エースバーン ドリュウズ。 【剣盾シングルS7使用構築】ドラパ始動展開構築【最終49位】

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

エースバーン ドリュウズ

歴代御三家では最速で、高めの攻撃種族値と平均程度の耐久を兼ね備えた典型的速攻アタッカーだが、最大の特徴は「」と同一効果を持つ専用特性「」である。 これにより、高速・高火力・広範囲と三拍子揃った非常に優秀なアタッカーとして活躍でき、一致ふいうちによる高い縛り性能も有する。 ダイジェット・ダイナックル・ダイスチルなどを一致で扱えることからダイマックス適性も抜群に高く、「」解禁直後の集計ではシングルバトル使用率1位、ダブルバトル使用率3位を記録した。 ただし、習得技のバリエーションはかつてのほどではなく、・・・・・の6タイプに対しては物理技で弱点を突けない。 特攻種族値の低さから特殊技は素の状態では使いづらく、純粋な特殊アタッカーは難しい。 ただし、対策のダイサンダー用エレキボールなど、一部の技は物理技では対応が難しい相手へのメタとなる。 そのためダイマックスやいのちのたま等のアイテムで強引に火力を補うことで、両刀アタッカー、あるいは物理アタッカーの役割破壊技として稀に採用されるケースも出てきている。 物理技との火力差は比べるまでもないが、相手のサイクル崩壊を狙うメタ運用としては一考に値する。 火力より技範囲を重視されたとはやや事情が異なり、等倍での撃ち合いを求められるケースも少なくない。 そのため、アイテムやダイナックル・ビルドアップでの火力補強と相性がよく、撃ち分けメインの崩し役としてより、高火力での制圧を狙うダイマックスエースとしての運用が主になる。 ・といった物理受け相手はやや苦手だが、ラムのみ・ちょうはつといった手段で起点にできる可能性もあるため、上手く崩せるよう立ち回りたい。 S119は、ギリギリ120族に抜かれてしまう絶妙なラインだが、の消滅した第八世代では大きな欠点とは言えず、に抜かれるのがやや惜しい程度と言える。 素早さデフレの今世代では相対的にかなり速い部類であり、ミラーを意識するのでなければ抜き程度までSを落とした調整も一考の余地がある。 リベロ解禁後は採用率が激減してしまったが、「」発動の一致高火力も魅力的であり、層の厚い単タイプとして見ても個性的な性能を持つポケモンである。 とりわけ、無反動ゆえにタスキと好相性でHPが減っていても連発の利く高威力一致技「かえんボール」を扱えることは特筆に値する。 リベロ解禁前でも一定の採用率を記録していたこともあり、環境の変遷次第ではもうか型の研究が進むかもしれない。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 キョダイマックス技 変化する技タイプ 解説 キョダイカキュウ ほのお 相手の特性を無視して攻撃出来る。 考察及びダイマックスとの比較 元技の威力に関係なく威力は160で固定。 効果によってやを無視でき、特にのに阻害されない点は特筆に値する。 元技がなんであろうと炎であれば最高火力に変化するため、ニトロチャージ入りバトン特化構成でもいざというときに火力役になれるのは地味ながらとても優秀。 1発の威力はダイバーンより高く、天気をひでりにしない為、味方の水アタッカーの邪魔にもならない。 ただ、ひでりにしない事から2発目以降の火力では劣り、相手の天候戦術の妨害にもならない。 一長一短であるため、どちらで運用するかはパーティ次第と言える。 特性考察 もうか 低すぎない耐久により、1発耐えて効果圏内に入る事が比較的多い。 きあいのタスキとも好相性で、反動ダメージの無い「かえんボール」の存在は他の物理炎勢より優位となる。 弱い特性ではないが、後述のリベロが非常に優秀なため、そちらが優先されることが多い。 リベロ 隠れ特性。 と同じ効果。 基本的にこれ。 もうかの最大火力には及ばないが、全てのサブウェポンをタイプ一致で撃てるようになる。 本来抜群の相手の技を等倍や半減で受けることができれば実質的に耐久上昇効果も期待できる。 素早さの高いエースバーンと好相性。 一方で炎技を半減するタイプの技を一切習得できない為、対炎性能は更に下がる。 元がほのおタイプなのでおにびを撃たれる事は少ないが、ねっとうは撃たれやすいのでほのおタイプ喪失による火傷にも注意。 リベロについて• 攻撃技・変化技を問わず技を選ぶと、 その技が発動する直前に、自身がその技のタイプに変化する。 実質あらゆるタイプの技をタイプ一致(1. 