近藤真彦 最低。 メリー喜多川 ジャニーズ副社長に「老害ババア」「辞めろ」「嫌い」の声

中森明菜は近藤真彦に金をむしりとられてポイされたんですか?!

近藤真彦 最低

「マッチだけ特別扱いを強調するのはヤメろ!」 アンチジャニーズが歌番組での近藤真彦のパフォーマンス時のスペシャル待遇にかなりご立腹状態だ。 問題となったのが2日に放送されたフジテレビの毎年恒例の冬の音楽特番「FNS歌謡祭」でのこと。 デビュー35周年のアニバーサリーイヤーに突入している近藤は、昨年の同番組では目玉としてSMAPや嵐をはじめとした14組の後輩グループとコラボして7曲にも及ぶスペシャルメドレーを披露しているが、今年はやや控えめとなり綾小路翔とのコラボなど3曲のメドレーだった。 尺は控え目になったことで一安心かと思いきや、その分、内輪ノリが凝縮され圧倒的にウザくなってしまったとの声が浮上。 というのも、アーティストのパフォーマンス中は他のアーティストたちがテーブルに着席して見守るというのが同番組のスタイルなのだが、マッチのステージのときに限り、ジャニーズの後輩たちがステージ前のテーブルを陣取り、総立ちで必死にパフォーマンスを盛り上げたのだ。 ジャニーズファンにとっては好きなメンバーのノリノリなテンションが見られるため満足な演出だったようだが、ジャニオタ以外の視聴者の多くがその異様な光景に「ハッキリ言って気持ち悪い」「観ていて吐き気がした」「まるで宗教のようだった」など、苦情を訴えている。 「歌唱後のMCトーク中にはアンコールをするなど、内輪ノリが行き過ぎです。 それにジャニーズ以外の出演者は後方で座ってステージを見守っていたため、会場の盛り上がりも綺麗に二分割。 テレビの前のお茶の間もそうなっていたのではないでしょうか。 その証拠に同番組史上最低視聴率を記録。 その戦犯とも言える人物のパフォーマンスを今年もここまで異常に盛り上げる演出には、どんな政治力が働いているのかと疑問しか湧きませんね」(テレビ誌記者) ネット上でも「いい歳した連中が野球部ノリでやってんじゃねえよ」「変な宗教団体みたい」と批判が集中している。 (佐伯シンジ).

