家の事をやったりしていると直ぐにまたひどく痛みだし、その度に腰が左右に折れ曲がってしまいます。 こんなので仕事の復帰は出来るのだろうか?と自分では自信が無いのですが家族の者からはいつまで仕事を休んでるんだ!さっさと治って仕事に行けないなら違う病院に変われと嫌味を言われるし主人からも休んで家に居るなら、せめて家の事くらいやれよと言う感じなので治ってきたかな?と思っても腰が曲がってしまうの繰り返しで、もう2ヶ月近く休んでる事になり給料は病院代で無くなってきて、これ以上違う病院でまた初診料から払うお金もありません。 自分の甘えすぎなのか腰が折れ曲がった状態でも無理に仕事に行くべきなのか今の病院の先生に満足していますが他の病院に移るべきなのか?自分でもどうすれば良いのか分かりません自分が情けなくって毎日悩んで夜も眠れなくなってきています。 どうすれば良いでしょうか?教えて下さい。 15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。 今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。 手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に... A ベストアンサー 3年前に椎間板ヘルニアの手術を受けました。 10数年来の持病でしたがとうとう足にしびれがきてしまい痛みは寝てるのも起きてるのもツライ状態にになり受診したところ入院治療で少し様子見をすることになりました。 (MRIでも確認済)硬膜外、神経根ブロックなどの注射やリハビリ治療もしましたが一時的に改善されるだけで痛みは戻って来てしまう状態でした。 先生からは「あと何十年と働かないといけないし今後のことも考えるとなるべく早いうちに手術がいいのでは?」とアドバイスされて決めました。 一度出てしまった椎間板は戻らないのとその状態が長い年月の人は一日でも早い方がいいのでは?手術自体は全身麻酔ですし術後もそんなに痛みはなかったですよ。 当然、入院費や手術代などで50万そこそこはかかったような気がしますが保険でかなりカバー出来ました。 又、ぶっちゃけた話しですが職場でも腰痛で自宅療養ではなかなかいい顔されませんでしたが手術になると「そんなにひどかったのか!」って具合で理解されたようにも思います。 Q 三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。 MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。 右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。 一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。 びっこを引いての歩行しかできません。 実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法で第5~仙骨の手術(A総合病院)二度目は翌年同じ箇所の再発でセカンドオピニオンにより(B整形外科・ヘルニアではでは有名らしいです)B整形ではラブ法+再発しない為にお尻の骨を背骨(多分?)に移植する手術法でした。 過去二回は激しい痛みがあり手術しか選択のよちがありませんでしたが今回は前記のとおり我慢できないような痛みはありませんので出来ることならこのまま痛みもなくなおかつこの歩行障害?神経障害?のような状態からの改善を期待しています。 セカンドオピニオンでB整形という良い主治医に出会いましたが現在はコレという治療法もないようで具体的に治療はしていません。 リハビリの先生は低周波が効果あるらしいとか結構あいまいなアドバイスしかいただいてません、毎晩負担にならないくらいの軽いストレッチはしています。 そこで同じような経験をされている方、あるいは専門家の方がいらっしゃれば相談にのってやってください。 具体的に何かやったほうが良いのか、それともこのまま自然治癒に任せて治っていくものなのか一生びっこの生活が続くのかわからないので非常に不安です。 出来ることならもう手術はしたくありません。 痺れは最初の手術からありますのであまりきにはなりませんが足首の神経障害は何とかしたいのでアドバイス願います。 三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。 MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。 右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。 一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。 びっこを引いての歩行しかできません。 実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法... A ベストアンサー 看護師です。 結論からいいます。 手術はするべきではありません。 時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。 神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。 椎間板の8割は水分だからです。 これが蒸発していけば、自然に凹みます。 また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収する可能性もあります。 