牧 春 小説。 おっさんずラブ

春牧小説まとめ

牧 春 小説

もう本当なんなのこの罪づくりなふたり。 この心拍数の上がり具合、確実に日本の何%かの寿命を縮めていると思うんだけど、何の罪で投獄したらいい? そして、独房で他に邪魔の入らない生活をしているふたりを、そっと檻越しに見守っていたい。 それくらい、恋するふたりに恋している。 まあ、男同士なんだけど。 今、牧春がやばい。 BLの世界ではどうやら攻めを左、受けを右で表記するらしい。 思わずググった。 それくらいBL初心者なんですけど、BLとかそんなこと関係なく、このカップルは愛しい。 どうか最後はこのふたりが幸せになってほしいと画面に念を送り続けている。 そろそろこの念、テレビ朝日にまで届いていると思うんだけど聞いてる? スタッフのみなさん。 『おっさんずラブ』は一見するとBLというアンタッチャブルな題材を扱った、トンデモドラマの顔をしているけど、中身は極めて正攻法。 古き良き月9を彷彿とさせる王道ラブストーリーだ。 その組み合わせが中山美穂と唐沢寿明でもなく、木村拓哉と松たか子でもなく、男と男ということを除けば。 まずね、はるたんがすごくいい。 僕は"健全さ"こそが、男の最大の魅力だと思っているんだけど、はるたんはまさにそれ。 ズボラでだらしなくてお人好し。 もう1点の隙もなく、普通。 普通の権化。 家族関係とか変な問題抱えていない。 父親が不倫してるとか母親が宗教にハマッてるとか、幼い頃に虐待を受けたとか、そういう日陰の要素がゼロ。 闇がないの。 多くの人に愛されて、決してパリピの頂点なんてことはないけど、そこそこ日当たりのいい道を何の疑問もなく歩き続けてきた感じが全身からにじみ出ている。 日陰の道を生きている人間からしたら、この"健全さ"が眩しくてたまらない。 可愛い幼なじみのちず(内田理央)とちょっといい雰囲気になっただけで流されそうになる安直さも「バカバカ! はるたんのバカ!」って思いながら、もはや愛しい。 わかるわかる、男子なんて単純だもんね。 変な性癖も一切なさそうだし。 本人はロリの巨乳好きって公言しているけど、それこそがもうノーマルの極みみたいなもん。 それでいて、部長(吉田鋼太郎)から愛を告白されようとも、決して男だからと邪険にせず、相手を傷つけないように誠心誠意心をこめて断るあたり、その優しさが罪。 部長じゃないけど、素敵な人を好きになったんだなあって涙が出てくる。 このはるたんだけで九州一帯を殲滅させるくらいの殺傷能力なんだけど、ここに牧というスーパードSな健気キャラが登場するから、もう日本沈没。 この牧のスペックが異常すぎて、えづきそう。 もともと新卒で本社配属のエリートで、仕事は優秀。 かと言ってその優秀さを鼻にかけることもなく、ポスティングという地道な仕事も嫌がらずにやり、先輩に対しても礼儀正しい。 おまけに家に帰ったらエプロンつけて美味しい手料理を振る舞ってくれて、その他家事も万能のスーパーお母さん。 受け/攻め両方の資質持っているんだけど、この人何者。 そんなハイスペック牧が恋した相手が、営業成績もダメダメでモテないはるたんってところが、わかるって感じで首振りすぎてサロンパス貼りたい。 たぶん牧は、あのはるたんの健全さに惹かれたんじゃないかなあ。 人に愛されて育って、後ろ暗いことなんか何もないはるたん。 片や牧はどれだけ完璧であっても、自分のセクシャリティゆえに、いろいろ傷つくことも多かったと思う。 悩んで眠れなかった夜も数知れず。 そんな牧にとって、毎晩何も考えずにスヤスヤと爆睡できてそうなあのはるたんの健全さは、ひとつの救いだったんじゃないだろうか。 もう牧のはるたんへの献身ぶりは、健気すぎて見てられない。 自分が恋愛対象として見られないことを知り、本当は離れたいはずなのに、どうしても離れられなくて一緒に住み続けているところが、まず健気。 第4話の冒頭でも、武川(眞島秀和)との件のしこりが残っているくせに、ちゃんとはるたんの分のお弁当をつくってあげるところが、ほら健気。 しかも、それを「つくりすぎたから」って言いながら、どう考えてもあらかじめ2人分つくっているところが、ますます健気。 で、はるたんの力になりたいと思って、ちずの家のピンチを救おうと奔走するところが、はてしなく健気。 (悪徳不動産屋に乗り込むときに、首をポキッとする牧がカッコよすぎて5回観た) さらに、見事ピンチを撃退したにもかかわらず、自分のすぐ横ではるたんがちずに嬉々と報告しているところを、一生懸命笑顔をつくりながら黙って聞いている姿が、人類最強レベルで健気。 わりと結構な勢いで傷つけられているのに。 ここまで来ると牧が可哀相すぎて画面を直視できなかった。 それなのに、愚痴も文句も泣き言も言わず、ただただ自分の想いは胸に秘めて、普通の態度を装う牧の代わりに、僕が出雲大社に行ってふたりの恋愛成就を100回祈りたい。 何でこんな牧に感情移入しているんだろう? ってくらい牧しか見えない。 一応、ヒロインは部長の方らしいんだけど、え? 牧だよね? 最後は牧とくっつくんだよね? じゃなきゃ生まれて初めて爆破予告をテレビ局に送りつけるんじゃねえかなって自分で自分が心配になるレベルでもう牧春の幸せを願わずにはいられない。 そして、どうやらこの現象は決して僕だけの異常な性癖ではなく、わりと多くの人たちが今、このいかんともしがたい恋の決着を瀕死の想いで見守っているみたいだから、もう牧春の破壊力は国家の軍事予算に計上してもいいと思う。 ラブストーリーは流行らないと言われて幾星霜。 んなことないじゃん。 やっぱラブストーリーって最強じゃん。 報われない片想いほどキュンキュンするものはないよねマジで。 それが男だろうと女だろうと、んなことはどうでもいい。 大好きな人のために尽くす人の姿は、ただただ美しい。 そして、思ってもみなかった恋心の萌芽に自分で自分がわからなくなっている人の姿は、ただただ燃える。 つまり、『おっさんずラブ』とは、恋のせつなさも楽しさもつまった怪物級の恋愛ドラマなのだ。 すっかり牧春中毒に陥ったみなさんはもちろん、まだ幸せなことにこの牧春ウェポンの性能をご存じないあなたもぜひ来週の土曜23時15分はテレビ朝日にチャンネルロックしていただきたい。 きっと日付が変わる頃には、「あかん、まじ辛い」とテレビの前で魂抜かれていること請け合いだ。 勘違いで無神経扱いしてごめんよ、はるたん…。 (2018. 15追記).