5倍)で撃てる。 無効タイプで攻撃した場合、まもる(ダイウォール)で防がれた場合、技が外れた場合でも 技は発動したが防がれたと判断されるため、タイプ変化が発生する。 技が失敗した場合(補助技に対するふいうち等)は 技が発動していないと判断されるのか、タイプ変化は起きない。 手持ちに引っ込めると元のタイプに戻る。 タイプ固有の特徴を利用できる。 (例)タイプなら毒・猛毒にならない。 ただし、状態異常の解除はできない。 (例)麻痺した後でタイプになっても麻痺は解除されない。 事実上毎ターン耐性を変化させることが可能で、それを活かして相手の技を透かすことができる。 (例)アクロバットでじしんを透かすなど• ただし、技を選んだ瞬間にタイプが変わるわけではないので、先制攻撃されると直前のタイプで技を受ける。 タイプ 主な技 (威力) 備考 無 いかりのまえば 不定 でんこうせっか 60 みがわり、まもるなど ゴースト技を無効化できる。 先制まもるで次ターンのかげうちを牽制できる。 炎 かえんボール 180 フレアドライブ 180 ニトロチャージ 75 タイプをリセットする感覚で使える。 火傷無効。 水 なし 現在は技が無いため変化できない。 電 エレキボール 不定 麻痺無効。 弱点はじめんのみと優秀だが、炎と一貫するため活かしにくい。 炎闘で弱点を突けない水飛に抜群を狙える。 しかし対応技が特殊技のエレキボールしかない。 草 なし 現在は技が無いため変化できない。 氷 なし 現在は技が無いため変化できない。 闘 とびひざげり 195 きしかいせい 不定 弱点である岩を半減。 対応技も高威力で、炎との補完にも優れる。 攻防両面で岩・悪に強い。 毒 ダストシュート 180 虫・草・フェアリーなど範囲が炎と被り気味だが、ダストシュートが対フェアリーで最大火力。 毒・猛毒状態にならなくなる。 地 ねっさのだいち 105 マッドショット 82 弱点の岩半減、電気(でんじは)無効と耐性は悪くないが、肝心の対応技が微妙。 飛 アクロバット 165 とびはねる 127 弱点である地面無効だが、対応技に若干の癖があるため耐性目当てで使うのはタイミングが難しい。 ダイジェットをタイプ一致で使えるのは大きな強み。 超 しねんのずつき 120 格闘に攻守両面で強い。 格闘無効の霊は対応技が特殊のみ。 虫 とんぼがえり 105 弱点の地面半減だが、とんぼがえりでは使用後手持ちに戻るのでラス一以外では耐性的な意味はない。 岩は一貫する。 岩 なし 現在は技が無いため変化できない。 霊 シャドーボール 120 格闘・ノーマル無効の耐性は優秀。 だが、対応技が特殊技のみで活かしにくい 竜 なし 現在は技が無いため変化できない。 悪 ふいうち 105 エスパー無効に加え、一貫性の高い霊悪半減。 対応技が先制技なので、ドラパルトやミミッキュのかげうちに先んじて耐性を持つことが出来る いたずらこころ補助技に対してはタイプ変化後の使用をけん制は出来るが、補助技に対してふいうちを使用しても技失敗で耐性を得ることはできない。 鋼 アイアンヘッド 120 毒無効を始め非常に多くの耐性を持つ。 ただし弱点である水は等倍、地面は一貫と炎との耐性補完はイマイチ。 対応技は優秀で、ダイマックス技としても使いやすい。 砂嵐・どく無効のためきあいのタスキは若干使いやすくなる。 妖 なし 現在は技が無いため変化できない。 技考察 特性「」の場合、全ての技がタイプ一致。 反動なし・非接触だが稀に外す。 特性に注意。 接触技。 積み技感覚で。 とびひざげり 闘 130 90 外しで反動 対岩。 サブウェポンの中では高威力。 タマゴ技。 炎技だけで技スペースを食うのを防げるが、ゴーストに注意。 若しくはターン稼ぎにも。 怯みも狙える。 A特化+リベロならB特化でも高乱数1。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 優秀な交代技。 スカーフや先制技対策にも。 タマゴ技。 リベロなら確1。 まもる貫通。 いかりのまえば 無 - 90 相手HPを半減 削り技。 物理受けに対して一貫し易い。 タマゴ技。 カウンター 闘 - 100 優先度-5 物理技を倍返し。 どちらかといえばダブルバトル用。 ニトロチャージやローキックと選択だが、火力が落ちたり飛行タイプや浮遊にすかされる。 追加効果も優秀。 エレキボール 電 ~150 100 - リベロ前提。 素早さを積む場合や麻痺対策にも。 ペリッパー確1、ドヒドイデ確2。 