捜査 一 課長 2019。 警視庁・捜査一課長 スペシャル

『警視庁・捜査一課長SP7』(2019年12月)あらすじ&ネタバレ とよた真帆,大久保佳代子,尾美としのりゲスト出演

捜査 一 課長 2019

その対極にあるのが、犯罪ではないでしょうか。 悪意を持った人物が、おもてなしの心、つまり相手のやさしさを逆手に取ると人間関係が壊れ、そこに犯罪が生まれてしまうのではないかなと思うんです。 2020年の東京オリンピックまであと1年を切りましたが、日本人は昔からやさしさを持って旅人に接していたと思うんです。 この『警視庁・捜査一課長』はミステリーではありますが、そういう日本のよさを伝えるドラマでもありたいと思っています。 それは、たぶん石井くんも同じ! 視聴者のみなさんには、僕らの共演を大いに楽しんでいただきたいですけどね(笑)。 石井くんとはよくラインのやりとりをするのですが、今回のゲスト出演が決定したとき、「お邪魔させていただきます」という連絡が来ました。 「違う作品の現場に行くのは緊張します」とも書かれていましたが、僕は「好きなようにやっていいから、楽しもう!」と返信しました。 撮影当日は、超エリート役らしく、『科捜研の女』のときとはまったく違う、シュッとした感じで現れましたし、けっこうアドリブも飛び出していました。 僕も今回は、石井くん演じる白馬に対して、完全に敬語(笑)。 それはやっぱり彼の努力に尽きるんじゃないかな。

次の

『警視庁・捜査一課長スペシャル2019』あらすじ・キャスト・見逃し配信情報!【1月6日(日)放送】

捜査 一 課長 2019

『警視庁・捜査一課長SP7』 2019年12月 テレビ朝日・日曜プライムで2019年12月15日 日 に放送。 「警視庁・捜査一課長」について 2012年からテレビ朝日系で放送されている刑事ドラマシリーズ。 主演は内藤剛志さん。 2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」で5作。 その後、連ドラでシリーズ3まで終了している。 2018年、2019年にスペシャル番組放送、本作はスペシャル第7弾となる。 事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。 美人容疑者たちと渡り合うために、大岩一課長が進化する!? 作品データ タイトル 警視庁・捜査一課長 新作スペシャル6 シリーズ SP7 サブタイトル 主演・内藤剛志!人気ミステリー最新作!! 美人容疑者たちと渡り合うために、大岩一課長が進化する!? 概要 リスマ経営者・漆原幸利 尾美としのり が、食い逃げして殺されたという知らせが入った。 大岩純一捜査一課長は、管理官の高井智代子と新人刑事・平野啓司 堀家一希 らと共に捜査を開始。 youtube. 臨場した大岩純一捜査一課長(内藤剛志)は遺体を見て驚く。 漆原はいつもビシッと決めたスーツ姿がトレードマークだったが、あまりにラフな普段着を身に着けていたのだ。 首には凶器の真っ赤なスカーフがまかれたままになっていた。 管理官に昇進した高井智代子(宮崎美子)と新人刑事・平野啓司(堀家一希)とともに捜査を開始した大岩。 漆原は事件直前、1軒の居酒屋にふらりと入ってきて、店主の宮沢佳代(大久保佳代子)にウメキュウと焼酎を注文し、ひとりで静かに飲んでいたが、急に立ち上がって外に出たらしい。 あまりに戻ってこないため、佳代が食い逃げかと心配して周辺を探したところ、裏路地で遺体を発見したという。 漆原は強引なワンマン経営で会社を急成長させたやり手の経営者だったが、2カ月前から独断で大胆な事業の撤退縮小を行い、会社をやめざるを得ない社員も出てきているとわかる。 また、専務の鮫島久生(大堀こういち)によると1週間ほど前、漆原は「女に殺される」と口走っていたらしい。 漆原をここまで変えたのはミニマリストの女性が影響しているのか調べたところ、カリスマミニマリスト石波梨沙(遠藤久美子)が浮上。 梨沙は漆原の自宅の家具を運び出していることが判明する。 梨沙が持ち込んだリサイクルショップを訪ねた小山田管理官(金田明夫)らは挙動不審な店員・寺門景子(とよた真帆)の存在に気づくが…!? 注目と見どころ ・犯人は誰なのか? スポンサードリンク 登場人物(ゲスト出演) 登場人物 キャスト 寺門景子 店員 とよた真帆 宮沢佳代 居酒屋店主 大久保佳代子 漆原幸利 カリスマ経営者 尾美としのり 沢北まどか 朝日奈央 石波梨沙 カリスマミニマリスト 遠藤久美子 平野啓司 新人刑事 堀家一希 鮫島久生 専務 大堀こういち スタッフ 脚本 深沢正樹 監督 濱龍也 音楽 山本清香 ゼネラルプロデューサー 関拓也 (テレビ朝日) プロデューサー 秋山貴人 (テレビ朝日),島田薫 (東映) 制作 テレビ朝日,東映.