さらに、ヘルニアが消失しなくても神経根との間に可動性があれば、ヘルニアがあったままでも問題ありません。 ついでに、L5、S1などの神経は末梢神経なので回復の見込みがあります。 年齢や健康状態にもよりますが、自然治癒力に期待することをお勧めします。 (時間はかかります。 ちなみに、私は完全回復まで3年ほどかかりました。 寝返りも打てない状態から、痛いけど我慢できるレベル、そして完全回復と経過しました。 途中、一生治らないと感じ悲観していた時期もありました。 ) まず、何より大切なことは「安静」です。 椎間板に圧力負担をかけないことです。 横になっている状態を1とすると、立位で2、イスに座った状態で3、あぐらで4の圧力負担がかかると考えていいでしょう。 コルセットを巻いておくのも有効ですね。 次に、痛みをなるべく感じないようにすることです。 急性期の激痛なら、整形外科にて「神経根ブロック」や「硬膜外ブロック」のブロック注射をすることです。 これはかなりの確率で効果があります。 また、消炎鎮痛剤の内服です。 痛みを抑えましょう。 ビタミンB12は神経の回復に効果を期待できます。 足首の筋力低下も治ります。 質問者さまは、L5とS1の神経症状により、足首の力が両方(背屈も底屈も)に入りにくいから歩行困難かと思いますが、これも痛みがやわらいできたころには、歩くことなどによって筋力は回復されるし、神経症状自体も回復します。 低周波に関しては、神経を刺激しますし、気持ちいい思いをするのでいいのではないでしょうか。 これ自体が治療というより、気持ちいい思いをする程度に考えていていいでしょう。 結論:心配しなくても時間が経つと治る。 (個人差もあるからどのくらいかかるかはわかりません。 それではおだいじに。 看護師です。 結論からいいます。 手術はするべきではありません。 時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。 神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。 椎間板の8割は水分だからです。 これが蒸発していけば、自然に凹みます。 また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収... A ベストアンサー >腰痛がひどい。。 整骨院?整形外科? >明日病院へ行こうと思うのですがどこにいくのがいいでしょうか? まず整骨院は病院ではありません。 ケガとは具体的に、打撲、捻挫、挫傷です。 ですから、知らないうちにとか、特別きっかけが無いものはもちろん、持病や慢性のもは治療の範疇から外れます。 整骨院は健康保険が使用できますが、もちろんケガのみの適応です。 歯医者でインプラントに保険が使えないのと同じことです。 しかし多くの整骨院は、このシステムを悪用して不正を働いています。 その金額は毎年、なんと4000億円です。 このお金は全て、我々が納めた保険料です。 整骨院はケガの治療するところですから、ほとんど行く機会はないと思いますが、行かれる際は注意されてください。 さて、今回の貴方のケースですが、二年前の症状と同じですか?違うのならもちろん整形外科に行かれた方が良いと思いますし、同じでも二年も経てば腰の状態はそれなりの変化があります。 定期検査の意味も含めて、もう一度レントゲンの検査をお勧めします。 法律によりレントゲンは病院でしか撮れませんので、やはり整骨院より整形外科に分があります。 ただレントゲンは、4枚撮るところをお選びになってください。 二枚では不十分ですから、そういうところであれば病院を変えてみてもいいと思います。 ちなみに腰痛疾患に対してCTはあまり使いません。 この症状であればMRIも必要ないと思います。 足に症状があったり、治療でなかなかよくならないのであれば、MRIも考えてみてもいいかもしれません。 変形性腰椎症、腰椎椎間板症、分離症、辷り症などなどです。 足にも症状があれば、ヘルニアや脊柱管狭窄症なども対象に入ってきます。 これらはレントゲンでなければわかりません。 またお薬が非常に良く効きますから、やはり病院がいいですね。 原因が分かった上で、早く痛みを取りたいのなら鍼をお勧めします。 鍼は揉んだり、押したり、捻ったりはしないので、実は体に一番やさしい治療方法になります。 治療の持続効果も長いので、お勧めの治療方法です。 治療はお薬との相乗効果も期待できますし、病院と並行して行った方がいいと思います。 すいませんかなり長くなりました・・・ ご参考になれば幸いです。 お大事にされてください。 >腰痛がひどい。。 整骨院?整形外科? >明日病院へ行こうと思うのですがどこにいくのがいいでしょうか? まず整骨院は病院ではありません。 ケガとは具体的に、打撲、捻挫、挫傷です。 ですから、知らないうちにとか、特別きっかけが無いものはもちろん、持病や慢性のもは治療の範疇から外れます。 A ベストアンサー 飛び出してしまった部分は、時間が経過すると だんだん萎びて小さくなってきます。 その後、更なる突出 ヘルニア が起きなければ 次第に神経を圧迫しなくなり、痛みは軽減あるいは消失します。 コルセット使用の目的は、腹筋の補助として上体の重みを支えるためと、飛び出した髄核がそれ以上出て来ないよう腰椎の動きを抑制するため です。 本件の場合ですと軽度のもののようですので、重力が垂直方向にかからない就寝時にはコルセットは外して良いと言われると思います。 経験的に申しますと、昼間だけ使用の患者さんであればコルセット着用によって腹筋がどんどん落ちる事は無いです。 安心してください。 (ヘルニア患者さんの腹筋が落ちるのは、「痛いから動かさない=筋肉を使わない」ことが最大の理由です。 