ダイサンダーでギャラドス確1、アーマーガア確2。 ダイホロウでドラパルト乱1。 変化技 タイプ 命中 解説 コートチェンジ 無 - ステロの押しつけ、壁やおいかぜの奪取など。 ちょうはつ 悪 100 高い素早さから相手の補助技を封じる。 みがわり 無 - 様子見やもうかの発動に。 とびひざげり読みのゴースト後出しに対するリスクケアにも有効。 相手がガラルサニーゴなら同時に鬼火と力をすいとるを封じられるが、やの特性は忘れずに。 またダイマックスするとみがわりが消えるので注意。 ビルドアップ 闘 - 火力と耐久補強。 耐久は低くないので相手を選べば使い所はある。 ふるいたてる 無 - 火力補強。 積みバトン用だが、リベロ解禁により特殊技の搭載も増えた。 こうそくいどう 超 - 素早さ補強。 バトンタッチ 無 - 積み技やニトロチャージで上げた能力を後続に継ぐ。 こらえる 無 - ダイマックス枯らしに。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 キョダイカキュウ 炎技 160 240 相手の特性無視 キョダイマックス専用。 威力固定。 最大打点のダイバーンより更に高火力。 ダイバーン かえんボール フレアドライブ 140 210 天候:晴れ 一致技。 晴れで2発目から威力1. どうしても外したくないときに。 攻撃を上げる積み技としても。 先制技として使うことはできないので注意。 明確な仮想敵がいる場合やさらなる速度を求める場合に。 追加効果が優秀。 ダイサイコ しねんのずつき 130 サイコフィールド などに。 ふいうちなどと相性が悪いが相手の先制技も封じられる。 ダイサンダー エレキボール 130 エレキフィールド 対水・飛。 特殊技のためやくらいしか確1にならない。 フィールドによってあくびを撃たれても無効化できるのはポイント。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスのターン切れ狙いに。 威力が低いので現状アイアンヘッドで十分。 出来る限り攻撃範囲を広げ、相手を崩していく。 パーティーの補完から、ダイマックスエースまで幅広く戦える。 弱点を突けないタイプにも、一致等倍である程度はゴリ押しがきくため極めて腐りにくい。 性格は頻発するミラー意識のようき最速が多いが、HBカビゴンを意識したじっぱりでも良い。 テンプレの技構成は優先技の4つ。 高火力の非接触技であるかえんボール。 高火力かつ炎との補完に優れ、ダイナックルでの火力上げもできるとびひざげり。 唯一の先制技かつアタッカー型のドラパルトを縛れるふいうち。 癖は強いがダイマックス技でダイジェットにしたり、逆に相手のダイマックスを回避するとびはねる。 ただし上記構成では命中率やPPに不安があることもあり、技構成は非常に多様。 ダイマ前提のダイジェットを外して、みがわりで状態異常を回避したり、 しねんのずつきで受けに来るドヒドイデをメタったり、 場合によってはメタ重視で炎技不採用という場合も出てきており、型は非常に多様化している。 型の多様化に伴い持ち物の多様化も進んでいる。 エースとしての抜き性能重視のいのちのたまが最も主流だが、 ストッパー性能や対面性能を重視する場合はきあいのタスキや、 マヒ撒き等の状態異常メタのラム、耐久と火力を両立するたつじんの帯、 さらにはリベロの技範囲を犠牲にしてまでミラーで上を取るスカーフ型など。 特定の型であれば対策出来るポケモンもいるが、流行に伴い対策に対するメタ型も流行。 もうかで反動のない高威力物理炎技が使える炎タイプは他におらず、非接触である事も命中不安を補って余りある強み。 サブウェポンは、威力が高く炎技との相性も良いとびひざげりはほぼ確定。 先手とんぼがえりで低めの耐久を晒さずにサイクルを回す事も可能。 いかりのまえばは苦手な相手への削りに使えるが、元々攻撃範囲はそこそこ広いうえ炎半減のに無効なので優先度は低め。 先制技のふいうちや、ダイジェットとして使う事で抜き性能を上げられるとびはねるなどの方が使用機会は多い。 タスキの場合はカウンターも有効で、などの圧倒的に不利な相手を強引に倒す事ができる。 みがわり連打で自主的にもうかを発動できる。 チイラのみや晴れ補正と組み合わせれば、かえんボールの威力は凄まじいものに。 交代読みでみがわりを置く事でゴーストにとびひざげりを空かされるリスクも軽減できるため、優先度は高い。 等倍範囲の広いリベロのイメージから数値受けを呼びやすく、それらに対して逆に起点化していくという地雷型。 