次の

春のお出かけ、一人旅に持っていきたいおすすめ小説

牧 春 小説

もう本当なんなのこの罪づくりなふたり。 この心拍数の上がり具合、確実に日本の何%かの寿命を縮めていると思うんだけど、何の罪で投獄したらいい? そして、独房で他に邪魔の入らない生活をしているふたりを、そっと檻越しに見守っていたい。 それくらい、恋するふたりに恋している。 まあ、男同士なんだけど。 今、牧春がやばい。 BLの世界ではどうやら攻めを左、受けを右で表記するらしい。 思わずググった。 それくらいBL初心者なんですけど、BLとかそんなこと関係なく、このカップルは愛しい。 どうか最後はこのふたりが幸せになってほしいと画面に念を送り続けている。 そろそろこの念、テレビ朝日にまで届いていると思うんだけど聞いてる? スタッフのみなさん。 『おっさんずラブ』は一見するとBLというアンタッチャブルな題材を扱った、トンデモドラマの顔をしているけど、中身は極めて正攻法。 古き良き月9を彷彿とさせる王道ラブストーリーだ。 その組み合わせが中山美穂と唐沢寿明でもなく、木村拓哉と松たか子でもなく、男と男ということを除けば。 まずね、はるたんがすごくいい。 僕は"健全さ"こそが、男の最大の魅力だと思っているんだけど、はるたんはまさにそれ。 ズボラでだらしなくてお人好し。 もう1点の隙もなく、普通。 普通の権化。 家族関係とか変な問題抱えていない。 父親が不倫してるとか母親が宗教にハマッてるとか、幼い頃に虐待を受けたとか、そういう日陰の要素がゼロ。 闇がないの。 多くの人に愛されて、決してパリピの頂点なんてことはないけど、そこそこ日当たりのいい道を何の疑問もなく歩き続けてきた感じが全身からにじみ出ている。 日陰の道を生きている人間からしたら、この"健全さ"が眩しくてたまらない。 可愛い幼なじみのちず(内田理央)とちょっといい雰囲気になっただけで流されそうになる安直さも「バカバカ! はるたんのバカ!」って思いながら、もはや愛しい。 わかるわかる、男子なんて単純だもんね。 変な性癖も一切なさそうだし。 本人はロリの巨乳好きって公言しているけど、それこそがもうノーマルの極みみたいなもん。 それでいて、部長(吉田鋼太郎)から愛を告白されようとも、決して男だからと邪険にせず、相手を傷つけないように誠心誠意心をこめて断るあたり、その優しさが罪。 部長じゃないけど、素敵な人を好きになったんだなあって涙が出てくる。 このはるたんだけで九州一帯を殲滅させるくらいの殺傷能力なんだけど、ここに牧というスーパードSな健気キャラが登場するから、もう日本沈没。 この牧のスペックが異常すぎて、えづきそう。 もともと新卒で本社配属のエリートで、仕事は優秀。 かと言ってその優秀さを鼻にかけることもなく、ポスティングという地道な仕事も嫌がらずにやり、先輩に対しても礼儀正しい。 おまけに家に帰ったらエプロンつけて美味しい手料理を振る舞ってくれて、その他家事も万能のスーパーお母さん。 受け/攻め両方の資質持っているんだけど、この人何者。 そんなハイスペック牧が恋した相手が、営業成績もダメダメでモテないはるたんってところが、わかるって感じで首振りすぎてサロンパス貼りたい。 