でも負担をかけない筋トレ方法もありますので心配ありません。 ) 暫くの期間は、これ以上ひどくしないようにコルセットを使用したほうがいいです。 痛みが減ってくるのに合わせて少しずつ腹筋トレーニングを行ってください。 (極力背骨を動かさないで訓練をおこないます。 私のオススメは、ゆっくり深~~く息を吐き続ける方法です。 ) 突出した髄核が小さくなって痛みが和らいだ後は、ご自身の判断でコルセットを使うかどうか決めてよいと思います。 但し、ヘルニアを起こした人というのは、呼吸方法や身体の使い方が上手でない場合が多いので、悪い癖を取り除いたり筋力強化をおこなっていかないと同じ事の繰り返しになりますのでご注意下さい。 癖の分析・運動方法等については理学療法士に相談すると良いでしょう。 早く良くなりますようお祈り致します! 飛び出してしまった部分は、時間が経過すると だんだん萎びて小さくなってきます。 その後、更なる突出 ヘルニア が起きなければ 次第に神経を圧迫しなくなり、痛みは軽減あるいは消失します。 コルセット使用の目的は、腹筋の補助として上体の重みを支えるためと、飛び出した髄核がそれ以上出て来ないよう腰椎の動きを抑制するため です。 本件の場合ですと軽度のもののようですので、重力が垂直方向にかからない就寝時にはコルセットは外して良いと言われると思います。 経験的に申しますと、昼間だけ使... 今まで腰痛持ちでなく、ヘルニアになってから日が浅いようで、リハビリで治るだろうと言われました。 現在、美術系の仕事で、頻繁に重い物を持ったり、力をかけたりするので、 仕事が出来るようになるまでの間、休職する事になったのですが 自分でも、そんなに早く職場復帰できるとは思えないので、 その間のつなぎの仕事(パートでも内職でもいい)を考えています。 A ベストアンサー こんにちは。 20年くらいの見事なヘルニヤ持ちです。 長~~~~い経験と病気の方とつきあう仕事の立場からお答えします。 私の業務状況は、デスクワーク6割、かかえること2割(10~30Kgくらい)、歩きながら2割、という感じですね。 >腰をいたわりつつ出来る仕事ってどんな物があるのでしょう? 具体的な職種はわかりませんが、同じ姿勢をずっと続ける(デスクワーク等)、あるいは頻繁に何かを持って移動する、持ち上げたりおろしたりを繰り返す、ような業務内容は悪化します。 大事なことは運搬等はあまりなくて、適当に姿勢が変化するような業務がよろしいかと思います。 (具体的でなくてすみません)。 >椎間板ヘルニア持ちの方はどんな仕事をしていらっしゃるのでしょう 仕事についた後ヘルニアになった人がほとんどなのでみなさんがまんして、工夫しながらやっておられます。 でもそんなに自分にとって都合のいい職場はみつからないですよね。 そこで普段気をつけることを書いてみます。 (きっちりやると効果があります) まず今はたぶん「急性期」ですから安静が大事です。 医師からもう仕事はいいですよ、といわれたら下記にきをつけてください。 1.姿勢をまっすぐして歩く。 壁に背中をあてて後頭部、肩、お尻が壁から離れないようにたった姿勢が、まっすぐ、です。 壁で練習するとコツがわかります。 2.しゃがんだりするとき前かがみにならない。 上体をなるべくまっすぐしたまましゃがむようにして、立つ時は逆の形でやります。 3.物をもちあげるときかんぜんにしゃがんでから持ち、胸にあてて持ったまま立ち上がる。 荷物をおろすときはこの逆です。 決して膝をのばしたまま上体を前に倒しておろしてはいけません。 もう、一発で再発します。 このときの腰の骨には数百キロ以上の重みがかかっています。 4.顔を洗うときは洗面台によりかかって洗う。 5.台所仕事の場合、高さ10センチくらいの台に片足をのせて、時々左右を変えながらおこなう。 6.車の運転は座席の位置は標準よりやや前の位置、背もたれは標準より起こしぎみ、でおこなう。 若い方がよくやってる腕をまっすぐのばすと一発で再発します。 とまあこれくらいですか。 それからコルセットは医師から処方されたものをお使いください。 でも起きてる間中つけると、腹筋群が弱くなり(どんどん落ちます)これまたヘルニヤを起こしやすくなります。 症状と相談しながら、ですね。 水泳は腰痛予防の王様です。 もう、一生つきあっていく病気ですから、水泳教室とかで一生泳いだらいかがでしょう。 (わたしはかなづちです) リハビリに通われているならば、担当の理学療法士に普段きをつけることを尋ねてください。 適当にしか答えられないような理学療法士ならヘボですから、医師にいって担当を変えてもらったほうがいいです。 前記したようなことは「椎間板ヘルニア」「腰痛」などのキーワードでたくさんサイトがあります。 ごらんになってください。 それからもし手術の対象といわれたら、セカンドオピニオン、サードオピニオンをされることをおすすめします(その場合腰痛で有名な病院にいってください)。 なぜなら、医師によって考え方が違う場合が結構ありますから。 そして手術の目的、メリット、デメリット等をとことん尋ねてから決断してください。 それではお大事に。 こんにちは。 20年くらいの見事なヘルニヤ持ちです。 長~~~~い経験と病気の方とつきあう仕事の立場からお答えします。 私の業務状況は、デスクワーク6割、かかえること2割(10~30Kgくらい)、歩きながら2割、という感じですね。 >腰をいたわりつつ出来る仕事ってどんな物があるのでしょう? 具体的な職種はわかりませんが、同じ姿勢をずっと続ける(デスクワーク等)、あるいは頻繁に何かを持って移動する、持ち上げたりおろしたりを繰り返す、ような業務内容は悪化します。 大事なことは運搬...

次の