あくびなどを起点にビルドアップを積んでいく。 積みやすくするために、Sは補正有S180で最速抜き程度まで落とす事が多い。 身代わり採用時は、ビルド後に仮想敵から身代わりが壊されないように調整すると良い。 また、その場合は攻撃技が2つになるため、特性リベロは優先度が下がり、 代わりに身代わり連打で発動が狙いやすく、ゴリ押ししやすいもうかの優先度が上がる。 おいかぜで上を取られてもきあいのタスキで耐えつつコートチェンジで素早さを逆転させ、 もうか発動かえんボールを叩き込む動きが可能なため、持ち物はタスキが推奨される。 一方、リベロによる全技タイプ一致も強力なので、特性はパーティによって選択か。 技候補にダメおしを追加、エースバーン自身が素早いため使い所はかなり限定されるが ドラパルトのような自身より素早いポケモンと並べた時、主なトリル持ちであるエスパー、ゴーストに対して高火力の弱点技を持てる。 相性考察 特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。 組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。 特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。 相性補完が良く、エースバーンの苦手な水、地面 かたやぶり以外 を半減以下で受けられる。 高耐久水タイプにもわるだくみやこだわりトリックで崩しを狙える。 一方ウォッシュロトムの苦手な草タイプにエースバーンが強いなど攻撃面での補完も良く、ウォッシュロトムも後述の対策ポケモンにあるギャラドス、カバルドンやドヒドイデなどに有利を取りやすい。 ただしこの2匹では特にいたずらごころ持ちによるみがわりが厳しい。 特性すりぬけや音技などで対策したい。 @グラスメイカー エースバーンの苦手な水、地面を半減以下に加えグラスフィールド込みの一致高火力技で崩しを狙える。 ドヒドイデにもやどりぎのタネ、つるぎのまいなどの技で有利を取りやすい。 またグラスフィールドでエースバーンの弱点である地震を半減できる。 ただしギャラドス以外の飛行タイプに対して有効打が薄くなるので注意。 対エースバーン 注意すべき点 高い素早さと、リベロによりタイプが二転三転する点が厄介だがもうかによる高火力の一致炎技の爆発力も侮れない。 素早さで上回られている場合はほぼ全て不利対面といっても過言ではないだろう。 高速アタッカーとして使われやすいも一致ふいうちで縛られてしまう。 元が炎タイプなため鬼火も効きにくい。 高火力で弱点を突かれるほか、こちらからの有効打を空かされることも。 耐久は低いが紙というほどでもなく(身代わりなどと合わせられて)もうかを発動されるとさらに止めにくくなり危険。 とんぼがえりやふいうちなど小回りも利く。 特にダブルではコートチェンジによる支配力が強い。 対策方法 耐久は高くないので、スカーフ持ち等の高速・高火力技で上から制圧するのが効果的。 ただし、一致ふいうちを持つため悪弱点は逃げた方が良い。 種族値上ほぼ物理アタッカーのみで、水・地・飛タイプなどへの有効打に乏しい。 、など高物理耐久のポケモンで流すのもよい。 でんじはやおにびも効果的。 (おにびはリベロ発動後でないと無効) いたずらごころ持ちで麻痺を入れるのは汎用的な対策になりうる。 ただしラム持ちに注意。 採用率の高い技に命中不安技が多い。 (かえんボール:命中90、とびひざげり:命中90、とびはねる:命中85) 外し狙いで身代わりや再生回復を連打するのも有効。 一方で型の多様化により、これら対策に対するメタ型も登場している。 (スカーフ対策のスカーフエースバーン、状態異常対策のみがわりラム採用など) そのため「どんな型のエースバーンか」に合わせた柔軟な対策が求められている。 H76 A176 S252調整のスカーフえらがみでダイマックスされようが確1。 ふいうちで先攻+悪タイプ化した場合は確2だが、球ふいうちでもウオノラゴンは確3。 先攻出来れば基本的に勝てるが、事前にダイジェットを積まれると厳しい。 オボンがあればあくびを入れる余裕もあり、 それが無くとも怠ける連打で、玉ダメと砂で消耗させることが出来る。 かえんボールやとびひざ外れのリスクもあり、基本的に有利。 ダイナックルによる積みに注意。 A特化でこだわりハチマキを持たせればひこうタイプ以外はどのタイプであってもじしんで非ダイマックス個体は確1 とんぼがえりでむしタイプにはなれるがエースバーンが交代するので除外。 