たぶん牧は、あのはるたんの健全さに惹かれたんじゃないかなあ。 人に愛されて育って、後ろ暗いことなんか何もないはるたん。 片や牧はどれだけ完璧であっても、自分のセクシャリティゆえに、いろいろ傷つくことも多かったと思う。 悩んで眠れなかった夜も数知れず。 そんな牧にとって、毎晩何も考えずにスヤスヤと爆睡できてそうなあのはるたんの健全さは、ひとつの救いだったんじゃないだろうか。 もう牧のはるたんへの献身ぶりは、健気すぎて見てられない。 自分が恋愛対象として見られないことを知り、本当は離れたいはずなのに、どうしても離れられなくて一緒に住み続けているところが、まず健気。 第4話の冒頭でも、武川(眞島秀和)との件のしこりが残っているくせに、ちゃんとはるたんの分のお弁当をつくってあげるところが、ほら健気。 しかも、それを「つくりすぎたから」って言いながら、どう考えてもあらかじめ2人分つくっているところが、ますます健気。 で、はるたんの力になりたいと思って、ちずの家のピンチを救おうと奔走するところが、はてしなく健気。 (悪徳不動産屋に乗り込むときに、首をポキッとする牧がカッコよすぎて5回観た) さらに、見事ピンチを撃退したにもかかわらず、自分のすぐ横ではるたんがちずに嬉々と報告しているところを、一生懸命笑顔をつくりながら黙って聞いている姿が、人類最強レベルで健気。 わりと結構な勢いで傷つけられているのに。 ここまで来ると牧が可哀相すぎて画面を直視できなかった。 それなのに、愚痴も文句も泣き言も言わず、ただただ自分の想いは胸に秘めて、普通の態度を装う牧の代わりに、僕が出雲大社に行ってふたりの恋愛成就を100回祈りたい。 何でこんな牧に感情移入しているんだろう? ってくらい牧しか見えない。 一応、ヒロインは部長の方らしいんだけど、え? 牧だよね? 最後は牧とくっつくんだよね? じゃなきゃ生まれて初めて爆破予告をテレビ局に送りつけるんじゃねえかなって自分で自分が心配になるレベルでもう牧春の幸せを願わずにはいられない。 そして、どうやらこの現象は決して僕だけの異常な性癖ではなく、わりと多くの人たちが今、このいかんともしがたい恋の決着を瀕死の想いで見守っているみたいだから、もう牧春の破壊力は国家の軍事予算に計上してもいいと思う。 ラブストーリーは流行らないと言われて幾星霜。 んなことないじゃん。 やっぱラブストーリーって最強じゃん。 報われない片想いほどキュンキュンするものはないよねマジで。 それが男だろうと女だろうと、んなことはどうでもいい。 大好きな人のために尽くす人の姿は、ただただ美しい。 そして、思ってもみなかった恋心の萌芽に自分で自分がわからなくなっている人の姿は、ただただ燃える。 つまり、『おっさんずラブ』とは、恋のせつなさも楽しさもつまった怪物級の恋愛ドラマなのだ。 すっかり牧春中毒に陥ったみなさんはもちろん、まだ幸せなことにこの牧春ウェポンの性能をご存じないあなたもぜひ来週の土曜23時15分はテレビ朝日にチャンネルロックしていただきたい。 きっと日付が変わる頃には、「あかん、まじ辛い」とテレビの前で魂抜かれていること請け合いだ。 勘違いで無神経扱いしてごめんよ、はるたん…。 (2018. 15追記).