次の

中居正広が『すべらない話』でジャニーズのタブー“近藤真彦問題”に踏み込んだ! 凍りつく芸能マスコミ…|LITERA/リテラ

近藤真彦 最低

もくじ• webry. その後、第二次世界大戦の影響で和歌山県に疎開。 このときの知り合いから『大阪松竹少女歌劇団』を紹介され、戦後はここで通訳の仕事を行うようになりました。 21歳になると、メリー喜多川さんはジャニー喜多川さんらの弟たちを連れて、再度アメリカへ渡航。 その後ロサンゼルス・シティー・カレッジを卒業して、日本へ再帰国しました。 日本へ戻ったメリーさんは、東京の新宿にバーを開店。 ここで、当時は客として通っていた東京新聞の記者・藤島泰輔さんと結婚し、第一子である藤島ジュリー景子さん(現ジャニーズ事務所子会社・ジェイ・ストームの代表取締役社長)を出産します。 その後、弟のジャニーさんが芸能事務所『ジャニーズ事務所』を興すと、メリーさんは自分のバーを閉店させ、経理を手伝うようになります。 こうしてジャニーズ事務所は、その経営の幅をどんどん拡大させ、いつしか芸能界や出版界、さらには広告業界や政界にまで大きな権力を持つ一大芸能事務所へと成長していきました。 現在では『ジャニーズ事務所』の副社長として就任しているメリー喜多川さんは、弟のジャニー喜多川さんにはない「決断力」や「経営手腕」で一目おかれる存在となりますが、同時に「独裁的な経営手法」や「我の強すぎる性格」で問題視されることも多くなります。 zassi. 以前からファンの間では噂レベルでささやかれていたものの、真相は謎のベールに包まれていた『ジャニーズ事務所の派閥争い』が、事実上表沙汰となったこのニュースは、ジャニーズファン以外にも多くの人からの注目を集め、話題となりました。 このときの週刊文春には、5時間にも渡るメリー喜多川さんのインタビューが掲載されており「ジャニーや私がいるのに、なんで娘が社長になるんですか?私が病気にでもなったら社長になってください」「SMAPは踊れないじゃないですか。 あなた、タレントを見ていて踊りの違いってわからないんですか?」といった歯に衣着せぬコメントの数々が波紋を呼びます。 またインタビューの流れで『派閥争い』の件に触れると、メリー喜多川さんは記者の前にSMAPのチーフマネージャーである飯島三さんを呼び出し、目の前で「悪いけど私、飯島に踊りを踊れる子を預けられない」「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。 自分の子だから。 飯島は辞めさせます」と宣言し、その場の空気と記者たちを凍りつかせたといいます。 こうして発売された、前代未聞の『ジャニーズの裏側』を暴露した週刊文春は、各方面でさまざまな波紋を呼び『ジャニーズ派閥争いの深刻さ』と『メリー喜多川さんの威圧的な性格』が明るみとなりました。 yimg. 「35年間もマッチにファンがついてきているでしょ」「うちのトップはマッチ」といった、現代のジャニーズファンであれば違和感を感じずにはいられないメリーさんの『異様なまでの近藤真彦推し』には、多くの人から「近藤真彦とデキてるんじゃないか?」といった疑惑まで飛び出すほど。 実はこの『メリー喜多川と近藤真彦がデキている説』は、数十年前にも話題となったことがあり、当時の芸能誌には『メリー喜多川の部屋に裸のマッチが』というスクープ記事が掲載されていたこともあったようです。 また、近藤真彦さんを本当に愛していたといわれるメリー喜多川さんは『ホモセクシャルである弟(ジャニー喜多川さん)から近藤真彦さんを守るため、自ら特別に囲っていた』『マザコンである近藤真彦は、メリー喜多川さんをとても慕っていた』との生々しい報道もあり、話題を独占してした時期までありました。 当時の近藤真彦さんといえば、20歳になったばかりの現役大人気アイドル。 いくら事務所の副社長とはいえ、相手が50歳をすぎた『熟女との不倫スキャンダル』ともなれば、世間が注目しないわけがありません。 しかしこの事実も、やはり最終的にはジャニーズ事務所の権力によって闇に葬られてしまったようです。 【関連記事】 『SMAP解散騒動』でジャニーズファンから批判殺到 こうして数々の話題を集めながらも、世間の批判にさらされることなく生きながらえてきたメリー喜多川さんでしたが、国民的アイドル『SMAP』の解散の原因が「メリー喜多川さんの独裁判断によるものだった」ということが明るみになってからは、もはや止められないほどの大きな騒動となっています。 これは、それほどまでに多くの人たちから『SMAP』というグループが愛されてきた証拠でもあるのでしょう。 中でも「事実上、北島マネージャーを辞職に追い込んだこと」や「ファンの気持ちを全く考えない独裁的なやり方」が、ついにジャニーズファン以外の人たちからも怒りを買う結果となり、ネット上ではさまざまなところで、メリーさんに対する「老害だろ!」「辞めろ!」「人として嫌い」といった批判が殺到しているようです。 老害極まりない。 言葉は悪いが、あの世が近い人が正常な判断を下せるとは思えない。 「生涯現役」は美学でもなんでもないよ。 醜いだけだ。 webry. しかし、日本の国民的アイドル『SMAP』の解散報道から始まった今回の騒動の矛先は『ジャニーズ事務所』と『副社長のメリー喜多川さん』に向いているという異例の事態です。 これほどまでに膨れ上がった今回の『ジャニーズお家騒動』は、いったいどんな結末を迎えるのか? もはやSMAPが解散してもしなくとも、ジャニーズ事務所側はファンや国民に対し、何らかの誠意を見せる必要がありそうです。 【関連記事】 中居正広「すべらない話」や「ガキ使」出演はSMAP解散後の吉本移籍のためだった?.

次の

FNS歌謡祭2017、近藤真彦の放送事故に批判殺到wwwwww : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