炎闘半減。 ただし採用率は低いが、しねんのずつき、エレキボールに注意。 炎闘半減。 いかく+B特化なら球ダイジェットも確3。 エレキボールに注意。 いたずらごころでんじはで機能停止に追い込める。 その後は交代しても良し。 エースバーンの技構成次第では、自身でそのまま相手する事も出来る。 タイプが変わらないうちに先制アクアジェット。 悪や格闘に変化していてもじゃれつくで弱点をつける。 アクジェを打つことは分かりきっているが、ふいうちを選択しようにも悪半減。 また、ふいうちを読まれてじゃれつくを選択されるリスクも抱えるので、マリルリ側が有利な事には変わりない。 オーロンゲに限らず、いたずらごころ持ちは非常に有効。 でんじはだけでなく、命中不安技を採用したフルアタが多いため、まもみがにも弱い。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5 技03 ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技13 ほのおのうず 35 85 ほのお 特殊 15 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技34 にほんばれ 90 100 ほのお 変化 5 技39 からげんき 70 - ノーマル 物理 20 技40 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技42 リベンジ 60 100 かくとう 物理 10 技52 とびはねる 85 85 ひこう 物理 5 技53 マッドショット 55 95 じめん 特殊 15 技56 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20 技58 ダメおし 60 100 あく 物理 10 技68 ほのおのキバ 65 95 ほのお 物理 15 技75 ローキック 65 100 かくとう 物理 20 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技78 アクロバット 55 100 ひこう 物理 15 技85 バークアウト 55 95 あく 特殊 15 タマゴ技 No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技02 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技07 けたぐり - 100 かくとう 物理 20 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 Lv 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技15 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技21 きしかいせい - 100 かくとう 物理 15 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技36 ねっぷう 95 90 ほのお 特殊 10 技37 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技41 ブレイズキック 85 90 ほのお 物理 10 技43 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 技48 ビルドアップ - - かくとう 変化 20 技55 フレアドライブ 120 100 ほのお 物理 15 技64 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技69 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 5 技73 ダストシュート 120 80 どく 物理 5 技74 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 技80 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 技83 サイドチェンジ - 100 エスパー 変化 15 技85 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 遺伝.