次の

#牧春 #OL【腐】小説100users入り 牧凌太は喧嘩が強い

牧 春 小説

「書を捨てよ、町へ出よう」というのはかの寺山修司の名言ですが、読書好きのみなさんのなかには、「書を持って、町へ出る」方も多いのではないでしょうか。 あたたかくて気持ちの良いこの季節だからこそ、外で読書をしたり、流れ行く景色を見ながら電車内で読書、というのが小粋ですよね。 そんな、春のお出かけのお供にぴったりな本を5冊ご紹介します。 春を楽しめるようになる1冊 『春の数えかた』 『』 日高敏隆、新潮社 春よ来い、はやく来い。 女の子も、モンシロチョウも、カエルも、それぞれの方法で、春を待っています。 自然界の不思議、生きものたちの行動、人と自然の関係などなど、動物行動学者による発見に充ちたエッセイ。 (帯より) 動物行動学者としてよく知られる日高敏隆さんによるエッセイ。 春にピッタリ!な本といえば、こちらの作品! 日本エッセイスト・クラブ賞を受賞している作品として、知る人ぞ知る名著です。 緑豊かで春めいた公園のベンチでこの本を読み、自然を愛でる…なんて粋なのでしょうか。 私はこの本を読んでから、春を何十倍も楽しめるようになりました。 世界の見え方ががらりと変わることをお約束しますよ。 キップをなくしたことってありませんか? 『キップをなくして』 『』 池澤夏樹、角川書店 キミは今日から、駅の子になる。 学校も家もないけれど、仲間がいるから大丈夫。 電車は乗りたい放題、時間だって止められるんだ! 子供たちの冒険、心踊る鉄道ファンタジー(帯より) キップをなくして、駅から出られなくなってしまった子どもたちの冒険を描いたファンタジー小説。 読者のみなさんも、子どもの頃「キップをなくさないように気をつけてね」と言われた経験があるのではないでしょうか? この本を読んで、久々に子どもの目線に立ってみると、新たな発見があるかもしれませんよ。 ちなみに、駅から出られなくなった子どもたちの話ではありますが、怖い要素は全くありませんのでご安心ください。 非日常を目一杯楽しむことができる一冊です。 自分もキップをなくして駅から出られなくなってしまったら…? と、考えながら電車に乗るというのも楽しいものです。 ほんの少しのスキマ時間でも読める。 『「5 分で読める! ひと駅ストーリー」乗車編』 『』 「このミステリーがすごい!」編集部、宝島社 ひと駅間の物語 超ショート・ストーリー サクッと読めてしっかり面白いショートショート集!(帯より) このミステリーがすごい!大賞、このライトノベルがすごい!大賞、日本ラブストーリー大賞を受賞した49名の作家たちのショートショート集。 1作品につき10ページ前後でまとまっているため、お出かけのスキマ時間にサクッと読めるのがポイント。 ぜひ鞄にしのばせておきたい1冊です。 なお、人気シリーズであることから、「乗車編」「降車編」といった電車の類であるタイトルだけでなく、「旅の話」「夏の記憶」「冬の記憶」「食の話」「猫の物語」など、多くのシリーズ作品が発売されています。 気になったものから手にとってみてくださいね。 面倒だけど、旅に出てしまう理由とは…? 『降り積もる光の粒』 『』 角田光代、文藝春秋 旅好きの角田さんに質問です。 (帯より) 『旅のお金、日常のお金』『けなし派、褒め派』『餃子世界一周旅行』『消えない足跡を縫いつなぐ旅』など約50編が収録されているエッセイ。 異国へは年に2度ほど、国内は3、4度旅している角田さんですが、本当に自分は旅が好きなのか疑問を抱いているのだといいます。 いざ旅に出てしまうと面倒の連続だし、楽しいと思っている時間より困っている時間のほうが圧倒的に多いし、疲れるし……。 それでも角田さんが旅に取り憑かれている理由とは…? 自分の内面を見つめなおすことができるという点でも、ひとり旅や一人での遠出のお供にしたい本です。 なお、角田さんの『旅を楽しむ三十冊』も収録されているので、合わせて読んでみてくださいね。 電車の中で読むときは笑ってしまわぬようご注意を! 『日本全国津々うりゃうりゃ』 『』 宮田珠己、幻冬舎 おお、日本中の観光地がわたしを呼んでいる。 気楽で暢気(のんき)でトンチンカンな、爆笑・旅エッセイ。 (帯より) 読むと間違いなく声を出して笑ってしまうため「電車で読むの禁止!! 」と言われている、エッセイリスト・宮田珠己さんの代表作。 脱力系の筆致と、「え、そこ?! 」と突っ込みたくなるような斜め上の視点は、想像を遥かに超えて面白いですよ。 日本全国の観光エッセイとして参考にするのも良し、思いっきり笑って栄養補給剤としても良し。 軽快な読み口はお出かけを何倍も楽しいものにしてくれます。 とにかく笑えるので、電車の中で読むときにはご注意くださいね。 書を持って、町へ出よう いかがでしたでしょうか?ぜひ、この季節だからこそできる読書を満喫してくださいね。 【関連記事】 今回は暖かい季節におすすめの5作品を紹介しましたが、季節を問わず、おでかけのときのちょっとした時間に読める短編小説が数多くあります。 通勤・通学のスキマ時間などにもいかがでしょうか?.

次の