次の

『警視庁・捜査一課長スペシャル2019』あらすじ・キャスト・見逃し配信情報!【1月6日(日)放送】

捜査 一 課長 2019

殺されたのは8年前、強盗殺人事件で誤認逮捕された過去を持つ、元外食チェーン社長・片倉義彦(長谷川朝晴)。 被害者は廃ビルの屋上から転落死したようでしたが、遺体のそばに落ちていたスマートフォンに「自殺ではない。 殺された」と書き残されていたのです。 実は、綾は片倉を誤認逮捕した張本人…。 はたして、片倉の死と元刑事・綾の関係は…!? やがて、大岩は自らの進退をかけて、綾を捜査に加えるという前代未聞の決断を下します。 内藤もまた、「もともと彼女が出演した映画を見てスゴイ女優がいるなと思っていたのですが、実際共演したらとても安定感のある女優さんで、難しい役なのに確実に演じてくださった」と大絶賛! 念願の初共演を大いに喜んでいました。 伊藤は「2020年は日本にとって大きな節目の年。 東京が目まぐるしく変わっていく瞬間に、この『警視庁・捜査一課長』で都内のさまざまな場所が映し出されるのがみどころ。 あとは一課長のやさしさによって、綾がもう一度人生を取り戻していくのも大きなみどころです」と、作品への思いを話しています。 「もちろんミステリーなので謎解きを楽しんでいただきたいですが、仲間っていいものだなと思ってもらえたら。 令和最初の新年、大岩捜査一課長と熱き刑事たちの物語が疾走していく、『警視庁・捜査一課長正月スペシャル』。 本来は許されることではないのでなかなかないシチュエーションだと思いますが、なんとしても犯人を挙げたいという執念、そして彼女自身の人生を取り戻してもらいたいという思いから、大岩は覚悟をもって彼女の存在を受け入れます。 もともと彼女が出演した映画を見てスゴイ女優がいるなと思っていたのですが、実際共演したらとても安定感のある女優さんで、難しい役なのに確実に演じてくださり、プロデューサーや監督が考えていることを2人でうまく表現できたのではないかと思っています。 社会的には天皇陛下が即位され、おめでたい反面、災害が多くて常に日本のどこかが痛みを感じているような年だったのではないかな。 前の東京オリンピックは日本人のマナーを向上させ、戦後の日本を世界レベルに引き上げたきっかけにもなったらしいので、来年は何が変わるのか期待があります。 個人的にはこれまで40数年間、俳優人生を歩んできましたが、次の節目までに俳優として何がやれるのか、みなさんをどう楽しませることができるのか、チャレンジを続ける年だと思っています。 人間はひとりでは生きていけないものでしょう…。 もちろんミステリーなので謎解きを楽しんでいただきたいですが、仲間っていいものだなと思ってもらえたら。 京都で別々の作品を撮影している時にちらっとお話しさせていただいたこともあり、今回やっと共演がかなってうれしかったです。 内心、現場ではすごく厳しい方だったらどうしようと思っていたのですが、みなさんに気遣いをされ、和やかな撮影環境を作ってくださり、本当に素敵でした。 でも若気の至りでは済まされないような事件を起こしてしまい、今もなお、それを引きずって生きているので全編を通してあまり明るいキャラクターではありません。 もがきながらも前に一生懸命進もうとしている状態で、どちらかというと闇が深いタイプ。 待ち時間、内藤さんや金田明夫さんとお話ししていると楽しくなっちゃうので、表情が明るくなりすぎないように気をつけながら演じました。 私、本当によく生姜を使うんですよ。 なので、このあだ名には違和感がなかったです 笑。 いろいろな意味で栄養を吸収できたし、自分自身に向き合う時間もたくさん取ることができたので、来年はそのベースを活かして、もっと活動的に仕事をしていけたらと考えています。 東京が目まぐるしく変わっていく瞬間に、この『警視庁・捜査一課長』で都内のさまざまな場所が映し出されるのもみどころのひとつです。 また今回は、一課長の優しさによって、綾がもう一度人生を取り戻していくのも大きなみどころ。 自分の地位や名誉を捨ててまで、元部下が前向きになるきっかけをくれる存在って、なかなかいないと思うんです。 でも、もしかして角度を変えて見てみれば、みなさんの人生にもそんなヒーローがいるかもしれないですよね…。 ぜひご自身の人生と重ねてご覧いただけたらうれしいです。 被害者は、新宿の廃ビルの屋上から転落死したようだったが、遺体のそばに落ちていたスマートフォンに「自殺ではない。 殺された」と書き残されていたという。 被害者の顔を見た大岩は、驚愕する。 死んでいたのは8年前、強盗殺人事件で誤認逮捕された過去を持つ、元外食産業社長・片倉義彦(長谷川朝晴)だったのだ。 当時、片倉は外食チェーン『最高グルメ』の社長だったが、事件の直後に解任され、現在はグルメライターとして活動していた。 屋上に出入りできる唯一の扉は、被害者しか入れないようチェーンで固く閉ざされており、状況的には自殺としか考えられない。 また、現場からは、なぜかパンのかけらが見つかった。 犯人は犯行時にパンを所持していたのだろうか…。 大岩は、すぐさま新宿中央署の刑事課長・伊達巻(あめくみちこ)らと捜査を開始! まもなく現場のパンのかけらから少量の生姜とレーズンが検出される。 また、事件直後に現場近くを通りかかったタクシーのドライブレコーダー映像に、不審な女が映っていることも発覚。 8年前に人生を乱されたのは、片倉だけではなく、綾も同じ…。 もしや、ネットに書き込んだのは彼女なのか…!? 大岩は綾を直撃するが、彼女は「結局、あなたたちは8年前のことなんて何もわかっていない」と突っぱねて…!? はたして、元外食チェーン社長・片倉の死と元刑事・綾の関係は…!?

次の