次の

【ポケモン剣盾】エースバーン対策はどうしたらいい?対策すると次はあのポケモンがキツい?皆の対策や考察を紹介!【リベロ/夢特性】

エースバーン ドリュウズ

こんにちは S5で最終90位という個人的に満足できる結果を出せたので記事にしていきます。 ところどころ日本語が怪しい部分があると思いますが許してください。 ・構築経緯 S4において最終6位のあいまるさんが使っていた珠エースバーンがDMエースとしても対面性能の高い駒としても非常に強いと感じ、それを軸に構築をスタートさせました。 他の取り巻きはそれに合う対面性能の高い達を試行錯誤して完成させました。 現環境においてめちゃくちゃ多いの並びを始め、、、ドラパルト、などのたちに強く期待通りの活躍をしてくれた。 特にはを採用している場合が多く上からボール打った後、側が下からダイブ打った後にとびはねるで避けることが可能なのでこと対面において負けたことがなかったところも強かった。 何回か活きた場面はあったので正解だと思っている。 じゃれつくを切ってを採用した意図は、をメインに据えた場合においてドレパンと比べてじゃれの優位な点がパッチラゴン、ウオノラゴンなどのドラゴンタイプに対する打点、またはをはって状態異常阻止だが、ドラゴンタイプはジュラルドンの影響かこちらのパーにそんなに出てこず、状態異常を撒いてきそうなパーはを初手に投げてごり押してたのでドレパンの方が良いかなと思って採用した。 HPを吸うことによりぎり耐えた場面も多く思っていた以上に強かった。 調整はもともとH164 A252 B92でA特化エースバーンのかえんボール確定耐え、C特化のダイジェット確定耐えだったが、S無振りのが増えたと感じて急遽最終日前日にBを削ってSに1余りをDに回した。 それなりに活きた場面はあった。 持ち物はダイブがメインウェポンなのと常に火力不足を感じたのでお札で採用。 チョッキを持たせ耐久に厚く振ることによりドラパルトが特殊でも物理でもどんな型でも勝つことが可能になる。 調整はSが岩石込みで最速抜き。 しかしどちらかというとちょっとS振ったが抜けるようになったことが大きなメリットになった。 特防方面はメガネドラパルトの最高乱数切って耐えにしてある。 ムンフォ、ねっとう、ドロポンまでは確定でもう一枠はに強いを入れてみた。 とかもありかもしれない。 初手に出すと襷を警戒した動きを取られることが多く、相手のパーを荒らし回りイーウィンを拾った試合があって強かった。 また相手のクッションに対してドロポンを打つとH振り程度なら受からないのもGood。 調整はSに4振りアーマーガア抜きまで振ったあと適当に振り分けた。 初手でDMして突っ込んでくるやに対してDMを2ターン枯らしながらSを下げつつダメージを与えられた点が強かった。 またちょうはつを採用することにより受けに強かったり、あくび展開やからやぶからの全抜きを防ぐことができたりしてとにかく優秀だった。 性格はダイジェッター達のSを考えて陽気一択。 基本初手でDMして相手の盤面を荒らしまくってた。 活躍するときはするが、いかんせんS5最終日みんな初手DMしてたせいでDM一点読みの行動を取られて負けた試合が多々あったのでうーんといっただった。 しかし初手DMは基本ジュエルか珠だったので状態異常で対処しようとしたパーに対してはよくイーウィンを拾っていた。 選出率4位 一応ここまで選出率を書いてみたがあまり大きな偏りはなく満遍なく出していた。 ・選出 単純に相手のパーに刺さってるを選出していたのであまりこれという決まった選出はなかった。 ・構築上重い スカーフ 初手ならまだしも裏から出されるとエースバーンと選出してる場合が多かったので、どうしようもなくなりやすい。 ゴリランダーのドラムアタックやのダイアタックを打つと負けん気が発動してしまい撃ち負けるのでかなりキツかった。 初手ジュラルドン置いてDM切るくらいしか勝ち目がない。 ちなみにはに火力アップアイテムを持たれている場合高い確率でワンパンされる。 ガエンナットドラパルトの並び ガエンを安定して倒せるがこちらの構築、エースバーンだがはに完全に受けられてエースバーンは多くの択が発生して安定しない。 どこかのタイミングでかエースバーンを無理やりDMしてからダイナックルでガエンナットのサイクルを崩し、ドラパルトをそのままぶっ飛ばすしかない。 最後に ここまで構築記事見てくれた方ありがとうございました!!なにか構築について質問や間違いがあればまでどうぞ。