近藤真彦 最低

もくじ• webry. その後、第二次世界大戦の影響で和歌山県に疎開。 このときの知り合いから『大阪松竹少女歌劇団』を紹介され、戦後はここで通訳の仕事を行うようになりました。 21歳になると、メリー喜多川さんはジャニー喜多川さんらの弟たちを連れて、再度アメリカへ渡航。 その後ロサンゼルス・シティー・カレッジを卒業して、日本へ再帰国しました。 日本へ戻ったメリーさんは、東京の新宿にバーを開店。 ここで、当時は客として通っていた東京新聞の記者・藤島泰輔さんと結婚し、第一子である藤島ジュリー景子さん(現ジャニーズ事務所子会社・ジェイ・ストームの代表取締役社長)を出産します。 その後、弟のジャニーさんが芸能事務所『ジャニーズ事務所』を興すと、メリーさんは自分のバーを閉店させ、経理を手伝うようになります。 こうしてジャニーズ事務所は、その経営の幅をどんどん拡大させ、いつしか芸能界や出版界、さらには広告業界や政界にまで大きな権力を持つ一大芸能事務所へと成長していきました。 現在では『ジャニーズ事務所』の副社長として就任しているメリー喜多川さんは、弟のジャニー喜多川さんにはない「決断力」や「経営手腕」で一目おかれる存在となりますが、同時に「独裁的な経営手法」や「我の強すぎる性格」で問題視されることも多くなります。 zassi. 以前からファンの間では噂レベルでささやかれていたものの、真相は謎のベールに包まれていた『ジャニーズ事務所の派閥争い』が、事実上表沙汰となったこのニュースは、ジャニーズファン以外にも多くの人からの注目を集め、話題となりました。 このときの週刊文春には、5時間にも渡るメリー喜多川さんのインタビューが掲載されており「ジャニーや私がいるのに、なんで娘が社長になるんですか?私が病気にでもなったら社長になってください」「SMAPは踊れないじゃないですか。 あなた、タレントを見ていて踊りの違いってわからないんですか?」といった歯に衣着せぬコメントの数々が波紋を呼びます。 またインタビューの流れで『派閥争い』の件に触れると、メリー喜多川さんは記者の前にSMAPのチーフマネージャーである飯島三さんを呼び出し、目の前で「悪いけど私、飯島に踊りを踊れる子を預けられない」「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。 自分の子だから。 飯島は辞めさせます」と宣言し、その場の空気と記者たちを凍りつかせたといいます。 こうして発売された、前代未聞の『ジャニーズの裏側』を暴露した週刊文春は、各方面でさまざまな波紋を呼び『ジャニーズ派閥争いの深刻さ』と『メリー喜多川さんの威圧的な性格』が明るみとなりました。 yimg. 「35年間もマッチにファンがついてきているでしょ」「うちのトップはマッチ」といった、現代のジャニーズファンであれば違和感を感じずにはいられないメリーさんの『異様なまでの近藤真彦推し』には、多くの人から「近藤真彦とデキてるんじゃないか?」といった疑惑まで飛び出すほど。 実はこの『メリー喜多川と近藤真彦がデキている説』は、数十年前にも話題となったことがあり、当時の芸能誌には『メリー喜多川の部屋に裸のマッチが』というスクープ記事が掲載されていたこともあったようです。 また、近藤真彦さんを本当に愛していたといわれるメリー喜多川さんは『ホモセクシャルである弟(ジャニー喜多川さん)から近藤真彦さんを守るため、自ら特別に囲っていた』『マザコンである近藤真彦は、メリー喜多川さんをとても慕っていた』との生々しい報道もあり、話題を独占してした時期までありました。 当時の近藤真彦さんといえば、20歳になったばかりの現役大人気アイドル。 いくら事務所の副社長とはいえ、相手が50歳をすぎた『熟女との不倫スキャンダル』ともなれば、世間が注目しないわけがありません。 しかしこの事実も、やはり最終的にはジャニーズ事務所の権力によって闇に葬られてしまったようです。 【関連記事】 『SMAP解散騒動』でジャニーズファンから批判殺到 こうして数々の話題を集めながらも、世間の批判にさらされることなく生きながらえてきたメリー喜多川さんでしたが、国民的アイドル『SMAP』の解散の原因が「メリー喜多川さんの独裁判断によるものだった」ということが明るみになってからは、もはや止められないほどの大きな騒動となっています。 これは、それほどまでに多くの人たちから『SMAP』というグループが愛されてきた証拠でもあるのでしょう。 中でも「事実上、北島マネージャーを辞職に追い込んだこと」や「ファンの気持ちを全く考えない独裁的なやり方」が、ついにジャニーズファン以外の人たちからも怒りを買う結果となり、ネット上ではさまざまなところで、メリーさんに対する「老害だろ!」「辞めろ!」「人として嫌い」といった批判が殺到しているようです。 老害極まりない。 言葉は悪いが、あの世が近い人が正常な判断を下せるとは思えない。 「生涯現役」は美学でもなんでもないよ。 醜いだけだ。 webry. しかし、日本の国民的アイドル『SMAP』の解散報道から始まった今回の騒動の矛先は『ジャニーズ事務所』と『副社長のメリー喜多川さん』に向いているという異例の事態です。 これほどまでに膨れ上がった今回の『ジャニーズお家騒動』は、いったいどんな結末を迎えるのか? もはやSMAPが解散してもしなくとも、ジャニーズ事務所側はファンや国民に対し、何らかの誠意を見せる必要がありそうです。 【関連記事】 中居正広「すべらない話」や「ガキ使」出演はSMAP解散後の吉本移籍のためだった?.

次の