次の

ドリュウズ

エースバーン ドリュウズ

シーズン4お疲れ様でした。 HANZOです。 今回初めて構築記事を書きます。 至らない点が多々あると思いますが、よろしくお願いします。 また、今回の構築は人によって非常に強い嫌悪感を抱く方もいらっしゃると思います。 予めご了承ください。 また、各の配分や実数値を載せますが、はH-A-B-C-D-S表記とし、実数値はLv. 50時の値を記載します。 本記事の構成は以下です。 ・成績 ・構築経緯と使用感 ・個体紹介 ・おわりに 早速ですが、使用したパーティはこちらです。 理由は、眠りによって相手のックスターンを阻害しつつ行動できるのが強いと考えたこと、今作はがおらず(後々解禁されるかもしれませんが)、環境全体に催眠対策が薄いと考えたことが挙げられます。 本パーティは基本的にで場を整えて、ゲンガーで最低1体倒して、残りをDMエースで倒す、という動きがベースです。 さいみんじゅつは命中不安技ではあるものの、決まれば試合の主導権を一気に引き寄せることができ、劣勢からでも巻き返すことができる力がありました。 また、パーティ相性的にヌオーといった受けサイクルに対して強いと感じました。 正直、受けサイクルに負けた記憶ないです。 持ち物はコンセプトと相性が良いと思い、たべのこしを持たせました。 対でみがわりであくびを躱したり、相手のックスターンを枯らしたり、ウオノラゴンのケアをしたりと活躍の場が多く、選出率も高かったです。 みがわりはタイプ不一致サマ耐え、のヘビーボンバー耐えです。 ちなみにこの子はキョックス個体ではありませんが、試合によってはキョダイセンリツ打てれば勝てる試合が2、3あったので、キョックス個体で育成した方がいいかもしれません(後述しますが、ダイアイスによるあられでゲンガーのたすきを潰さずに済むメリットもある)。 今期はキョックスが環境に多くおり、それに伴いみがわりの警戒が薄くなっていると感じました。 具体的にはが後投げされるケースが多かったように思います。 その場合、みがわりでやどりぎのたねを不発にし、の試行回数を稼いで、相手に悠長な行動をさせずにあわよくばそのまま突破を狙うことができます。 弱点として、相手のと対面した場合、電気技を所持しているケースが多く、押し負けてしまう事が多々ありました。 またシーズン後半になるとさすがに対策が豊富になり、うまく選出誘導されて狩られたりしたこともありました。 催眠術たたりめで相手パーティに高負荷をかけます。 最速で育成した理由は、に対して確実に先制するためです。 その副産物として耐久振りドラパルトや意地っ張りエースバーンに対して先制できるようになりました。 基本的に対面で無起点からさいみんじゅつを打って、たたりめで大ダメージを狙います。 ほとんどのはその段階で後続のックス技圏内に入り、眠りターンが長引けばそのままゲンガーで突破できます。 また、耐久の脆いゲンガーはきあいのたすきと非常に相性が良く、さいみんじゅつの試行回数増加や後述するみちづれの成功率を高めたりなど、非常に強力で高負荷な立ち回りが可能となりました。 はノーマルタイプへの打点として採用しました。 そのおかげでや、タチフサグマに対して居座ることができ、控えの負担を大きく減らすことができました。 そのほか、、、、への高火力打点となるため、非常に重宝しました。 みちづれは、きあいのたすきでHP1のゲンガーに対してそのまま攻撃してくる相手が多く、非常に決まりました。 特にや、といった、突破に苦労するに対して非常に有効でした。 これはおそらく、相手視点からはさいみんじゅつを避けないとどうにもできず、さいみんじゅつの試行回数を稼がせないという思考が、みちづれの成功率を高めたのだと思います。 このゲンガーの弱点は先制技持ちのとゲンガーより早い、特にドラパルトです。 ドラパルトはドラゴンアローという2回攻撃技を覚え、それを上から打たれるだけで倒されてしまいます。 先発でゲンガードラパルト対面ができると本当に絶望的で、裏のに引いてドラゴン技を無効にできればいいですが、ドラパルト側がとんぼ返りを選択していた場合、目の前がまっくらになります。 はじめはこの動きで何回も負けたため、後述するを開発したという経緯があります。 そのおかげであくび持ちの前で堂々とすることができ、その後のダイホロウ、ダイフェアリーで大ダメージを与えることができます。 またドラパルトの鬼火やのフリドラ氷結もしのぐことができ、非常に使用感として良好でした。 ただSが遅いので、70族付近のが最速だった場合抜かれてしまいます。 また相手のがSを振っていた場合、撃ち負けてしまします。 非常に耐久に厚くしています。 パーティ単位でドラパルト、が重かったので、ヨプのみ(格闘半減)を持たせて行動保証しました。 主な耐久調整は下記です。 ・A特化(スカーフ想定)のばかぢからの最大ダメージ208 ・補正なしC252振りかっとの確定耐え(最大ダメージ206) 基本でんじは、がんせきふうじから入ってS操作し、を巻ければ仕事完了です。 でんじはによる麻痺で裏のゲンガーのたたりめの火力補助をしつつ、場に生存していれば、麻痺とのみも狙っていけます。 きんちょうかんにしている理由は、たすきゲンガーと同時選出することを考え、砂によるスリップダメージを無くすためです。 非常に選出率が高く、安定して活躍してくれました。 ここまで厚く耐久に振ることで、先発格闘技持ちのやへの行動回数が増え、安定して後続ので処理できるラインまで押し込むことができました。 また、ドラパルト対面は本当に強く、基本的に2回以上行動することができ、非常に頼もしい存在でした。 苦手なはウオノラゴン、ジョー、などの上から高火力弱点技をついてくると、挑発持ちアーマーガアです。 特にアーマーガアはゲンガーのたたりめで処理するルートを確保するためにまひを入れておきたいが、それをちょうはつで防がれると一気にきつくなってしましました。 ダイバーンの威力と早い素早さが魅力で、非常に使いやすかったです。 パーティ単位で重めなやアーマーガア、に対して非常に強く、たすきを潰せていればも1撃で倒すことができます。 弱点は、もらいびです。 何もできません。 また、相手のきあいのたすきを潰せていない状態だと、余計なダメージを負ったり、そのまま倒されてしまう場合もあります。 特にやといった高火力たすき持ちにはパーティ単位でしっかりとケアしなければいけません。 とすなかきで抜き性能を高め、決まればあっさりと全抜きできます。 恐らく一般的にはつのドリルではなくがメジャーなのかと思いますが、やヌオーなどの受けに最後まで突破できる可能性を残す点と、ダイアタックで相手のSを下げる意図で採用しました。 しかし、シーズン後半になるとを読まれて負けるパターンが多く、選出画面で刺さっていても出す回数は一番少なかったように思います。 ただ、相手視点からは選出画面で圧力に感じるはずなので、ずっと採用していました。 比較的運要素多めの構築かと思いますが、使ってみると最後まで勝つ可能性を秘めたパーティだと感じました。 初心者の私でも最終3桁を達成でき、シーズン途中で2桁を射程に捉えることができたことから、やはり眠りの戦術は非常に強力だと感じました。 特に今作はまだ「」がおらず、全体的に催眠対策をしているケースが少なかったこともあり、そこそこ勝てているのだと感じます。 今回、初の構築記事投稿ということで、情報不足や見易さ、読みやすさの観点など、お見苦しい点がたくさんあったかと思います。 ご質問、ご意見がございましたら、コメントや( paisenegir)の方にいただければ幸いです。 また、今回の構築、実はあみゅさんのシーズン2で使用していた構築に多大なる影響を受けております。 、、エースバーン、がそうです。 対戦を始めるにあたって、まずは強い人のパーティを参考にしよう、ということで長年実況活動をやられているあみゅさんのパーティを参考にしました。 下記にリンクを貼っておきます。 個人的にも今後のあみゅさんの活躍を期待しております。 URL; 以上です。 ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

次の